ラッキーの日記と、パパのカメブラ散歩

僕はマルチーズのラッキーです。
1998年3月21日生まれですが,
2013年7月11日にお星様になりました。
僕が,いちばん好きなことは散歩だったので,
今でも,パパがカメラを持って散歩して,
おもしろそうなことを中心に記事をアップしています。

完全中継 スイス旅行 サンモリッツ湖畔

モノポールホテルの内部です。このホテルには,2泊します。

00090モノポールホテル内部


アメニティグッズに,耳栓がありました。

やはり,同伴者のいびきが大きくて困る人がいるのですね。

新規_1


サンモリッツのホテルに2泊以上すると,登山鉄道,ロープウェイ,バス,
鉄道などの料金が無料になるエンガディンカードが貸与されます。

00091エンガディンカード

【覚え書】サンモリッツの多くのホテルで,2泊以上すると,エンガディン・カードというパスを貸してもらえます
    (保証金が必要な場合もあります)。このカードがあると,滞在期間中サンモリッツ周辺の鉄道・バス・
     ケーブルカー・ロープウェイ・リフトのほとんどが無料になります。
    翌日行った3箇所の展望台の料金の合計は,2人で232CHF,その他にバス代や鉄道代もかかるので,
     サンモリッツには,絶対2泊以上しないと損ですよね。

 

ホテルにチェックインしたのが,午後5時過ぎ,

まだまだ明るいので,サンモリッツの街を散策することにしました。

00092Aサンモリッツホテル周辺

 

超豪華で有名なバドラッツパレスホテル(詳しくはココ)。工事中でした。

00092Bバドラッツパレスホテル

 

その近くで,駐車場と長〜〜いエスカレーターを発見

駅からホテルに行くとき,これを使えばよかった。

00092Eサンモリッツ駐車場

 

このエスカレーターでサンモリッツ湖畔まで,下りて行きました。

サンモリッツ湖畔のパノラマ写真です。(写真をクリックすると大きくなります)

00094AA湖畔の散歩 (1)


湖畔をゆっくり湖畔の西のバート地区(詳しくはココ)まで散歩しました。

00094AA湖畔の散歩

 

景色も最高,とても気持ちいい。心が洗われました。

ワンコものんびり。塔が特徴的な教会(St.Karl Borromaus)も見つけました。

00096Aサンモリッツ散歩バート地区 教会

 

おまけに,湖に虹がかかりました。ラッキーのプレゼント?ahfR95_220

00096Aサンモリッツ散歩バート地区 虹

 

帰りに,子供公園で,おもしろい標識を発見 

このゾーンは,禁酒・禁煙 という標識でしょうか??ahfR95_220

こういうの日本にもあるといいですね。

00097子供公園と標識

 

サンモリッツの街をゆっくり散歩しましたが,日曜日のせいか,

お店やレストランは,まったく開いていません

フツーのレストランも休み。日本のリゾートでは,考えられませんよね。

しかたなく,夕食はホテルでとることにしました。

しかし,ビールや飲み物が買えない。たよりのCOOPも日曜日は休み

ホテルのミニバーを使えばいいのですが,悔しいので,

ラッキーパパが,サンモリッツ駅のキオスクに買い出しに。

00098キオスクへ

駅までの急坂の近道。その途中で,大きなウンpがゴロゴロ

ワンコのマナーが抜群なのにと思って,よく見たら,松ぼっくり?でした。

 

その後,9時過ぎに,ホテルのレストランで,ゆっくり食事

00099ホテルで夕食0


サラダとパスタとリゾットとビールとワイン

けっこういい値段でしたが,ホテルの宿泊者は10%引きで,

チェックアウトのときに,一括支払いでした。

なので,いくらだったのか覚えていません。

00099ホテルで夕食 料理

 

やっと2日目が終わりました。つづくぅ〜3hfSyb_220



ブログ村の応援よろしくね 

にほんブログ村 犬ブログ マルチーズへ

完全中継 スイス旅行 ループ橋

ベルニナ特急の地図(再掲)
ベルニナ特急地図N

いよいよ,ベルニナ特急の第二のハイライト
オープンループ橋(ブルージオ橋 詳しくはココ)が近づいてきました。

00085AEいよいよ‥‥

 

ループ橋は急カーブなので,列車はスピードを落とし,ゆっくり走ります。

ここも,全員が席を立って,写真を撮っていました。
ラッキーパパは,連結部近くで窓が開く所を発見し,そこから写真を撮りました。
 

オープンループ橋

でも,車外からの写真のほうが分かりやすいですよね(この写真は,ネットから借りました)

