PRO-STYLE CATFIGHT プロスタイルキャットファイト

I am a Japanese blogger and I love pro-style catfight. Comment welcome. ワンピース水着の美女がリング上で戦う、古き良き女子プロレスの再現であるプ ロスタイルキャットファイトのレビューを主に書いております。 時にはMIXファイトやレズファイト、まれにリアル女子プロレスのレポートも書くこともあります。 皆様の作品購入のご参考になれば幸いです。

カテゴリ:キャットファイト

Sesera Harukawa T:170cm B:83cm W:62cm H:88cmvsAiri Natsume T:160cm, B:85cm W:58cm H:84cm仕切り直しとなった両選手でしたが、ここで春川せせら選手が本領を発揮します。まずはパワーボムが決まります。してやったりの春川はご満悦の表情を見せます。さらにキャプチュー ...

Sesera Harukawa T:170cm B:83cm W:62cm H:88cmvsAiri Natsume T:160cm, B:85cm W:58cm H:84cm第四試合春川せせら(BWP軍)vs なつめ愛莉(FGI軍)旗揚げ興行でYUEから勝利を奪う大金星を掴んだエース春川。新垣との試合はBEST認定され、大幅な成長を遂げた。一方のなつめはF ...

Ichigo Suzuya T:148cm B:86cm W:60cm H:86cmvsAya Miyazaki  T:162cm B:82cm W:58cm H:83cm【第三試合】鈴屋いちご(BWP軍) vs 宮崎あや(FGI軍)旗揚げ戦で素晴らしい試合を見せ、注目株として成長著しい鈴屋。対する宮崎は先日行われた鶴田とのSSS無差別級 ...

Ann Takase T:152cm B:86cm W: 60cm H:87 cm vs Kana Tsuruta 152 cm B:90 W:58cm H:89cm 第二試合 鶴田かな(BWP軍) vs 高瀬杏(FGI軍) かつてSSSに乗りこんだ高瀬杏は、当時新人だった鶴田に屈辱の敗戦。【侵略者~INVADER~ Vol.05】 その後、鶴田はステップアップ ...

【第一試合】仁美まどか(BWP) vs 吉田花(FGI)Madoka Hitomi T:155cm B:88cm W:59cm H:87cmvsHana Yoshida T:165cm B:88cm W:58cm H:84cm大事な第一試合を飾るのは、B-1トーナメント5th制した仁美まどかvsFGをリアルタイムで経験した実力派の吉田花。 勢いがある仁美だが、 ...

吉田にトウホールドを決められて苦しみ喘いでいた仁美でしたが、ここは左足で吉田の足を蹴飛ばしてエスケープします。「勝ったと思ってんじゃないわよ。」と吉田をスリーパーホールドに捕らえます。ところが吉田、パワーのあるところを見せます。反撃もつかの間。吉田の左腕 ...

「どうしたの、失神しちゃって。未だ終わってないわよ。立ちなさいよ。こんなんで終わったって面白くないわよ。もっと闘うわよ。」実質上は試合に勝ったと言える宮崎あや選手は、鶴田かな選手を起こしてパーワーボムを食らわします。 最近の大技は一発では終わりません。も ...

Kana Tsuruta 152 cm B:90 W:58cm H:89cmAya Miyazaki(SuperSonicSatellites) T:162cm B:82cm W:58cm H:83cm本来はじっくりとレビューを書きたいところですが、対戦相手は異なるとは言え、明日のBWPの行方を占う大事な一戦だけに、駆け足レビューを書かせていただきます。冒 ...

ここまで、かなりいたぶられ満身創痍となったYUE。しかしこのまま、おめおめとやられ放しではチャンピオンの名が廃ります。肘打ち連打で逆転し、コブラ返し。甲高い声で悲鳴をあげるなつめ。ギロチンドロップ連打コーナーに登らせたなつめをアルゼンチンバックブリーカーでい ...

セコンドのセバスチャンのお陰で、優位に闘いを進めているなつめ愛莉選手でしたが、それを忘れて真っ向勝負を挑んでは形勢逆転されるパターンが続いていまし。かと言ってなつめもそれ程力不足ではありません。彼女は、肘打ち連打で胴締めスリーパーからエスケープします。「 ...

Shiho EgamiT158cm B92cm W66cm H84cmYui MisakiT155cm B90cm W54cm H86cmエクストリームタイトルマッチが、トップレスマッチとなってしまったのは、江上しほ選手が、トップレスの方が強いと持ち上げ、実は自分レズ攻撃をやり易くするための美咲結衣選手の策略でしょうか。露 ...

春川せせら選手に追い詰められ、エルボーの連打を浴びる新垣ひとみ選手。ところがここで、もう抵抗するパワーは残されていないかと思われた新垣が膝蹴りで反撃します。意表を突かれた反撃に、思わず不覚を取った春川は倒れこみます。「そんな攻撃あったの、、、。」と驚く春 ...

エンジェル・トーチャー・ホールドで新垣ひとみ選手を絞る春川せせら選手。「苦しいでしょ。」新垣は右手を上げているので、遂に限界が来てタップするのではと思ってしまいました。腰を抑えて悶絶する新垣に、「ほら立ちなさい。もう駄目なの?」と言って春川は立ちあがらせ ...

先程から春川に、リアルプロレスラーの技の洗礼を受けさせている新垣。「貴女が(YUE選手に)勝ったって聞いたから。信じられないんですけど。」と言った新垣は、春川にリバース・インディアン・デスロックの4連発をお見舞いします。さらに鎌固めに進退窮まる春川しかし春川 ...

↑このページのトップヘ