【三本目】
やや憔悴している卯水を見て、「そんなに悶えちゃって。」と言う仁美。
手四つでは、「段々やる気出して来てんじゃないの。
20170827-001327
卯水は、「当たり前じゃないです。その良く喋る口を抑えたいですよね。」と答え、仁美の腕を振り払います。
20170827-001844
卯水に強烈なエルボーパンチを食らった仁美。
20170827-001915
変形スリーパーホールドに仁美を捕らえた卯水。
20170827-044459
「効いて?どうです。」
生け花を趣味に持つお嬢様らしい言い方です。
20170827-044703
「苦しくて、苦しくて、堪んないですよね。」と胴締めをかます卯水。
仁美は、「全然。」と強がりますが、わき腹を絞られ、「アー!」と悲鳴を上げます。
「ご自慢のボディライン。」と卯水。
「誰がそんなこと言ったのよ。苦ー!」「あんたこそ、ウー!」
20170827-044932
卯水は、仁美が何か言いかける度に足に力を入れて最後まで言わせません。
良く喋る相手には効果的な技です。(笑
「もっと悶え、苦しんでください。」
マジでこの技痛いんです。一旦かけてもらえば良く分かります。(笑
20170827-050013
「もっと叫びなさいよ。」と言って仁美を放す卯水。
20170827-050138
「そんなに声が聞きたいのかしら。」
20170827-050327
「未だ未だですよ。」
「やめ、アー!」「アー、腰!」と喘ぐ仁美
20170827-050518
「どうです。堪んないでしょ。」
「アンタ気色悪いのよ。」
「何が?」
「アンタ、絶対、負けないんだから。」匍匐前進する仁美
ロープブレイク!
20170827-050617
卯水は、腰を抑えて悶絶する仁美に「しつこいわね。立ちなさいよ。立てるでしょ。」と言って彼女を立たせます。
「やめなさい、」
20170827-050807
「って言ってんでしょ。」と腹パンチを繰り出す仁美。
20170827-050831
腹を抑えて崩れ落ち、ヤンキー座りになる卯水。
20170827-050917
20170827-050923
「そんなパンチ位で寝てんじゃないわよ。押しつぶしてやる。」と卯水の股間を踏みつける仁美。
20170827-051135
「アンタもピーピーピーピー煩いのよ。」
「黙って苦しんでなさい。」
20170827-051225
「大切な部分が、こんなに押し潰されちゃってるわよ。」
「どうなのかしら。」
20170827-051830
徐々に卯水の悲鳴がエロくなって来ました。
「凄い悲鳴ね。」
20170827-051853
「もう立てないの?逃げてみなさいよ。」
20170827-052014
レッグロックで卯水の長い足を拉ぐ仁美。
20170827-052043
「悔しい?そんな顔して。やり返してみなさい。」
卯水は、先刻から苦痛の喘ぎ声をあげ放しです。
20170827-060359
「未だ目は開けれるみたいね。」
20170827-060531
漸く放された卯水はロープの方に向かおうとしましたが、仁美に捕まります。
「どこへ逃げるのかしら?未だ逃がさないわよ。」
20170827-061445
「ほら、アンタの顔が見たいのよ。」「どんな気分。そんなグッチャグチャになっちゃって、恥ずかしくないのかしら。」
「もうギブアップ?ほら先刻のようにしても良いのよ。」
「未だ終わってないでしょ。」と開脚フォール
「あー、良い眺め。」
20170827-061511
眺めが良すぎたか、レフリーはカウントを数えるのを忘れています。(笑
「もう叫べないように首へし折ってあげるわよ。」
「やめてあげても良いわよ。そんな苦しそうな顔して。私をなめて見てたわね。絶対に許さないんだから。」
20170827-061733
「お昼寝の時間じゃないのよ。ほら、しっかり立ってなさいよ。」と言った仁美は、見事なジャンピングハイキック。
20170827-062112
「ほら、もうフラフラ?目がどっかに行っちゃったんじゃないかしら。」
20170827-062147
「行くわよ!」
20170827-062235
延髄切りが決まります。
20170827-062309
今度はレフリーは見とれていませんでした。
1,2,3!
