Runa Nishiuchi T148 B80 W58 H81
Uika Hoshikawa T157 B83 W58 H87

ルックス抜群の二人の美女。西内るなは、アイドル並みの絶世の美女で148cmの小柄な体格ながら、171cmの松田あんなや男子レスラーを倒すほどの実力者。ただのアイドルレスラーでは無く、花も実も兼ね備えた選手でバトルの期待も大きい。一方の星川ういかは、西内とはまた違うタイプの美女。フェロモン溢れるセクシーなお姉さん系の彼女は、露出度が高い過激なハイレグTバックコスチュームを身に纏い、戦い方もまた大胆に開脚し丸出しのお尻を突き出すようなセクンシーな攻撃を得意とする。

高身長VS低身長プロレス VOLUME.1でバトルにデビューした1994年4月8日生まれの西内るな選手。
残念ながら、第1回BWP興行と時期的に重なってしまったので、レビューを書き損ねてしまいましたが、バトルフレッシュファイター FILES.13と共に、彼女の美貌にインプレッションを感じたのは確かです。
彼女は、若月まりあ選手と同じLANTANA所属です。2年前に、TeamWizardのKohプロデューサーと一緒にLANTANAの社長さんとお会いしたとき、プロレス作品に出られる女優さんは1人もいなかったのですが、ギガ作品に出演させた女優さんはいたそうです。
そこで私は、「ギガ作品は、撮影が大変で、朝から次の日の朝まで拘束されますよね。」と言うと、「確かに過酷でしたね。」とおっしゃってました。
そこで私は、「ギガに比べれば、プロレス作品はそれほど過酷ではありませんよ。」と言った記憶があります。
その後、若月まりあ選手がLANTANAに移籍して、引き続き、エクストリームトーナメントに出演し、さらにTeamwizard作品に出演したことは皆さんもご存知のことかと思われます。
若月まりあ選手以降も、こうしてLANTANAからバトルに出演してくださる女優さんがいると思うと、私も少しはお役に立てたのかなと思います。
ところで西内選手の趣味は、セーラームーングッズ集めだそうですが、未だギガ作品ではセーラー戦士役が回って来ませんね。(笑)
*と書いておりましたが、5月12日に念願のセーラー戦士役の撮影があったようです。

1991年10月12日生まれの星川ういか選手は、約1年前にリリースされた男装女子レスラーの惨劇 VOLUME.2が初プロレス作品です。
勿論その時の彼女はショートヘアーですが、本作とバトルフレッシュファイター FILES.14では髪の毛も伸びてセクシーなお姉さまに変身しています。
昨年10月に、GIGAの【伝説戦隊レジェンドファイブ レジェンドピンク】に出演したときに、監督が”幾多の候補者を面談する中で、。キミや!っと即座にピンときたのが星川ういかさんですわ。”と書いております。
さらに、”エライええ表情&リアクション。”とも書かれております。
バトルフレッシュファイター FILES.14を見て、私も同様に思いました。

西内選手のインタビューでは、前回身長の高い松田選手に勝った事について、「はい、身長が低いんですけど、まあ身長差なんて関係ないんで、私は低いながらも、一所懸命頑張りたいと思います。」
星川については、「どんな選手かちょっと分からないんですけど、まあ私が勝つので、余り記にしないです。」
意気込みは、「必ず、絶対優勝するので、頑張ります。応援してください。」

星川のインタビュー
凶器・反則自由のエクストリームは大丈夫かとの質問に、「そうですね、まあちょっと気をつけて行きたいと思います。」
デビュー直後の参戦で期待されていると言われると、素直に「ありがとうございます。期待に応えられる様に頑張りたいと思います。」
対戦相手の西内については、「小さくて可愛い選手だと思いますけど、油断せずに、今日は自分の実力を発揮して頑張りたいと思います。」
最期に、「優勝するためにも、今日は絶対勝ちたいと思います。頑張ります。」と締めくくります。

ゴング鳴り、恒例の舌戦が始まります。
西内:「何なの、その格好。」
星川:「何よ、アンタ私のセクシーさに嫉妬してるの。」
西内:「フっ、何がセクシーなのよ。」
星川:「アンタだって、そんな変な格好してるじゃないの。」
西内:「そんなのプロレスに関係ないでしょ。
星川:「アンタみたいな小娘に私が負ける訳ないでしょ。」
西内:「笑わせないでよ。アタシも負ける訳ないんだけど。」
星川:「絶対に負けないからね。」
西内:「こっちだって負けないから。」
星川:「かかって来なさいよ。」
星川は、低身長の西内を小ばかにするように高く腕をかかげます。