00086AAAAオープンループ橋

ここも,ネットにたくさんの写真がアップされています。そのほかの写真はココ


その後は,この列車は一般道と並行して走ったり,
一般道と共同の道を走ったりします。

とても大きく長い列車なのに,まるで路面電車のようで,ビックリでした。fhfSk1_220

00087ティラーノ手前

 

ティラーノの入り口には,16世紀に建てられた聖母教会があり,

列車はそのまん前を路面電車のように通ります。

ティラーノ聖母教会
食事をしてから,歩いてここに来る予定でしたが,時間がなくて来れませんでした。

 

そして,終点のティラーノ(詳しくはココ)に到着(12:36)です。

00088AAティラーノ駅付近

ここはイタリアなので,駅で簡単な入国審査があるから,ガイドブックに

パスポートが必要と書かれていましたが,入国審査も出国審査もありませんでした。


ティラーノでは,トランクを駅に預けて,旧市街を散策。

旧市街に,日本語メニューのレストランがあるというので,

探しましたが,見つかりませんでした。27e6ce24

00088Aティラーノ旧市街

 

午後1時半を過ぎたので,駅前にもどり,カフェでランチを食べました。

観光地ですが,庶民の味 という感じで,安くておいしかったです。8hfSo5_220

00088Bティラーノ昼食

 

14:22 ベルニナ特急で,ティラーノからサンモリッツへ向かいました。

12:36着,14:22発の約2時間。散策など,それで十分と思いましたが,

食事をしたので,もう1時間くらいは欲しかったです。計画ミス27e6ce24

00088Cサンモリッツへ

帰りも,たっぷり景色を堪能しました。
でも,ティラーノからサンモリッツは,ベルニナ特急ではなく,
普通列車で,途中下車しながらゆっくり帰るほうがよかったと思いました。


16:30 サンモリッツ駅に到着。

サンモリッツ駅には,タクシーもホテルバスもありました。 

00088Dサンモリッツ駅


駅から,ホテルモノポールまでは地図で見ると500mくらい。

ちょっと坂がありますが,歩けると思い,トランクを押しながら歩きました

00088Eサンモリッツホテル

ところが,坂もけっこう長く,汗びっしょりすごくいい運動になりました。

駅から平坦な道を少し歩くと,駐車場のエスカレータがあり,

それを利用すれば楽だったということが,後で分かりました。

【覚え書】事前にメールするか,駅から電話すれば,ホテルバスが迎えに来てくれるそうです。
 

とにかく,何とかホテルモノポールに到着。

レストランも併設された,いい感じのホテルでした。

00090AAモノポールホテル外観


長くなるので,つづくぅ3hfSyb_220



ブログ村の応援よろしくね 

にほんブログ村 犬ブログ マルチーズへ

完全中継 スイス旅行 ランドバッサー橋

ベルニナ特急の地図(再掲)
ベルニナ特急地図N

今日の記事は,ベルニナ特急の最大のハイライト

渓谷に架かる高さ65mランドバッサー橋(詳しくはココ)です。

その橋を,下らか見たらこんな感じ(写真はネットから借用。クリックすると大きくなります)

00082AAAラントヴァッサー橋

よくこんなところに,石でアーチ型の橋をつくりましたよねぇ〜。fhfSk1_220
 

みんな写真を撮りますが,ガラスに車内が写り込み,うまく撮れません。

ランドバッサー橋
ラッキー家はうまく写真が撮れませんでしたが,ネットには数多くアップされています。
よかったら,そちらも
見て下さい(その写真はココ)


列車が,止まったり,ゆっくり走ってくれれば,うれしいのですが,

フツーに通り過ぎ,あっという間という感じです。

(でも,ラッキー家はクールからのベルニナ特急と,

  サンモリッツからの氷河特急で,2回ここを通過することが出来ました。

 

スイスらしい牧歌的な風景の中を走ります。さすが世界遺産

00082BベルリナEXPr車窓続き

ベルギューン駅では,スイスホルンのサービスがありました。

 

ポントレジーナを過ぎると,列車はどんどん高度を上げていきます。
このあたりで,標高1800m以上。

モルテラッチ氷河(詳しくはココ)が見えるポイントを通過。

そして,翌日行くディアボレッツァ展望台(詳しくはココ)の駅を通過。

この日は展望台がある山は,雲に覆われていしたが‥‥,翌日は‥‥??3hfSpd_220

00083Aディアボレツァ付近

 

