00
TOP3_1
TOP3_2
TOP3_3
TOP3_4
005A
どう?騎士さん、思い出した?
騎士さんはねー、昔からミレイのことすっごく大切にしてくれたんだよ!
いっぱい甘えさせてくれて、いっぱいナデナデしてくれたんだー!
ミレイに弓の使い方も教えてくれたし、
撃つなら確実に仕留めろって教えてくれたんだよー!
ミレイね、騎士さんに教わったこと、ずーっと守ってきたの!偉いでしょ!

005A2
騎士…小娘の戯言に耳を貸すな。
俺を見ろ…そして思い出せ。俺と共に戦った…あの日々を。
最初に出会ったとき…俺はホムンクルスを研究していた。
次に出会った時には…おかしな海獣と戦ったな…。

005A3
なんか話長くなりそうだから穿っちゃえ!ミレスティル!
ぐぬぉおおお!?いきなり撃つとは何事だ!?貴様、気は確かか!?
それとも何かしらの欲求不満か!?

だってー。おじさんの話、おもしろくないし。
ちょっと反応はおもしろかったけど。やっぱ撃つね。うん。撃つ。

005A4
いたいっ!くそっ…やはり…
騎士と対話するためには貴様を排除する必要があるようだな…
子供相手だが…少々本気を出させてもらう!

005C
強い…強すぎるぞ…。
俺が最近、研究にかまけて体力づくりをおろそかにしていることを差し引いても…
なんだこの小娘は…?
005C2
当たり前だよ!ミレイはねー。騎士さんの妹なんだよ?
この血に宿った力は、そんじょそこらの英雄とは違うんだから!ねー!騎士さん!

ちょっと待て…貴様…何を言っている?
貴様は…騎士の妹分ではあっても、断じて妹ではないだろう?
よくわかんないこと言ってるし、撃つかな?やっぱり。うん。撃つ!
だから痛いって!話しながら撃つな!…クソ…これはどういうことだ!?
005C3
す、すいません…私のせいです…。
わ、私が嘘と本当の境界線を壊してしまったから…。
ミレイさんが自分でなんとなくついた嘘を、本当だと信じてしまったんです…。

なるほど…。これこそが《真贋の儀》の効力か…
騎士と血縁であるという嘘が、彼女の力を底上げしているわけだな…。
005C4
ならば…俺も…強くなるような嘘をつけばいいのだな…。
わかった!我に策あり、だ!

なんだかすごく嫌な予感がしますが…。
なんか怪しいから適当にその辺の邪魔そうなものを穿て!ミレスティル!
くっ…これはマズイ!…一時撤退だ!また会おう!騎士よ!
010A
で?…騎士を騙して連れまわしているというのは、あそこの女だな…師匠?
師匠と呼ぶな…先生と呼べ。まあ、そういうことになるな。
う、うまくいくんでしょうか?クラークさんがエリオさんと騎士様の元教師で…
だからこそ、お二人の力は騎士様に比肩するなどと…。
い、いくらなんでも、詭弁が過ぎるのでは?

010A2
突拍子もなければ突拍子もないほどこの手の嘘の効力は高まる。
それに…騎士と血縁だなどと言っているあの女の詭弁に比べれば…些細な嘘だよ。

また邪魔するの!?おじさん!…あれ?お姉ちゃんまで!?
ミレイ…安心しろ。一瞬でカタをつけてやる。…痛くはしない。
甘いよ!お姉ちゃんたち!勝負は先手必勝だよ!穿て!ミレスティル!

010C
ねえねえ、騎士さん!ミレイ強くなったでしょ!?
騎士さんみたいにね、召喚できるようになったんだよ!
それでね、視界を埋め尽くすぐらい矢を召喚すればね、
絶対勝てるって気づいちゃったんだー!すごいでしょ!
ほめてほめてー!
それからお膝に乗せてナデナデってしたあとに、ギューってしてほしいの!
010C2
…ミレイの力がここまでとは…。
ミレイさんは純真無垢だからこそ、嘘の力を受け取りやすいようです…。
反対にクラークさんみたいに真面目な方の嘘は、いまいち実現しにくいみたいで…。
本当にすいません…。

俺の嘘が弱い分…エリオの力も大した底上げはできなかったようだ…。
今日ばかりは俺自身の性格を恨むぞ…。

010C3
えっと…《真贋の儀》はそもそも、私が破壊神として目覚めたときに
願いをかなえるとか自分の力を使って出来ないかなー、とか思ってしまいまして…。
…妄想を叶えるには、嘘と本当の境界を破壊しちゃえーって感じで壊しちゃって…。
そんな感じで作ったんで、思い込みの激しい嘘とか執着心の強い嘘が
反映されやすくなってしまってるんです…。
010C4
しかも、一度儀式を作っちゃうと自分でも直せないし…
本当に私って役立たずです…すいません。

妄想の、具現化か…。なるほどな…。
ミレイに対抗するには、同じだけの妄想を持つ者をぶつければいいということか…。
わかったぞ…騎士よ…。もう少しの辛抱だ。
それまで、つらいだろうが真実を追い求め続けてくれ…お前になら、出来る!
015A
ワタクシのいない間に、ずいぶんと暴れたのね?ミレイさん?
その声は…マリサお姉ちゃん!?
そう。ワタクシ…騎士様…そしてミレイさん。
三人は生き別れた兄弟同士…。同じ血の力を持っていますわ。
015A2
しかも…ワタクシは騎士様にも手ほどきをおこなった賢人…
クラークさんによる魔法の手ほどきも受けた…。まさに英雄の完成型。
騎士様…そんなところにいても、ミレイさんの抱き枕にされるだけですわ。
ワタクシの…お姉ちゃんのところに来なさい。
いっぱい…甘やかして差し上げますわよ?
015A3
嫌だ!騎士さん…離れちゃ嫌なの!
大丈夫だから…ミレイ、今日ここでお姉ちゃんを倒して…
騎士さんのことずっと守れるミレイになるから!
だから…ちゃんと見てて!

くっ…なんだこれは!?ミレイの力が…膨れ上がっていく!
015A4
こんなの…見たことありません!
それでこそ…ワタクシの妹ですわ。始めましょうか…貫け!マリルグランド!
ミレイの方がすごいって、わかってもらうんだから!
…お姉ちゃんの弱いところを全部穿て!ミレスティル!

015C
…強くなりましたわね…ミレイさん…姉として…アナタのことを誇りに思いますわ…
特に…ワタクシが脇腹をくすぐられるのが弱いと看破して…。
さりげなく、弱い出力で打ち出した矢を断続的に脇腹に撃ちこむとは…。
思わず抱腹絶倒して力が緩んでしまいましたわ…!

015C2
…本当は足の裏を狙ったんだけど…マリサお姉ちゃんのガードが固すぎて
一本も当たらなかったよ…やっぱり、お姉ちゃんはすごいね…。

姉妹対決の果てに…妹が勝ち…さらなる力を目覚めさせる…
今…俺たちはここに神話の一ページを刻んでしまったのかもしれん…。

015C3
た、確かにお二人の攻防は凄かったのですが…
皆さんが…次々とご自身でついた嘘の世界に取り込まれていきます…。
騎士様…こうなっては…騎士様に頼るしかないんです…。
すいませんが…騎士様だけは真実を求め続けてください。
この先は、神殿の最奥部…。
どうか…最後の儀式を成功させてください…!

01
02
03
04
05
06
07
08
09
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
32
33
34
35
36
37

ヤンガーシスター・ミレイ