5日目の朝 5:30 目覚めてすぐに,ベランダから外を見ると

いきなり,朝日に映えるマッターホルンが 大感激。8hfSo5_220

 月も見えます。このとき,何枚写真を撮ったことでしょう‥‥

00220A朝日のマッターホルン

すぐに着替えて,朝散歩。定番の撮影ポイントへ。
 もう人だかりが出来ていました。
00220Cもうひとだかり (1)

定番のビューポイントに着く前から,マッターホルンが見えたら写真
 同じような写真が何枚も何枚も
何枚も‥‥

00220Cもうひとだかり見えた


散策しながらホテルに帰ります。

00220D散策しながらホテルへ


ゴルナーグラート鉄道は,レールの中央の歯型レール(ラックレール)を使い
急勾配
(標高差約1500m)を登り下りするラック式鉄道です(詳しくはココ)

 珍しいので,ラックレールを写真に撮ってみました。

00220FA登山鉄道駅

駅の向こうに見える山にヤギか羊?が放牧されていました。
 メエ,メエ〜のなき声が,すぐそばにいるように,よく聞こえました。

00220F登山鉄道駅と放牧されたヤギ


ホテルの朝食は,7:00から。
ゴルナーグラート鉄道の始発が7:00だったので,
朝食ぬきで始発に乗ることも考えましたが,しっかり食事をして,
8:00発の列車に乗ることにしました。

とてもおいしい朝食で,大満足。

00225ツェルマットホテル朝食


いよいよゴルナーグラートへ出発です。
 ゴルナーグラートは,ユングフラウヨッホと並ぶ大人気の展望台です(詳しくはココ)

 ツェルマットの展望台(るるぶより。ツェルマットの標高は約1600m)
ツェルマット

登山鉄道の切符
(磁気カード式)です。
 切符は,スイストラベルパスがあるので,半額(往復一人45CHF)
00230AAA切符 磁気カードで改札を通る


ゴルナーグラート鉄道は改札口があり,磁気カードをかざして通ります。
8:00発の列車に乗車。
 最初はガラガラでしたが,発車時間には満席になりました。
 乗りきれず,次の電車を待つ人々の行列ができていました。
00230AAゴルナーグラート鉄道 (1)乗車

すぐにマッターホルンが見えてきました。8hfSo5_220
またまた大興奮で,何枚も写真を‥‥

00230AAゴルナーグラート鉄道 (2)


フィンデルバッハ駅を過ぎて,リッフェルアルプ駅。
 多くの人が降りて,ここからハイキングに行くようです。

00230ACリッフェルアルプ駅


山肌に作られた雪崩よけのトンネルが見えます。
その反対側はマッターホルン。
リッフェルブルグ駅に到着ですが,ここでは誰も下りません。

00230AEリッフェルブルグ駅へ


マッターホルンは少しずつ姿を変え,周囲もどんどん雪深くなっていきます。

00230AHゴルナーグラート鉄道


約33分で,ゴルナーグラート駅(標高3089m)に到着です。

00230BAゴルナーグラート駅


列車から降りると,目の前にマッターホルンの大絶景
 すぐに,ホームから動画を撮りました。


そして,おみやげ屋さんなどをぬけて展望台に向かいます。
 駅から展望台(標高 3130m)まで,標高差が41mあります。
 空気が薄いからだけでなく,ドキドキ興奮が高まります。

00230BCゴルナーグラート展望台へ


クルムホテル(詳しくはココ)の側を通って,山頂へ向かいます。

00230BEクルムホテル


 セントバーナード2

ゴルナーグラート山頂(標高 3130m)に到着

 ここは360度ぐるっと見渡せます。まず,その動画を撮ってみました。


雲ひとつない絶好の天気。
00230Cゴルナーグラート展望台1
 ゴルナー氷河が,目の前に広がっています。
  氷河の黒い筋はモレーン。氷河が山肌から削りとった岩石や岩屑や土砂。

00230Cゴルナーグラート展望台2

パノラマ写真です。
(クリックすると大きくなります)

00230Cゴルナーグラート展望台 (1)名前

目立つのは,やはりマッターホルンですが,モンテローザ,リスカム,ボルックス,
カストール,ブライトホルンなどの山々が見えます。

ホテルを含めたパノラマ写真です。
(クリックすると大きくなります)
00230Cゴルナーグラート展望台 (15)
マッターホルンの右側の山の名前です。
(クリックすると大きくなります)
00230Cゴルナーグラート展望台 (16)名前


とにかく,大パノラマを堪能・大満足で,次の展望台に向かいます。

 これだけしか写真を載せていませんが,似たような写真が何枚も何枚も何枚も‥‥
 まだ,9時15分ころなので,下る人は少なく,車内はガラガラ。
00230FAゴルナーグラート鉄道下り
 登りのときは,ほぼ満席で写真も撮りにくかったのですが,
 このときは,右に左に,動きまわって写真撮り放題でした。


ローテンボーデン駅あたりから,マッターホルンがより近くに見え,
写真を撮る気持ちを抑えきれません。

00230FCマッターホルン


すぐに,森林限界に近づき,緑の世界が広がるようになります。

00230FE森林限界に近づき,緑の世界になる


天気も抜群で,緑の中,見飽きない車窓が続きます。
 ツェルマットの街やグレッシャーパラダイスに行くロープウェイ駅も見えます。

00230FG見飽きない車窓


パラグライダーが気持ちよさそうに飛んでいました。

パラグライダー


ゴルナーグラート鉄道のツエルマット駅に到着。
00230FM駅に到着

次は,スネガに行きま〜す。
つづくぅ〜
3hfSyb_220



ブログ村の応援よろしくね 

にほんブログ村 犬ブログ マルチーズへ