I love 手越王子

私の太陽、手越くんとNEWSをこよなく愛し、応援していくブログです。 時に乙女の気持ちで、時に乳母のような気持ちで王子とNEWSを見守って いきたいと思います。

カテゴリ: コンサート

昨日のアルバム発売に続き、ツアー日程のメールが届いていました

春先から初夏にかけてのとてもいい季節のツアーです。

夏に弱い私にはとてもありがたいです。

名古屋ガイシが3月21日で初日ですね。名古屋ガイシは私はとても思い入れのあるホールです。初めてジャニーズコンサートに一人で行った場所です。

ちょっと緊張しながらも、とても楽しくて笑って泣いて大忙しでした

大阪も行ったのですがちょっと席が遠くあまりよく見えませんでした。

でも名古屋は割とよく見えて、加藤さんの顔がきりっとして男前で、まっすーはニコニコしていて可愛らしけど歌声はセクシーで大人っぽくもあり、慶ちゃんはステージをしっかりまとめスタイル抜群、手越王子はそれはもう美しく、この世のものとは思えず、ちょっと小柄で華奢に見えるのも余計現実世界の人と思えないほどで、歌声は言うまでもなかったです。

それにメンバー全員一生懸命ファンに手を振ったり、いわゆるファンサをしていたのがとても感動的でした。今こうして書いていてもこみ上げてくるものがあります。

もうとにかく素晴らしくて、「持って帰りたい」と思ってしまいました 我ながらアホすぎて笑ってしまうのですが、とにかく「持って帰っていつも眺めていたい」と思ってしまったのす。

とにかくそれほど思い入れのある名古屋ガイシが「どうか当たりますように」と神に祈るばかりです。

もっとも何万人もの方が祈っていると思うので、神様も大変だとは思いますが・・・

それに出来れば、東京ドームも行けたらと思っています。何と言ってもメンバーの思い入れのある会場です。

まっすーが「東京ドームに戻ってこれた」と泣いていた姿が今思っても胸の動悸が収まりません。

それほどの会場で今回も、それも2日間出来るのはとても素晴らしい事です。

メンバーの喜びはどれほどかと思います。


とにかく、どれか一つは当選してくれると思うので、楽しみです。

これで夏まで楽しく過ごせそうですね。

いつも幸せをありがとうNEWS 


いつも読んでいただいてありがとうございます♡
ジャニーズブログランキング
↑ ↑ ↑ ランキングに参加したので、押していただけるとうれしいです♡

こちらもお願いします♡

手越王子

充実感もあり、やりがいもあり、色々学んだり考えたりすることのあったツアーだったようです

いつも現状で満足しないで常に先を目指している王子ならではの感想ですね。ラストを迎えての感動や達成感ももちろん感じますが・・・

なぜならもう気持ちは次の仕事、テゴマスなら5thツアーに向かっている。そういう人です。あなたは。

だから私たちはあなたからプラスのオーラしか感じない。

何か反省どころがあってもそれを引きずらない。後悔しない。

なぜなら、王子は間違ったところ、反省すべきところは「直せばいい」と思っているから。

そして、それは必ず次に生かされているからです。

王子とまっすーへの一つ一つの反応で考え直さないといけないと思ったこともあったとか・・・

それも次回には解決してるでしょうね。

本当に楽しみなひとです。われらが王子


まっすー

まっすーは必ずファンをよく見ていて、今回も「みんなの表情、声。世界一素敵だったぜ~」と、まっすーには珍しい感じの文章です。

まっすーのファンへの感謝と無事に終えた安ど感が伝わってきます。

ウキウキして、自分たちの成長も自ら感じているのでしょう。

「こーゆーステージも今は出来るようになった」と書いていますね。

さらなる成長が楽しみです。

わたし、まっすーが「まっすーだよ」っていうの大好きです。

ありがとう、まっすー


いつも読んでいただいてありがとうございます♡
ジャニーズブログランキング
↑ ↑ ↑ ランキングに参加したので、押していただけるとうれしいです♡

こちらもお願いします♡

名古屋に着いた当日の事です。

名古屋駅からホテルへ向かう電車の中で、私よりかなり年配のマダムをお見かけしまして、「まさか、同じ目的では無いだろうなあ」と思っていましたが、何と!見つけてしまったのです、バックからのぞくうちわの柄を・・・この時期にうちわを持っている人種はただ一つ!そうジャニーズコンサート参戦者です。

