00
TOP2_1
TOP2_2
TOP2_3
TOP2_4
005A
どうですか…騎士様?思い出しましたか?
…幼いころ、ワタクシにいっぱい、ナデナデされながら育った甘い生活の記憶を…。
いいんですのよ?
あの頃のようにお姉ちゃーんと叫びながら胸に飛び込んできても…!
ふふっ…恥ずかしいですか?
それでしたら、ワタクシの方が甘えてしまいましょうか!?
005A2
ずるいよ!お姉ちゃん!ミレイも混ぜて混ぜてー!
み、ミレイさん!?…お遊びは後ですわ!今は水入らずにさせてくださいませ!
えーっ!そんなのいやだー!ミレイはミレイが遊びたいときに遊ぶんだよ!
今がその時なんだよ!

005A3
…くっ!お子様に理屈は通じませんわね…。
仕方ありませんわ。かくなる上は力づくで押し通すしかありませんわ。
我がマリルグランドの力…見せつけてあげましょう!
005C
きゅう…。マリサお姉ちゃん…強すぎるよ…。
なんでなんでー?ミレイのミレスティルだって、英雄の武具なのに!

ワタクシをお姉ちゃんと呼んでいいのは騎士様だけ…。
今すぐその気味の悪い呼び方をやめてもらいましょうか!
005C2
それに…ワタクシが強いのは当然です!
ワタクシは救世の騎士と同じ血を受け継ぐもの…
ただの英雄ではなく、大英雄なのですから!

なにそれ?マリサお姉ちゃん変になっちゃったの?
騎士さんと血なんてつながってないでしょ?どうして嘘をつくの!?

005C3
…遅かったようですね…。すべては《真贋の儀》のせいなのです…。
それってどういうこと!?
ひっ…大声を出さないで下さい!
すいません…。私が嘘と本当の境界線を壊してしまった結果…
マリサさんの嘘が本当になってしまい…。
騎士様と血縁関係になったという嘘のせいで、
騎士様の力の一部が、マリサさんに宿ってしまったのです!

005C4
なーるほどー。それなら簡単だね!ミレイも妹になっちゃえばいいんだ!
そんなこと…でも…弓将姫であるミレイさんなら…
や、やってみる価値はありそうですね!
お二人とも…神への祈りは済みましたか?…それでは、いきますよ…。
あっぶなーい!ここはひとまず逃げるよ!
マリサお姉ちゃん!騎士さん!またね!

010A
教え子が暴れていると聞いてしまっては…おとなしくはしていられないな…。
…騎士様、下がってくださいませ!…この男…ただものではありませんわ!
当たり前だろう?俺は騎士に全てを教えた先生…クラーク先生なのだからな…。
ただもののはずがない。
010A2
…アナタはただの研究者にすぎなかったはずでしょう!?
…でも…どうしてでしょうか…
ワタクシも…幼いころ…アナタに手ほどきを受けたような気が…。
あ!お姉ちゃんみっけ!
妹のミレイを置いといて、騎士さんを独り占めするなんてずるいよ!
ミレイも混ぜてくれないと…泣いちゃうんだからね!
010A3
ミレイさんまで!?…ですからアナタに姉と呼ばれる筋合いなど…
うっ…なくも、ないような気がしてきましたわ…。

ど、どうやら効いているみたいですね…。
マリサさんと同格の血縁属性…妹という嘘!
そして…騎士様の先生…いわば師匠的存在!
これだけ揃えばマリサさんを止められるはずです…。
010A4
たとえ、本当にクラークさんが先生だとしても…教え子は教師を超えるもの!
そして…姉より優れている妹なんて存在しません!
騎士様と一緒にいるのは…いっぱい甘えてもらうのは、ワタクシだけですわ!
邪魔をするというのなら、覚悟なさい!

010C
見事だ…マリサ…そして、騎士よ…もう、教えることは何もない…ぐばっ!
ああ…!クラークさんが倒れてしまいました!
はふー…お姉ちゃんにも騎士さんにも甘えられて、ミレイはすっごく幸せだよ!
み、ミレイさんまですっかり骨抜きに!
010C2
…つまらないものを刺してしまいましたわ。
さあ、騎士様…参りましょう。あちらでたくさん、甘えさせてあげますからね。
あ、ミレイさん?
アナタにはあとでたっぷりお菓子を食べさせながらお仕置きですわ。

ミレイ、お仕置きも悪くないかなって思えてきたよ!
010C3
ダメです!勢いで将来に大きく影響を残しそうな決断をしないでください!
騎士様…もうこうなってしまったら貴方の理性だけが頼りです!
どうか、惑わされずに真実だけを追い求めてください!お願いですから!

015A
天が呼ぶ地が呼ぶ人が呼ぶ…。姉を倒せと幼馴染を呼ぶ!
聞け!マリサ!私こそが騎士最愛の幼馴染…エリオだ!

あら?エリオさん?無粋だとは思わなくて?
何のつながりもないアナタの出る幕はございませんわ?

何のつながりもない?冗談だろう?さっき言ったではないか。
私は騎士にとって最愛の幼馴染なのだ。

015A2
共に枝で剣の腕を磨き、
竹で組んだ馬にまたがって騎乗の腕を磨いた。まさに竹馬の友。
クラーク博士の技を継いだ一対の刃…それが私と騎士。
技は血よりも濃い…そのことを貴様に教えてやろう。
015A3
行くぞ!ガールズ・ビー・アンビシャスだ!エリンディア!
そんな適当な技で勝てると思いましたか!?
万物貫く光となれ!マリルグランド!
015C
真なる意味でのクラークさんの技は…
ワタクシたちの血族に継がれ…新たなる技として昇華していたのですわ…。
それ故に…エリオさん…アナタの技は時代遅れ…。残念…でしたわね…。

そうか…私は負けたのか…。師の教えをただ愚直に守り…
新たな技を磨かなかった私は…確かに、時代遅れなのかもしれないな。

015C2
いえ…アナタの刃はワタクシに届いておりました。
クラークさんの剣技をアナタは最強の域にまで高めていた…。
ワタクシが、それを返す外法を編んでいた…それだけのこと…。

いや、完敗だ。
師匠を倒し…師の技を進化させた私を倒し…貴様らこそが…真のクラーク流…。
その力で…どうか…このレイジアを救ってくれ…。

エリオさん?…そんな…エリオさーん!
015C3
なんか、よくわからない嘘にマリサさんもエリオさんも溺れてしまいました…
騎士様…頼みの綱は貴方だけです…。
どうか、貴方だけは真実を求め続けてください…。
そうでないと、レイジアが壊れてしまいます!
幸いにも…この先にあるのは神殿の最奥部…最終儀式の間…。
騎士様なら、きっと…この儀式を無事に終えられるはずです!

01
02
03
04
05
06
07
08
09
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
32
33
34
35
36

エルダーシスター・マリサ