キャットファイト

2015年04月21日

ファイティングガールズ13【サードマッチ】

Marie Konishi T:148cm B:85cm W:58cm H:87cm vs Inko Haku T:163cm B:91cm W:63cm H:89cm

2015年度フレッシュスタートーナメント覇者がFGマットに登場!!
対するはFG生え抜きグラドルの中でもひと味もふた味も違う存在の白いん子!!
突如としてBATTLEに現れた実力派の小西は、その類稀な才能を買われてFGに大抜擢!!
今後の活躍が期待される。白は妖艶な姿にS気があり、アイドルらしからぬ攻めも得意・・・!?
両者の実力は折り紙つきで、互いに評価を高めあえる試合になるハズ!!
勢いある二人の進化を見よ!!

白いん子選手は、非常にインパクトの強い、存在感のある選手です。
非常に快活で、ちょっと話しただけで周りを明るくしてくれる女性だと感じました。
今回のFG初参戦、お相手は何と新人王となった小西まりえ選手です。
彼女は、武藤つぐみ選手とエクストリームのタイトツマッチを闘いますので、ここに来て負けはないはずです。
つまり、白に取っては不利なマッチメイキングです。
170身長148cmの小西選手は、「おチビちゃん」と回りから呼ばれてしまうのも仕方がありません。
しかし、この小さな身体に驚異的な身体能力が備わっています。
173お立ち台ギャルのような雰囲気の白選手は、花柄の水着です。
177いつものように、「正々堂々と闘うように!」とロッキー山下は言いますが、この試合はそうは行きませんでした。
178白も、「おチビちゃん!」と言って小西を挑発します。
180アキレス腱固め!最初はパワーで小西を押し倒した白が主導権を握ります。
184片えび固め。会場に小西の悲鳴が響き渡ります。
186次の技をかけようとした白でしたが、
187強烈なローブローを小西に食らってしまいます。
188悲鳴と共に倒れこんだ白をうつ伏せにした小西は、
191釜固めで白を絞ります
195さらに首4の字
196暫く劣勢だった白でしたが、ここで体勢をひっくり返します。
199再び白の攻勢
200ところが、小西を立たせようとした白は隙だらけです。
まさか、また股間攻撃を仕掛けて来るとは思っていなかったのでしょうか、201悶絶する白
ロッキーは、「反則だぞ!」と警告します。
205パロスペシャル!
208仕切り直した両者。白のボディラインが艶かしい
216白はコブラツイストで小西を絞ります。
218しかし、体勢を崩され
219220足4の字を食らってしまいます
230しかし白は、次の技を仕掛けようとした小西に抱きつき、ベアハッグをかまします。
軽量の悲しさですね。
233次いでロメロスペシャル=吊り天井
236優位に立った白でしたが、何とまさかの三発目のローブローです!!!
237三度うずくまって悶絶する白。会場がざわつきます。
尾島みゆき選手がSSSのルーキートーナメントで「体格差があるんだから、これ位イイじゃない。」と股間攻撃を言い訳してましたが、小西も同じように思っていたのかも知れません。
241再びパロスペシャル!
今度はガッチリ決まって白は動けません
244そして無念のギブアップです。
245再三の急所攻撃に沈んだ白いん子選手。実力的には拮抗していただけに、何だか気の毒になって来ました。
249FG初参加の小西は、このまま勝ち逃げのように会場を去ろうとしますが、慌てたロッキーに引き戻されます。
254改めて勝ち名乗りを上げる小西まりえ選手。
今度は武藤つぐみ選手と、どのような激闘を繰り広げてくれるのでしょうか。
256倒れこんでいる白を起そうとするロッキー
257しかし、怒りに燃えた白はロッキーの手を振り払います。
そして自力で立ち上がり憮然とした表情でマットを去ります。
258道場マッチが発売されたときから人気が高かった彼女は、今回の試合でもファンを増やしたことと思います。
彼女は、キャットファイトが非常に好きになったと言うことなので、再びDVDやファイティングガールズに出演してくれるはずです。


ltcmdrdata at 22:47|PermalinkComments(4)TrackBack(0)

2015年04月20日

ファイティングガールズ13【セカンドマッチ】

2nd. match
Kana Hasumi T:170cm B:88cm W:58cm H:89cm vs Yuuki Shiina T:154cm B:85cm W:59cm H:87cm

身長170cmを誇る蓮美に小柄な椎名が挑むミスマッチ対決。
身体能力的には圧倒的な蓮美だが、椎名のポテンシャルは計り知れない。
高いスタミナを持ち、投げにも打撃にも耐えられる椎名と、スタミナには不安が残るものの、
空手を嗜んだ経験を活かした攻撃を奥の手に持つ蓮美。
両者ともスター候補生で、かみ合えば神試合になる可能性を十分に秘めた玄人好みの一戦!!

