I love 手越王子

私の太陽、手越くんとNEWSをこよなく愛し、応援していくブログです。 時に乙女の気持ちで、時に乳母のような気持ちで王子とNEWSを見守って いきたいと思います。

カテゴリ: 内博貴

先日の「Endless SHOCK」、実はNEWSのブログなので、もう

4人以外の人の事はあまり書かないでおこうかと思っていたので

すが、今日舞台の雑誌を見ていたら、やっぱり書きたくなったので

書かせていただきます。


あんまりうちの夫が(実際の夫ではありませんが)、「他へ行くな」とか

「よそを見るな」とかいうもんですから(笑)なんだか気が引けてしまっ

て。。。もうヤキモチやきの夫を持つと大変ですね


なんて前置きはこれくらいにしまして。

正直、感動しました。これまた間の休憩はさんで2部構成ですから3時間

くらいだったのでしょうか?そんな時間を全く感じさせない舞台。さらには

さすがに1000回を超える公演回数に裏打ちされた人気の高さ、そして、

完成度。若干のアクシデントはアドリブで乗り越える。

そしてイルージョンあり、もちろんダンス歌、そしてかなりの長さの殺陣、

そして光一さんのフライングっていうか、ビュンビュン飛ぶやつ。

飽きさせません。全く。

そして、オダサクに続き故郷大阪に凱旋した内くん。おそらく光一座長ファン

がかなり占めているであろう客席でしたが、私はやはり涙が出てしまいまし

た。内くんは以前「一人でやっていくのは、もはや運命だったと思う」と言って

物議を醸し出しましたが、私はNEWSが4人になったのも運命だと思ってい

ます。そして、内くんの場合そう思わなければやりきれないのだろうと思いま

す。いろんな意見があると思いますが、以前の事件に関しても私個人として

はNEWSファンになる前から思うところもありましたが、本人が忘れたがって

いることでもあり、時間が戻るわけでもないのであえて書きません。


ただ、自分自身の犯してしまった事とはいえ、自ら望んで去ったのではないの

で、私はこれからも応援していきたいと思っています。

それにオダサクの時も思いましたが、今回の舞台でさらに感じたのは、彼は

スターになるという星の元に生まれた数少ない逸材だと思うのです。山Pの

時にも書きましたが、歌がうまいとか演技がうまいとかそんなことではなく、

自ら光り輝くことのできる人だと思うのです。

だから、もちろん今、舞台で大活躍でテレビドラマも放送があるらしいですが、

やはりメディアの露出度は少ない。そして、何と言っても内くんのCDを買って

歌を聴きたいと思ってもCDがリリースされてないので聴けない。

それに引き替え、いろいろあったとはいえ、今のNEWS、山P、錦戸君の活躍

は言わずもがなです。

若いときの過ちがこうまで人生を変えてしまった。それでも、ここまで取り返した。

そんな彼を私は応援せずにはいられません。

あくまでも私は王子命、NEWS命なので陰ながらそっと応援していきたいと思

っています。

でも、内くんという人は大阪人の気質でしょうか?お茶目で、しょーもない事言い

で、あっけらかんとして、愉快な人で、悲壮感など全くないですけどね

何だかんだ言って、来てしまいました。新橋演舞場。

2回目とはいえ、やっぱり良かったですよ。

NEWSメンバーだったのは遠い昔なんでしょうが、やはりNEWSからみの人も来てました。

私の後ろに並んでいた人が 加藤シゲアキさんの事とか話してました。

舞台が良くて、内容も良かったので満足度は高かった です。

席も良かったので、臨場感もあったし。

今後も見守って行きたい人ですね。

 

大阪へ内博貴くんの舞台「ザ・オダサク」を見てきました。

思った以上の素晴らしい舞台でした。関西出身の内くんの得意な関西弁の

舞台なので、笑いあり、涙ありでとても楽しめました。

あまりに良かったので、今東京観劇ももくろんでいますが、たぶん無理でしょう。

それと私はあまり内くんという人を知らずに見たのですが、以前私が何かの番

組で見た内くんの歌唱力、演技力よりも格段にアップしていたように思います。

歌も息をのむほどの熱唱でしたよ。音楽劇ということだったので歌もあると思った

けどあれほど歌い上げるとは・・・

内くんが前にNEWSにいたことは知っていますが、NEWSファンとしては新参者

の私は詳しい事情は知りません。

ですが、押しも押されもせぬジャニーズのスターとして将来を期待されていた人が

表舞台から一瞬にして消えてしまったということは、本人の挫折感や失望感、喪失

感は想像して余りあるものがあります。

でも、だからこそ地道なレッスンを積み歌やダンスに磨きがかかりこうして華々しく

座長として、みんなを明るくまとめることができたんだと思います。

座長として挨拶する姿は風格さえ感じました。26歳なのに・・・


NEWSのメンバーにも同じことが言えるのではないかと思います。若干、こじつけの

ようですが、帰る電車の中で考えていたことです。

挫折感や喪失感、絶望感を味わった彼らは、もう怖いものは無いのではないかと思う

のです。だからこそ、自分を演出する事にも長けているのでしょう。

どうしたらこのグループを残していけるか、伸ばしていけるか、きっと考えて考えて努力

していると思います。

今、けいちゃんはMC、シゲアキ先生は言わずと知れた小説家、そしてクールな批評

まっすーは舞台、ラジオ、王子はバラエティ、歌、ラジオ、アイドルとしてそれぞれの活躍が

際立っています。


一度挫折を味わった人の方が圧倒的に強いですね。

私は一度でもNEWSとして在籍していた人の事がやはり気になります。もちろん、山P、亮

ちゃんも。そして、美恋コンでけいちゃんが言ったように、みんなが幸せになって欲しいと

思っています。





 

このページのトップヘ