涎を垂らして白目失神している相澤ゆりなのリンコスを剥ぎ取る前園ゆり。
PDVD_000
PDVD_001
彼女は、「アンタ、ホントにおっぱいだけね。ほら、起きなさいよ。」と言いながら相澤の乳房をはたきます。
PDVD_002
「本当はアンタ弱いんじゃない?おっぱいしかない人間ね。」
ようやく覚醒した相澤は、苦しそうに咳き込みます。
「何、何?何、失神してんの。」と相澤のバストを揉み回す前園。
PDVD_003
相澤を立たせた前園は、フルネルソンで相澤のバストをさらけ出します。
PDVD_004
この、トップレスの相手にフルネルソンをかけてユサユサさせるシーンは、Rosenkavalier監督のトレードマークですね。(笑
PDVD_005
それにしても相澤ゆりなは、良い物をお持ちですね。
「ほら、おっぱい丸出しで、恥ずかしくないの?」
「おっぱい、こんな。唯の乳だけね。ほらアタシが一番強いんだから。」
涎を垂らし始めた相澤。
PDVD_008
トップレスだと、必ずこういうことをされます。(笑
PDVD_009
今度は、フロントヘッドシザーズで絞られる相澤
PDVD_011
ドラゴンスリーパーホールドでも同じです。
「俺もやらせろ!」と言いたくなる御仁も多いかと。(笑
「おっぱいだけの人間だから。私の勝ちね。」
相澤は、苦しいいだか気持ちイイんだから分からない声で喘ぎます。
PDVD_012
勝利を確信した前園が、トドメを刺そうと相澤を立たせようとします。
PDVD_013
怒声と共に。強烈なローブローが炸裂します。
PDVD_014
官能的な悲鳴をあげて崩れ落ちた相澤は、「アー痛あ!」と喘ぎ苦しみます。
PDVD_015
息を吹き返した相澤が前園の足を掴んで仰向けにひっくり返します。
PDVD_016
電気按摩攻撃!
PDVD_018
悲痛な呻き声で苦しむ前園。
PDVD_019
次は股間へ強烈なヘッドパットを受けてしまいます。
PDVD_020
PDVD_021
「どうよ、もう一発。」
PDVD_022
再び股間を抑え、悶絶する前園
PDVD_026
アームロックの追い討ち!
PDVD_028
長々と腕をひしがれても前園の左手は股間を押さえたままです。
PDVD_027
漸く離され、今度は伸ばされた肘を庇う前園
PDVD_029
スープレックス!
PDVD_030
悲鳴をあげる前園は。この角度で落下します。!
PDVD_031
マットに叩きつけられ、大きく肩で息をする前園。
PDVD_032
「立ちなさい、ほら。」
PDVD_033
今度はパワーボム
PDVD_034
落下するときの、前園は、女の子らしい絹を裂くような悲鳴を出します。
PDVD_035
前園は再びピンチを迎えます。
PDVD_036
「ギブアップしなさい。苦しいでしょ。負けましたって言いなさい。」
PDVD_037
しかし、前園は必死に粘ります。
PDVD_038
そこで相澤は、もう一撃パワーボムを食らわそうとします。
PDVD_039
しかしここで前園が踏ん張り、相澤を押し倒します。
PDVD_040
「先刻はよくもやってくれたわね。」
PDVD_041
股間へヘッドパットの仕返し。
PDVD_042
らにもう一撃!
PDVD_043
ついでに電気按摩攻撃もお返し。
PDVD_044
スープレックスもお返し!
PDVD_045
前園の見事なブリッジ
PDVD_046
相澤も同じように、悲鳴を上げます。
ベアハッグ!
PDVD_047
かなり効いています。
PDVD_048
フラフラの前園に強烈なパワーボムを食らわす前園
PDVD_049
もう一撃!
PDVD_050
死に体の前園に、立ち膝式バックブリーカー!
PDVD_051
女子でこれをやる人は稀有かと思われます。
PDVD_052
「しぶといわね。これで終わりにしてあげる。」
PDVD_053
ジャーマンスープレックスですが、ちょっと崩れてしまいました。
しかし、それでもダメージの大きい相澤は、大きく体をヒクつかせます。
PDVD_054
仕上げはやはりこれです。
PDVD_055
「もう終わりにしてあげる。私の勝ちよ、アンタなんか、私の敵ではなかったのよ。」
泣きじゃくる前園
PDVD_057
「ギブアップしなさい。早く!」
長々と絞られた前園は、遂に「ギブ、ギブアップ!」と叫びます。
「何、ギブアップ?」
ゴングが鳴らされます。
「アー、ギブギブギブ、もう無理!」
漸く放された相澤。
PDVD_058
涙と涎にまみれた相澤の胸元を踏みつけた前園は、「散々やってくれて、やっぱ、おっぱいがデカいだけじゃない、アンタ。私の勝ちね。やっぱり弱かったじゃない。」と勝ち誇ります。
PDVD_059
エクストリームと別枠で、、西内るなに匹敵する新たなヒロインが台頭して来ました。
PDVD_062
YURI Maezono won!