ARISAの趣味のお部屋Blog

ARISAの趣味のお部屋Blog

クララスティルは、犬の白内障の治療に適した点眼薬となります。



クララスティルは、犬の白内障の治療に適した点眼薬となります。
犬も人間と同じように目の病気にかかります。
一般的な目の病気として、角膜炎、結膜炎、硫涙症(涙やけ)、緑内障、白内障などがありますが、中でも白内障は人間同様に老化が殆ど原因となり、罹病率が高い病気と言われています。
白内障の病気にかかると、透明である目の水晶体が少しずつ濁っていくことで視力が低下し、日常生活に支障が出るようになります。
また、白内障を放置しておくと、失明する場合もあります。

クララスティルの成分である「Nアセテルカルノシン」は、目の水晶体の濁りを抑制する作用があります。
点眼で目に入ると、成分「Nアセテルカルノシン」が天然のカルノシンに変わり天然酸化防止を促進します。
その結果、水晶体の酸化を抑制し回復させることができます。
また、この作用は10年以上の臨床実験で証明されており、また、安全性面でも欧州の医薬品安全規格を取得している優れた点眼薬となります。

効果

白内障

使用方法

○最初の1ヶ月間は、両眼に1日朝・夕2回、それぞれ1滴ずつ点眼してください。
(視力改善の兆しが出ない場合(眼の色が白から黒に変わってきている、眼の動きがよくなっている)は、2カ月以降も兆しがみられるまで、使用量を継続することをお進めします。)
○2ヶ月目以降は、両眼1日1回1滴を点眼してください。
(眼の健康維持や再発防止のために、継続して使用される事をお勧めします。)

一般的注意事項

※開封後は《30日以内》にご使用ください。
(未開封の状態では使用期限内の保管は問題ありません。)
・抗酸化剤サプリメント(ルティン製剤・ゼアキサンチン製剤・アスタキサンチン製剤など)との併用はお避けください。
(クララスティルの作用が半減する事があります。)
・万が一、他の目薬を使用された場合は、1時間経過後に、他の目薬を点眼ください。

本来は人用医薬品ですが、動物医薬品として主に犬の白内障の治療に対して使用される場合があります。
使用に際しては獣医師の処方と指導が必要となります。

オーナーの方の注意事項

小児の手の届かないところに保管してください。
開封後は冷蔵庫に保管されることをお勧めいたします。
獣医師の指示に従った用法・用量を厳守してください。

ペットへの注意事項

アレルギーがあるペットへの使用は獣医師の指示によりご使用ください。

副作用

現在のところ、特に副作用の報告はありませんが、異常がみられた際はご使用をやめて獣医師にご相談ください。


ケフレックスは、セフェム系の抗生物質です。



ケフレックスは、セフェム系の抗生物質です。有効成分のセファレキシンを含有しています。

ケフレックスは、細菌を殺して、感染を治療する薬です。

ケフレックスに含有されている有効成分のセファレキシンは、細菌の細胞壁(外側の壁)の合成を阻害することで、細菌を殺して、感染を治療します。

セファレキシンは、服用後、速やかに吸収される薬剤です。


◆効果

適応菌種
本剤に感性のブドウ球菌属、レンサ球菌属、肺炎球菌、腸球菌属、淋菌、大腸菌、クレブシエラ属、エンテロバクター属、プロテウス属、モルガネラ・モルガニー、プロビデンシア属、インフルエンザ菌

適応症
表在性皮膚感染症、深在性皮膚感染症、リンパ管・リンパ節炎、慢性膿皮症
外傷・熱傷及び手術創等の二次感染、乳腺炎
骨髄炎、筋炎
咽頭・喉頭炎、扁桃炎、急性気管支炎、肺炎、慢性呼吸器病変の二次感染
膀胱炎、腎盂腎炎、前立腺炎(急性症、慢性症)、精巣上体炎(副睾丸炎)
淋菌感染症、子宮頸管炎
バルトリン腺炎、子宮内感染
涙嚢炎、麦粒腫、角膜炎(角膜潰瘍を含む)
外耳炎、中耳炎、副鼻腔炎、化膿性唾液腺炎
歯周組織炎、歯冠周囲炎、上顎洞炎、顎炎、抜歯創・口腔手術創の二次感染