さらに進むと,まわりには雪がfhfSk1_220

黒い湖といわれるレイ・ネイルが見えてきます。

黒い湖

さらに標高2253mの最高点(オスピツィオ・ベルニナ駅)を越えます。
その付近では,
白い湖といわれるラーゴ・ビアンコ湖を臨むことが出来ます。
白い湖
 

そして,標高2095mのアルプ・グリュム(詳しくはココ)に停車。

駅からは,正面に雄大なパリュ氷河,青緑色ののパリュ湖を臨むことが出来ます。

00084Aオスピツィオ・ベルニナ
(上の写真は,クリックすると大きくなります)
 

駅舎の前が,大パノラマでした。

00084ACオスピツィオ・ベルニナの景色

 

そのパノラマ写真です。(写真をクリックすると大きくなります)

00084ACオスピツィオ・ベルニナの景色PP (1)

00084ACオスピツィオ・ベルニナの景色PP (2)


ハイキングやサイクリングをする人も多いようで,細かな標識がありました。

こんなところでも,ワンコ発見。ベルニナ特急に乗っているようです。

00084ADワンコtと標識

このあたり(レーティッシュ鉄道・ベルニナ線)は,単線で,

特急といえども,離合するために停車します。00084AE列車の離合

というよりも,特急とは名ばかりで,速度は普通列車とほとんど変わりません。

ただ,止まる駅が少ないだけですね。


最高点を過ぎると,列車はどんどん高度を下げ,
世界遺産のスイスの風景が楽しめます。

00084BベルリナEXPr車窓


また,離合のため停車です。

00084Dまた離合

 

このあたりは,山肌に沿って,大きな円弧を描いて進むので,

ポスキアーヴォの町が,数回,右に見えたり左に見えたりします。

00085AAボスキアーヴォの町

 

その後,ポスキアーヴォ湖が現れます。

00085ACボスキアーヴォ湖


次は,ベルニア特急の第二のハイライト ループ橋(ブルージオ橋)ですが,

長くなるので,つづくぅ〜3hfSyb_220



ブログ村の応援よろしくね 

にほんブログ村 犬ブログ マルチーズへ

完全中継 スイス旅行 ベルニナ特急

2日目は,ベルニナ特急で,スイスの世界遺産の鉄道風景を楽しみます。
 (パノラマ列車 ベルニナ特急(ベルニナエクスプレス)の詳しくはココ。写真はネットより)
PontresinaExpress

最初の予定は707分の列車でクールに行くつもりでしたが,
ちょっと早めに起きて(
5時頃)
,駅に行ってみました。
いるのは若者だけで,閑散としていました。日曜日の早朝だから当たり前!?

00060A早朝の中央駅

 

午前6時過ぎ。地下街をちょっとうろついてみましたが,
さすがに,どこも店は開いていません。

00060Bsさすがに店は開いていない

 

ホットドッグの店が開いていたので,それと昨夜の残りのパンで朝食。
やはり,ソーセージはおいしいかったです。
ホットドッグは,パンに穴を開けて,ソーセージを差し込む方式でした。

00060C昨夜の残りとホットドッグで朝食。6:12の列車に。

 

612の急行に乗って,クールまで行き,そこで乗換えます。

00060E 6:12の列車

 

日曜日の早朝,さすがに人は少ないのですが,陽気な若者がポーズ

この日はスイストラベルパス1st class使用なので,1等車に乗ります。
車両に数字が書かれており,その「
1」の部分です。

この列車は,2等車(4列シート)の一部を1等車にしています。
フツーの
1等車は,3列シートのようです。

00062クールへ出発

 

列車のトイレです。1等,2等の区別はありません。
清潔できれいです。
同じ列車でも,大きなトイレと小さなトイレがあるようです。

00063トイレ

 

7時43分,クール駅に到着。
クールは乗換駅で,ここで,
832発のベルニナ特急に乗ります。

00070クール駅

 

クールは,約5000年の歴史のあるスイス最古の町(詳しくは,ココ

待ち時間が50分くらいあるので,ちょっと散策してみました。00072AC少し古そうな街並

こんな塔がありました。
塔のある教会は,聖マルティン教会で,
15世紀に再建されたそうです。

00072AAこんな塔を発見

この教会の付近は,旧市街地という感じがしました。

 

こんな宮廷の中にあるような公園もありました。

00072ADクール駅近くの公園

 

クールの駅前は,近代的なショッピング街でしたが,
日曜日の早朝で,ほとんど人通りがありませんでした。

00072クールAE駅付近

今度行ったら,ゆっくり旧市街地を散策してみたいです。

 

