キャットファイト

2015年01月05日

FG12開催記念スペシャルマッチ 一本目

Rei Mizuna 153cmB82 W57 H86 vs Miharu Kai 170cmB90 W59 H88
みづな れい 153cmB82 W57 H86 甲斐 ミハル 170cmB90 W59 H88

既にライブで対戦した2人による前哨戦の道場マッチです。
勝敗はネタバレしているので、経過を簡単にレポートさせていただきます。
イメージシーンで、みずなれい選手はセクシーな銀色の光沢水着でその美しいボディラインを披露します。
長身の甲斐ミハル選手は赤い水着とお揃いの赤のリングシューズです。彼女もなかなかナイスバディです。
PDVD_001一本目のスタートは、みづなが奇襲攻撃して甲斐のボディへキックをお見舞いするところから始まります。
PDVD_002みづなは、甲斐をヘッドロックに捉えます。
PDVD_005次に二人は接近戦で組み合いますが、ここで甲斐はみずなを持ち上げ、立てた膝へみづなの股間を打ち下ろします。(マンハッタンドライズ)
PDVD_007みづなは超セクシーな悲鳴を上げて悶絶します
PDVD_009股間を抑えて痛み苦しむみずなの後ろへ回った甲斐は、みづなの首を渾身の力を込めて引き上げます。
みづなれいを始めて見る方は、彼女の美貌を見て、そのあえぎ声を聞いて虜になってしまうにこと請け合いです。
PDVD_010はみ乳となったみづなを立たせる甲斐(流石にFG本番ではこんなことはありませんW)
PDVD_012低空ボディスラムでみづなをマットに投げ落とします。
低空とは言え、かなりの衝撃で叩き付けられたみづなは、苦しそうなうめき声あげて悶絶。
PDVD_031そしてさらにボディシザーズから胴締めスリーパーで悶絶するみづな
のっけから美味しいシーンの連続です。刺激的過ぎて、お子ちゃまにはとても見せられません。
静止画を見ても、彼女の極上のやられ声を味わうことはできませんよ。(笑)
落とされそうになったみづなでしたが、ここで奮起して肘鉄を連打してエスケープします。
PDVD_050消耗して苦しそうなみづなでしたが、なんとか甲斐を足4の字に捉えます。
PDVD_049こうしてみると、甲斐ミハルもかなりセクシーな女性ですね。勿論外見だけではなく、うめき声もかなりセクシーなのは言うまでもありません。
PDVD_051せっかくピンチを脱して逆襲を始めたばかりのみづなでしたが、足4の字をひっくり返され、再び苦悶の表情を見せます。
PDVD_052甲斐はすかさず、コブラツイストでみづなのボディをひしぎます。
PDVD_053しかし、みづなは肘打ちでエスケープしてコブラツイストのお返しです。甲斐は官能的な悲鳴をあげて苦しみます。
みづなは、へたり込んだ甲斐の額をペティグリーでマットに打ち付けます。
PDVD_054額を抑えて悶絶する甲斐に向ってみづなは、「どう痛い?もっと痛くしてあげるね。」と言ってえぐいストンピングを連打します。
そして横転倒立ボディプレスで甲斐をフォールに行きますが、これはカウント2で返されます。
PDVD_055そこでみづなは、甲斐の首を足4の字で締め付けます。
ところが甲斐は、力でこの体勢をひっくり返して逆襲します。
身体の柔らかいみづなは良く反ります。
さらに追い討ちの逆えび固めを食らい、みづなは超官能的な声で悲鳴を上げます。
PDVD_057さらに片えび固め
PDVD_058これだけ体格差のある相手にネックシザーズを食らうとかなり堪えるはずです。
PDVD_060今度は足4の字に悶絶するみづな。PDVD_061かなり堪えているようです。
PDVD_062PDVD_063PDVD_064ギロチンドロップ!
PDVD_066逆向きのベアハッグとでも言うのでしょうか
再び股間を甲斐の膝に打ち付けられて、みすなは完全に動きを止められてしまいました。
PDVD_067意識朦朧となったみづなから3カウントを奪った甲斐ミハル
PDVD_068PDVD_069殆ど失神状態のみづなは、身体をヒクヒクと痙攣させています。
PDVD_070PDVD_071勝ち誇った甲斐は、みずなを踏みつけてポーズを取ります。
PDVD_000一本目は、体格に勝る甲斐の圧勝となりました。



ltcmdrdata at 00:27|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2015年01月03日

