試合中盤はこちら
見事なジャーマンスープレックスを決める舞坂仁美選手。
PDVD_041
ブリッジも決まってますが、ここはフォールされる前に星空の方が返します。
PDVD_042
「未だ投げられ足りていないの。起きなさいよ。」と舞坂が星空の頭を掴みます。
PDVD_043
チャンス到来!
これがないとRosenkavalier監督でない(笑)
PDVD_044
ローブローが炸裂し、セクシーな悲鳴をあげた舞坂は股間を押さえて悶絶します。
PDVD_045
その体勢のまま、舞坂の腕をひしぐ星空
可愛い顔した星空も、やる時はやるもんですね。
PDVD_047
電気按摩攻撃
PDVD_049
絶叫して「卑怯者!」と叫ぶ舞坂
PDVD_050
放されたものの、グッタリした舞坂に、今度は星空のスープレックスが決まります。
PDVD_052
そして、何とここで、星空が竹刀を持ち込みます、
「何してる。」
「イイものがあったから。」
竹刀を使ったギロチンチョーク
PDVD_053
「卑怯者!」
「卑怯じゃないです。」
そう、これはエクストリームトーナメントです。
PDVD_055
喉を抑えて悶絶する舞坂
今度はキャメルクラッチ
PDVD_058
PDVD_059
「今度は私が投げてあげますから。」
PDVD_062
「背中から思い切りパワーボムで叩きつけられる舞坂
呼吸困難になって咳き込みます。
PDVD_061
逆えび固め
PDVD_064
これは痛い舞坂
PDVD_065
 「どうですか、ギブアップしないんですか!」と星空
PDVD_068
「しない、アー!アー!」と超セクシーなハスキーボイスで絶叫する舞坂。
汗まみれになって喘ぎ苦しむ彼女は、もう限界なのでしょうか。
PDVD_069
ギブアップを迫られ何度も拒否していましたが、もうこれでは止むを得ません。
「アー、ギブ、アー、ギブ、ギブ、ギブアップ!」絶叫して泣き叫ぶ舞坂が必死にタップします。
PDVD_070
ゴングが鳴らされ、高笑いした星空が、舞坂を放します。
PDVD_071
彼女は、「あーあ、ギブアップしちゃいましたね。これ(セクシーリンコス)だから負けちゃうんですよ。」とせせら笑います。
PDVD_072
星空は、「ねえねえ、エロ要員さん、私みたいな新人に負けた感想は?」
「うるさいわね。」と舞坂
「ねえ、今どんな気持ち?フフフ。」と執拗に尋ねる星空。
「アンタがあんなの(竹刀)を使ったからでしょ。」
しかし、星空は舞坂の言うことを無視して、感想を求める言葉を繰り返します。
「メッチャ面白い!無様だね。」
「うるさいわね。」
「自分がエロ要員だと認めちゃってください。」よ敬語で要求する星空
「認めないわよ。」と拒否る舞坂。
この後に起こる出来事は、皆様も充分に予想できると思います。(笑)
星空は、誰に負けたのか舞坂に言わせますが、呼び捨てにしたのが気に入らず。「生意気ですね。ちゃんと星空もあ様って言ってくださいよ。」と制裁を始めます。
PDVD_074
最初は抵抗していた舞坂ですが、遂に、「分かった言うから。とタップします。
そして彼女は、「星空もえ様。」と答えます。
しかし、星空は、「じゃあ、今度は、自分がエロ要員だと認めてくださいよ。と最初の要求を繰り返します。
「それは絶対に違う!」と否定する舞坂。
「私に負けておいてですか?」
「それとこれとは違うj。」
「言わせますよ。」と再びサディスティックに笑いながら舞坂を絞る星空。
PDVD_075
「分かった、言います。」と舞坂は完全屈服です。
「私はエロ要員です。」
「もっとハッキリ、ちゃんとしゃべって。」
舞坂は、「私はエロ要員です。」と大声で宣言します。
この後の舞坂の運命は、皆様も充分に予想できると思います。(笑)
「じゃあ、エロ要員ならこんなの意味ないですよね。」と舞坂のリンコスを引っ張る星空。さらに彼女は、舞坂のネイッド移籍を要求します。
しかし、舞坂はキャットパック所属なので、「ネイキッドに入るくらいなら、「辞めた方がまし。」と抵抗します。
そんな訳で、キャメルクラッチは何度も繰り返されま。
PDVD_076

これだけやられてしまっては、嫌でも従う他ありません。
舞坂は、やむなく完全屈服して自らリンコスを脱ぎ始めます。
PDVD_077
「あー、脱いじゃう、脱いじゃう、」と大喜びの星空
「早く、脱いで。ウヒヒヒ! 何、モタモタしてるんですか?」
「性悪女!」と舞阪
「は?」と睨む星空
「別に。」ととぼける舞阪
「隠すことないじゃないですか、もう。エロ要員なんだし。ほら、早く手、どけてくださいよ。」
遂に舞坂は全裸になってしまいます。
実はフレッシュファイター12で、星空は男子レスラーに完敗してコスチュームを剥ぎ取られてしまったことがあります。今回は意趣返しでしょうか。
PDVD_001
「隠す必要なんじゃないですか。ちゃんと見せて。」と楽しそうに言った星空は、舞坂を開脚させ局部をあらわにします。
舞坂に最大限の屈辱を与えた星空は、「はー、満足!ウヒヒヒヒ!  よいしょっと。」と言ってリングを去ります。
PDVD_003
悔しそうに涙を堪える舞坂仁美。可哀想です。
PDVD_004
彼女がベビーフェースの”良い人”だけに、可愛くて意地悪な後輩に、これだけの屈辱を味合わされてしまい、非常に哀れに思えて、萌えてしまいそうです。(笑)
彼女は、ネイキッドに行くのでしょうか、それとも引退してしまうのでしょうか、、、。
一方、天然不思議系の星空もあ選手は、今後大活躍が予想される期待の新人ですね。