キャットファイト

2015年03月29日

第2回SSS The Rookies Tournament Aブロック 椎名ゆうきvs山村せれな

Yuki Shiina T: 155 cm B86cm W58cm H90cm vs Serena Yamamura T: 170cm

Aブロック 第2試合:椎名ゆうきvs山村せれな
PDVD_001GIGAのヒロイン脚フェティシズム 魔法美少女戦士フォンテーヌに主演したことのある椎名ゆうき選手は、2年前までは伊東麻央という名前で活動していました。
PDVD_002見た目にもなかなか可愛らしい女性です。
PDVD_004山村せれな選手は、別名で活動中のようなので、身長175cmという他一切謎の選手です。
インタビューで山村は優等生的なトークをしてから、力には自信があるので、相手が大きくても投げられるなら投げてみたい。と豊富を語ります。
一方山村は、「あんな小っちぇえチビなんか、アタシの対戦相手になるとでも思ってんの?誰、この試合組んだ奴、出て来いよ!」といかにもヒールらしい言葉遣いです。
「今日はボコボコにしてやるから、お前ら楽しみにしとけよ。」と語ります。ヒールメイクしていなければ、なかなかイイ女なのではないでしょうか。

PDVD_007身長差20cmはホントですね。
PDVD_008椎名は押し潰されて膝をつき倒されてしまいます。
椎名が起き上がるのを待って、「こんなもんか? ほら、来いよ!」と余裕を見せる山村。
PDVD_009椎名はタックルしますが、、、
背中に両手を組んだ拳で一撃され、再び倒されます。
PDVD_010そして山村は椎名の股間を鷲掴みしてボディスラムで叩きつけます。
背中を打って悶絶する椎名。
PDVD_012次いで首4の字 このシーンで椎名のややハスキーな喘ぎ声にグッと来ること請け合いです。
やはりギガヒロインの経験者のリアクションにはずれはありません。官能的な声と言い、セクシーな表情と言い、見事なやられップリです。
PDVD_014椎名はこのまま山村に壊されてしまいそうでしたが、クイックムーブで逆転して山村をキャメルクラッチで締めます。
ヒール役でも、やられ声が随分可愛らしい選手もいますが、山村の場合は、ヒールらしく野獣のような咆哮で喚きます。
PDVD_015さらに山村にガチにフェイスバスターを食らわした椎名は、
PDVD_016ストンピングを食らわし、山村をコーナーに振ります。
PDVD_017そしてDDT!
見事な技を見せてくれます。(と言うかうまくひっくり返ってくれた山村の方を褒めるべきなのかも知れません。)
PDVD_019フォール! 
しかし山村は、腰に忍ばせていた?ドライバーを取り出します。
こんな大きなドライバーを腰に挟んでいたら、投げられたときにダメージを負ってしまうのですが、まあここは超能力で物体を瞬間移動させたことにしておきましょう(笑
山村はこれで椎名の額を一撃してピンチを脱します。
PDVD_020悲鳴を上げて七転八倒する椎名に馬乗りになった山村は、さらに額の同じ所をドライバーでグリグリします。
PDVD_021「キャー、痛い!やめて!」「ア~!反則、反則だよ!」と迫真の演技力を見せる椎名
PDVD_022さらに傷口に噛み付く山村。
PDVD_023指に血が付いているので、流血したことが分かります。 昨今のガチな蹴りやパンチでの流血シーンではなく、古典的な反則シーンです。
PDVD_027さらに首を絞められ、一瞬驚愕の表情を見せてから恍惚とした表情に変わっていく椎名。これも見事なやられ演技です。
PDVD_028「どうだ!」「苦しい~、ああ、血が!」と暫くしてから出血に気がつくシーンの台詞回しも名演技です。
椎名は恍惚とした表情から白目を剥き、一瞬気を失ってしまいます
PDVD_030その隙に場外から鎖を持ち込んだ山村は、恐怖の混じった目で山村を見上げる椎名の首にこれを巻きつけます。
PDVD_031このシーンの椎名の表情にもグッと来てしまいます。
山村は、鎖を首に巻いたままの椎名をコーナーにブン投げます。
PDVD_032そしてコーナーに登らせてアルゼンチンバックブリーカー
PDVD_034甲高い悲鳴をあげて悶絶する椎名 
長々とアルゼンチンで絞られ、今にも失神しそうな恍惚とした表情の椎名
絶対絶命の大ピンチですが、何故か心の中で彼女に声援を送っている自分に気づきました。
しぶとくこの技に耐えた椎名は、ようやく降ろされますが今度は竹刀を使ったキャメルクラッチで絞られます。
PDVD_036椎名の眼は焦点を失い、文字通り目を白黒させて悶絶します
PDVD_038何度も一瞬気を失ってから再び絞られるドミネーションを地獄を味わいながら、「反則よ。と抗議する椎名。
ファイティングガールズのイベントのときは、必ずロッキー山下レフリーを昏倒させてから凶器攻撃が行われますが、この試合は、反則裁定するレフリーがいません。
PDVD_039二度もリプレイされた、強烈なパワーボム!
PDVD_040山村は、「どうだ!」「オマエは弱いから負けなんだよ”!」と言って不用意に椎名の正面からフォールを取りに行きます。
PDVD_041しかし、椎名はカウント2で山村の腕を取り三角締めで逆襲に転じます。
「私だってできるのよ!」技をかけるときの表情もイイですね。
PDVD_042初めて可愛らしい声を出して悶絶した山村は、ヘタって倒れこんでしまいます。
PDVD_043息を整えて山村が起き上がるのを待った椎名は、必殺ボマエを山村の胸元にヒットさせます。
PDVD_044そして足4の字
これでもかとばかりに痛めつけられながら、果敢な反撃を見せる椎名の健気なファイトぶりは、往年の全女ティストに溢れています。
PDVD_045山村は一旦ロープブレイクしますが、
椎名は彼女をロープ中央に引き戻し、再度足4の字を食らわします。
PDVD_046再び可愛らしい呻き声を上げた山村は、ここでギブアップです。
PDVD_047土壇場で逆転勝利の椎名は、生も根も尽き果てて「ほら見なさいよ。やっぱり私が勝つのよ。」と言います。
ところがターミネーターのように起き上がった山村は、「未だ終わっちゃいねんだよ。」と言って椎名に襲い掛かります。
PDVD_049椎名は、「今、ギブアップって言ったじゃない。」と抗議しますが、山村は構わずフロントチョークで椎名を絞め付けます。
PDVD_051PDVD_052再び白目を剥くまで絞められた椎名は涎を垂らし失神させられてしまいます。(このシーンは3回Replayがあります)
PDVD_053失神した椎名を残し、山村は「やってらんねえよ。」とリングを去ります。
PDVD_058ヒクと体を痙攣させてリングに横たわる椎名
PDVD_056哀れ股間も塗れています。