832発のベルニナ特急です。
2等車のパノラマ車輌もあり,フツーの2等車もありました。
1等車のパノラマ車輌は,座席が3列で,ゆったりしています。

00080ベルリナEXPr乗車

しかし,パノラマ車両は,車両の中がとても明るいので,
ガラス越しの写真に写りこみが激しいのが難点です。
写真を撮るなら,窓の開くフツーの
2
等車がいいと思います。
00081AAベルリナEXPr車窓中
この写真は,ライヒェナウのライン川が合流するところですね。
ここも,有名なビューポイントらしいのですが,ぱっとしませんね。

これが,ベルニナ特急の地図です。
ベルニナ特急地図N
 

ライヒェナウを過ぎたトゥーシスというところから,
終点のティラーノまでは,世界遺産の美観地区に指定されています。

【覚え書】世界遺産:レーティッシュ鉄道アルブラ線とベルニナ線と、その景観。詳しくはココ

00081AベルリナEXPr車窓外

外は,雨が降ったりやんだりででした。でも,霧はかかってないので,
景色はよく見えましたが,鮮やかさはありませんでした。


長くなるので,つづくぅ〜3hfSyb_220
次回は,ベルニナ特急のハイライトの橋が出てきま〜〜す。


ブログ村の応援よろしくね 

にほんブログ村 犬ブログ マルチーズへ

完全中継 スイス旅行 自転車用信号機

チューリッヒの地図です(再掲)
01ホテルGotthardチューリッヒ

大聖堂のあとは,青い尖塔がみごとな聖母教会(フラウミュンスター)。
 シャガールのステンドグラスが有名(詳しくはココ)
 でも,時刻が遅く(見学時間は18:00まで),中に入ることが出来ませんでした。残念。
00056聖母聖堂

何かのお祭りか,広場で音楽が演奏され,
広場ではワインや食事を楽しむ人が
‥‥

00056聖母聖堂お祭り?

聖母教会から南へ行くと,チューリッヒ湖があります。

10分程度歩いて,チューリッヒ湖へ(19:00ころ)。
広々として,とても気持ちがよかったです。

00059AAチューリッヒ湖

湖の上に,木の建物がありますが,その向こうに見えるのがオペラ座です。
あの建物は何か分かりませんでした。


チューリッヒ湖のパノラマ写真です。(写真をクリックすると大きくなります)
P1240571
 

シャボン玉のパフォーマンスをやっていました。

00059ACシャボン玉パフォーマンス

これは,別バージョンの動画です。

 

雨模様だったので,自転車は少なかったのですが,

スイスには,自転車専用の信号機があるようです。
00059B自転車の信号機
歩行者と自転車が,ぶつからないような配慮でしょうか?
まず歩行者,次に自転車が渡ります。各々,赤,黄,青に変わります。
 

チューリッヒ湖を見た後は,アルトシュタット(旧市街)へ。
チューリッヒ湖からアルトシュタット方向です(写真をクリックすると大きくなります)
P1240584


アルトシュタット(旧市街)は,それほど感動はなし。
00059Cアルトシュタット (旧市街)へ


そして,バーンホフ通りを通って,ホテルに向かいました。

00059Eホテルへ

 

しかし,その途中で,めぼしいレストランが見つけられず,
COOP
とテイクアウトの店で夕食を買って,ホテルに戻りました

00059F夕食0

午後8時ですが,とても明るく日本の6時前という感じでしょうか?

時差が7時間ですから,夜中の3時まで,ウロウロしたことになります。

これが,第一日目の夕食で〜〜す。
00059F夕食2
結構おいしかったで〜す。


これで,やっと
1日目が終了で〜す。つづくぅ〜3hfSyb_220


ブログ村の応援よろしくね
 
にほんブログ村 犬ブログ マルチーズへ


1日1ポチよろしくね!
ラッキーのイラスト
parapara
このイラストは、けんいちさん
描いて下さいました。
けんいちさんのブログ
ぴすこ日記」はココです。

おもしろ記事
きょうのわんこに出演するようになった顛末記の記事です。
きょうのわんこ 顛末記



ラッキーが教科書に載りました。その記事です。
ラッキーが教科書に載った!?

記事検索
自己紹介
プロフィール

1998年3月21日生まれ。
2013年7月11日没。
散歩は,毎日,朝夕2回でした。
今は,パパがカメラを持って散歩して記事を書いています。
なので,カメブラ散歩だそうです。


  • ライブドアブログ