Airi Natsume T:160cm, B:85cm W:58cm H:84cm vs Sesera Harukawa T:170 B:83 W:62 H:88

興行で受けた屈辱を晴らす為、乗り込んできた【春川せせら】
最強の挑戦者を相手に【なつめ愛莉】は防衛できるのか?

なつめ愛莉選手は、強豪生駒はるなを倒して鮮烈なデビュー戦を飾りました。(実はその2ヶ月前に、CF×FC キャットファイト×フェチクラブに出演しています。)
その直後のFG16イベントではリベンジされたものの、その後は、明海こう(当時小泉まり)、YUEを倒し、2017/04/08 バトルワールドプロレスリング 02でも大方の予想に反し、春川せせら選手を倒しています。
その星勘定は5勝1敗!で、現在4連勝中。
可愛い顔して、エロ攻撃やらセコンドを使ったり、さらには起死回生のローブローを得意としている彼女は、正統派ではないように見える選手ですが、実際は、高度な大技もこなすプロレススキルの高い選手です。
鶴田かな、仁美まどかに劣らずの戦績ですが、大物食いばかりなので正に卍ってる選手ですね。
【戦績】
☆W:ファイティングガールズ16スペシャルマッチ なつめ愛莉vs生駒はるな
http://blog.livedoor.jp/ltcmdrdata/archives/47344759.html
☆W:
2017/04/08 バトルワールドプロレスリング 02
高身長の選手は、あまり動けないと言う定説を覆す、ゴージャスなスレンダーボディの春川せせら選手。PRO-STYLE THE BESTに抜擢される程の実力者です。
BWPの次世代のホープである彼女は、デビュー戦で安達かすみのレズ攻撃に敗れたものの、次の三本勝負でリベンジを果たします。
しかし、どうも勝ち星に恵まれず、BWP開幕戦のメインイベントで、前哨戦に負けたYUE選手にリベンジしたものの、PRO-STYLE THE BEST Vでは新垣ひとみ選手に苦杯を喫し、その際にYUE選手は、BWPを盛り上げるためにわざと負けたと新垣に言われ、かなりの精神的ショックを受けてしまったようです。
そして、BWP02でも、実力的には勝てそうに思えた、なつめ愛莉に敗れてしまいます。プロレスの戦績は、3勝4敗と負け越しています。
また、プリンシパルのレズ作品でもバトルのレズでもボクシングでも春川は全敗していますので、どうも負けキャラのイメージが付きまとっている悲劇のヒロインですね。
【戦績】

