ここまでブログを見ておわかりのように・・・
SEO対策というのは被リンクの量のみの対策では足りないわけで、皆さんのサイトやブログの全ページが良い内容であることが求められます。

そこで使用するキーワードなどの選択、これは単語のことなどに関するSEO対策の諸々だが、、ここではブログの各ページで出現する単語のことを紹介する。
ただし、その前に相互リンクの関係も考えたい!注意することはたくさんあります・・・・・


「普通にやっても中々勝てない」なら、誰も思いつかない対策をしてください。

ほとんどの皆さんは、SEO対策を深く考えないでやります〜 リンクの重要性などもまったく考えないでしょう。
そうなると、ホームページの内容も似たようなものとなる。所謂、です・ます調などとなり、単語にも独自性がない。。
つまりこれは、検索エンジンの評価に大きな差が出ないということになり、Yahoo!SEOではリンクのチェックをしても意味はない。つまり、サイトやブログのページ内容を良いものにする必要があります。

有名な会社などとページ内容が同じ。 リンクは???
これでは順位が上がりません。
量のみの対策となり、我々のような素人が出る幕などないのです。


さて、ページ内の単語のことなどのSEO対策を指導したい! そこでだが、キーワードの出番!(これは、‘選択’と‘削除’である。)

仮に、[家庭教師]を紹介してるホームページだとしよう〜
たとえばページ内の情報には、、[家庭教師] [○○プロフィールなど紹介する] [わたくしは指導が得意よ!] [運営会社の住所など]そして [ホームページ] さらには[ブログ]・・・などがある。

お分かり?  では、わたくしがキーワードを選択してみよう!
ここで削除したいのは〜
[運営会社の住所] そして[ホームページ]さらには[ブログ]となります……

当然、1つも残さないというわけではない。 出来る限り削除したいわけだ。
まずは、絶対必要となるキーワードはページ内に取り入れないとならない。
たとえば、主な内容である〜[家庭教師]だとか[紹介]など… ホームページで皆さんが知りたい情報はやはり入れないとならないでしょう。

つぎに、順位を上げずらい単語を見極める!
住所関係(特に首都圏)や、ライバルの多いキーワードに、強い[ブログ] など〜 


例えが悪いがこちらで解説します。
SEO対策のリンクの重要性などを書いたこのブログ」でページの中に出現する単語が‘200’種類としよう。
(リンクも含まれます)

あくまでもこれは例えであるが、同時に‘200’の戦争を行うようなものと言えます。これではやることが多く大変です。

このようにしないためには、削除するキーワードを出来るだけ多く決めること!

これで、残ったキーワードにおけるSEO対策としての評価が上がる可能性が出てきます。つまり、分散していたパワーが濃い状態となり、本当に順位を上げたいその単語に評価を集中してもらえる。

こちらのケースの場合「家庭教師」ですが、メインとなる第一優先の単語以外はよく考えて入れることだ。
サイトやブログなどは良いが、その他の情報には注意が必要。 
また、これについては被リンクに関しても同様で、重要なことはあなたが得意としてない単語が強いページをお相手とした相互リンクなどはやめましょう。いくら募集してもSEO対策としての意味はない・・・・・


/家庭教師からのアドバイス/
重要なのは、そのページ内のある単語に対して、評価を集中してもらえるか?です
ただし、あまり削除すると評価が下がりますから注意してください