※効果には個人差がありますことを予めご了承ください。


◆用法

通常、成人及び体重20kg以上の小児にはセファレキシンとして1回250mg(1カプセル)を6時間ごとに経口投与する。
重症の場合や分離菌の感受性が比較的低い症例には1回500mg(2カプセル)を6時間ごとに経口投与する。
なお、年齢、体重、症状により適宜増減する。


◆注意事項

飲み忘れに気付いた際は、思い出したときすぐに服用してください。ただし、次の服用時間が近いときは忘れた分は服用しないでください。
※2回分を一度に服用しないこと。

自分の判断で中止せずに医師の指示どおり服用してください。
尿糖を測定した場合、実際には陰性でも、検査の結果が陽性に出ることがあるのでご注意ください。

■以下の方は本剤を服用しないでください。
本剤の成分又はセフェム系抗生物質に対し過敏症の既往歴のある方


◆副作用

発疹、蕁麻疹、紅斑、そう痒、発熱、リンパ腺腫脹、関節痛

ショック、アナフィラキシー、急性腎不全、溶血性貧血、偽膜性大腸炎、中毒性表皮壊死融解症(Toxic Epidermal Necrolysis:TEN)、皮膚粘膜眼症候群(Stevens-Johnson症候群)、間質性肺炎、PIE症候群などの症状が現れる場合があります。
その他、なにか異変を感じた際は速やかに医師の診察をお受けください。


◆成分

Cefalexin 250mg

セファレキシン 250mg


◆商品別名(日本名)

シンクル錠(旭化成)、ラリキシン錠(富山)、セファレキシン錠(日医工)

アジー(Azee)アジスロマイシン1000mg

定番中の定番、「ジスロマック」のジェネリック品です。


アジスロマイシンは細菌を殺して、感染を治療する薬です。

アジスロマイシンは、細菌のたんぱく質の合成を阻害して、細菌を殺し、感染症を治療します。幅広い抗菌スペクトルを有し、肺炎球菌、インフルエンザ菌、化膿レンサ球菌、黄色ブドウ球菌、肺炎クラミジアなどに効果を発揮します。1日1回の3日間の服用で、約7日間、効果が持続する特徴があります。

本剤は、耐性菌の出現を防ぐためにも、必要最小限の期間の服用にとどめてください。また、医師の指示を必ず守り、自己判断での勝手な服用中止などは行わないでください。


◆効果

■適応菌種
アジスロマイシンに感性のブドウ球菌属、レンサ球菌属、肺炎球菌、淋菌、モラクセラ(ブランハメラ)・カタラーリス、インフルエンザ菌、レジオネラ・ニューモフィラ、ペプトストレプトコッカス属、プレボテラ属、クラミジア属、マイコプラズマ属
■適応症
深在性皮膚感染症、リンパ管・リンパ節炎、咽頭・喉頭炎、扁桃炎(扁桃周囲炎、扁桃周囲膿瘍を含む)、急性気管支炎、肺炎、肺膿瘍、慢性呼吸器病変の二次感染、尿道炎、子宮頸管炎、骨盤内炎症性疾患、副鼻腔炎、歯周組織炎、歯冠周囲炎、顎炎