女子プロレスリング Vol.07でみづなれいに破れ、次いで、ファイティングガールズ13開催記念スペシャルマッチ 夏目雅子vs蓮美かなでも後塵を拝した蓮美かな選手
対するは、第2回SSS The Rookies Tournament Aブロックで山村せれなに辛勝した椎名ゆうき選手。
C.Ronald監督が椎名選手はナイスファイターと書かれていたので、私はこの試合も予想を外してしまいました。

088愛くるしい椎名ゆうき選手
092深田梨菜選手以来の伝統の負け水着?で登場した蓮美。ナイスバディです。
095両者握手
097試合開始。 蓮美は、どうだ!届かないだろ! とプロレスでも良く見かける光景で椎名を挑発します。
099手四つは、蓮美が高身長で椎名を押し潰します。
104まずは足4の字で椎名を絞る蓮美
105110しかし、クルリとひっくり返した椎名
115キャメルクラッチで反撃を開始します
117イイ表情で悶絶する蓮美
120DDT!
122首4の字!「どう?私を嘗めるとこうなるのよ。」とか言ってたと記憶が、、、。
124しかし、蓮美もひっくり返して反撃
129ブラディーEXで椎名を絞る蓮美
131一旦椎名を放して仕切り直した蓮美は、距離を取ります。そう言えば彼女は空手経験者でしたね。
132見事なハイキック炸裂!何だ、蓮美実は強いじゃないすか?金城真央と対決して欲しいですね。
135ぶっ倒された椎名を起した蓮美は、椎名を逆さまに持ち上げて
136パワーボム!
137フォールは何とか返した椎名 
142しかし逆えび固め!
143椎名、ここまでか!思いましたが、しぶとく耐えます。
145ならば、「そこ、どいて邪魔よ!椅子貸して!」と観客席へ椎名を押し込む蓮美
147FGスペシャル・アルゼンチンバックブリーカー!で椎名を持ち上げます。
148何がスペシャルって?A席の椅子を使うのはファイティングガールズのライブイベント特有ですから(笑)
畳み掛ける蓮美の猛攻の仕上げとなるか?
150153長々と揺さぶります 
154156遂に耐え切れずギブアップする椎名
158満面一杯の笑みを浮かべて勝ち名乗りを上げる蓮美かな選手!
161高身長を活かした見事な攻撃を見せてくれました。流石に3連敗はしませんでしたね。
162163一方の椎名ゆうき選手、ナイスファイトで見事なやられっぷりを見せてくれました。
1642試合目も担架は出ずにロッキーの肩を借りて退場です。
165女子プロレスのTV中継やDVDは、決着がついた瞬間テロップで倒れた選手の姿が隠され、その後は勝った選手ばかり大写しですが、このような敗者の姿こそ最高の萌え要素だと思うのは私だけではないはずです。
166今回は、イベントの進行がテキパキしていたと思います。


ltcmdrdata at 23:17|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2015年04月19日

ファイティングガールズ13【オープニングマッチ】

Fighting Girls 13 Opening Match(Guidelines for new fight)
Ruru Aizawa T:156cm B:85cm W:60cm H:88cm
                vs
Haruka Amami T:161cm B:88cm W:58cm H:86cm
 
【オープニングマッチ】
逢沢るる  vs  天海はるか

新しい年、新しいファイターが見せるFGの向うべき方向性の一端を担うであろう試合。
ガチガチのプロスタイル系の闘いよりも、よりキャットファイト的に、演出ではない闘いを。
女の子達が一生懸命、そしてリアルにくんずほぐれつするであろうファイトは結末予想不可!!
ニュースターの佇まいを持つ、逢沢るるに現役グラビアアイドルの天海はるかが襲い掛かる!!
【天海はるか選手!!】
現役グラドルにして声優がリングコスチュームに身を包み、FGへ参戦!!
プロ根性を武器に、強豪揃いの中で爪跡を残せるのか!? 
【逢沢るる選手!!】
愛らしいルックスと頑張り屋さんな性格で一躍注目株へと成長した彼女がFGにやってくる!!
小柄な身体に似合わない熱いファイトを見せてくれるハズ!! 逢沢るる選手!!
愛らしいルックスと頑張り屋さんな性格で一躍注目株へと成長した彼女がFGにやってくる!!
小柄な身体に似合わない熱いファイトを見せてくれるハズ!!
 