さすがに王子かまっすーかまでは確認できませんでしたが・・・

噂には聞いていましたが、テゴマスのファン層は幅広い。まっすーのいっぷく出演がさらなるマダム層ファンの獲得を期待できます

老若男女のファンが多い。と言う事は息の長いアーティストの条件としてもいいのではないでしょうかテゴマスの将来の安定さが確信できました

そして、ホテルから乗ったタクシーの中で、運転手さんが話しかけてこられて、

「コンサートですか?昨日も凄い人でしたよ。僕も知らなかったんだけど、娘にイッテQの人のグループだと教えてもらって、テゴマスって初めてしりました」と言われてました。

私がNEWSの中のユニットだというと、さすがにそれは知らなかったらしく、「えっ?NEWSなの?山Pのいた?」とどうやらNEWSはご存じのようでした

さて、テゴマスコンサートツアー。

王子、増田さん。本当にお疲れ様でした

そして、ありがとうございました。

いつもながら幸せをありがとう。

私は初めてのテゴマスコンサートツアーでした。

どんな感じなのか楽しみで、浮足立って出かけた大阪。夢うつつでよく覚えていない位。でも、今回は少し落ち着いて見る事ができました。

後何回か行っておけばよかったなとちょっと後悔です。

前回からラストまでは詳しくコンサートの内容を書かないつもりだったのですが、もうラスト終わったので書きますが、「青いベンチ」の時のマイクを通さない生歌 あの空間はどう言ったらいいのか、会場とテゴマスが一体化したかのような、時間が止まったかのような空間で、このまま時が止まって欲しいと思いました。

澄み切った空間で透き通るような、力強くて儚い歌声 テゴマスの歌声は会場の一人一人に直接届いていました。

私は涙が止まりませんでした。会場にいるすべての人が咳払い一つしないで、てごますの歌声を聴き逃さないように聞き入っていました。

実は私の横にはちょっとお行儀の悪い方がおられました40代後半くらいだったでしょうか?そんな方でも、じっと聞き入っていたのでテゴマスパワーに驚きでした。

MCではコンサートグッズのTシャツの話になり、まっすーが「ビッグサイズのTシャツあったら欲しい?」と聞くと、会場からは「ほしい~」と大合唱。それに納得いかない王子は「グッズを一つ減らしてでも?」と聞いても答えは同じ

絶対いらないという考えの王子 客席を味方に付けて王子を納得させようとするまっすーのバトル。王子最後まで納得いかない様子で、だんだんむっとしてきている感じ

それを見て、本人結構真剣なだけに何だか面白くなってきて、ニマニマしてしまった私です。

王子まっすーの事を、頑固だとか言ってますが、なかなかあなたも一度言い出したら引かないですねえ。でも、男の子らしくて・・・可愛らしく思えてしまいました。

合理主義者の王子にとって、まっすーのダボダボTシャツが実用的でなく感じたのでしょう。

でも、私も会場もとても納得したのはまっすーのコーデネイト

「ダボっとしたTシャツに短パンとか長いスカート合わせたら・・」と。それにはもう納得でした。さすが。

そんなコーデにも王子の心は動かなかった様子でしたが

それから、流行色の話から、「パステルカラー」という単語を王子は知らないようで、
まっすーが色々説明しましたが、王子結局「あー、キラキラした感じね!」と自分で違う解釈をしたようでしたが、それにはまっすーも会場も「・・・」な感じでした。

本当に世事に疎い王子、そういう浮世離れした所も結構、好感持ってますよ私

あとは、リップを塗る姿が大写しになったのですが、まっすーに「何か歯茎に塩ぬってるみたいだ」と言われて「えっ?」と言う感じでしたが、実は私もちょっとそう思いました。指を横向きにして、ごしごしぬるんですもの

ステージの上でリップぬるんですね。そう言えば、棒状のではなくチューブとかに入っているタイプを愛用と言ってましたね。

私は今までのテゴマスライブをDVDで見ただけですが、二人のMCの腕は格段に上がっているのを感じました。まっすーがプチ休憩にステージから居なくなっても王子は慣れたものです うま~く場を繋いでいましたね。