勧善懲悪の古典的プロレスの魅力溢れた試合でした。 
1試合目が最高に良かったので、2試合目は尺も短く、お気に召さなかった方もおられるかも知れません。
しかし、超有望株としてファイティングガールズ13にもエントリーされた椎名ゆうき選手が、見事なやられっぷりと健気なファイトを見せてくれた傑作だと私は評価しています。
山村せれな選手も、見事な悪役を演じてくれました。

プロスタイルキャットファイト作品を見るファンの大多数は、より可愛いくて美しい女子選手が負けるシーンを見たいはずです。
しかし、トーナメントでそれをやると、ヘタをすると決勝戦は怪獣映画のようになってしまいます。
そこで第1回も今回も負けた選手が腹いせに制裁を加える試合を織り交ぜてくれますが、とても良い手法だと思います。
Aブロック準決勝は、桜瀬名 vs 椎名ゆうき 共に絶品のリアクションを見せてくれそうなので、今から楽しみです。
椎名選手は、ニューヒロインとなって今後大人気を博する可能性があると思えて来ました。 


ltcmdrdata at 21:27|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2015年03月27日

第2回SSS The Rookies Tournament Aブロック 桜瀬奈 vs 牧野あやね

Sena Sakura T:164cm B:84cm W:58cm H:87cm
                        vs
Ayane Makino T:152cm B:87 cm W:62cm H:88cm

bjsnq05 とある女子レスラーの完全敗北(シェラッキング) 7でリングデヴューを果たした桜瀬奈選手は、25歳 T:164cm B:84cm W:58cm H:87cm のスレンダー美女。GIGA作品にも多数出演している、充分大人の女性です。
PDVD_001なんとなく見覚えがあるかなと思ったら、2012-09-14リリースの、【スーパーヒロイン危機一髪!!Vol.45 SUPERLADY Alisa編】であの超人気女優の有村千佳嬢と共演していました。
これは、彼女のGIGAデビューでしたが一般人の役です。
PDVD_000手前は有村千佳、そして左にいる悪役は、何とエクストリームトーナメントでバトルファンの人気者となったおぐりみく嬢です。
この作品は、有村千佳扮するスーパーレディがボコボコにされ陵辱される最高傑作の部類に入る作品でした。
有村千佳は、活動休止するそうですが、その前に是非バトルに出演してもらいたかったですね。
彼女と桜井あゆ嬢、樹花凛嬢そして加瀬あゆむ嬢がバトルに出演したら、MIXやレズ作品でも速攻で買ってしまいそうです。
対する牧野あやね選手は、現在20歳 T:152cm B:87 cm W:62cm H:88cm とややポッチャリ型の女性ですが、女優活動は昨年からのようなので、ポテンシャルは未知数の新人です。

インタビューで桜は、”新人同士の闘いなので大差はない。腕力には自身ないが、女の子が痛めつけられるところを見ると凄いゾクゾクする。”と自分がかなりのSであることを述べています。
さらに、「それが楽しみなので今日は関節技でジワジワと痛めつけてあげるわ」と不敵に笑います
牧野の方は、「対戦相手の桜さんは、凄い強いって聞いたんですけど、、、。」とは言いつつ、関節技は自分の方が上だと自信を述べます。
リンコス姿の両選手のイメージシーンが短時間続き、いよいよ試合開始です。
PDVD_002最初の手四つはパワーに勝る牧野が桜をロープに追い詰めてチョップを連打。
さらにロープに振った桜をラリアットで倒します。
PDVD_004牧野はすかさず関節技で牧野を痛めつけます。
「苦しいか?苦しいんだろ?」と絞められた桜は恍惚とした表情で、今にも絞め落とされそうな苦しみに満ちた喘ぎ声を出します。
「苦しい?アンタ関節技が得意って言ってたけど、アタシの方が上手いわよ。」と牧野に言われ、STFで官能的に悶絶する桜