裏ビキニプロレスMIXED6とB-1プロレズリング バトルトーナメント 1回戦第4試合に出場した逢沢るる選手
女子プロレス作品には未登場の彼女の実力は未知数です
対する天海はるか選手は、BATTLE2014年度新人王座決定 フレッシュスタートーナメント 第一回戦で敗退しながらも、かなりセクシーなリアクションを見せてくれました。
彼女はその後、小司あん選手に闇討ちされ病院送りにされたことになっています。
ガールファイトストーリー Vol.2~The Love Triangle~ で韓国に行ってアパートメントキャットファイトを闘っています

私は、体格も勝り、戦いの経験も積んでいる天海選手の勝ちを予想してましたが、上記の選手紹介をしっかり読んでいれば、勝敗予想は逆にしていたはずです。
030逢沢るる選手は、華奢な体つきですが、バトルのイチオシ選手だったようですね。

040「純粋な顔と色っぽい声の持ち主、天海はるか」とガールファイトストーリー Vol.2で紹介されていた天海。
隣のお姉さん的な、親しみの持てるルックスとプロレス向きのややガッチリしたボディの持ち主である彼女のファンになった人は多いはずです。

043両者握手して試合開始
045体格差があります。 天海は、上から目線的な発言で逢沢を挑発します。
私はこれを聞いた瞬間に彼女の負けを予感してしまいました。
047048天海は序盤、パワーで試合を優位に運びます。
049050天海は、逢沢を愚弄しながら責めますが、逢沢は、肘打ちでコブラツイストを逆転
052生で聞く天海の喘ぎ声は実にセクシーです
056057これだけ反らされると、いくら身体の柔らかい女性でもキツイはずです。
卍固め!!!
058しかし、天海もこのままやられ放しになる訳には行きません。
062063持ち前のパワーで逆転して反撃します
065しかし、再び形勢は逆転
067ガッチリ決まったカベルナリアに天海は身動きが取れません。
逢沢は、意外に力があるようです。
反対方向だったので、天海の表情は見えませんが、かなり苦悶の表情を浮かべていたはずです。
068長々と絞られた天海、無念のギブアップです。
073勝ち名乗りを上げる逢沢るる
075如何にも疲れた!と言った表情でマットを去る逢沢
077天海は、ロッキー山下レフリーに起こされます。
078ロッキーに支えられながら退場する天海。彼女の再登場を望んでいるファンは少なからずいるはずです。
一つ一つの技が長かったので、絵的には少なくなりましたが、オープニングマッチに相応しい熱戦でした。
本日は、初参戦の方が比較的多かったようですが、これでファイティングガールズが、価値ある プロスタイルキャットファイトのライブイベントであることを示してくれたはずです。


ltcmdrdata at 20:47|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

ファイティングガールズ13 オープニングセレモニー

今回はA席の前列を確保したものの、アングル的には良くありません。 
イベント前に、バトル本店で調印式と記者会見が急遽実施されましたが、イベント開始直後にもB-1タイトルマッチとQOAタイトルマッチを闘う選手たちの挨拶と決意発表のようなものがありました。
002最初に登場したのは、
【セミファイナル・B-1タイトルマッチ】挑戦者の赤木ゆう選手です。
直前に届いた彼女のキャットファイトとMIXファイト作品を見て、すっかり彼女の虜になってしまいましたが、生で見ても彼女の”映画女優”的なオーラを感じます。
003何と言ったかもう忘れましたが、B-1にチャレンジする抱負を述べる赤木
005現王者のパンサー理沙子が次に現れ、受けて立つ宣言をします。
パンサーは、赤木に向き合って、「ここはお嬢さんの遊び場じゃないんで、それをしっかり教えてあげます」と挑発します。
006
007う~ん、赤木ゆうのコスが何とも艶かしい!
012次は【メインイベント・FGタイトルマッチ】に挑戦する夏目雅子選手
にこやかに現れますが、抱負と決意を述べる時は、もう少しキリっと厳しい表情で話した方が良かったですね。
014しかしこの、のほほーんとした所が彼女の魅力でもあるんですよね。
016続いて現れた現王者の金城真央選手
018体調が思わしくないのか、ちょっとやつれたような印象でした。
019020しかし、「チャンピオンベルトは渡さないと。」キッパリ
021023027Wタイトルマッチに向けて、会場を盛り上げます。
028チャンピオンベルトを肩にかけ、にこやかに会場を去る金城 
さて、間もなく試合開始です。 


ltcmdrdata at 19:07|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2015年04月13日

