余裕綽々の日高
PDVD_001
ヘロヘロの小西
PDVD_004
「ヘロヘロじゃないよ。」と言っていきなりエルボーパンチを連打する日高。
PDVD_002
さらにキック
PDVD_003
日高は倒れた小西に向かって、「そんなもんだったの。」と何発もストンピングを食らわします。
「何よヘロヘロじゃない。行くわよ。」
PDVD_005
悲しそうな声で泣き叫ぶ小西
「こんなヘロヘロの相手と闘ってもつまんないわ。」
PDVD_006
コブラツイスト
PDVD_007
「ギブアップしたら。辛いんじゃない。先刻のダメージ残ってんじゃない。」
「辛くない。」
「何ですって、じゃあこれは。」とさらに小西を絞る日高
泣き叫ぶ小西。
このまま小西がフルボッコドミネーションされて試合が終わったら、確かに面白くありません。
「立ちなさいよ。」
これはローブローの絶好のチャンスでしょうか。
PDVD_009
ところが小西は得意のローブローでなく、前蹴りで形勢逆転です。
最近Rosenkavalier監督は、ローブローを封印したのでしょうか。
PDVD_010
小西はペティグリーで反撃します。
PDVD_011
「もう一発お見舞いしてあげる。」
PDVD_013
何と小兵の小西が日高を投げます。
PDVD_014
やっと面白くなって来ました。
PDVD_015
腕を拉がれた日高は、かなり痛そうです。
悲鳴を上げて終いには、「あー痛い!」と叫ぶ始末です。
PDVD_016
肘をかばう日高にグランド卍固めをかける小西
PDVD_017
PDVD_019
PDVD_020
パロスペシャルに絶叫して苦しむ日高
PDVD_023
必死に肘打ちを連打する日高
PDVD_026
エスケープに成功し、再び小兵の日高を柔道技で投げ飛ばします。
 PDVD_000
ネックシザーズ
PDVD_027
首4の字
PDVD_028
もっと辛い目に逢わせてやるわ。先刻はよくもやったわね。」
PDVD_029
小西が反転しますが、、、
PDVD_030
日高は、「放さないわよ。と再反転して小西を絞ります。
PDVD_031
「もっと痛めつけてあげるわ。」
泣き叫ぶ小西に、「泣きなさい。」と日高
PDVD_033
「立ちなさい。」
膝蹴りで小西はボコボコにされます。
「ほら、投げてあげるわ。」
PDVD_034
これ、ガチ投げです。
PDVD_035
拷問式キャメルクラッチ
小西は目が虚ろになります。
PDVD_037
極楽固め
PDVD_038
「ホントに弱いわね。もうギブアップかしら?」
PDVD_040
「未だ未だ痛めつけてあげるから、立ちなさいよ。」
これもガチなパワーボム
PDVD_041
全くリアルにマットに叩きつけられる小西
PDVD_042
3度もリプレイされるほど凄い技です。
ヘロヘロの小西をリフトする日高
PDVD_043
「これで決めてあげるわ。」
PDVD_044
ここまで一方的にやられては、小西もギブアップする他ありません。
PDVD_046
小西は遂にギブアップしますが、日高は、「聞こえないんですけど。何?」と言って小西を担ぎ続けます。
漸くゴングが鳴らされましたが、日高は、「聞こえない。」と言ってまだ小西を降ろしません。
PDVD_047
さらにゴングが鳴らされ、「し様がないないわね。と渋々小西を降ろします。
PDVD_048
「ホントに弱いのね。」
PDVD_050
最初の記者会見を含めても38分しか経っていません。
未だ30分以上尺があるのですが、どうなるのでしょうか。
【続く】