今更ながら2014年購入リスト

皆様明けまして
おめでとうございます

昨年中に書くべき記事でしたが、年賀状と共に年明けとなってしまいました。
下記、買ったは良いが見ていないものもあります。と言うのも、すべてのレズ系や大半のMIX系は、代理購入したものです。
この他に古い作品も含めると、昨年は100本以上購入した計算になります。


赤字が当ブログでレビューした作品で。どれも傑作揃いです。
太字がその中で比較的お気に入りの作品です

発売日 タイトル
PRO-STYLE MIX THE BEST 金城真央 【Blu-ray】
PRO-STYLE THE BEST III 
2014年12月 BATTLEエクストリームトーナメント 決勝戦
女子プロレスリング Vol.07 
ガールファイトストーリー Vol.3 ~BJ’s Battle~
VLACK FLAG COLD VATTLE 0001 
ファイティングガールズ12ミックスファイト&イメージ 石川蓮美 
ファイティングガールズ12ミックスファイト&イメージ 夏目雅子 
ファイティングガールズ12キャットファイト&イメージ 夏目雅子vs石川蓮美 
ファイティングガールズ12 開催記念スペシャルマッチ 
煩悩寺油地獄マッチ~制裁MIXレスリング~ Vol.7 
SSS The Rookies Tournament 決勝・3位決定戦 
Fighting Girls Volume.12 2014.12.13 ~聖戦-JIHAD-2014~ 
ザ・デュエル・オブ・ディーバ 2 ~闘姫の決闘~ 
淫闘コロシアム 04 リリィ vs まこりん 
2014年11月 ファイティングガールズ12キャットファイト&イメージ 桃井うさぎvs堀北みなみ 
プロレズリング遺恨バトル Revenge:1 
女体破壊! 極限反りレイプ 3 
ザ・サレンダー ~心折れるまで~ 第2話
B-1プロレズリング バトルトーナメント 1回戦第2試合 
女子プロレス巨乳トップレスファイト Vol.4
B-1トーナメントTHIRD 準決勝第2試合
BATTLE エクストリームトーナメント サイドストーリーズ 2 ~決戦前の邂逅 謎の女戦士 ザ・グレートつぐ見参!!~ 
2014年10月 BATTLE エクストリームトーナメント サイドストーリーズ~トーナメント崩壊!? 狙われたフレッシュスター~ 
セクシーコスチュームMIXバトル volume.6 
クラシックバトルNEO 6 
ガールファイトストーリー Vol.2~The Love Triangle~
THE WORST DAY現役アスリートグラビアアイドル屈辱の敗北 
B-1プロレズリング バトルトーナメント 1回戦第1試合 
とある女子レスラーの完全敗北(シェラッキング) 5 

BATTLEエクストリームトーナメント 準決勝第二試合 
B-1トーナメントTHIRD 準決勝第1試合 
2014年9月 BATTLEエクストリームトーナメント 準決勝第一試合 

