韓国での放送が終わり・・・静かに?終わったようです。あまりこういう記事を先に読んでしまうとドラマの視聴意欲もダウンしてしまいそう(^_^;

日本でもそうだけど、すごい視聴率で大きな話題となったドラマ、俳優さんてプレッシャーも相当、大きいでしょうね。このユン・ウネさんの場合は韓国ドラマ「宮」で大ヒットとなり、その後のドラマも期待されたものの・・・影が薄かった印象です。まぁ、『コーヒープリンス1号店』は楽しかった、面白かったラブコメディと思ってるんだけど。
新しいドラマ「お嬢さんをお願い」これは財閥のお嬢さんと、執事である男性が絡む〜ラブコメディだったようだけど(見てない)。
韓国での評判、ユンウネの演技やら〜バッシングもあったようで可哀想。日本は俳優に対してそんなにバッシング?ないですよね。
なのに〜〜韓国は厳しいのかしら。

『お嬢さんをお願い』が大きな反転なしに、主人公らのハッピーエンドで終了した。
『お嬢さんをお願い』は放送前から、ユン・ウネの2年ぶりのカンバック作という点と、『花より男子』 のク・ジュンピョを連想させるキャラクターと、背景などで大きな話題を集めた。
しかしいざ蓋を開けてみると『お嬢さんをお願い』は、主演俳優ユン・ウネの演技 力や発声、発音問題、人気ドラマ『花より男子』の亜流作という批評と議論の大きな困難を伴いながらのスタートとなった。ドラマが進み、ユン・ウネはキャラ クターに自然に没入し序盤の演技力議論を洗い流したが、ドラマは期待以上のものを見せる事が出来なかった。
韓国情報発信基地!innolife.netより。


厳しいでしょー?とりあえず、「レビュー書きます!」宣言をブログに書いてしまったけど〜BS放送に来たらまた、考えます。ラブコメなのだから、ラストは普通にハッピーエンドの方が良いと思うけどなあ。

日本人が言いたいことを言わなすぎる?性格なのか、それとも韓国人がいいたいこと?を、いう性格なのか〜〜わからないけど、ネットやらで、自分の演技などの記事を読んだら本人、かなり辛いと思いますねえ。
でも、何を考えてるのかわからない?日本人もたまに歯がゆく思います(苦笑)