【TM】
春原未来さんが、プロレス作品に初登場することで、前からの春原さんのファンも、バトルファンも話題騒然となってます。
特にバトルファンの間では、以前から春原さんの出演を渇望していました。
一番強く望んでいたのは、ギガ作品を通じて春原さんのファンとなった私かも知れませんが(笑)
今回、東京ミックスさんのオファーを受けて、出演を承諾なさった経緯をお聞かせ願えませんでしょうか?
【春原未来】
最初、プロレスの撮影と聞いた時、私はキャットファイトが苦手なので断ろうと思いました。(キャットファイトが苦手というのは、それをエロい、そそる作品だと個人的に思えないからです。自分が納得できない作品には出演しないポリシーがあるので、いままでやってきませんでした)しかし、よくよく話しを聞いてみると、AVの撮影ではない。しかも男性とガチで闘うとのことで…だったらやってみてもいいかなと。AV女優6年目ですが、常に挑戦。攻めの姿勢で進化していきたいと思っているので。
k0alFfza
【TM】
 今回のリングコスチュームのデザイン、春原さんに弐あっていると思いますが、如何ですか?
【春原未来】
ありがとうございます。肩幅が広く、肉付きの良いがっしりとした体型だからこそ映えるコスチュームだったと思います。
実は監督は衣装としてのこだわりも強くあったようで今回の撮影用に衣装を8着も用意していて、2日間に渡り衣装合わせをしました。
結果的に決まった赤も黒も、どちらも私のことを強く魅せてくれる素敵なデザインでした。

撮影で着用した衣装は2着ともバトルさんの店頭に展示されるみたいなので、もし興味がある方は店頭に足を運んでみてください。販売もされるかもしれません。
【TM】
普段撮っている作品と、最も異なる所はどこですか?
【春原未来】
粘膜的な身体の接触がないってことですかね。(笑
hTujpmJK
【TM】
ギガ作品に数多く出演されてますが、ギガのアクションシーンと、プロレスシーンの違いはありますか?
【春原未来】
ギガのアクションは、その名の通りアクションですから、カメラワークを見ながら実際殴ってないけど殴ってるように見せる。それに対してプロレスは、実際にチョップもビンタもしますし、かなりの肉弾戦です。
このくらいの強さでぶつかって大丈夫なのかな?と心配になりましたが、お相手のプロレスラーの方も先生も全く大丈夫!と言い切ってくださったので、本番中遠慮することなく対戦できました。
KJog18WO
【TM】
 もしラスタドンさんから続編の作成をオファーされたら、受けていただけますか?
【春原未来】
もっと軽やかに鮮やかに技をかけたいと今回の撮影を通じて強く感じましたので、パワーアップが前提の続編を作るなら参加させていただきたいとは思いますが、どうして続編を作るのか、どんな続編を作りたいのかしっかりプレゼンしていただいてから決めます。何事も納得してから本気で取り組みたいので。監督の意向に賛同できたら受けると思います。
【TM】
③今回、男性相手のMIXファイトでしたが、相手が強そうな女子だったら如何ですか?或いはレズ気のある危ない女子だったら?どうでしょうか?(笑
【春原未来】
どんな相手でもかかってこいっていう気持ちです。強そうなほうがワクワクします。レズ気がある女子なら逆に返り討ちといいますか、イかせまくって…私のほうがテクも上よ!と言ってやりたいですね。(笑
【TM】
最後に、これから作品をご覧になるファンの皆様に一言
【春原未来】
プロレスが大好きな方、東京ミックスのファンの方、春原未来のファンの方はもちろん、もっと幅広い方に観ていただきたいです。パッケージの裏面にある言葉のような想いは、誰しもが感じたことがあると思うんです。限られた時間の中でしたが、スタッフも出演者も楽しく真剣に取り組んだ作品で、私自身も身体動かしていてもっと強くなりたい!!って心から思ったので、この作品が皆さまにとっても起爆剤になると信じています!プロレスやったことのない私が、作品内でやっている技、完璧ではないですが…ちゃんとかけられたんです。あなたも自分で自分の限界を決めることなく、この作品を観て一緒に奮い立ってくれたら幸いです。 
RvHG86Lf
【TM】
ありがとうございました。
作品を見るのが非常に楽しみです。
それでは最後にラスタドンさんからもお願いします。
【ラスタドン】
TMさん、改めましてこのような素敵な機会をいただき誠にありがとうございました。
非常に影響力のあるこのメディアに特集という形で取り扱っていただいたこと、とても光栄に思います。
最後に私からみなさまにお伝えさせてください。
第一回の冒頭でTMさんからいただいたインタビューの中で前回の作品が大成功を収めたとおっしゃっていただいておりますが、僕はそのようには考えていなくて。この業界のことに関しては右も左もわからない、ただじぶんの思い描いた世界をカタチとして創ってみたい、そんな想いだけで作った作品だったのですが、その結果、多くの方々に知っていただけたきっかけになったのかなと考えています。
このジャンルにおいては、もう作品を撮ることはないだろうと思っていた自分に改めて撮りたいと思わせてくれた春原未来さん、
初めましてなのに最初から最後までご丁寧にご対応いただき、途中脚本を変更したにも関わらず僕の想いをカタチにしてくださった神さん、
キャストの演技指導はもちろん、エキストラさんを集めることにも多大なるご協力をいただきました新宿スポーツジムのRIKIYAさん、
Wooo Iwaiさんに関しては3役も引き受けていただいたり、辻丸さんはすごくいい味出してくださいましたし、虎龍鬼さんはさすがプロということでヤジが最高でしたし、アジアンビューティーさんにはなんとも言えないインパクトをいただき、夢之助さんは問い合わせをいただいて率先してご参加いただいたり、ユウスケさん、Sakuさんは遠方の中春原さんに会いにきてくださったり、Bar&Fightの佐々木さんはロケ場所のご提供をくださった上にご出演までしていただいたり。
制作陣も最初はぼくの創りたい世界がイマイチ良く理解できていなかったようで不思議な表情でしたが、撮影を通じて自ら、こうしたらいいんじゃないか、こうしたらもっと良くなるんじゃないか、とご提案いただいたり。気付いたらみんながみんなひとつの方向に向かってました。
KOTAさんからは衣装のご提案をいただいたり、ものづくりへの情熱を再認識させられました。
バトルの岡崎さん、高田さん、田中さん、ぼくからは見えないけど、関わってくださっている流通の方々。
4年ぶりのぼくの気まぐれのタイミングでの作品の製作とリリースにも関わらず、大体的に扱ってくださったり。
もうこれぼくだけの作品じゃないです。関わった全てのひとで創造されたファイトオアノットです。
そんな素敵な作品です。作り手の勝手なオナニーじゃ終わらせない。
そんな超熱量の込められたアツすぎる作品を是非お手にとっていただけるとありがたく思います。
この度はありがとうございました!
【TM] 
お二人とも、ありがとうございました。
発売は6月9日ですが、その前にネット試写会で一足お先に鑑賞させていただきます。
その上で、普段のレビューとは違う形で感想をのべさせて頂く予定です。

【ファイトオアノットの予約はここをクリック】