プロスタイルキャットファイト PRO-STYLE CATFIGHT

I am a Japanese blogger, loves pro-style catfight. Comment welcome. ワンピース水着の美女がリング上で戦う、古き良き女子プロレスの再現であるプ ロスタイルキャットファイトのレビューを主に書いております。 時にはMIXファイト、まれにはレズファイトやリアル女子プロレスのレポートも書くこともあります。 皆様の作品購入のご参考になれば幸いです。

カテゴリ:キャットファイト

「もう終わり?ギブアップすれば、早く。」 散々いためつけられ、ヘロヘロになった武井でしたが、闘志だけは衰えず、立ち上がって果敢に鈴屋に立ち向かって行きます。鈴屋にキックを食らわしたは、スープレックスの構えこのショットを見れば、如何にガチ投げをしているか一 ...

Yuuri Takei T155cm B78cm W57cm H83cm vs Ichigo Suzuya T148cm B86cm W60cm H86cm鈴屋いちご選手の着替えシーンはノーカットです。「今日闘う相手は、一回勝ってるから、負ける気はしないです。負ける気はしないけど、もしかしたら強くなっているから、頑張ります。」イン ...

試合開始後、約12分でギブップしてしまった武井ゆうり選手しかし、「え、何?全然聞こえないんだけど、何?」と鈴屋いちご選手は、技を解きません。 「もう、駄目、ギブアップ!」と武井が言っても、鈴屋は、「何?何?」ととぼけますが、ここでゴングが鳴らされます。鈴屋 ...

Yuuri Takei T155cm B78cm W57cm H83cm vs Ichigo Suzuya T148cm B86cm W60cm H86cmBWPやプロスタイルバトルNEO16と同じ流れで、まずは正式デビュー前の同門対決からストーリーを展開する作風が定番となりつつありますが、この作品もB-1トーナメント前哨戦の位置づけです。19 ...

【三本目】失神してしまった麻里梨花選手を見下ろし、笑い声で、「じゃあ、とどめを食らわせてあげるわよ。」と言いながら野々宮みさと選手は、コーナーに下がります。ロープ中断に登った野々宮は、「行くわよ。」とダイビングを敢行します。ところが死んだ振りの麻里が寸で ...

【三本目】セクシーな喘ぎ声を出しながら手四つの力比べをする両選手。今回は、野々宮が先制攻撃をかまします。早くも大技の構え見事に宙を舞ってリングに叩きつけられる麻里「ほら、立ちなさいよ。」油断した野々宮の股間に一撃を加える麻里。野々宮に取って、本日2度目の惨 ...

【二本目】二本目も手四つから始まりますが、今回は麻里梨花選手が膝蹴りで主導権を握ります。フルネルソン「もう体力なくなってるんじゃないの。」「未だ未だ、アー!」胴締めスリーパーへ「アー、苦しい!」野々宮のやれれっぷりが実にセクシーで堪りません。しかし、向き ...

セクシーアイドルプロレズリング ランジェリースタイル VOL.2【3本目】 ファイナルラウンドでは、やや疲労の見える春川に対して、桜井は元気一杯です。桜井は、手四つでも積極的に桜井を攻めています。先にトロけてしまった春川の後ろを取り、さらに耳を刺激する桜井。 「 ...

【2本目】「また一杯気持ちよくさせてあげますよ。」と余裕の春川「今度は絶対逝かないから。」と桜井手四つで再び桜井をコーナーに追い詰める春川「そんなこと言って、またこんなにされてるじゃないですか。」春川は、桜井のブラを剥ぎ取って、バストを愛撫しだします。 し ...

散々な目に逢わされ続けてきた柊衣織選手でしたが、ここで彼女を持ち上げようとした水嶋アリス選手の背中に肘打ちを食らわして、漸く反撃開始です。 「散々やってくれたわね。」「私の番ね。」忘れてましたが、水嶋のやられのリアクションは一級品です。「ほら立って。」こ ...

Arisu Mizushima T160cm B84cm W59cm H92cm vs Iori Hiiragi T154cm B84cm W57cm H80cm同じ選手同士の試合のレビューを2試合続けると、選手のプロフィールを調べる必要がないので、レビューは書き易くなります。(笑)前回の同門決戦1の後はBWP三本勝負でしたが、今回はプロ ...

Arisu Mizushima T160cm B84cm W59cm H92cm vs Iori Hiiragi T154cm B84cm W57cm H80cm水嶋アリス(元聖菜アリサ)選手は、デビュー戦となった、THE WORST DAY現役アスリートグラビアアイドル屈辱の敗北で、林みすず選手をこっぴどく叩きのめました。しかし、彼女に関しては、 ...

終盤に来て原美織選手の猛反撃に逢い、必殺技の美織ロックを決められ絶体絶命の伊東真緒選手「早くギブアップしなさいよ。」悲痛な声の伊東の泣き声にグっと来てしまいます。 長々と絞られた伊東、流石にもう限界か? 試合の流れから言って、ここで伊東はギブアップするか ...

原美織 T150 B84 W57 H85 vs 伊東真緒 T168 B90 W58 H88原美織選手のシャイニングウィザードを食らって茫然自失の伊東真緒選手原は膝蹴りを連打してから、伊東に変形恥ずかし固めをかけます。「こんな際どい格好して、恥ずかしくないの?」 「アンタ達って、何でこんな変態 ...

↑このページのトップヘ