TeamWizard Koh監督より

日本のキャットファイトファンの皆さん、ご無沙汰しておりました
TeamWizardのKohです。

まず、過分なレビューを書いていただき、日本のファンの皆様にメッセージをさしあげる機会を持たせてくださったTM様に感謝の言葉を伝えます。
reference1
また、"史上初の日韓戦"の発表以降、長らくプロスタイルの新作を発表できず、申し訳ありませんでした。
過去1年間、本業である、私の映像製作会社の運営に難儀したこともありましたが、
今後の持続的な作品をリリースするためには、内需すなわち、韓国内の購買層を広げる必要も感じておりました。
(Koren Irongirl seriesの韓国内での売り上げは、全体の10%程度です。)

そこで昨年、アダルト向けの Girlfight story seriesを発表し、韓国のCATVのVOD チャンネルに販売して、特に国内消費者層の拡大に力を注ぎました。
reference2
新作の Celebrity Wrestle seriesは、今年の下半期に韓国内で放送予定のTV番組のパイロット版です。
このTV プログラムは、オーストラリアの Wrestla-Girlのように 'レスリングに挑戦するモデル達' を扱うドキュメント番組であり、韓国初のキャットファイト TV 番組になるはずです。
また、このシーリーズに出演するモデルの一部は、 Irongirl、次回作に抜擢され、トレーニングに突入する予定です。
reference3
今回、Celebrity Vol.1 を撮影しながら、日本の製作会社の優れた底力を感じてしまいました。 

(日本の製作スタイルのように)女優さんたちが、事前にトレーニングをしていない状態でプロレスの試合を撮影することは、かなり大変でした。
日本のメーカーが、数多くの作品を制作している内に得たノウハウや、多くの素晴らしいベテラン女優さんたちは、とても偉大だと感じました。
そこで、'中途半端にやるよりは、やらない方が良い' と肝に銘じ、大技や無理な演出をせず、その代わりにキャットファイト本来の魅力を、ピュアに表現することに重点を置きました。
reference4
私達は、今月下旬Celebrity wrestle Vol.2 の撮影を予定しています。 
そして、Vol.3では日本の女優さんを招待して試合を行う予定です。 

これからは皆様に、もっと頻繁に新作情報を伝えます。
そしてIrongirl season 5もできる限り早くリリースできるように努力します。

最後にFacebookなどを通じて応援していただく日本のファンの皆様に深い感謝の言葉を申し上げます。
お元気で、公私共に多幸であることをお祈りします。

Koh 


reference5
P.S:'史上初の日韓戦'について
 
"なぜ韓国俳優のルミが2-0で勝利したのか"について疑問を持つ方々がおられましたので、お返事をさしあげます。

Irongirlの世界において、ルミ選手は、日本で武者修行を終えて帰ってきた、イェリ、ミレ両選手に次ぐ中堅のベテランレスラーです。 
その反面、金城愛菜選手は、Battleワールドでは、デビューしたばかりの新人です。

当初、金城が韓国に来た目的は、単にルミを挑発することでしたが、彼女は欲張って、身の程知らずにもルミに挑戦してしまいました。
そこで、その後ルミが日本の強者と対決する、次のストリーのために、ルミが強いレスラーであることを充分に示す必要がありました。

結果的には2-0でしたが、金城は優れた技量を示して幾度かルミを危機に陥れました。
(劇中、ルミが賞賛しています。)

従って政治的な意図は全くありませんでした。
もし、2人の国籍が反対だったとしても、私は同じ勝敗結果にしたはずです。

遠からず2作目の日韓戦の作品も発売する予定です。

ありがとうございます
 
続きを読む

ltcmdrdata at 20:53|PermalinkComments(5)TrackBack(0)