2005年06月05日

「開運のススメ!」第39号

 【外発的報酬では幸せになれない理由】


 以前「外発的報酬」と「内発的報酬」について書きました。
 そして「外発的報酬」を目的としては、幸せになれないと書きました。
 それはなぜなんでしょう?


 復習しておきますと「外発的報酬」とは、お金、地位、名誉、愛など、
 自分以外の外部から与えられる報酬です。
 それに対して「内発的報酬」とは、喜び、楽しさ、癒し、好奇心など、
 自分の心の内から湧き出てくる欲求を満たされる事です。


 俗な言い方をすれば「外発的報酬」には数に限りがあります。
 先着100名様限定発売のプレミアムフィギュアのようなものです(笑)。


○━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━○
○                                 ○
○      あなたも開運出来る!                 ○
○                 「開運のススメ!」       ○
○                                 ○
○━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━○
    まぐまぐエンタテイメント部門新着ランキング4位獲得

                               第39号

 ■等幅フォントでご覧になることをお勧めします。
----------------------------------------------------------------------

 【ご挨拶】


 皆様こんにちは。開運プロモーターのluckyです。
 大阪ではとうとう来週あたりに入梅しそうな気配です。
 今日も蒸し暑かったです。


 これからの季節ティーシャツ一枚で過ごせるので衣装代が助かります。
 スーツを着なければならないサラリーマンは大変ですよね。
 ノーネクタイの小泉さんをテレビで見ましたが、
 お洒落なんだか不恰好なんだかよくわかりません(笑)。




 【luckyの開運壁紙プレゼント】


 皆さんパソコンの壁紙はどんなものをお使いでしょうか?
 luckyは絵や写真の技術も無いので、ネットでいろんな画像を探してきて、
 組み合わせたり加工したりしたものにカレンダーをつけて使っています。


 パソコンの壁紙というものも毎日見るものですから、
 心が癒されたり明るくなって活力が出るようなものがいいですよね。


 特に「開運」ということにこだわって選んでいるのではないのですが、
 やはり明るく楽しく希望の持てるような画像を使っています。


 5月末にやはりいつものように壁紙を作ってみたのですが、
 我ながら、なかなかいい感じに仕上がりました(←自画自賛)。


 そこで皆さんにも見ていただいて、
 もし気に入っていただいたら使ってもらってもいいかなと思ったのですが、
 ネットで公開するのは著作権・肖像権に触れるのですよね。


 公開されているどんな画像も、
 個人で楽しむだけの目的でダウンロードするのなら問題は無いのですが、
 それを誰でも閲覧できる環境に置く事は法律違反になります。


 そこでluckyに個人的にメールをくれた人にだけ、
 こっそりその壁紙をプレゼントしようと思います。


 とってもステキな空の風景写真と、
 元祖いやし系といわれたあの人の画像を組み合わせて、
 6月と7月のカレンダーを入れた壁紙です。


 見ているだけで、いやされて元気が出るような感じに仕上がって、
 「開運」というテーマにも合致するものになったと思いますので、
 良かったらぜひ使ってみてください。


 ご希望の方は下記のURLからメールを送ってくださいね。
 自動返信で壁紙のページをご案内します。
 壁紙の設定の仕方もこのページに書いておきました。


 ただしやはり法律に触れるといけないので応募期間は1週間限定です。
 また個人的に楽しむ以外の目的では使わないでくださいね。


 「luckyの開運壁紙を見たいよー!」
  http://my.formman.com/form/pc/AxsGnsJa3CmxL6xW/


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

 【新しくご購読いただいた皆さんへ】


 新しくご購読いただいた皆さん、はじめまして。
 このメルマガは真剣に「開運」を願う人に、
 本当の意味での「開運」を解説するメルマガです。


 お気楽な「開運話」や「占い」と思って
 購読していただいた方には申し訳ないですが、
 これはあなたの運命を「占う」メールマガジンではありません。
 あなたの「運命を変えよう」とするメールマガジンです。