MIXボクシング 限界ダウン Vol.3 
2014年8月 VLACK FLAG VATTLE 0005 
Fighting Girls Volume.11 2014.8.23~2014 BATTLE生誕祭~ 
SSS The Rookies Tournament 準決勝 
とある女子レスラーの完全敗北(シェラッキング) 4 
女子プロレスリング Vol.06 
レッスルヒロインスターズ
1905年7月 プロレズリング Special Vol.1 
BATTLEエクストリームトーナメント 第三試合 
女子プロレスラー討伐巡礼リローデッド Vol.1 
BATTLEの日記念特別試合 Independence Day Match I 
BATTLEの日記念特別試合 Independence Day Match II 
ファイティングガールズ11 キャットファイト&イメージ 金城真央vs夏目雅子 
ファイティングガールズ11 ミックスファイト 夏目雅子/金城真央 
BATTLEエクストリームトーナメント 第四試合 
SSS The Rookies Tournament Bブロック
ファイティングガールズ11 キャットファイト&イメージ 成宮梓vs稲森みく
B-1トーナメントTHIRD 1回戦第4試合
VLACK FLAG VATTLE 0004 
男勝ち改 帰ってきたサンダーテイカー RETURN.5 
とある女子レスラーの完全敗北(シェラッキング) 3 
B-1トーナメントTHIRD 1回戦第3試合
BATTLEエクストリームトーナメント 第二試合 
VLACK FLAG VATTLE 0003 
2014年6月 ザ・ターゲット Vol.7 
女子プロレスリング Vol.05 
クラシックバトルNEO 4
とある女子レスラーの完全敗北(シェラッキング) 3
B-1トーナメントTHIRD 1回戦第3試合
BATTLEエクストリームトーナメント 第二試合 
2014年5月 B-1トーナメントTHIRD 1回戦第2試合
VLACK FLAG VATTLE 0002 
女子プロレスリング Vol.04 
SSS The Rookies Tournament Aブロック
女子プロレス巨乳トップレスファイト Vol.3 
Fighting Girls Volume.10
2014年4月 B-1トーナメントTHIRD 1回戦第1試合
 BATTLE2014年度新人王座決定 フレッシュスタートーナメント 決勝戦
ファイティングガールズ10 キャットファイト&イメージ パンサー理沙子vs雨宮留菜 
白い水着のプロレスラー Vol.1 
とある女子レスラーの完全敗北(シェラッキング) 2 
2014年3月 グラビアアイドル彩月みほ セクシースタイルMIX 
煩悩寺油地獄マッチ~制裁MIXレスリング~ Vol.3 
妄想女子プロレスVol.10 巨乳娘五本先取勝負編 
BATTLE2014年度新人王座決定 フレッシュスタートーナメント 第二回戦 
オーバー・ザ・リミット 限界責め Vol.6 
BATTLE presents 三冠王者決定戦 II 遥めぐみvs新垣ひとみ
ガールファイトストーリー Vol.1
2014年2月 BATTLE presents 三冠王者決定戦 中居ちはるvs遥めぐみ
女子プロレスリング Vol.03
BATTLE2014年度新人王座決定 フレッシュスタートーナメント 第一回戦
レッスルビューティースターズvsレッスルストロングスターズ 
2014年1月 コスチュームハンターVSベビーフェイス -フリフリコスチューム剥ぎ取り制裁-
クラシックバトルNEO 2
煩悩寺油地獄マッチ~制裁MIXレスリング~ Vol.1 
淫闘コロシアム Vol.1
侵略者~INVADER~ Vol.04
Fighting Girls Volume.9 2013.12.21 聖戦 ~JIHAD~ FightingGirls チャンピオンタイトルマッチ2013
PRO-STYLE THE BEST II
2013年12月 ストラングルプロレス Vol.1 首絞め合いデスマッチ
女子プロレズリングリベンジ5
レッスルビューティースター LicenceNo.013 中谷梨紗

 


ltcmdrdata at 02:12|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2014年12月31日

SSS The Rookies Tournament 決勝

SSS The Rookies Tournament Final Mach
Miyuki Ojima T:156cm B:88cm W:60cm H:90cm vs Hana Hanamiya T:154cm B:85cm W:60cm H:87cm

昨年秋にボクシング作品でデビューして、昨年めきめきと頭角を現してきた華宮花選手は、エロティックなむちむちのボディに見事な美巨乳を持った切れ長の眼の美女です。
一方、負けず嫌いで艶やかな美貌とムチムチのナイスバディを併せ持つ尾嶋みゆき選手は、このルーキートーナメントがプロレスデビュー作です。
元東北地方局勤務の女子アナウンサーだった彼女は、ファイティングガールズにも出場し、今やSSSの看板娘になろうかと言う勢いです。
試合前の予想では、販売戦略的な思惑から彼女の勝利はまず間違いないだろうと予想していた方も多いかとおもいますが、どうなったでしょうか。

