昨夜ガキにゃん仮面こと、新垣ひとみ選手とじっくり語る機会がありましたので、実際はざっくばらんに話していたのですが、インタビュー形式に編集させていただきました。
IMG_0001
TM:前回のBWPイベント以来ですね。
今日は、じっくりと色々なご質問をさせていただきたいと思います。
G:あの時はほんの数分しかお話しできませんでしたが、マッスルドッキングにおいでくださってありがとうございます。
いつも作品で知り合った子から、「TMさんがレビュー書いてくれて。」とか言われて、私も読むようになったんですが、なかなかじっくりお話する時間がありませんでしたね。
ファンの集いとか、実際どんな風なんですか?
TM:人それぞれですが、リクエストして技をかけてもらったりしてます。私の場合、いつもC.Ronald監督やRosenkavalier監督に、おまかせと言って、好きに技の練習台にさせてもらってます。(笑
では最初の質問ですが、今は、プロレスリングサッポロでガキにゃん仮面としてリングに上がっていますが、今後はバトルに出演することはあるんですか。
G:はい、オファーがあれば。でも、今アキバナビスペースが立替中のようなので、ライブイベントのオファーは、当分ないでしょうね。
どれ位かかるのかしら。
TM:そうですね。恐らく1年以上かかるかも知れませんね。その間別の会場で開催してくれれば良いのですが。
浅草のリングは狭くて無理でしょうね。
G:あそこでは無理でしょうね。

TM:それでは次に、新垣ひとみ選手がバトルに出場したときは、衝撃的でした。いったいあんな選手をどこで見つけたのだろうと思っていましたが、どういう経緯があったのですか。
G:あの頃はBプロダクションで業界デビューすることになり、仕事を探していたときに、キャットファイトの撮影があると聞き、私もプロレスの経験があるので、是非出演したいと言ったら、マネージャーさんが電話してくれて2・3日で決まりました。

TM:それがあの日高ゆりあ選手と戦った、侵略者 ?INVADER? Vol.02だったんですね。
あの作品は、本当に衝撃的で、未だに私の神作品のひとつです。
G:はい、そして、「新垣ひとみまるごと」も同日撮りました。


TM:当時はネットで、新垣ひとみの正体は? と言うことで大いに話題になりました。
アイスリボンの某選手に似ているので、彼女ではないかという説もありました。(笑
当時は東京に住んでいたのでしょうか?
G:はい、プロダクションの寮にいました。相部屋だったので、何人かの女優さんと友達になったものです。

TM:今までに戦った選手で、”強いな”と思った選手はいましたか?
G:はい、そうですね。金城真央選手ですね。あの蹴りは、、。そして、遥めぐみさんのあのラリアットは強烈です。
あとは、戦ったことはないけど、神納花選手とか強そうですね。鈴屋いちご選手は、ルチャが出来て、私のお株を盗られそうだなって。(笑
TM:神納花選手は、柔道やってますから強いはずです。鈴屋いちご選手は、元木下サーカスの空中ブランコ乗りだったとか。
では、今度戦いたい選手はいますか。
G:はい、まず金城真央選手とは戦いたいですね。彼女もそう言ってたのに、なかなか機会がなくて、、、。
IMG_0004
TM:それは多くのファンも願っています。
札幌と大阪から東京に来てもらって撮影するので、スケジュール調整や経費の面で大変かもしれませんが、多少価格が高くなっても絶対売れると思いますよ。
そう言えば、アメリカのDengerous Curveも新垣選手に出演してもらいたいと言ってますが、如何でしょうか。
G:えー、私一人でアメリカ行くんですか? 数年前の私の全盛期だったら喜んでこオファーを受けていましたが、今はちょっと事情があって、難しいですね。

TM:そうですか、残念ですね。
Dangerous Curves氏からの質問ですが、新日で好きなレスラーがいたら教えてください。
G;オカダ・カズチカさんですが、私は登竜門の方が好きです。
TM:ありがとうございます。彼に伝えておきます。
それでは次に、今までの撮影やライブイベントの思い出話等があればお聞かせください。
G;ファイティングガールズのイベントで、安藤あいか選手が私にかけた、ブリッジしながらの片逆えび固めは、本当に息が詰まってギブアップしようかと思いました。
bjfgv30_05
TM:なるほど。確かに安藤選手のあの技は強烈でしたね。当時も、本当に死ぬかと思ったとも書いておられました。
あの後に発売された、Prostyle The Best I は、私の一番の神作品ですが、私の見たところ、運動能力と言う点から、もしガチに安藤選手と戦っていても、勝てたのではないでしょうか。

G:さあ?勝てるかなあ?
あと、ある選手をフォールしたら、返して来ないので、そのまま試合が終わってしまうと思って、髪を引っ張って「未だこんなんじゃ終わらせないわ。」とか言って私が起こしてあげたこともありました(笑
TM:そこがライブの難しいところですね。わざと3カウントを取らないってのは、プロレスでも良くあるシーンですが、そのまま相手が肩を上げなかったら、ロッキーさんが、阿部N郎に変身してカウント2で止めて、「あー肩が。」とかやらないといけないところでしたね。(笑

G:前回の撮影のとき、初めて黒い水着を着たんですが、あれがきつくて、お尻のところが食い込んじゃって。(笑
TM:あのラバー地の水着がバトルで一番人気があるんですよ。YUE選手や、パンサー選手、内村りな選手、若月まりあ選手なんかも着用していました。

G:そうなんですか。今まで青とか赤とか多かったんですが、黒は初めてでしたね。
ところでTMさんは、ボクシング作品も見ますか?私はボクシングはもう二度とやりたくないと思って。
TM:見てますけど。新垣選手のボクシングの作品ってありましたっけ?
G:昨年に会場限定で撮った作品です。(ABVのDL限定作品)
どうも私はボクシングが苦手で、どうやったら良いかわからなくって。
TM:そうでしたか。
でも、その作品も見て見たいものですね。

G:私は最近、対戦した相手以外、新しい選手のことを良く知らなくて。国見奈々選手辺りのところで止まってるんですよ。(笑
イベント終了後の打ち上げにも行けないので。
だから、純粋に観客としてBWPを見に行きたいんですよ。でも、前に1回見に行ったら、マイクパフォーマンスやらされちゃったので、またやらされるんじゃないかな。(笑

TM:そうですよね。帰りの飛行機の時間の関係もあれば、打ち上げにも参加できないですよね。
観戦者として、あのアラレちゃんみたいにメガネねかけてた時ですね。私はすぐに分かりました。ロッキーさんもとぼけて、「何だ新垣、お前来てたのか。」なんて言って、マットに引っ張り出しちゃいましたね。(笑
あのときは、撮影と万が一の代打要員で上京したのかなと思って。
G:いいえ、本当に単に見に行ってただけなんですよ。
IMG_0054
TM:そうだったんですか。その後もチェキ会まで出演させられちゃいましたよね。(笑
ところで、私もファンの方も、未だ未だ、新垣ひとみ選手には活躍してもらいたいので、先ほど言われた対戦相手との試合は、是非実現してもらいたいですね。
G:本当ですか。未だに、そんなに皆さんに愛されていて、幸せです。
TM:本日はありがとうございました。
G;また、札幌に来られた、是非お立ちよりください。
TM:毎年用事を作って、札幌に来ます。(笑)
本日はありがとうございました。
IMG_0081
ガキにゃん仮面からも、私に色々と質問がありましたが、まあそれはオフレコということで。(笑)
新垣ひとみ選手関連のVBA作品