Yui Kawagoe T159 B84 W60 H85 vs Koko Nanahara T150 B87 W59 H87
"ロリータ美少女vsセクシーダイナマイト!!ハイレグコスで女のプライドが激突!!
どちらが強いのか?どちらがエロいのか?"

実は私、半年前に購入したこの作品、全く見ていませんでした。もしかしたら、見ながら寝落ちしてしまい、記憶に残ってない可能性もあります。
前の職場にいたときで、きっとかなり疲れていたので、今よりさらに余裕がなかったからですね。
そこで、初鑑賞がてらのデビューとなりますので、私も先の展開は分からないままレビューさせていただきます。

2015年10月にデビューしたロリ系の巨乳AV女優。別名は中原心音。
生年月日は、1997年3月15日とお若い方ですね。
バトルは、この作品のみですので、プロレススキルは、それほど評価されなかったのでしょうか。
一方川越ゆい選手は、BATTLE2014年度新人王座決定 フレッシュスタートーナメント 第二回戦 と BATTLEエクストリームトーナメント 第二試合 でいずれも敗退してから、約2年ぶりの登場です。

作品は、川越ゆい選手のそれほどコスチュームの露出度は高くないと言え、超エロいイメージシーンとインタビューから始まります。
インタビューでは、「皆さんお久しぶりです。川越ゆいです。約2年ぶりに復帰いたしました。昔とは違う川越ゆいを是非見てください。そしえ、私のこと、応援してくださいね。頑張ります。」と語ります。
七菜原ココ選手もセクシーなイメージシーンを披露します。
インタビューでは、「バトルでデビューします七菜原ココです。応援宜しくお願いします。ちょっと衣装の布面積が、滅茶苦茶狭いんですけど、はみ出ないか、ちょっと心配なんですけど。頑張りたいと思いますので、皆さんも応援頑張ってください。ふふ、よろしくお願いします」と語ります。

【一本目】
ゴングが鳴り、七菜原のコスチュームを見て、「何、その服。」と指差します。
PDVD_001
七菜原は、「うるさいわね。」と被せますが、川越は、「面積が小さ過ぎじゃない。」と文句をつけます。
「だから何よ。アンタに関係ないでしょ。」と返す七菜原。
「乳首透けてるし。」と突っ込む川越。
言われた七菜原は、胸元を直して川越を睨みつけて、「アンタこそ、2年ぶりって言うけど、勝った事ないんでしょ。」と返します。
「昔の私と違うの。」と絡む川越。
「2年経っても変わってないわよ。」と七菜原。
「今から、じゃあ、その強さ見せてあげるから。」と川越。
体格的にも、彼女の方が強そうに見えます。
しかし七菜原は、「ふん、勝手に言ってれば。」と不敵に笑います。
手四つで川越は、「私のこと、押し倒してみなさいよ。」と挑発します。
PDVD_002
「やってみようじゃない。アンタこそ、押し倒してみれば良いじゃない。」と七菜原も随分挑戦的です。
PDVD_003
川越は、「見てないよ」と言って七菜原の腕を振り払います。
そしてヘッドロック!
PDVD_004
「ほら、苦しいでしょ。」
七菜原は、顔をしかめて苦しみますが、キャットファイト作品では、その後のアヘ顔が大事です。
「おっぱいに挟まれて苦しいでしょ。」
「全然苦しくないわよ。」
PDVD_008
七菜原の反撃。
川越のリアクションは、お墨付きです。
「どお、苦しいでしょう。」
七菜原は、生意気な新人が先輩を虐める雰囲気を良く出しています。
足を決められた川越は、早くも絶叫して苦しみます。
PDVD_010
首4の字
「はあはあ苦しんで大丈夫?」と乳首をはみ出させた七菜原が尋ねます。
PDVD_011
反転
PDVD_021
エスケープした川越は、ストンピング連打で反撃します。
PDVD_024
このコスじゃ、キャメルクラッチではみ出しますよね。(笑
PDVD_026
PDVD_029
降水確率100%のストンピングの雨。
PDVD_030
やっと七菜原がアヘ顔見せました。(笑
PDVD_034
「乳首が出そうじゃないの!」と七菜原を絞る川越。
PDVD_041
否、既に出ています。(笑
PDVD_038
コブラツイスト
PDVD_042
「ほら、乳首が見えてるよ。」とエロ攻撃もかける川越
PDVD_048
痛いんだか感じているのか分からないこえで喘ぐ七菜原。
「よしなさいよ。アー!」
「こんな衣装着てるからでしょ。」
PDVD_050
ここの七菜原のリアクションは、高得点を与えられます。
PDVD_054
「やめなさいよ。」
「やり返してみれば良いじゃない。」
と言われた七菜原が肘打ち連打で逆転します。
コブラ返しに絶叫して苦しむ川越。
PDVD_060
彼女は、「クー、アウー!」と官能的な声で叫び喘ぎます。
パロスペシャルにも絶叫。
PDVD_065
今度は七菜原がストンピング連打の仕返し。
PDVD_066
これは?
PDVD_068
スターナー!
顎を抑えて七転八倒の川越。
PDVD_069
Waoo!バックドロップ!
PDVD_070
「ほら立ちなさいよ。」と卍固め!
再び絶叫する川越。
PDVD_073
耐え切れなくなった川越は、ここで敢え無くギブアップと叫びます。
PDVD_074
勝ち誇る七菜原。
PDVD_075
舐めてかかった新人に痛い目にあった川越が、悔し泣きを始めます。
彼女を踏みつけて、「やっぱりアンタ弱かったじゃない。2年前と、あんまり変わってないわね。」と勝ち誇る七菜原。
PDVD_086
マットを叩いて川越は、鼻をすすって悔し涙を流します。
【二本目に続く。】

セクシースタイルバトルVol.7のDVDはこちら