PDVD_006いやあもう、声と言い表情と言い、桜のリアクションは絶品です。この試合は前回不評だったBGMはありません。
PDVD_008キャメルクラッチやナガタロックで絞られたときの叫び声も最高にエロチックでした。
PDVD_009一連のこのやられシーンだけで彼女が最高級の被虐キャラだと分かりましたが、攻めに回ったときはどうでしょうか?
PDVD_010「いきがってばっかいやがって、私の間接技の方が、、、強いんじゃないの!」ウヒャーこれまた最高級のSキャラです。
PDVD_011「随分痛そうな顔してるじゃない。」彼女の台詞回しは、成宮梓選手クラス、これまた最高の加虐キャラぶりです。
「もっとその苦しそうな顔見せて。」桜選手のことばかり書いていましたが、PDVD_012実は牧野選手のやられっぷりも上級です。
PDVD_013汗まみれで苦しみのリアクションを見せる彼女も、なかなかの逸材かと思います。
PDVD_015PDVD_017しばし苦しめられた牧野でしたが、桜に隙がありました。
PDVD_018セクシーな悲鳴を上げ、崩れ落ちる桜
PDVD_019股間を押さえて悶絶する桜も汗まみれです。
PDVD_020プロレスセンスは、パワーのある牧野の方が上かも知れません。恐らく非力な桜では、このようなパワーボムを見せることは無理かと。
PDVD_021PDVD_022しかし、受ける側であっても、それなりのセンスは必要なので、桜の運動能力はそれほど悪くはないはずです。
牧野は本当にパワーがあります。
PDVD_023このアルゼンチンバックブリーカーを
PDVD_026受ける桜も見事なやられっぷりです。
苦しみ方がリアルです。
PDVD_029DDTやペティグリーは、比較的易しい技でしょうが、受ける桜の悲鳴がとても真に迫っています。
PDVD_031今にも落とされてしまいそうな恍惚とした表情で悶え苦しむ桜。
このまま桜が敗退してしまうのは、惜しい。しかし、牧野もそれは同様です。 
PDVD_032しかし桜は、ここで牧野の頭をはさみ返します。
PDVD_033攻守所を変え、今度は牧野が恍惚とした表情で悶え苦しみます。
PDVD_034「貴女の攻めなんて、、、」と言ってからグイッと牧野を絞り、「全然効かないのよ。」さらに絞り、「だから反撃されてるんでしょ。」桜のSトークも全開です。
PDVD_035「苦しい? もっと叫びなさいよ。」ドラゴンスリーパーで牧野を絞める桜は、本気で力を込めているように見えます。
牧野の苦しみ方もガチに見え、この辺りの両者の演技は見事です。
PDVD_036ボディプレスを見せる桜。彼女の動きはそれほど悪くないようです。
PDVD_037「すっごいイイ眺め。私の間接技、気持ちイイんでしょ。ホラ!」と足4の字
PDVD_038「どしたの、そんな高い声出しちゃって。」と言われた桜に絞られ、官能的な叫び声を上げる牧野
PDVD_039ロープ中段からのダイビングニーパット連発でで牧野の膝を破壊する桜
PDVD_042そして再度の足4の字固め。「もう貴女に勝ち目はないのよ!」
PDVD_043これには牧野も長い時間は耐えられず、しばし粘るも遂に無念のギブアップ
しかし、桜はすぐに技を解かず、牧野を絞り続けます。
泣き声になって何度もギブアップを言う牧野
ようやく立ち上がった桜は、「誰の関節技が強いか分かったでしょ。イイ顔見せてくれてアリガト!」
PDVD_044「あれ?こっちじゃなかったっけ」と言って牧野の右足、次いで左足を踏みつける桜
両選手共に1回戦で終わらせるにはもったいない逸材でしたが、この試合はSキャラの桜瀬奈選手が制して決勝へ進みます。
彼女は特筆する程の運動能力は持ち合わせていないと見えましたが、先が楽しみな選手です。
ところが、大変残念なことに、4月で 引退してしまうそうですね。
一試合目からなかなか濃い内容のこのトーナメント、2試合目も楽しみです。


