プロスタイルキャットファイト PRO-STYLE CATFIGHT

I am a Japanese blogger, loves pro-style catfight. Comment welcome. ワンピース水着の美女がリング上で戦う、古き良き女子プロレスの再現であるプ ロスタイルキャットファイトのレビューを主に書いております。 時にはMIXファイト、まれにはレズファイトやリアル女子プロレスのレポートも書くこともあります。 皆様の作品購入のご参考になれば幸いです。

カテゴリ:キャットファイト

土壇場になって小泉まり選手に大技を5連発で食らわせた望月さくら選手。しかし、投げた望月も息が切れてしまい、しばし小休止です。望月は、息を整え、再び小泉を起こします。「ほら、もう一回行くわよ!」しかしここで小泉が踏ん張り、望月に腹パンチを食らわして形勢逆転 ...

約50分経過【3本目】 今度の手四つは、望月の方が優勢です。小泉をコーナーへ追い詰めた望月が蹴り倒して踏みつけます。「どお、踏みつけられてる気持ちは?」「ヘロヘロじゃない。」「もっと苦しい顔みせて。」「もう体力も落ちてきたんじゃない。」言葉責めと共に、小泉を ...

約38分経過【2本目】この回も手四つで押され気味の望月下腹部に小泉のフロントキックを食らってしまいます。小泉は望月をロープに振り、ラリアットをかませようとしましたが、かわされて強烈なカウンターキックの仕返しを受けてしまいます。仰向けに倒れこんだ小泉に対し、望 ...

The interim champion: Mari Koizumi T159 B80 W60 H91vsThe strongest challenger Sakura Mochizuki T160 B84 W59 H85女子プロレスリング Vol.13に出場した頃の望月さくら選手は、業界デビューしたばかりでプロフィールが不明でしたが、奇しくも小泉まり選手と同じ年齢だ ...

昨夜は会社の飲み会、今朝は10時前に出発して午後からアイスリボン後楽園大会そして夕方はファイティングガールズコンタクトと大変充実した24時間を送ったところです。しかし明日は出勤なので、Vlack FlagとB-1のレビューを書く時間がありません。そんなわけで、寝る前に写 ...

Scarlet Minami(Minami Wakana) T:155cm B:83cm W:61cm H:86cmvsSatomi Usui T:158cm B:84cm W:56cm H:84cmこのシリーズも5作目となりました。Vlack Flagや煩悩寺作品と違って、女優さんの名前が出てこない作品ですが、CFxFCキャットファイトフェチクラズ哀沢監督のブログ ...

裏スターレスラー誕生!1 ひなた朱莉 vs あさひ奈々 試合後裏スターレスラの本編で、トレーニング中のひなた朱莉を襲い、いかせ合い勝負で後輩のひなたに屈辱を味合わせたあさひ奈々選手。彼女は、スターレスラー誕生!3に収録された運命の試合の三本勝負では、前半は優位に試 ...

【二本目】23分6秒経過「今度はすぐに終わらせてあげるからね。その方が嬉しいでしょ。」とあさひ「こっちの台詞よ。」とひなた「どの口が言うんだか。」と混ぜ返すあさひ二人は手四つで組み始めます。「未ださっきのダメージ残っているのかしらね。ほら、もっと力入れてごら ...

Nana Asahi T:162cm B:85cm W:60cm H:88cm vsAkari Hinata T:172cm B:84cm W:60cm H:90cmひなた朱莉選手のインタビュー本日は、プロレス勝負だが、対戦相手と因縁的なものがあると聞いていると尋ねられたひなたは、「そうですね、奈々さんとは、ちょっと色々あったので、今 ...

試合中盤になっても優位が続いている江上しほ選手は、「立ちなさい、未だ行けるでしょ?」「立ってみなさい、、、しっかりと。」「こんなにチョロかったのかな?」と言葉責めも怠らず橘かえで選手を責め立てます。体格差もあり、運動能力も劣り、さらに演技力まで負けている ...

「取って置きの決めてやるから。痛いねえ、早く立ったらどうなんですか。」と頭を押さえてうずくまる河西に距離を置いて構える美森「フラフラなんですねえ。ホントに弱いんですね、早くくたばってくださいよ。」と突進します。シャイニングウィザードが見事に決まり、河西は ...

バトル正規軍 VS 反バトル連盟 全面戦争 一章 宣戦布告! 逆襲の河西あみ の後半です。「痛かったですかあ?もと痛くしてあげましょうか?」美森のサディスティックな口撃も全開です。「休んでるんじゃないわよ。」「ほら、恥ずかしい所見えてますけど。これがストロングスタ ...

前半のレビューを未だ執筆している最中、帆月なつめさんが私をTwitterフォローしてくれたお礼に彼女を好意的に書いた訳では決してありませんが(笑)、どうも彼女の雰囲気とリアクションが私のつぼにはまってしまっております。前半のレビューを見て、自分が書いた文章である ...

↑このページのトップヘ