PDVD_000手四つの力比べで、華宮は、「細いくせに意外と強いじゃない。]と尾島を称えるように言うと尾島は、「身体の大きさだけじゃないわ。」と答え、双方がより一層力を込めてせめぎあいます。
PDVD_001この手四つは華宮が尾嶋の後ろを取り、腕で胴を締めます。
PDVD_003しかし、尾島もすかさず後ろを取り返し、仕返します。
二人とも共技をかけながら、体格差のことをネタにして良くしゃべりますねえ。
尾島はさらに、華宮の首に腕を巻きつけ立位のスリーパーホールドへ移行します。
PDVD_004尾島はさらにグランドに移行して胴締めスリーパーの形を取ります。
華宮は、なんとか足をロープに伸ばして逃れますが、咳き込んで苦しそうです。
「畜生!この野郎。立ちなさいよ。」「もうちょっとだったのに。」と尾島は再び華宮の首を狙ったコブラツイストをかけます。(尾島がこんな言葉遣いをしても、可愛いと思うのは私だけ?)
「首が、、また首なの?首ばっか責めやがって。」と苦悶にあえぎながら華宮が言うと。「そうよ、私関節技得意なんだから。」と尾島が答えます。
「首なんて人間の弱点じゃない。弱点ばっか攻めて、何て卑怯な奴なの・」と華宮は怨み節。「弱点も何も、勝てば
いいのよ。」と表情豊かに答える尾島。どうやらこの試合で尾島はヒールに転向したかのようです。
PDVD_006怒った華宮は肘打ちでエスケープしてコブラツイストのお返しです。
「関節技が得意って言ってたけど、かけられる方はどうなのよ。」と言って華宮は逆エビ。「別に平気よ、身体柔らかいっていてるでしょ。」と尾島。
PDVD_008当然華宮はさらに絞り、ア~!と尾島のうめき声が大きくなります。
「そう、どこまで柔らかいのかしら、実験してみたいわ。」とさらに絞る華宮。尾島の悲鳴もさらに甲高くなります。
「どう?」「アー腰が、、、!」「アー嫌、折れちゃう!」と芝居がかった口調で叫ぶ尾島。
この過剰なまでの彼女のリアクションが好きと言う方もおられるし、ワザとらしくて気に入らない方もおられるのではないかと思います。しかし試合中も尾島は良くしゃべります。そりゃそうですね。元局アナですから。(笑) 
今度は、「どう、首を攻められる気持ちは?」「ア~、顎の間接が、、、。」それでもやっぱり、こんな尾島のやられ姿にはグっと来てしまいます。
「ア~!い息が出来ない。」まるでかつての後藤リサ選手のようなセリフです。
PDVD_011ブラディーEXに「ア~嫌あ!」と叫ぶ尾嶋。「降参する?」「しないわ嫌!絶対!」「ほら、どうなのよ。」と絞られ仕舞いには甲高い声で絶叫しますが、「受けきって見せる。」とギブアップはしません。
PDVD_013業を煮やした華宮は、大技を決めようと尾島を起こしにかかりますが、「調子に乗るんじゃないわよ。」とローブローを一撃します。
PDVD_014ア~!と叫び、股間を押さえて崩れ落ちる華宮。
PDVD_015尾島は華宮の首を太股にはさみ、尾島の左足を高く持ち上げます。
華宮も同様に絞られて絶叫しますが、耐え続けます。
PDVD_018このシーンは、本当に股が裂けそうで苦しみ喘ぐような迫真の演技に、かなり興奮させられること請け合いですです。
PDVD_019華宮は、中々官能的な声で絶叫します。
PDVD_021おや?気絶してしまったようです。
白目を剥いて痙攣する華宮でしたが、尾島は、フォールにも行かず、カウントも待たず足4の字をかけて覚醒させます。
「やっと起きた?お姫様。お目覚めは如何かしら?」と言いながら華宮を絞る尾島。華宮も「最悪の目覚め、、」とノリの良い答えです。(笑)
華宮は、「イイ目覚めをくれたお返しに、オリャー!」と足4の字を裏返しにします。