ltcmdrdata at 22:51|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2015年03月25日

トップレスファイター朝井涼香の生意気新人レスラー制裁マッチ 後半

Cocky rookie wrestler sanctions match of topless Fighter Asai Ryoka (cont.)

PDVD_001三橋は、技をかけながら朝井のお尻をペンペン、ナデナデします。
PDVD_002朝井は、非常にセクシーな声と表情で喘ぎながら、「何すんのよ、この変態!」と言いますが、三橋は、「見せびらかしたいんでしょ。」と返します。
PDVD_003PDVD_004この試合は、どこまでもエロいです。(笑)
PDVD_005あまり露骨なショットは避けていますが、それでも充分ヤバイと思います。
PDVD_009朝井の被虐キャラぶりはなかなかのものですが、この作品の題名は、【生意気新人レスラー制裁マッチ】でしたね。
PDVD_010三橋はフロントネックロックから、「投げてやるわ。」とブレンバスターを試みますが、朝井は踏ん張ります。
PDVD_011そして三橋のわき腹へグーパンチを放ち、形勢逆転
DDTを食らわせます。
PDVD_013朝井は、「お返しよ。」と言ってストレッチ技で、わざとバストを三橋の顔に押し付けます。
PDVD_014三橋は再びセクシーな喘ぎ声で鳴きます。
PDVD_016お返しに、時折スパンキングしながら三橋のお尻を撫で回す朝井
PDVD_017さらに「さっきのお返ししてあげる。」と三橋のリンコスを引っ張り挙げます。
PDVD_020そしてコの字固めが長々と続きますが、Rosenkavalier監督に出て来る選手はタフネス揃い。三橋はしぶとく粘ります。
PDVD_021そこで朝井は、三橋に再びDDTを食らわしてからこのストレッチ技を決めます。
PDVD_024「早く、諦めなさいよ。」「もうやめろ!」と三橋にギブアップを促す朝井
この技も長々と続き、限界が来た三橋は遂にギブアップします。
しかし朝井はゴングが鳴っても浅井を放しません。
PDVD_025レフリーが介入して二人を引き離します。
PDVD_026勝ち名乗りを上げる朝井
三橋はこの格好のままセクシーに喘ぎ続けます。
PDVD_027これで終わりかと思いましたが、実は未だ収録時間が10分近く残ってます。
PDVD_029「これで分かったでしょ。トップレスは最強なのよ。そうだ、アナタも脱ぎなさいよ。」と三橋のコスを剥がす朝井
「ほら、手、邪魔!」と浅井を押さえつける三橋。三橋の手じゃなくて、三橋の手が邪魔ですね(笑)
PDVD_030朝井は先ほどの仕返しに三橋のバストを掴んで立たせます。
PDVD_031「ほら、良く見せてあげなよ。オッパイ大きいのが自慢なんでしょ。」
PDVD_036「アナタもトップレス・レスラーになりなさいよ。」
「トップレスを馬鹿にしたこと謝んなさいよ。「ごめんなさい!」しかし、朝井の制裁は、まだまだ続きます。
「今度からトップレスで闘うって言いなさい。ちゃんと私と約束して。」
何度言われても「嫌です」と抗った三橋でしたが、さらに朝井に絞られ、とうとう「なります。」と答えます。
PDVD_037PDVD_038最後は三橋の胸を揉みながら顔面騎乗
PDVD_039ようやく気が晴れたか、三橋を解放し、「これでアンタもトップレスの仲間ね。」と言い捨てて朝井はリングを去ります。
PDVD_041あんなに生意気に先輩を愚弄した三橋杏奈でしたが、しっかり成敗されてしまいました。