20170827-062345
ゴングが鳴らされます。
20170827-062630
形勢逆転されてから、卯水は一言も喋れなくされた上に、KO状態でフォール負けしてしまいました。
白目を剥いたままの卯水は、痙攣を繰り返しています。
私が予想していた通り、今回のバトル聖誕祭記念タイトルマッチは、全てチャンピオンが他団体の刺客を退けて防衛に成功しました。
20170827-070449
チャンピオンベルトを肩に担いだ仁美は、「私が、アンタに負ける訳がないと、何回言えば気が済むの。」と卯水に言い放ちます。
彼女は、カメラに向き直り、「皆さん、私が勝ちました。ベルト、守ることが出来ました!これも皆さんのお陰です。これからも、このベルトを守って勝ち続けたいと思います。」と満面の笑みを浮かべて語ります。
素敵な笑顔です。
「では、最後にこれで締めましょう。 準備は良いですか、行きますよ One Two Three」
20170827-083506
しかし、”ダー!”とやる前に覚醒した卯水の襲撃を受けてしまいます。
20170827-083721
「あんた、勝ってないのよ。」と卯水は仁美の腕を決めます。
「何すんのよ。負けたじゃない。」と仁美。
「負けてない。」と返す卯水。
20170827-083904
「ほら、何か空いてんじゃないの。」エロ攻撃も加える卯水
20170827-090736
「股開くの好きなんでしょ。」
20170827-090954
「ほら、もっと。そう言えば、先刻、おXXX色々してくれたわよ、ね。」
「あー、堪んないわね。もっと鳴きなさいよ。」
20170827-091031
今度はバストクローに悲鳴をあげる仁美
20170827-091046
「おっぱい、好きよね。」
「好きじゃない。」
「苦しくて、堪んない。」一度放してから再び勢いを付けて仁美のバストを握り潰そうとする卯水。
「卑怯よ。終わったのに。」と喘ぐ仁美
「何が終わったって?勝手に終わらせるんじゃないわよ?」と更にギューっと搾る卯水
「両手で揉んであげようか。」
20170827-091223
「あー、!乳首立たせてる。」と卯水
「良い光景よね。ほら!」と乳首を刺激され、アヘ顔となる仁美。
20170827-101249
「あー、やめて!」と言われ、今度は仁美の額を掴む卯水。
掌が大きい卯水ならでの得意技です。
20170827-091650
「あー、良い光景だよね。」
「やめて、聞こえてんでしょ。」
再び仁美のバストを掴む卯水。
「やめなさい。」と仁美。
20170827-101404
「やめなさいって?ほらもっと見せなさいよ。」
腰を反らされる仁美
「こんなの。」と彼女が言うと、
「何ですって?」とカベルナリア
20170827-092029
次に卯水は、仁美の足を固めて、何やら股間をいじってます。
「おXXXがら空きよ。」
「お願いやめて。」と哀願する仁美。
「何をやめれば良いのか、分からないわ。」
「許して、許して。」
20170827-092202
「何を許せばよいのか分からないわ。ほら、行くわよ!」
逆エビ固めを決められた仁美は、「許してくさい。ご免なさい!アー、嫌ん、」と泣き叫びます。
20170827-092438
漸く放されたものの、半ば失神状態の仁美。
20170827-092538
ベルトを持った卯水は、「ほら、皆さん見て下さい。これがチャンピオンの姿ですよ。ネー、そそられるよね。」とカメラに向かって語りかけます。
20170827-094307
今年の春の吉田花選手に続き、負かせた相手にボコられてしまった仁美まどか選手。
相手の隙を突いて、逆転勝利したりすると、得てしてこんなことになります。
なつめ愛莉選手が春川せせら選手を叩きのめした時のように、バトルでは、勝ったときは相手を完敗宣言させるまで徹底的に潰しておいた方が安全ですね。(笑