車の整備から料理レシピなどなど…写真付きで分かりやすくお教えする、初心者向けの教室です。

S95_20150509_015






     砥石で研いだあとの刃物を革砥で研ぐと、剃刀並みの切れ味になるそうです。

     そこで、さっそく作ってみる事にしました。



     まず、革を貼り付ける木製の台座作りです。

     1×4材の幅を、電動マルノコで少しだけ短くして使います。
      
S95_20150506_007




     曲線部分は、ドリルで穴を開けたあと、のこぎりで切れ目を入れます。

S95_20150506_008




    ヤスリで削って、曲線作り。

S95_20150506_011




    ストラップ用の穴を、ドリルで開けます。

S95_20150506_013




     電動サンダーを使って、♯120と♯240のサンドペーパー掛け。

S95_20150506_014




    ♯320のサンドペーパーを手で掛けて、台座は完成です。

S95_20150506_016




    次は、革の貼り付けです。

    型紙を作って、革を切り出します。

S95_20150508_015




    2.5ミリ厚のヌメ革を使いました。

S95_20150508_016




    革の角を、紙やすりで丸くして・・・

S95_20150508_018




     コバ部分を・・・

S95_20150508_019




     磨きます。

S95_20150508_020

S95_20150508_021




    台座との接着は、薄めの両面テープを使います。

S95_20150508_022




     間に革のはぎれを入れて、木槌で圧着します。

S95_20150508_023




    革の貼り付け、終了。

S95_20150508_027




    いよいよ、オイルで仕上げます。

    木材にはクルミオイル、革のG銀面にはラナパーを使います。

S95_20150509_011




    まずはラナパーを、表革に指で塗っていきます。

S95_20150509_012

S95_20150509_013




     木材部分にはクルミオイルを、柔らかい布で塗布します。

S95_20150509_014




     革砥、完成です。

S95_20150509_015



 

Add Comments

名前
URL
 
  絵文字
 
 
livedoor プロフィール
最新コメント
  • ライブドアブログ