朝井涼香、三橋杏奈、両選手共、それほど運動能力はなさそうに見えましたが、リアクションは甲乙つけ難く、実にセクシーで官能的ですので、充分エロい作品に仕上がっています。
 


ltcmdrdata at 21:18|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2015年03月24日

トップレスファイター朝井涼香の生意気新人レスラー制裁マッチ 前半

Topless Ryoka Asai T160 B80 W58 H85 vs Cocky rookie wrestle Anna Mihashi T150 B90 W60 H86

発売予定では【巨乳トップレスファイト外伝」となっていたのですが、バスト80cmでは貧乳の部類に入っているので、急遽タイトルが変わったのでしょうか。
それとも女優さんのドタキャンか何かがあって選手交代となったのでしょうか、兎に角今までのトップレスファイトとは趣の変わった作品です。
私的には、”イイ女”系の朝井涼香選手が出場してくれるのは歓迎です。
対する三橋杏奈選手は、小柄ながらSっ気たっぷりの女性のようです。

PDVD_001作品は、MIXでの朝井の敗戦シーンに続き、バトルへ赴きトップレスファイトを志願するシーンより始まります。
胸が大きくないことを指摘されても、関係ありますか?と詰問して、どうしても強くなりたいから、との熱意に補され、彼女はトップレスマッチに出場できるようになります。
しかし、蓋を開けてみる相手の三橋はトップレスではないと言う河西あみと同じパターンです。
PDVD_003恥ずかしくないと何度も言っていた朝井でしたが、相手がトップレスではないので、自然に恥じらいのあまり、腕で胸を覆う朝井
コスチュームを脱がしたりするのも反則だと言うレフリーは、朝井が抗議しても何も聞いていないと突っぱねます。