※効果には個人差がありますことを予めご了承ください。


◆用法

Azithromycin(アジスロマイシン) 1000mg
■深在性皮膚感染症、リンパ管・リンパ節炎、咽頭・喉頭炎、扁桃炎(扁桃周囲炎、扁桃周囲膿瘍を含む)、急性気管支炎、肺炎、肺膿瘍、慢性呼吸器病変の二次感染、副鼻腔炎、歯周組織炎、歯冠周囲炎、顎炎
成人にはアジスロマイシンとして、500mg(0.5錠)を1日1回、3日間合計1.5g(1.5錠)を経口投与する。
■尿道炎、子宮頸管炎
成人にはアジスロマイシンとして、1000mg(1錠)を1回経口投与する。
■骨盤内炎症性疾患
成人にはアジスロマイシン注射剤による治療を行った後、アジスロマイシンとして250mg(0.25錠)を1日1回経口投与する。

Azithromycin(アジスロマイシン) 250mg
■深在性皮膚感染症、リンパ管・リンパ節炎、咽頭・喉頭炎、扁桃炎(扁桃周囲炎、扁桃周囲膿瘍を含む)、急性気管支炎、肺炎、肺膿瘍、慢性呼吸器病変の二次感染、副鼻腔炎、歯周組織炎、歯冠周囲炎、顎炎
成人にはアジスロマイシンとして、500mg(2錠)を1日1回、3日間合計1.5g(6錠)を経口投与する。
■尿道炎、子宮頸管炎
成人にはアジスロマイシンとして、1000mg(4錠)を1回経口投与する。
■骨盤内炎症性疾患
成人にはアジスロマイシン注射剤による治療を行った後、アジスロマイシンとして250mg(1錠)を1日1回経口投与する。


◆注意事項

飲み忘れに気付いた際は、思い出したときすぐに服用してください。ただし、次の服用時間が近いときは忘れた分は服用しないでください。
※ただし、2回分を一度に服用しないこと。

自分の判断で中止せずに必ず医師の指示どおりに服用してください。
本剤の服用中に湿疹、粘膜のびらんや、水ぶくれなどの症状が現れた場合は、服用を中止し、速やかに医師の診察をお受けください。
本剤の作用時間は長いため、アレルギーの再発や、服用4日目以降でもアレルギー反応が生じることがあるため、ご注意ください。
本剤の服用中は、車の運転など危険を伴う機械の操作はしないでください。


◆副作用

肝障害(体がだるい、疲れやすい、食欲がない、発熱、皮膚や目が黄色くなる、湿疹、吐き気、嘔吐、かゆみ)
消化器症状(下痢、便が軟らかくなる、腹痛)
QT延長、心室性不整脈(めまい、動悸、胸が痛む、胸部の不快感、意識消失、失神、けいれん)


◆成分

■Azee1000mg
Azithromycin(アジスロマイシン) 1000mg

■Azee250mg
Azithromycin(アジスロマイシン) 250mg


◆商品別名(日本名)

アジスロマイシン(シオノケミカル、陽進堂、長生堂製薬、辰巳化学、高田製薬、シオノケミカル、東和薬品、日本ジェネリック、辰巳化学、小林化工、YUNGSHINPHARMACEUTICALINDUSTRIALCO.,LTD.、興和、ニプロ、わかもと製薬、共和薬品工業、沢井製薬、サンド、武田テバ薬品、日医工、全星薬品工業、第一三共エスファ、第一三共、日本ケミファ、富士製薬工業)、ジスロマック(ファイザー)





セファム系の抗生物質(個人輸入)


Spectracef(スペクトラセフ)は、有効成分セフジトレンピボキシルを含有したセフェム系抗生物質です。日本国内でも同じ有効成分を含有したメイアクトMS錠が処方されています。

セフジトレンピボキシルは、腸管壁で代謝を受けてセフジトレンとなり抗菌力を発揮します。グラム陽性菌及びグラム陰性菌に対して広い抗菌スペクトルを有し、特にグラム陽性菌のブドウ球菌属やレンサ球菌属、グラム陰性菌の大腸菌、またインフルエンザ菌やアクネ菌などに強い抗菌力を示します。