PDVD_022華宮は、「お寝んねしの時間ですよ!」と言って尾島に吊天井をかける構えを見せます。
尾島は「何がおねんねよ、子供扱いすんじゃないわよ。」と答えると「私が良く眠れるベッドをご用意いたしましょ。」と言って華宮が小柄な尾島を持ち上げます。
PDVD_025「ア~!」!と絹を裂くような悲鳴を上げた尾島「痛~、手首が折れるう。」と喘ぎます。
PDVD_024尾島をかなりいたぶった華宮は、「取って置きのプレゼントしてあげる。」と言ってロープ中断からダイビングエルボードロップを敢行しますが、かわされて肘を痛めてしまいます。
PDVD_026華宮の傷めた肘を捻る尾嶋。 華宮は「卑怯よ。人の弱い処を苛めるなんて。」と文句を言いますが、当然尾島は意に介しません。
「人の股間をねらったりして卑怯よ。正々堂々と勝負しなさい。」と言う華宮に、[勝てばいいのよ。体格差あるんだからこれ位当然よ。」と答える尾島。
PDVD_027「ヨガでよがりなさいい。」とオヤジギャグを言う尾島は、まことに多彩な技を駆使します。
PDVD_028PDVD_029かなりサディステイックに華宮をいたぶった尾島。やはり今回の新人トーナメントは、人気先行の尾島が勝ち抜きそうです。
PDVD_030トドメの大技を食らわそうとコーナーに登った尾島でしたが、いち早く立ち上がった華宮に急襲され、アルゼンチンバックブリーカーを食らってしまいます。
PDVD_032「見たかったわ、アナタの必殺技。]と言いながら軽量の尾島を揺さぶる華宮
PDVD_033ロープ越しのサーフボードストレッチに悶える尾島。完全に形勢逆転です。
PDVD_035「そう言えば首好きでしたっけ。」とネックブリーカー。[頚椎が折れちゃう。」と尾島お得意のセリフ
PDVD_036お次はカンパーナに「足、手が、、。」と痛む箇所の実況中継をしてくれる尾島
PDVD_037体格差がなければできないベアハッグ
PDVD_038これは駅弁固めでしたっけ? 華宮の力技が続きます。
PDVD_039尾島は、完璧に逆エビを食らわないように、必至にロープへはいずります。
PDVD_040しかし引き戻されて、今度は逃げようのないサソリ固めに捕えられます。
PDVD_041今度は、「筋肉の筋が、、、。」と喘ぐ尾島は遂にギブアップしてしまいます。
PDVD_042しかし、今までの試合展開から言って、このまま華宮が尾島を許す訳がありません。
PDVD_043華宮は、ゴングが鳴ってから尾島を放しますが、尾島の髪を掴み、もう一度ギブアップを言わせます。
PDVD_044負けても生意気な尾島に制裁の吊天井をかます華宮
PDVD_046ここまでいたぶられてしまい、尾島は「ごめんなさい。アナタの方が強いわ。」と完全敗北宣言せざるを得ません。
華宮は、「思ったより歯ごたえあったわ。またやりましょう。」と社交辞令を言てリングを去りますが、尾島はマットを叩いてシクシクと泣き続けます。

大方の予想に反して、尾島みゆきは無念にも決勝戦で華宮花選手に敗れてしまいました。
人気上昇中の選手が、決勝戦でズタボロにされるシナリオは、順当に勝ってしまうより返って良かったのかと思います。
 