ゴングが鳴り、両者は中央へ歩み寄りますが、三橋は「何でアンタ裸なの?」と笑います。
PDVD_004「まあ、可愛いオッパイ!」と乳首を握る三橋
「ふざけないでよ。」と朝井は三橋の手を払いのけ、「ほら、かかってきな。」と両手をかざします。
三橋もこれに応じて、手四つの体勢から戦いは始まります。
PDVD_005身長差を活かした朝井が、三橋の胸に前蹴りを入れて倒し、ネックシザーズで先制です。
PDVD_007三橋のリアクションは、なかなかセクシーで、非常に可愛らしい声で鳴きます。
PDVD_008朝井は、三橋の乳首を掴んでエスケープを試みますが、朝井はそれを払いのけ、首4の字にシフトします。
PDVD_009PDVD_010「アンタ、何触ってんのよ。ふざけないでよ。こっちは真剣なんだから。」と朝井
PDVD_011彼女は三橋を立たせ、今度はヘッドロックです。
「そんな貧弱な胸、押し付けないでよ。この裸女!」と三橋は朝井の胸を揉みだします。
三橋は、朝井がたじろいだ隙に、タックルをかまして倒し、朝井をスリーパーホールドに捕らえます
セクシーに喘ぐ朝井に向かって、「これが本当の裸絞めよ!」と三橋
「こうしてやる。」と再び朝井の胸を揉み始める三橋。まるでレズマッチのようです。
「ちょっと何すんのよ。」「気持ちいいでしょ?」「アンタが変態なんじゃないの。」とやり取りしているうちに、朝井は身体に力が入らなくなってしまったようです。
PDVD_013「皆に見せ付けてやんなさいよ。」と恥ずかし固め。「ちょっと、やめなさいよ。何ふざけてんのよ。」「アナタにはお似合いの技よ。」
PDVD_014この技をエスケープできないまま、首4の字に悶絶する朝井 彼女は被虐キャラなのでしょうか、、、。
PDVD_016彼女は一旦反転しますが、三橋は離さず、再び元の体勢に戻してから、朝井の片足を引っ張り上げます。
PDVD_018三橋は、かなりスタミナを消耗して起き上がれなくなった朝井のバストを掴んで立たせます。
PDVD_020髪を掴んだり、リンコスを引っ張る起こし方は良く見ますが、この方法は滅多に見かけません。
PDVD_021しかし朝井は三橋のラリアットをかわし、ブルネンルソンに朝井を捕らえます。
PDVD_022さらに腕ひしぎ!汗で塗れた朝井の太腿がセクシーです。
PDVD_023「もう逃がさないからね。」と三角締め
前半で形勢逆転してからは、ずっと朝井の攻勢が続きます。
PDVD_026PDVD_027「もうアンタに負ける気、しないわ。」と朝井
PDVD_034完全に優位に立った三橋はかなり弱ってきました。
PDVD_035しかし、このように目の前に乳首があったら、貴兄だったらどうされるでしょう(笑)
PDVD_048当然こうなります(笑)
「何すんの!」と汗まみれで怒る朝井ですが、身体から力が抜けては、形勢を逆転されても仕方がありません。
PDVD_049後半に続く。


ltcmdrdata at 23:35|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2015年03月22日

ファイティングガールズ13キャットファイト 白いん子vs秋野絵美 2.3本目

ファイティングガールズ13キャットファイト&イメージ 白いん子vs秋野絵美

Inko Haku T163cm B91cm W63cm H89cm vs Emi Akino B85cm W58cm H88cm

一本目は、後輩の秋野絵美に絞め落とされてしまった白いん子選手。「次は負けないわよ。」と気合を入れます。
薄笑いを浮かべた秋野は、「何度やっても同じですよ。」と返して二本目が始まります。
PDVD_029手四つになる前に白が秋野の後ろを取り尾てい骨割りをかまし、片えび固めに捕らえます。
PDVD_030秋野はロープまで匍匐前進しますが、白は「逃がさない。」と秋のをリング中央まで引き戻します。
PDVD_031さらに絞られ、秋野は苦しそうに呻き続けますが、白にギブアップを促されても、「この程度じゃ負けない。」と強がります。
PDVD_032そこで白は、足4の字に技をシフトします。
PDVD_033秋野はホントに痛そうなリアクションを見せてくれますが、ガチで痛いのでなければ相当な演技力と言えます。でも足4の字だから痛くない訳はありません。
長々とフィギュアフォーレッグロックを決められた秋野は、最後の力を振り絞ってロープ際まで体を仰向けのまま匍匐前進してロープまで手を伸ばしますが、あと一息足りません。
白は、これ以上ロープまで近づけないように、ここでさらに秋野を絞ります。
これは秋野に取って、肉体的なダメージの上に精神的なダメージが覆いかぶさったようなものです。
PDVD_036絶望的となった秋野は、とうとう耐え切れなくなり無念のギブアップです。
この足4の字の攻防の模写は、なかなかの名シーンだと思います。
PDVD_037「やっとギブアップしたわね。渡しが本気出したらいつだってトドメさせるんだからね。」と言って秋野を見下ろします。