Spectracef(スペクトラセフ)は、細菌の細胞壁合成を阻害することで殺菌的に作用し、細菌の感染による症状を改善します。この幅広い抗菌力から皮膚感染症、呼吸器感染症、泌尿器感染症、婦人科感染症、眼科感染症、耳鼻科感染症、歯科感染症など広い範囲の感染症の治療に用いられます。


◆効果

<適応菌種>
セフジトレンに感性のブドウ球菌属、レンサ球菌属、肺炎球菌、モラクセラ(ブランハメラ)・カタラーリス、大腸菌、シトロバクター属、クレブシエラ属、エンテロバクター属、セラチア属、プロテウス属、モルガネラ・モルガニー、プロビデンシア属、インフルエンザ菌、ペプトストレプトコッカス属、バクテロイデス属、プレボテラ属、アクネ菌

<適応症>
表在性皮膚感染症、深在性皮膚感染症、リンパ管・リンパ節炎、慢性膿皮症、外傷・熱傷及び手術創等の二次感染、乳腺炎、肛門周囲膿瘍、咽頭・喉頭炎、扁桃炎(扁桃周囲炎、扁桃周囲膿瘍を含む)、急性気管支炎、肺炎、肺膿瘍、慢性呼吸器病変の二次感染、膀胱炎、腎盂腎炎、胆嚢炎、胆管炎、バルトリン腺炎、子宮内感染、子宮付属器炎、眼瞼膿瘍、涙嚢炎、麦粒腫、瞼板腺炎、中耳炎、副鼻腔炎、歯周組織炎、歯冠周囲炎、顎炎

※効果には個人差がありますことを予めご了承ください。


◆用法

通常、成人にはセフジトレンピボキシルとして1回100mg(0.5錠)を1日3回食後に経口投与する。
なお、年齢及び症状に応じて適宜増減するが、重症又は効果不十分と思われる場合は、1回200mg(1錠)を1日3回食後に経口投与する。






海外個人輸入です。効果効能はHP引用です。
効果には個人差がありますことを予めご了承ください。

紫イペ=タヒボ の 抗酸化作用と癌の予防

お友達に紹介されて飲んでいます



紫イペはあらゆるガンに効果
それでは紫イペはどんな種類のガンに効果があるのでしょうか。

特にどのガンに効くということはありません。舌、食道、胃、直腸、大腸などの消化器系のガン、肺、咽頭などの呼吸器系のガン、白血病・悪性リンパ腫などの造血器系のガン、子宮、乳、卵巣、前立腺、睾丸などの泌尿器系のガンなど、体中のあらゆるガンに効果があるとわかっています。

 紫イペは、早期ばかりか、進行したものや末期の患者さんにも完全に治ったり、痛みなどの自覚症状が改善したりする人が少なくありません。また、抗がん剤による治療を受けている人の場合、脱毛は吐き気など強い副作用のあることが多いのですが、そういう人が紫イペをとったら、抗がん剤の副作用が軽減されることもよくあります。

 以上のように、強力な抗腫瘍効果が期待できる紫イペですが、抗がん剤と違って副作用はほとんどありません。紫イペは世界中でこれまで50年以上研究が続けられてきましたが、その中で副作用として指摘されているのは下痢だけです。副作用を調べる試験においても、異常は認められませんでした。
 