20170507-183725
すると西内は、無防備になった橋川へ腹パンチを食らわせます。
20170507-183800
ウー!と喘いで後ずさりした星川でしたが、「この卑怯者。」と言って手四つを挑みます。
20170507-184005
星川の手を振りほどいた西内が、首投げまたはスターナーの構えを取ります。
20170507-184017
しかし、これを蹴り飛ばした星川が、西内の首に腕を回します。
「どお、苦しいでしょ。」
「離しなさいよ。」
「離す訳ないでしょ。ほら、どお、もうギブアップ?案外弱いのね、ハハハ!」
20170507-184157
「離せって言ってるでしょ。」と肘打ちを連打する西内。
20170507-194841
20170507-194953
今度は首投げが決まります。
20170507-195013
すかさずネックシザーズに良く西内。
「どお、先刻の勢いは何処行ったの。」
「なかなかやるじゃないの。」
20170507-195146
西内は、「お尻丸出しになってるわね。こんな格好して来るからでしょ。」と言って早くも意地悪なTバック食い込ませ攻撃を行います。
20170507-195156
足4の字に切り替えた西内は、「どお、もっと苦しいでしょ。」と言って星川を絞ります。
口を大きく開けて超セクシーな声で喘ぐ星川。
20170507-205802
しかし、反転。
20170507-205941
暫くそのまま締められていましたが、やがて抜け出した星川はストンピングで反撃します。
20170507-210027
「小ちゃいくせに。やるじゃないの。ほら、誰が負けるだって。」と言って西内をキャメルクラッチで絞る星川
20170507-210451
西内のこの顔を見ると、ムラムラと来る御仁は多いかと、、、。
20170507-220910
「チビはチビなりに、こうやって負けていれば良いのよ。」
西内を袈裟固めに捕らえる星川
20170507-221117
「可愛い顔が、そんな不細工になって。ハハハ、苦しいの、ねえ?」
「苦しくないわよ。」
「ほら、自分で外しなさいよ、ほら。
顔騎アームロックに、「そんな汚いお尻、アタシの顔に乗せないでよ。」
20170507-221304
「アンタはこれ位で丁度イイのよ、ほら。」
20170507-221322
腕拉ぎ逆十字固め
西内程の美女が技をかけられて苦しんでいる姿を見て、興奮しない方は殆どいないかと思われます。
「アンタみたいな可愛いお嬢ちゃんは、カフェでお茶でも飲んでなさい。」
20170507-221530
その言葉に発奮したか、西内は体勢を逆転します。
20170507-221908

20170507-222006
20170507-222117
「やられ放しだと思ってるんじゃないわよ。」
「小ちゃいくせに、技だけは知ってるんだから。」
20170507-224434
星川が1年前はショートカットで男装レスラーの悲劇に出ていた時と見比べると、何故か興奮を禁じえません。
西内の倒立ボディプレス
20170507-224502
20170507-224508
星川のリアクションも乙
20170507-224554
アームロックとアンクルロックの複合技
20170507-224434
彼女、やるじゃないですか!
星川のバストに、ガチなストンピングを連打する西内
20170507-224705
今度はギロチンドロップ
20170507-224727
軽やかな身のこなしで後方転回してもう一撃
20170507-224747
この美貌にして、このプロレススキル!
彼女はスターになる予感がします。
20170507-224805
パロスペシャルも小柄な故に得意とする技と言えます。
20170507-225016
そして星川のリアクションも超セクシー!
20170507-224924
この試合は、もしかしたら神試合になるのでは?
「早く降りなさい!」
「否だ!もっと苦しめてあげるから。」
「もっともっと一杯苦しみなさい!」
コブラツイスト
20170507-225244
「もう重くないんだから、そんなに痛くないでしょ。これで苦しいの?」
「小っちゃいくせに、力だけは、あるんだから。」
星川は先程から随分と西内を褒めてますね。
「凄い苦しそうね。」
20170507-225332
星川の肘打ち連打
20170507-225622
今度は西内がやられる晩です。
20170507-225706
「やられた分、やり返すよ。」
「不細工な顔。全然可愛くない。」と星川
否、彼女は間違っています。充分エロいです。(笑)
20170507-230016
「ほら、もう立てないの?起きなさいよ。」
20170507-230153
星川は、膝蹴り連打から、打撃技で西川をいたぶり始めます。
20170507-230348
「行くわよ!」
20170507-230418
スープレックス
投げた星川も、投げられた西内も実にイイ顔をしています。
20170507-230517
顔騎アンクルロック
20170507-230554
「どお、私のお尻。」
20170507-230733
「先刻技かけさせたのは、アンタが弱いから、私が負けてあげただけよ。」と星川
ガチだったら西内に取ってはショックな言葉です。
20170507-230809
アキレス腱固め
20170507-230935
西内、やられてます。
20170507-231051
こうして序盤は一進一退のシーソーゲームながら、星川優位に進んでいます。
どっちが受けに回っても、興奮させられる試合ですので、正にノンストップ・エクサイティングマッチでね。
続く