2018年02月13日

【英語歌詞添削】Adventure

後半の「アリトアラユル」で「あーりーと」って伸ばすとことか
二回目の「マスタープランで」って上がるとことかテンション上がります。
「風に鳴り響けっ」とか「さぁ鳴り響けっ」の
最後の小さい「っ」とかもお気に入り。
メジャーデビュー後の曲は直すところは比較的少ないですが、
お気に入りなので載せちゃいます。

タイトル:Adventure
アーティスト:[Alexandros]
作詞:川上洋平
作曲:川上洋平
アルバム:ALXD

Hello Hello Hello つかぬ事を
Hello Hello Hello 御伺いしますが
Hello Hello Hello 以前どこかで
Hello Hello Hello お会いしましたか?

雨が降る街の中
僕達はどうかしていたのか?
どうかしていたんだろう
Through the night
All through the night
夢中で歌っていた

誰も気付かぬ夜中
僕達はどうかしていたのか?
どうかしていたんだろう
Through the night
All through the night
夢中で舞っていた

意味のない単語を綴って
言葉を並べた
あるがままに
あるがままに
誰にも言われずに

意味のない音符を伝って
旋律奏でた
ありのままに
ありのままに
風に鳴り響け

アリトアラユル問題も
タビカサナルそんな困難も
いつだって僕達は
言葉の中身を歌ってきた

最大の難題も
しめつけられるような災難も
いつだって僕達は
君の涙を歌ってきた

雷が鳴り止んで
僕達はどうかしていたのか?
どうかしていたんだろう
Through the night
All through the night
夢中で待っていた

誰にでも抱かれてた
君達はどうかしていたのか?
どうかしていたんだろう
Through the night
All through the night
夢中で舞っていた

意味のないタンゴを踊って
ワルツを奏でた
あるがままに
あるがままに
言葉を揺らすよに

意味のない音階伝って
旋律奏でた
ありのままに
ありのままに
さぁ鳴り響け

晴れ渡る8月の
亜麻色に染まった山脈は
いつだって僕達の
言葉の中身を映してんだ

大胆な作戦で
言葉にならないマスタープランで
いつだって僕達は
君を連れて行く

Hello Hello Hello
I wanna sing a song for you
Hello Hello Hello
I wanna paint it all in blue
Hello Hello Hello
I wanna spit out things I drew
> 変なのーって感じの表現です。
詩的と言われればまぁ許容範囲。
Hello Hello Hello
At the place where all the flowers are in bloom
> In a place where ~ の方が自然です。
At theとすると(記憶にある)特定の場所を指します。
文法的に間違いではないけど、聴いていて気持ち悪い。

アリトアラユル問題も
タビカサナルそんな困難も
いつだって僕達は
頭の中身を歌ってんだ

大胆な作戦で
言葉にならないマスタープランで
いつだって僕達は
君を連れて行くんだ
連れて行くんだ
連れて行くんだ


lttpnt at 15:31|PermalinkComments(0)

2018年02月10日

【英語歌詞添削】Oblivion

[Champagne]時代の曲ばかり添削してましたが、ALXDも大好きな曲がたくさん。
「為にあるこの命を〜」のとことかとても好き。

タイトル:Oblivion
アーティスト:[Alexandros]
作詞:川上洋平
作曲:川上洋平
アルバム:ALXD

He was a boy who once had a dream
to be a king with an enormous ring 

ひとつ ふたつと消える
その願い事 学ぶ度

Get on your feet and prepare for the rest of your days
少年の父は何度となく告げ去った

“And when the time has come”
he said
“Sonny don't you slip it away”
> 夢を手放すな、と言いたいなら、Don't let it slip away
> Sonny >>Sonじゃダメだったのかな。Sonnyってダサい。ポッてなっちゃう。
大人になり少年は 鐘の音を聴いた

誰の為でも無くて 他でも無い自分自身の為にあるこの命を いかにして

Get on the horse
> これ以前にhorseについての言及がないため、a horseの方が良い。
> このGet onは命令形として認識されてしまいます。
「私」が馬に乗るというのであれば、I'll get on a horse。
省略したいのであれば On a horseのみの方が「私」であることがはっきりします。
そしてカンマで区切ればそのまま次のフレーズに繋げられます。
I'll be gone and won't come back
I fade away and won't ever say good bye
> I'll fade away
days are gone I need not to go back
I'm interested in the future not in the past
> interestedは間違いではないけどそれまですごくアグレッシブな歌詞が、
この単語一つで急にかしこまった印象に。
> I only live for the future, not in the pastとか?
> I live in the moment/present もいいですが、それだと意味自体が変わるかな。

Seize the day you boys and girls and young and the old
> young and old または the young and the old >>統一必須
time is heartless 
You can't just wait for something more

Blistering heat and freezing cold wind hurts you to death
be strong, be brave and don't be afraid to grow old

Seize the day you boys and girls and young and the old
(前述)
life is different
life is not fair
> not fair は間違いではないですが、駄々をこねてる子供に聞こえます。
> unfairの方が響き的に◎ まぁこれは好き好きですが。
and life is short

Blistering beat and freaking roll will make you dress
> これよく意味がわかりませんでした。適当な単語羅列って感じ。
be strong, be brave
and don't be afraid to grow old

誰の為でも無くて 他でも無い自分自身の為にあるこの命を いかにして

Get on your horse
> ここでは第三者に馬に乗れと言っているのでしょうか。
I'll be gone and won't come back
> ここでは一人称。馬に乗る人物と「私」は別人ということですかね。
(でも実際に聴いてみるとyour horse ではなく a horse と言っているようです。)
I fade away and won't ever say good bye
days are gone I need not to go back
I'm interested in a future not in the past
(前述)


lttpnt at 16:52|PermalinkComments(0)ALXD 

2018年02月08日

【英語歌詞添削?】明日、また ~非掲載英語歌詞有~

リクエストがあったので。
文法的に直すところは全くないのですが、
歌詞に掲載されていない部分を耳コピしたので掲載しておきます。

タイトル:明日、また
アーティスト:[Alexandros]
作詞:川上洋平
作曲:川上洋平

明け方になって
僕らはそれぞれの道へ
進もうとすればするほど
遠く、遠く、遠のく

無我夢中になって
報われると信じたけど
叶えようとすればするほど
淡く、淡く、泡になって

Ah
誰しも自分から逃げたくなって
Fu
新しい居場所を探してる

明日、また
泣きじゃくる時が来たとして
怯まず笑えば
あなたは今まで以上に
強く在れる
思いも寄らず、として

泣き方を知って
僕らは生まれてきたけど
大人になればなるほど
乾く、乾く、乾いて

怒りまかせで言った
誰かへの誹謗中傷も
悔もうとすればするほど
憎い、憎い、醜くなって

Ah
誰しも自分自身守りたいくせして
Uh
いつしか自分で傷つけた

愛したいなら
思う存分愛せばいい
今でも疼く傷跡も
息を吸い吐く身体も
生きると願うから

I'd always wanted to be someone else
With all the lights that I could never have
I cried when realized that I could never be
So I gave up and chose to stick with me
> chooseの発音になってしまっているのが少々残念です。
To overcome that someone


We're the light
I am the light that no one's ever seen
We're the light
And for the sake of me the light exists

So many things to do before I die
Believe until I really become the one

明日、また
泣きじゃくる時が来たとして
怯まず笑えば
あなたは今まで以上に
強く在れる
鎧を持たずとして


lttpnt at 16:10|PermalinkComments(0)