PDVD_038汗まみれとなった両者の三本目は、白が秋野の腰にタックルして始まります。
PDVD_039白は中腰のまま、ベアハッグと似たような技で秋野の腰を締めます。
この技で倒れこんだ秋野の足を掴んだ白は、アキレス腱固めをかまします。
PDVD_040「そう、足辛いでしょ。」「またすぐギブアップさせてあげる。」と言って白は秋野の足を絞ります。
PDVD_041秋野はウ~ンウ~ンと呻きながら、「勝負はまだこれからです。」と平静な口調で返します。
先ほどから秋野の足に狙いを定めた白は、ストンピングを秋野の左足に食らわせます。
PDVD_042「もっと足、いじめてあげる。」と白は秋野の足をひしぎます。
PDVD_043白は、足ばかりかばっている秋野の右腕を取り、「こっちがお留守だったわね。」と腕ひしぎ逆十次固めに捉えます。
PDVD_044しかし、今回はロープが近くにあり、秋野はブレイクします。
PDVD_045白の優位は未だ続き、へたり込んだ秋野を立たせようとします。
PDVD_045しかしここで、アイドルらしからぬ股間攻撃
PDVD_046形勢逆転となった秋野は、白の頭を掴んで立たせようとします。
PDVD_047PDVD_050ところが白は、「卑怯よ!」と言ってローブローのお返しを放ちます。
股間を押さえて悶絶するのは秋野の番となってしまいました。
PDVD_052二人揃って股間をおさえながら再び組み合うのも面白い構図です
PDVD_055白は、怒りにまかせ秋野にペティグリーを食らわします。
PDVD_056「これでトドメさしてあげるわ。」と白のストレッチ技は何とも痛そうです。
白はさらにボディプレス
PDVD_057「これで最後にしてあげる」と秋野を立たせようとした白ですが、再びローブローを食らってしまいます。
PDVD_058短い悲鳴を上げて悶絶する白
PDVD_059ストレッチマフラーに、何とも色っぽく喘ぎ苦しむ白
PDVD_060ここはロープに逃れます
秋野は、「先輩、トフドメをさしてあげますよ。」と白を立たせます。
PDVD_062目には目をやられたらやり返す。 何と白は再び股間攻撃のお返しです。
PDVD_063MIX戦でも白は男子レスラーにローブローを食らいましたが、きっちり仕返しの股間攻撃を食らわせていました。
「トドメさされるのは、そっちね。」「先輩卑怯です。」無論秋野にはそんなことを言える権利はありません(笑)
「立ちなさいよ。」白は再びDDTで秋野の額をマットに打ち付けます。
PDVD_065ドラゴンスリーパー
PDVD_066「早くギブアップしなさいよ。」「反則がなければ勝てたのに。」「仕掛けて来たのはそっちよ。」この舌戦はどう見ても白の方がに理があります(笑
PDVD_069「今日は勝ちたかった。」「私の怒りはまだ収まってないから。」ありゃ?このやり取りは桜井美幸のMIX戦とそっくり同じです(笑
秋野のやられっぷりは、何ともリアリティに富んでいます。
長々と決められる拷問技に、遂に耐え切れずギブアップと叫ぶ秋野 
PDVD_070白は、喉を抑えて倒れこんだ秋野に詰め寄り、「無様な顔を見せなさいよ。ホラ」と秋野の顔をカメラに向けます。
「アタシが本気を出せばこんなものよ。アナタはね、ギブアップさせる何て言ったくせに、自分でギブアップしてんじゃねえよ!」と怒りに満ちた口調で秋野を見下ろす白

アイドル対決らしからぬセクシーで官能的なリアクションと急所攻撃合戦となったこの試合、なかなか見ごたえがありました。
秋野絵里選手のやられっぷりには、かなりグッと来るものがありましたし、白いん子選手も官能的で超セクシーなリアクションでしたので、私的には大いに気に入った作品です。

通常は練習がてらMIXを先に撮影してから女同士で闘うはずですが、この日の白いん子選手は、この試合の後にMIX戦を戦ったそうです。この試合の彼女もよりセクシーで素晴らしいプロレススキルを見せてくれます。
彼女のプロレススキルがそれだけ優れている証拠です。
ファイティングガールズ13に両選手共出場 してくれると嬉しいですね。

PDVD_000


ltcmdrdata at 23:39|PermalinkComments(0)TrackBack(0)