I love 手越王子

私の太陽、手越くんとNEWSをこよなく愛し、応援していくブログです。 時に乙女の気持ちで、時に乳母のような気持ちで王子とNEWSを見守って いきたいと思います。

2014年10月


弟子にして下さいコーナーの冒頭いつもの様に「今回は焼き肉バ〜ン」と言う感じで始まりましたが、錦戸くんの時と同様、ちょっと驚いた顔してましたね

やはりいつものまっすーとイメージが違ったからでしょうか?

「芸能界一の肉通」と自他共に認める、寺門ジモンさんに弟子入りでした。

師匠のいつもながらの熱く長いウンチクをさらりとかわしている姿は流石だと思いましたよ

オドオドせずに堂々として、バラエティー番組をこなして来た自信が感じられましたね。

今回の師匠からは「(牛の)生産者から卸売業者、焼肉店、食べ手まで手を抜かない、幸せのバトンタッチ」なる名言も出ました。

それにしても、まっすーの黒いシャツにエプロンという制服姿は息をのむほど似あってましたね。

あんな素敵な店員さんがいるお店ならそれほど肉好きでない私でも通うかもしれません

結構リアルなタンの下処理も頑張ってこなしていた増田さんですが、NEWSファンなら誰もが知っているちょっと神経質なまっすー。

大丈夫だったでしょうか?

頑張りましたね

師匠の焼き方のウンチクは結構参考になりましたね。

ハラミは良く焼くんですね?

今回、まっすーは自分でも言ってましたが今までで一番楽なロケでした。

今まで毎回体を張って頑張って来たご褒美でしょうか?良かったですね


さて、これまで15箇所に弟子入りしてきて、金魚も触れなかったまっすーが随分成長しました。

だからなのでしょうか?新しい企画がスタートするみたいです。

どんな企画か楽しみです




いつも読んでいただいてありがとうございます♡
ジャニーズブログランキング 
↑ ↑ ↑ ランキングに参加したので、押していただけるとうれしいです♡

こちらもお願いします♡ 

大体毎週「月曜から夜ふかし」を見ています。

女性が「キャー」という声を発することによる効果と言う事で、W杯の時に手越王子が出演した時のVTRがでました。

結構、王子の出ている番組は録画していますが、なかなかもう一度見る事がありませんが、改めて「夜ふかし」での様子をみると、ついこの間の事ですが懐かしい感じがします。

登場から「キャ~」の大歓声

何でも女性がこの黄色い歓声を上げることによって「ドーパミン」が出ると言う事です。

ドーパミンとはよく聞く「アドレナリン」の前駆体だそうです

何だかよく分かりませんが、要は「やる気を出す物質」だそうです

さすがに私はコンサート会場で「キャ~」とはなりませんが、一種の高揚感があります。

そういう高ぶる気持ちというのが大切なのでしょうね。

認知症やパーキンソン病にも関連があると言う事なので、コンサートや行けなければテレビ番組でも、そういう気持ちを味わうのはとってもいい事には違いありませんね

それにしても、あの当時はすごく忙しかったと想像できる手越王子ですが、終始さわやかな笑顔を振りまいていました。

会場に来ている人はおそらく村上くんのファンが多いと思うのですが、それでも王子が近づいていく先々で「キャ~」でした。

思えばあのW杯のころ、王子もですが私も大忙しでした

何しろブログに書ききれないほどのテレビ出演でしたから。

本当に王子は今さらながらよく頑張ったと思います。

その後も4人のMC番組とかあったし、「イッテQ」での大活躍もありましたが、やはりNEWSは音楽番組若しくはコンサート会場で見たいというのが、私たちファンの希望だと思います。

年末はさすがに音楽番組にも出させていただけると思うので期待しています。

そして 来年こそはコンサートをお願いします



いつも読んでいただいてありがとうございます♡
ジャニーズブログランキング 
↑ ↑ ↑ ランキングに参加したので、押していただけるとうれしいです♡

こちらもお願いします♡ 

街中で同じ髪型の人を見つけて、髪を切ろうか悩み中のまっすー

今の黒髪、前髪長めの増田さん、私は好きですが・・・

服装も個性的な彼は人と同じ髪型がちょっと心に引っかかったのかも知れませんね



「未来ロケット」・・・ちょっと前の分ですが。

以前にも書いたかも知れませんが、「未来ロケット」を録画して頂いて見させて頂いています。

始まった当初は増田さん向かって右に座っていたのですがいつの間にかセンターに

そもそも出演者の3人は全員が端の位置を希望していたので、むしろまっすー以外の2人はホッとしている感が溢れていますが

この番組の増田さんは自然体で、先輩方に囲まれて少し緊張している「いっぷく」とは感じが違いますね

この回はオートレーサーの女性を取り上げていましたが、意外にも「オートレース」に詳しい増田さん

ちょっと驚いてしまいました。色んな知識があるんですね。

そう言えばどういう話の流れからか、初めてのファンの話になり、ジャニーズのオーディションを見に来る人がいるらしく、増田さんが終わって出てくると声をかけられたそうです。

まだまだ子供の増田さんにアイドルの片鱗を見たのでしょうか?