PDVD_047無情にも、敗者インタビューされる尾島、「撮らないでよ、こんな無様な姿。」と言いつつも、
「今までは、体格差があっても順当に勝ってきたのに、こんなぼろ雑巾にされるなんて、とっても悔しいけど。でも(華宮は)認めざるを得ないほど強かったので、今回は私の完全な敗北だと思います。」
「また一からすっかり出直して、体力つけて、また同じリングに上がって、闘えるようになりたいと思います。ありがとうございました。」と涙にくれながら語る尾島みゆき選手。
 
PDVD_048「尾島選手も強かったけど、120%の自分を出せたと思います。」と語る華宮花は、「SSSにもベルトがあるので、そっちの方も挑戦したいと思ってます。」と現在空位のSSSのベルト奪取宣言をします。
to be next stage... とテロップが流れ、今後の華宮を中心としたSSSは復権への道を歩みだしたようです。


年末大掃除の合間にレビューを書くなんて、私もよっぽど好き物なのか、或いは変な使命感に捕らわれているのかも知れませんね。(笑)
皆様良いお年を!!!


ltcmdrdata at 20:32|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2014年12月30日

SSS The Rookies Tournament 3位決定戦

SSS The Rookies Tournament 3位決定戦

Riku Nekota T:153cm B:92cm W:61cm H:90cm vs Haruna Ueda T:165cm B:85cm W:62cm H:88cm

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

 2回戦で尾嶋に接戦で敗北してしまった植田と、1回戦で敗北したものの、相田を蹴落とした猫田の対決!! 
と3位決定戦の組み合わせが変わってしまいました。超セクシーな相田瞳選手 の欠場は大変残念です。

思い返してみると、相田瞳選手は1回戦で猫田りく選手に逆転勝ちで辛勝しましたが、決着後に逆お仕置きを受けて失神させられてしました。
http://blog.livedoor.jp/ltcmdrdata/archives/2014-08-02.html

しかし準決勝には進出して、華宮花選手と戦いますが、粘ったものの華宮のパワーに完敗。
靴嘗めまでさせられます。
再起を誓ったはずなのですが、心折れて引退してしまったようです。(と妄想しておきましょう(笑)) 
http://blog.livedoor.jp/ltcmdrdata/archives/2014-09-15.html
PDVD_000ところが、この準決勝はなかったことにされ、決着後の逆制裁で、猫田が3位決定戦の切符を手にしたことになっています。
どうやら、敗者復活戦が行われた設定のようです。
まあ、試合内容では相田に勝っていたので、本来ならばここにいてもおかしくなかったのでしょうけど、、、。

対する植田陽菜選手は1回戦で、20cmも小柄な香椎りおん選手に圧勝しましたが、準決勝では技師の尾嶋みゆきに失神KO負けしてしまいました。
この3位決定戦では、1回戦で敗退した猫田には負けられません。
準決勝では、尾嶋みゆき選手と接戦の末負けたが、今でも尾嶋には勝てると思っている。猫田は一回負けた選手なので、自分が格上だと自身の程を語る植田。
PDVD_001植田は髪を伸ばしたので、1回戦、準決勝の頃より随分と可愛らしく見えます。
1回戦は負けたけど90%は勝っていた。格下に見ると後で痛い目を見る。と語る猫田
PDVD_0021回戦では相田を苛め抜いたヒールキャラとして描かれたいた猫田も、同様に可愛らしいいでたちです。

