罠にかけられた光海君とカヒ。

19話「疑惑を呼ぶ白馬」

明国の使臣を接待中、毒入りの酒で明の武将が死んでしまう事件が起きる。

激怒する使臣は、銀50万両と、臨海君を明国に連れて行き、皇帝に謝罪させる、と言いだす。
困惑する宣祖。

光海君は、毒を入れたのは「女真のヌルハチが送った間者・・」と、使臣と宣祖に教える。
将来のため、女真と和睦を計画している光海君。

ホ・ギュンは、観察使ホ・ヨプの息子であり、ホ・ソンの弟と、説明する領議政。
「ヌルハチは女真を統一、明と戦を準備しています」と、言うホ・ギュン。
女真の計画には宣祖が邪魔。だから王を毒殺しようとしたと。

毒を入れた女真の間者を捕まえ、王暗殺の理由を知るドチ。

宣祖に、女真を軽視してるから恨まれている、対話が必要・・と、会う事を勧める光海君。
「女真は力を付けている、侮ってはいけない・・」と言う光海君を怒る宣祖。

息子の話を聞かない傲慢な父親ね。

定遠君は、光海君が毒殺の犯人を知ってたのが悔しい。

キム貴人に、光海君は女真にいたホ・ギュンから情報を得ている、と教えるドチ。

「王が死ねば喜ぶのは世子」と、言うドチ。
事実はどうでも良い、世子が女真を引き入れ、王暗殺を謀った・・と、仕立てると言う。
世子が廃位されれば、定遠君が世子に・・と、喜ぶキム貴人。

宣祖に、「女真の目的は明に好意的な王を暗殺、世子さまを王に立てるつもり・・」と、告げるドチ。
女真の連中は世子と接触するでしょうと。

世子が女真の者と会う・・真意を確かめる機会・・と、宣祖を連れ出すドチ。

ヌルハチを呼びだし、内密に会う光海君は、和睦したい・・と、要望を告げる。
本気で和睦したいのか・・証明が欲しい、と言いだすヌルハチ。
「我が国にいる明の兵をすべて撤収させる」と、約束する光海君。

光海君が女真の者と会う・・と知り、尾行するドチだが失敗する。

光海君が女真と結託している・・と、ドチに言われ信じた宣祖。
だが、証拠はないとドチを怒る。
「誰かが私の計画を知り、世子様に逃げ道を与えたのでしょう」と、言うドチ。

ドチは私まで疑っている・・と、笑い出すカヒ。
カヒを信じている宣祖は、ドチの言い分を否定。

「カヒ、私たちは決別だ。」と、思うドチ。

銀を要求する明の使臣に、今まで皇帝が受け取った銀は、使臣が持ち帰った分の3割・・と、告げる光海君。
使臣が銀を着服してると脅す。

皇帝にバレたら大変なので、銀50万両、臨海君の明行きの件は無しにする使臣。

使臣に、明の武将が毒で死んだ事は不問にする、と書かせる光海君。
宣祖に見せ、臨海君、銀50万両は用意しなくて良い・・と報告する。

光海君の顔を見て、
「王の顔の相に生まれついたゆえ、かくも聡明なのか・・」と、考える宣祖。

ヌルハチから、立派な白馬が光海君に贈られる。その意味は、光海君が王位に就くのを望んでいる。

宣祖に見られたら誤解されるが、白馬をドチに見られてしまう。

宣祖に、光海君はヌルハチから白馬を贈られた、と報告するドチ。
これで、光海君は女真と関係ある、と告げる。

カヒに、光海君を支えてくれる事を感謝してるジョンファ。
光海君の為、今後は会わないで欲しい、と告げる。

そこへ来たキム貴人は、カヒは逆賊の娘・・と言う。
だが、「カヒは光海君を助け、国を守った救国の恩人」と言い返すジョンファ。

ジョンファの言葉から、カヒと光海君は昔からの知り合い・・と、気が付くキム貴人。

光海君に、「もう、キム尚宮(カヒ)と会わないでください」と、言うジョンファ。
それが、光海君、カヒ、自分が生きる道と。

女真の者から・・と、書状で書庫に行く光海君。
危険な場所で会おう、というのは不自然と不安になる。

光海君からの書状で書庫に行くカヒ。

罠で呼び出された・・と、気が付かない光海君とカヒは再会。

隠れて、2人を見ている宣祖とドチ。

感想

ドチの罠にかかった光海君とカヒでした。

光海君が女真の者と会っている、と嘘で呼び出したのでしょう。

光海君が聡明で不安な宣祖だから・・今度は大事なカヒが光海君と親しい・・と嫉妬しそうですね。

ドチとキム貴人が、カヒとの関係を知ったので、光海君としては、弱みを握られてるようなもの。

宣祖に誤解されないため、妻のジョンファと親しいと証拠でも出すのかしら。

光海君が謀反のぬれ衣を着せられたら、ジョンファの人生も終わりです。

韓流旋風 2016年 01月号 [雑誌]
 

  ↓読んだら応援のポチ押して下さると嬉しいです^^
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ
ポチッありがとうございます。とても励みになっています。