もしそうなら、とても見る目のある人ですね

その後も、後の二人にアイドルの極意を熱くかたっていたまっすーでした。




いつも読んでいただいてありがとうございます♡
ジャニーズブログランキング 
↑ ↑ ↑ ランキングに参加したので、押していただけるとうれしいです♡

こちらもお願いします♡ 

夜中に足がつるほどの運動ってどれ程ハードな運動をしたのでしょうか

しかも夜中に飛び起きたとは・・・

とここまで書いて気がついたのですが、慶ちゃんが運動したのは日曜日

日に日にサラリーマン化している彼は普通に週末を楽しんでいるようですね

そして、月曜日には気持ちも新たに仕事に臨む。

こういう生活パターンは正にサラリーマンの生活パターン

everyのおかげで多くのものを手に入れた慶ちゃん。

それは名声や仕事のスキルだけでは無いもっと大きなもの。人としての自信や誇りという得難いものを手に入れたと思います。

先日の記事でも書いたアイドル誌で、メンバー3人がそこにいない一人を語るコーナーでも「メンバーで一番変わったのは」慶ちゃんだという話になっていました。

確かに前から優しく気遣いの人で司会も上手でしたが、最近の彼は風格を湛え、押しも押されもしないキャスターに成長しました。

それは私たちファンにとっても誇りです。

それに今のところ、生放送で見ることが出来るのは慶ちゃんと増田さんだけですから、とても有り難い事でもあります。

ありがとう、慶ちゃん。週末しかお休みのとれない忙しい中、週2度のメン愛更新をしてくれるおかげで、私達は寂しさを少し紛らわせる事が出来ます。



いつも読んでいただいてありがとうございます♡

ジャニーズブログランキング 
↑ ↑ ↑ ランキングに参加したので、押していただけるとうれしいです♡

こちらもお願いします♡ 

最近雑誌を買い求めることが少なくて、久しぶりにNEWSが表紙と言う事で、「QLAP!」を買いました

買ってよかったです。内容をよく見ないで買ったのですが、中身が結構盛りだくさん

アイドル誌卒業の法則なるものがあると聞いたことがあるのですが、どうやらまだNEWSは載せてもらっているようです。

私の個人的な気持ちとしては、結構大人になったアイドルもどんどん雑誌に取り上げてもら得たらなあと思っています。

もちろん若手が雑誌に載ってメジャーになっていくのは大切だとは思っているのですが・・・

レギュラー番組をたくさん持っている先輩グループはいいのですが、いつも言っているようにNEWSはまだ発展途上なので、レギュラー番組も少ないし、まして4人そろっての番組がまだ持たせていただいてなくて、音楽番組も出演機会が少ない現状では、雑誌でそろっている4人を見るのがファンとしては楽しみですから。

さて本題のQLAPの企画ですが、私としてはお互いが似顔絵を書き合うコーナーとメンバー一人が抜けて、後の3人でその人の事を語り合うというコーナーがよかったです。

似顔絵は加藤さんが一番特徴を捉えるのがうまくて、何故か慶ちゃんは似顔絵の中でみんなにコスプレさせているし、王子はいつもの感じです。

私個人的にはまっすーが書いた細~い慶ちゃんの横にeveryと書いてある絵がツボでした

一人抜けた人に対しての意見を3人で話すという企画では、なんだかんだ言ってお互いのいいところをとてもよく理解していて、本当にいい仲間だなと思います。

なかでも、王子の事をどう思っているのか気になるところですが、慶ちゃんが言っていることがとても言い得てる感があります。

「彼を縛り付けたら、つまらなくなっちゃうからね。」・・・この言葉がとてもメンバーの王子への気持ちなのだと思います。

さらに加藤さんが「もう少し大人になってくれたらね~。まあ、昔から元々大人なところあるけど」と付け加えていましたが、やはり長い期間共に歩んできたメンバーは誰よりも分かっているのですね。

そして、信頼していてくれているのがとても感じられました。

本当に大人なNEWSになって、信頼感も増し、それぞれがお互いを尊敬している。そんな素晴らしいグループだと改めて思いました。

とってもいい企画でした。



いつも読んでいただいてありがとうございます♡
ジャニーズブログランキング
↑ ↑ ↑ ランキングに参加したので、押していただけるとうれしいです♡

こちらもお願いします♡


このページのトップヘ