PDVD_003最初の手四つは体格に勝る植田がせせら笑いながら猫田を押しまくります。
PDVD_004暫く玩んでから猫田をロープ際まで追い込み、かなりえぐい膝蹴りをボディに食らわす植田。この人、やっぱり肉厚ですね。(笑)
PDVD_005そして、これまた強烈なラリアット
PDVD_007植田は、衝撃で早くもはみ乳になってしまった猫田のボディへストンピングを連打します。
PDVD_008「どお?太股で締め付けられてるのって、キモチイイでしょ。」「あ~、すごい苦しそう。」「今回も勝はいただいたわ。」と謳う植田 
PDVD_009PDVD_010このボディスラムはガチで強烈に決まっています
PDVD_011PDVD_012ストンピングもえぐい
PDVD_013「何何、太腿でいっちゃうの?」言葉でも猫田を責める植田。試合は序盤からドミネーションマッチの様相を呈して来ました。
PDVD_014しかし、身体を揺さぶって勢いをつけた猫田が反転させることに成功します。上田は、「何、何、何、やってみなさいよ。」と余裕のセリフを吐きます。
PDVD_017ところが、この技には苦悶の悲鳴を上げさせられてしまった植田。猫田は、「今度は私の番よ。」と反撃開始です。
先ほどサディステイックに猫田をいたぶった植田ですが、やられているときの声は女の子そのものです。猫田にも、「そんな可愛い声出して、どうしたの?」と言われてしまいます。
「どうしたの?目が虚ろよ。キモチ良さそう。ウフフ!」猫田は嬉々として、先ほど散々コケにされた仕返しをします。
PDVD_019猫田は、ストンピングをかましてから、ガッチリと足4の字固めで上田を捕えます。上田は苦しそうに泣き叫びます。
PDVD_020「格下の子にやられるのはどう?」「許さないからね。」
PDVD_021PDVD_024ところがずっとコブラツイストをかけ続け、締め付ける力が弱まったところを見計らい、植田は猫田を持ち上げます。
PDVD_025上田はそのまま後ろ向きにコーナーに突進して猫田を打ち付けます。
さらに上田をロープにまたがらせてからスピアをかまします。
PDVD_002次に植田は、猫田をかつぎます。何をする気なのでしょうか。
PDVD_003PDVD_004マンハッタンドライブで猫田の股間を打ち付けるためだったのですね。
PDVD_005ドロップキック この試合の猫田のやられっぷりは、半端なものではありません。
植田の攻めは、かなり本気度が高く、猫田も良く受けたと感心してしまいました。オマケにこれだけ言葉で責められて心も折られそうに思えてなりません。
PDVD_007ストンピングをかましてから深い角度の逆エビ固め
なんとかロープに逃れた猫田
PDVD_015「大丈夫?」とせせら笑いながら上田は猫田を起こします。
PDVD_016そこへ猫田は起死回生のローブローを一撃します。
上田は再び可愛らしい声で喘ぎ苦しみます。
PDVD_018「行くわよ!」とロープ中段からダイビングエルボードロップをかます猫田
PDVD_026猫田は、さらに植田をロープに振りラリアットをかまそうとしますが、植田はこれをかわし、体を返して反対に猫田へアックスボンバーを食らわします。
PDVD_027PDVD_028さらにボディプレスにギロチンドロップ ガチな植田の打撃系の技が次々と決まります。
PDVD_029かなりダメージを負った猫田は、ネックシザーズで絞められます。
「足バタバタさせて開いて、そんなに気持ちイイの?」「太腿で行っちゃうのね。」
PDVD_031PDVD_032試合中は、双方共に相手が悶えているときに何度もこのセリフを言って精神的にいたぶります。
PDVD_033猫田がいたぶられすシーンの方が断然多い試合でしたが、結局この足4の字でギブアップです。
PDVD_035「やっぱり負け犬なのよアンタは。負け犬は私の靴を嘗めなさい。」と理不尽な要求をする植田
PDVD_036流石に、「それだけは。」と断る植田でしたが、最後は無様にも植田のリングシューズを嘗めさせられてしまいます。
PDVD_037PDVD_039「コレ位でいいでしょ。もう許してよ。」と頼む猫田。「しょうがないわね。でも、もうちょっとここの辺がきたないから、もっとなめて頂戴。」
「もう嫌、許して。」すると猫田の額をマットに撃ちつける植田。猫田は泣きながら植田の靴を嘗めます。
「もう許してください。」「しょうがないわね。まあ嘗めてくれたし、御褒美でも上げましょう。」「なにするの?」「まあ座って。」
PDVD_041とスリーパーホールドから胴締めスリーパーでお仕置きする植田。
「そんなに気持ちよかったかしら?」PDVD_044植田は失神して痙攣する猫田を踏みつけて勝ち誇ります。 
前座試合としてはもったいない位秀逸な試合でした。特に決着後の虐めが三度の飯より好きな方にはお勧めです・ 