紫イペがガンを早く攻撃する3つのシステム
ガンを退治する3つのシステム
1.抗腫用作用
2.キラー細胞の働きも高める
3.ガン栄養補給路を破壊


IP-6 & Inositolの抗がん作用

現実に…癌と疑われていた腫れが引きました。

引用先
http://www.1ginzaclinic.com/inocel/inocel.html
銀座東京クリニックWEBサイトより

【IP-6 & Inositolの抗がん作用】
食物繊維の豊富な食事はがん予防効果があることが報告されていますが、その理由の一つは、食物繊維に含まれるIP-6に抗がん活性があるからだと言われています。
>IP6は抗酸化作用や免疫力増強(ナチュラルキラー細胞活性の増強)、金属に対する強いキレート作用によって、がん予防効果や美容や健康増進効果が示唆されています。
>IP6はイノシトールとの同時に摂取したほうが効果が吸収されやすく、さらに抗がん作用が強くなるので、IP-6とイノシトールを混ぜたサプリメントががんの予防や治療の目的のサプリメントとして販売されています。
>米国のメリーランド大学医学部病理学のシャムスディン教授は、IP-6とイノシトールを一緒に摂取するとその効果が高まること、とくにIP-6とイノシトールが4:1で含まれる商品が最も抗がん活性が高いこと明らかにし、特許を取得しています。
>IP-6は穀物やマメ類に豊富に含まれていますが、IP-6をサプリメントとして摂取することは幾つかの利点があります。
>まず第一に、穀物やマメ類に含まれるIP-6は、蛋白質やミネラル(カルシウム、マグネシウム、カリウムなど)と結合して複合体を形成し、水に不溶性で消化管からの吸収が悪い状態で存在しています。したがって、食物繊維の形で摂取してもIP-6はほとんど体の中に吸収されません。精製したIP-6は、食物繊維中のIP-6より極めて吸収が良いことが多くの研究で明らかになっています。
>さらに、IP-6はがん細胞にいち早く取り込まれることが知られています。これはIP-6が抗がん作用を発揮する理由でもあります。動物の発がん実験では、食物繊維を多く与えるとがんの発生が低下することが報告されています。その食物繊維に含まれるのと同じ量のIP-6を与えると、さらにがんの発生を抑制する効果が高まりました。
>前述のように食物繊維に含まれるIP-6は生体に利用されにくいので、純粋な形でIP-6を摂取する方が抗がん活性が高いのです。食物繊維の豊富な食事を取ることは大切ですが、それに加えてIP-6をサプリメントとして摂取することは抗がん力を高める上で意義があります。
>イノシトールはビタミンB群の一種であり、IP-6の抗がん作用と免疫力増強作用を著明に高めます。イノシトールと適切に組み合わせると、IP-6は体内で2分子のIP-3に変換されることが報告されています。
>イノシトールはIP-6の骨格構造であり、リン原子が結合できる炭素原子を6個持っています。これらの6個の炭素原子が全てリン酸エステル化したものがIP-6です。6個の炭素原子のうち3個のみがリン原子と結合したものがIP-3と呼ばれます。IP-6の抗腫瘍活性に関わっているのは実はこのIP-3であると考えられています。
>培養癌細胞を持いた研究で、IP-3は癌細胞増殖のon/offを調節するスイッチの役目を果たしていることが明らかになっています。細胞内のIP-3の濃度が低い時には、その細胞はコントロールを失って増殖します。これはがん細胞の特徴です。がん細胞をIP-3の豊富な培養液に入れると増殖を止めます。これは、IP-3が細胞の増殖や細胞間コミュニケーションなどの重要な細胞機能を調節する中心的役割を果たしていることを意味しています。シャムスディン博士は、体内でのIP3が効率的に生成されるために必要なIP-6とイノシトールの比率を4:1で投与した場合がもっとも抗がん活性が高いことを示しています。


ワンちゃん用の白内障治療目薬




【白内障治療に】クララスティル(Clarastill)


ケアプロスト

緑内障のお薬ですが
まつ毛の育成に効果があると言われています。



緑内障の点眼薬

まつ毛の育成にも効果があると言われているようです。




キシロカインゼリー

効能・効果


表面麻酔



用法・用量

リドカイン塩酸塩として、尿道麻酔には通常成人では男子は200〜300mg(10〜15mL)、女子は60〜100mg(3〜5mL)を使用する。気管内挿管には適当量を使用する。なお、年齢、麻酔領域、部位、組織、体質により適宜増減する。

<
プロフィール

lucky777

メンバーリスト
ひんやり製品
RSS
QRコード
QRコード
参加中のブログ
NAVERまとめ
「NAVERまとめ」ブログパーツは、サービスを終了しました。
  • ライブドアブログ