参考:プロレス以外の作品
カット入りの着替えシーンで、今日はせせら選手に挑まれたが、前回の大会では、コテンパンに倒して勝ってるのに、何故再び愛莉に挑んでくるのか謎であると語ります。
今回も勝負は見えてると自信満々です。
今回は三本勝負になっているが、その方が一杯せせら選手を虐められるし愛莉が勝つところも一杯ファンに見せられるので、三本とも全部勝つとのことです。二本先取のルールを理解していないところが可愛いですね。(笑
3
春川は、前回なつめ選手に負けてしまったが、今回はストレート勝ちでリベンジしたいと語ります。
インタビューでなつめは春川の印象を、「前回、イベントで勝っているんで、どれ位の力の持ち主か、もう分かっているし、私だったら勝てると思います。結構強い技とかも繰り出してくるんですけど、全然効きません。」と語ります。
春川は、なつめの印象を、「前回の大会とその前の作品のビデオを見ておりまして、可愛く鳴くなと言う印象が凄くあります。私も凄い強かったですね。前回負けたが今回はたっぷり鳴いてもらって、このベルト、頂きたいと思っております。」
今日の試合の意気込みに関してなつめは、「このベルトは皆の応援があってFGIに戻って来たんだと思います。FGIを代表して、私がゲットしたベルトなので、このベルトは絶対に譲れません。絶対にFGIの元で成長させていきたいと思います。今回も絶対勝ちます。応援宜しくお願いします。」と締め括ります。
春川は、「今回リベンジマッチを設けて頂いて、真にありがとうございます。このリベンジマッチに相応しいように、春川せせら、BWPのエースとして、ベルト、ここに置かれてますが、関係なく私のベストをお見せしたいと思います。是非、勝ちますので、宜しくお願いします。」と纏めます。
20170823-000905
【一本目】
力の篭った手四つですが、徐々になつめが押されます。
春川は、「力で負けてるんじゃない。」と攻めます。
なつめは、「これからよ。」と返します。
20170823-000924
コーナーに追い込んだなつめに膝蹴りを連打する春川は、なつめを反対側のコーナーに振ってラリアットを食らわします。
20170823-001311
倒れこんだなつめをハーフ?極楽固めで絞る春川。
20170823-001329
「苦しそう。」
「苦しくないわ。」
「ほら、もっと鳴いて。」
久しぶりに春川のどSトークを聞くことが出来ました。
20170823-001839
「苦しいの?これからよ、未だ!」ドスの効いたガヤリでなつめを締める春川。
「苦しい?ウフフフ! 未だ大丈夫なんだ。」
「こんなの効く筈ないでしょ。」
「あー、強がり。」と言って春川は、更になつめを絞ります。
「私を誰だと思ってるの?」
「チャンピオンさんですよね。ベルト保持者。」
さらに力を込める春川
宣言した通り、なつめを鳴かしています。
20170823-002122
「ほら、もっと首絞めてあげますよ。ほら。」
20170823-002543
バトルに何度も出演している女優さんはこう言った言葉責めは台本なしでアドリブでやっているような気がします。
なつめは漸く反転します。
なつめは、春川の腰にストンピングを食らわし、「よくもやってくれたわね。」と言って片逆えび固めで反撃します。
今度は春川が鳴く番です。
20170823-002924
「せせら選手は、**められるより、苦しめられるのが好きでしょ。」
「何言ってんの。」
「そっちの顔の方がお似合いよ。良く顔みせてよ。」とポニーテールを引っ張るなつめ。
20170823-003223
春川は、プロレスのときは、気合を入れるために、いつもポニーテールにしているそうです。
「その苦しんでいる顔。」
「こんなもんなの。ほら、もっと強く締めなさい。アッ!」
「あー、可愛いその顔。」ケラケラ笑うなつめ。
アームロック!
20170823-004318
「そんなもんなのね、実力は。取り敢えず、この細い腕、折っちゃおうかな。」
苦しそうな喘ぎ声を出す春川に、「どうしたの、痛いんでしょ。正直に言いなさいよ。」
腕を押さえて苦しむ春川に、「未だこれからよ!」とストンピングを連打するなつめ。
「楽しませて。」と首4の字
20170823-004615
「お返しよ、先刻の。苦しいでしょ。私の方が、技の実力は上よ。」
恍惚とした表情の春川
20170823-004749
「喋れないんじゃない、息出来ないんじゃない?」
「やっぱり、私の方が強いのよ。」
もがく春川ですが、ガッシリ締め付けられ、反転できません。
「ねえ、どうなの?このまま絞め殺しちゃおうかな。」
しかし、咆哮と共に春川は反転します。
20170823-004959
「甘いんだよ!」とストンピングで反撃する春川。
20170823-005059
彼女は、なつめの足を引っ張りますが、その前のダメージが残っていて、ヘタってしまいます。
20170823-005314
未だ未だスタミナを残すなつめがストンピングのお返し。
20170823-005225
さらに、「私が強いんだよ。」とキャメルクラッチ!
20170823-005339
「何、調子こいてんの。ねえ、もっと虐めさせて。貴女の顔、ぐちゃぐちゃな所、もっと見たいな。」
20170823-005511
「これからよ。」と足4の字固め。
「全身、痛めつけてあげる。」
本当は強いはずなのに、やられてばかりいる春川の姿には、グッと来てしまいます。
「ほら、折れちゃうよ。もう抵抗も出来ないの。よっぽど、どMなのね。」
おや、春川にもプロレスマゾ疑惑が?(笑
「このエセチャンプ!」と負け惜しんで悪態をつく春川ですが、苦しそうです。
20170823-005554
「これからよ。」と得意のエロ攻撃を始めるなつめ。
「アー、この、反則!」悲鳴をあげる春川。
「あー股避けちゃうよ。好きなんでしょ、こう言うの。」
「やめて!」
20170823-010355
股裂きも加えるなつめ。
「アー、やめろ!、アや、やめろ!」と喘ぐ春川。
20170823-010429
「ほら、立ちなさい。」
20170823-010645
「もうボロボロじゃない、貴女。こんな身体で、良く私に臨めたわね。」
20170823-010655
必死に肘打ちを食らわす春川。
20170823-010724
「これだよ、先刻からずっと。」と卍固めで反撃する春川。
ガチなストンピングに悲鳴をあげるなつめ
20170823-010819
「先刻から、何よ。」
悲鳴をあげるなつめ。
「ほら、もっと苦しく鳴きなさいよ。お顔見せて。」
20170823-010904
「苦しいでしょ。ほら、もっと苦しくしてあげる。」と吊天井
「あー恥ずかしい格好。チャンピオンが聞いて呆れるわね。」
一本目は、主に春川がやられ続けて一本目が決まる流れに見えましたが、春川の反撃で、一転激しい攻防となっています。
20170823-011032
ころがどっこい。
次の技になつめを捕らえようとした春川は、夏目お得意の罠にはまってしまいます。
20170823-011225
派手な悲鳴ををあげて崩れ落ちた春川。
20170823-011515
「ほら立ちなさい。」
20170823-011546
コーナー貼り付けヤクザキックの連打
20170823-011635
これからよ。」
さらに腹パンチでボコボコにされる春川。
20170823-011740
鳩尾をグリグリされて悶絶する春川
20170823-011749
「ねえ、分かってくれる?私の方が強いの。なめんじゃないわよ。」
「ほら、もっと絞めなさいよ。」強がりなのかどMなのか、なつめを挑発する春川。
「一杯絞めてあげる。あー、その顔、可愛い!」
20170823-011820
春川の腕は汗でビショビショです、
「苦しいんでしょ。あれもっと、もっとして欲しいの?」
20170823-014224
ガクっと膝を曲げた春川を抱きかかえたなつめは、「ほら、やっぱり落ちちゃった?」と言いながらフィッシャーマンスープレックスの構え。
20170823-014239
と思ったら前投げでしたね。
20170823-014258
白目を剥く春川。
20170823-014314
「ほら、もう一発食らわしてあげる。立ちなさい!」
20170823-012529
このシーンは、編集もマットもありません。
春川は、全くガチに投げられています。
「あれえ、決まっちゃた?ねえ、起きてみなさいよ。」
春川は、舌を出し、苦しそうに身体をヒクつかせています。
20170823-012627
「ほら。」と春川を仰向けにして頭を踏みつけるなつめ。
20170823-013200
春川は涎を垂らしてしまいました。
20170823-013010
カウントが数えられます。
バスト踏み付けではありませんが、これも屈辱的な3カウント負けには違いありません。
20170823-013144
「ほーら、やっぱし私が勝っちゃった。次も私が絶対勝つから。」と勝ち誇るなつめ。
20170825-195125
未だ一本目ながら、春川せせらを寄せ付けず、コテンパンにのしてしまった恐るべしなつめ愛莉!
哀れなBWPのエース、春川せせらは彼女の敵ではないのでしょうか。
20170823-013211

【二本目へ続く】