  キャットファイト動画ならABV!


ltcmdrdata at 20:57|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

女子プロレスリング Vol.07 3本目

Woman’s Pro-Wrestling Vol.07 The 3rd match

三本目は、双方共息を切らしてかなり苦しそうな表情でリングに向かいます。
PDVD_000手四つの体勢で対峙したかと思ったら、いきなりみづながタックルして蓮見を倒します。
PDVD_002そしてSTF!小兵でも一旦寝技に持ち込めば、体等に闘えます。
PDVD_004このナガタロックⅡは、かなり効いてます。
PDVD_005かなりへたってきた蓮見へ、ロープ下段からエルボーを食らわそうとするみづな
PDVD_006しかし、かわされてみづなは肘を痛めます。
PDVD_007形勢逆転となり、蓮見は体格を活かしてパイルドライバーをみづなにお見舞いします。
PDVD_008お次は吊天井!
PDVD_009一連の技に、かなり消耗してピンチに陥ったみづなでしたが、、、
PDVD_010何とここで、ベビーフェースとは思えない股間攻撃を蓮見に食らわします。
PDVD_011PDVD_013PDVD_012みづなは、股間を押さえて七転八倒する蓮見に低空ドロップキックを放ちます
PDVD_014さらに腕ひしぎに捕らわれた蓮見は、悶え苦しみ、「ああ~駄目!」と弱音を吐いてしまいます。
「起きてみなさいよ。」「もうい起きれる力、残ってないの。」とみづなに挑発された蓮見は、残された力を振り絞って上体を起こします。
PDVD_015ところがこれはみづなの罠だったようでした。
PDVD_016蓮見はそのまま三角締めに捕らわれてしまいます。
PDVD_017しかし軽量の悲しさ。みづなはそのまま持ち上げられてしまいます。
PDVD_018PDVD_019パワーボムのように、背中から落とされみずなは動きをとめられてしまいます。
PDVD_020PDVD_021「ほら、起き上がりなさい。とどめをさしてあげるから。とみづなを起した蓮見は、勢いをつけたパワーボムでマットに叩きつけます。
PDVD_022意識朦朧となったみづなをフォールする蓮見
PDVD_023ところがこれもみづなの罠でした。
PDVD_024みづなは、再び蓮見を三角締めに捕らえます。
PDVD_025PDVD_026ネックシザーズの体勢となり、さらに絞められた蓮見
PDVD_027PDVD_028今度は蓮見の方が意識膿漏となってしまいました。
PDVD_030再び拷問技で覚醒させられ、「ああ~駄目え!」と悶絶する蓮見
PDVD_031遂に耐え切れずにギブアップと言いますが、みづなは「聞こえない。」と言って蓮見を締め続けます。
PDVD_032ギブアップを連呼する蓮見。漸くゴングが鳴らされます。
PDVD_033しかしみづなは、蓮見が気を失うまで放しません。
PDVD_034失神状態の蓮見の頬を叩いて覚醒させたみづなは、
「ギブアップしたの? 図体ばっかりでかくて、全然たいしたことないのね。楽しかった。また失神させてあげるね。
PDVD_036みずなは蓮見の腹をグリグリと踏みつけていたぶります。

華奢でお人形さんのような瞳を持つみづなれい選手は、意外にSっ気もあるんですね。
華麗な技で大型選手を仕留めた
みずなれい!
また一人、ニューヒロインが登場しました。
一方、かませ役となってしまった蓮見かな選手は、ジャパン女子-LLPWにいたイーグル沢井選手を彷彿させる体格で、なかなかセクシーなボディラインの持ち主です。
もう少し鍛えて身体を絞り、声も色っぽくなれば、かなりの人気を博すことは請け合いです。
シリーズを重ねる毎に品質が向上して来た女子プロレスリングの、今後の作品にも期待が高まります。

 


ltcmdrdata at 18:43|PermalinkComments(0)TrackBack(0)