【二本目】
汗にまみれ、コーナーに座り込んでハアハアと苦しそうに俯く明海こう選手は、ゴングが鳴っても座り込んだままです。
20170817-214613
近づいた鶴田かな選手が、「ねえねえアンタさあ、全然練習して来てないんじゃないの。」と言って明美の頭を掴みます。
20170817-215004
首投げをかます鶴田。
20170817-215026
ヒップから叩きつけられた明海は、悲鳴をあげます。
20170817-215121
ストレッチ技に喘ぎ苦しむ明海
「貴女にベルトなんて取れ訳ないでしょ。」と詰る鶴田。
「ベルトは私の物よ。」と苦しそうに返す明美。
「簡単に負けた人が何言ってんのよ。
「皆のためにベルト取らなきゃいけないんだから。」
20170817-215207
「アンタのこの細い腕、折ってあげるわよ。」
20170817-215512
超セクシーな声で喘ぐ明海
「痛いねえ、すぐ折れちゃいうそう。」
20170817-215540
「折れちゃった?ほら、立ちなさいよ。早くギブアップして終わらせましょうよ。」
本当に明海は色っぽくなりました。
「もっともっと強くなってから来てって言ったでしょ。」
20170817-215730
「私が、どんだけトレーニングしたと思ってんの。」と言って肘打ちを連打する明海
20170817-215830
コブラ返し!
20170817-215939
両選手共に、様々な技のレパートリーを増やしていますね。
20170817-220238
「痛いんでしょ。」
20170817-220255
「逃げないで、耐えなさいよ。」
20170817-220349
監獄固めに悲痛な声で呻き苦しむ鶴田
20170817-220437
「そんなに痛がっちゃって。」
20170817-220500
鶴田自慢のバストにストンピングを連打する明海
20170817-220644
STF
20170817-220720
「乗り越えて見なさいよ。チャンピオンなんでしょ。」
20170817-220736
「こんな技効かないわ。」
20170817-220749
鶴田は逆えび固めで反撃
20170817-220913
「腰、へし折ってあげるわよ。」
「こんなんで負ける訳ないでしょ。」
20170817-220958
アームロック
20170817-221052
官能的なリアクションを見せる明海。
20170817-221139
鶴田の膝蹴りを食らって、腹を押さえて苦しむ明海
20170817-221222
「苦しいの、ねえ。」
と腹パンチの追い討ち
20170817-221312
明海、二本目も苦戦しています。
20170817-221408
しかし、攻め疲れでへたってしまったのは鶴田の方です。
腰を抑えながら、鶴田につかみかかろうとする明海。
20170817-221512
弓矢固め
20170817-221629
20170817-221642
スープレックス!
20170817-221729
「私に同じことしたわよね。ほら立ちなさいよ。」
20170817-221752
もう一撃
20170817-221818
朦朧とする鶴田
20170817-221824
20170817-221925
20170817-222000
何と三発目か?
20170817-222028
これはキャプチュード
20170817-222050
20170817-222148
もう一丁!
20170817-222207
20170817-222212
物凄い勢いでマットに叩きつけられる鶴田
20170817-222233
動きの止まった鶴田を丸め込む明海
20170817-222310
カウント
20170817-222335
Three!
20170817-222348
鶴田、ゴングが鳴って、放されても動けません。
20170817-222402
明海も腰砕けとなってしまいますが、カメラに向かって語りかけます。
「私は一所懸命に練習して来て、強くなったの。次に勝つのは、私よ。」
20170817-222538
三本勝負の作品は、殆どの場合、一本づつ取り合った、勝負は下駄を履くまで分かりません。
20170817-222605
果たして最後までリングに立っているのはどちらでしょうか?
【三本目に続く】