歌に関しても、マイクを通さないのは自信の表れでしょうし、表現力、会場を惹きつける力。どれも本当に素晴らしく。

技術うんぬんというより、私たちに感動を与えてくれる底力。人格的にも成長を遂げ、大人として優しさも思いやりも身に付けたテゴマスの二人は最強ですね

次回5thのテゴマスツアーでは私たちにどんな感動をくれるのでしょう?それまでに、さらなる進化を遂げているであろうテゴマス。期待大です 次に会えるのを楽しみにしています

ありがとう、王子

ありがとう、増田さん


いつも読んでいただいてありがとうございます♡
ジャニーズブログランキング
↑ ↑ ↑ ランキングに参加したので、押していただけるとうれしいです♡

こちらもお願いします♡



終わりました。テゴマスツアー。
寂しいです。 
そして、昨日まで咳が出ていたのに不思議な事にピタッと止まりました。
テゴマスの歌には何か不思議な力があります。

そして、すご〜く疲れました。
何故かというと青いベンチあたりから、周りが暗い事と1番端の席だった事もあって人目を気にせずにないていたからです。

それから、私、増田さんに名前呼んでもらいました 

バンド、スタッフ、テゴマスに「拍手を〜」とやった後に、ファンへ〜と言うくだりで、「一人一人名前呼ぶ?」といってから、王子が「加藤さ〜ん」まっすーが私の名字を呼んでくれた訳です。

まあありふれた名前なので、会場にはかなりな人数同姓の方おられたとおもいますが

今、ホテルでi padで書いているのですが、書きにくいので、明日思い出に浸りながらゆっくり書きたいと思います。

 

テゴマスコンサート広島、無事に終わったようですね

テゴマスライブの様子がTV誌に掲載されてましたね。

横浜アリーナだと思うのですが・・・

私が見たのは大阪のみなので、やはりホールとアリーナは雰囲気が違いますね

会場が広いという事もあって、ホールよりは少し演出的に違うところもありました。今回のテゴマスツアーはシンプルな演出で、歌を聴いてもらうという姿勢が全面に打ち出されていましたが、少しですが華やかな演出になっていたようです。

写真もかなりな数で、雰囲気が伝わってきますね。
ファンはもちろんのこと、テゴマス自身も楽しんでいて、会場中の沸き立つような幸せ感が写真からでも感じられます。

テゴマス、NEWSのコンサートは本当に幸せなオーラに包まれていますね

曲の演出とかも結構詳しく書かれていて、「ネタバレ」だとか言われる向きもあるようですが、王子の言ってるのはセットリストの事であって、他の演出の事ではないのでしょう。

確かに曲順は知らない方が、気持ちの高揚感が違いますからね。

昨年のツアーは何公演か行ったので、何回目かは「あー次はこの曲ね!」なんて流れが分かってしまいました

でも、東京ドームでは前のNEWSの曲がかなりあったので、イントロ流れるたびに「あー」とか「わー」とかいう驚きと嬉しさがありました。

最近の王子の発言「セットリストを事前に知らないで来て欲しい」と言うのはこういう事なんだなと、改めて思います。

もちろん、私と同じく何公演も行かれてる方は後の方はセットリストを何となく分かってきても仕方ないですが、初めて行かれる方は、驚きと感動を味わって欲しいという事なのかなと思うのですが。

そのこだわりは、いかに真剣に時間をかけてセットリストを考えているかと言う事だと思います。

そしてこれは雑誌からの引用ですが、「今までのどのライブよりも物語性にあふれていて、清々しい青春から切ない青春へと絶妙に配置されたセットリストや演出が後押ししている」と。

これを書かれた記者さん、本当によくテゴマスのステージを見て下さってます

分かりやすく書いて下さってありがたいです。

そして、私が大阪で感じたウキウキするような楽しさ、爽やかな風が吹き抜けるような清々しさから後に夕焼けを見て感じるような寂しさ喪失感を感じたのは、こういう曲の配置からだったのかなあ・・・なんて思ったりしました。

後付けで感じたことかもしれませんが。

色んなご意見があると思いますが、私は前にも書いたとおり、アーティストである手越王子、増田さんの気もちに従いたいと思います。


いつも読んでいただいてありがとうございます♡
ジャニーズブログランキング
↑ ↑ ↑ ランキングに参加したので、押していただけるとうれしいです♡

こちらもお願いします♡

このページのトップヘ