どーも、俺氏(半値は星狼だけど)です
今回は、メンガタカブトオンリーの記事を書きたいと思います
我が家では現在、ラオスから6オス2メス(そのうちオスが2匹死亡と1匹譲渡、メスはすべて健在)を持ってきて育ててるのですが、このカブト虫は飼ってると愛着と同時に謎が浮かび上がってくる不思議な虫ですねw
ちなみにメンガタカブトは日本に入荷されるものは大体タイ北部のものがメインですが図鑑にもよりますけどインドやタイ、中国、ベトナム(浅⚪︎氏の標本にて確認)に分布しているそうですがこの分布域でラオスにいないのはおかしいということで採集に行ってみましたら現地では朝市に売られるほど普通種という感じに見受けられました。
ひょっとしたら某セガのゲームでは産地はミャンマーという設定でしたから本当にミャンマーにいるんじゃないかと
こいつは輸送中に残念ながら符節がすべて落ちてしまいましたが全然元気ですね
うちで一番でかい子をどアップで
小型種ながらゾウカブト類並みの迫力
横から見ると結構立派な角
さながらサイのよう(まあサイカブト系だしね)
威嚇するときの鳴き声がムシキングでの鳴き声とどこなく雰囲気が(笑)
まあそこまですごい鳴き声やないけど
裏から見ると足がすごい

ちなみに彼等は現地では地中生活とのことで木の根元でおそらく木の根の汁を吸汁してるとのことです
現地で見たときには体には腐葉土ではなく独特な泥にまみれてました

飼育下ではどうやら巣穴らしいものを作ってる感じですね
ちなみに現地の人々はこの虫を食べるそうです
今回は状態の良いオスがかなり少なくなってしまいましたので(もう一匹は右前足マヒ)兼ねてよりLINEで計画してましたプレゼント計画は申し訳ありませんが中止とさせていただきますm(_ _)m