 お気楽な「占いメルマガ」を期待してご購読いただいた方は、
 申し訳ありませんが、ご遠慮なくメルマガ下部のURLから解除してください。


 バックナンバーはblog「開運のススメ!」でお読みいただけます。
 新しくご購読いただいた皆さんは、ぜひバックナンバーもご覧ください。
 各メルマガ発行スタンドのバックナンバーは、
 最新号だけの掲載になっております。

 blog「開運のススメ!」
  http://blog.livedoor.jp/lucky_hn/


 基本的には週一程度の発行になります。
 皆様からのご意見・ご感想・ご質問などがあった場合には、
 臨時発行することがあります。



 「luckyの開運理論」についてはホームページがありますので、
 ご興味のある方はそちらをご覧ください。

 「開運のススメ!」ホームページ
  http://www.bonz.co.jp/kaiun/


 ホームページでは、「無料メールセミナー」を受付中です。
 メルマガを発行するたびに増加して、すでに317名の方が受講されています。


 受講2回目にして開運の兆しが現れた方も出ています。
 ご興味のある方は、ぜひ受講してみてください。

 たった2週間で開運の兆しが現れる!
 「無料!開運メールセミナー」
  http://www.bonz.co.jp/kaiun/1.htm

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


 これを読まれている全ての方の、開運を真剣に願っております。
 どうか一刻も早く開運してください。
 そしてあなたの運を、次の方にも分けてあげてください。


 ご意見・ご感想・ご質問・開運報告などお待ちしております。
 下記のいずれの方法でもかまいません。
 お寄せいただいた感想などは、個人を特定できる情報を省いて、
 このメルマガやホームページで紹介させていただくかもしれません。

 開運掲示板
  http://www.bonz.co.jp/kaiun/bbs/tobbs/tobbs.cgi
 メール
  http://www.bonz.co.jp/kaiun/mail/
 blog「開運のススメ!」
  http://blog.livedoor.jp/lucky_hn/



 【読者の方へのお願い】


  よろしければ「まぐまぐ」の「読者さんの本棚」にご紹介ください。
  これも幸せを人に分けてあげる第一歩ですよ。
  下記アドレスから投稿できます。
  http://www.mag2.com/wmag/osusume/toukou.htm


───────────────────────────────────
          ↓↓↓これより本文↓↓↓
───────────────────────────────────


 【外発的報酬では幸せになれない理由】


 以前「外発的報酬」と「内発的報酬」について書きました。
 そして「外発的報酬」を目的としては、幸せになれないと書きました。
 それはなぜなんでしょう?


 復習しておきますと「外発的報酬」とは、お金、地位、名誉、愛など、
 自分以外の外部から与えられる報酬です。
 それに対して「内発的報酬」とは、喜び、楽しさ、癒し、好奇心など、
 自分の心の内から湧き出てくる欲求を満たされる事です。


 俗な言い方をすれば「外発的報酬」には数に限りがあります。
 先着100名様限定発売のプレミアムフィギュアのようなものです(笑)。


 例えば会社が従業員の給料に使えるお金はある程度決まってきます。
 売上から原価と経費を引いて出た利益から、
 税金や配当金を支払わねばなりません。
 給料を多く支払って赤字を出す企業なんて笑い話ですよね。


 ですから企業が従業員の給料に使えるお金は大枠で決まっているわけです。
 その大枠の中で各従業員が給料の分捕り合戦をするわけですよね。
 あなたの給料が増えるという事は、他の誰かの給料が減っているわけです。


 役職の人数というものもある程度決まっていますね。
 従業員100人中、部長が50人の企業なんてありえないわけです。


 仮に話を簡単にするために平社員二人の内一人が主任になれるとしましょう。
 主任二人の内一人が課長になれるとしましょう。
 そして課長二人の内一人が部長になり、部長二人の内一人が取締役になり、
 取締役二人の内一人が社長になれるとしたら、
 こんな高確率でも36人にたった一人しか社長になれません。


 あなたが主任を目指すという事は、
 もう一人の人は主任にはなれないわけです。
 つまりあなたのお給料も地位も、
 誰かの犠牲の上に成り立っているわけですね。


 外発的報酬を目指すという事はそういうことです。
 いとしい人の愛をあなたが獲得するという事は、
 恋のライバルを失恋の苦しみに追い落とすという事なのです。


 もちろんあなたが外発的報酬を得るためには、
 それだけの努力をしたのでしょう。
 でもあなたのライバルも血のにじむような努力をしていたのかもしれません。


 努力の差か、能力の差か、生まれ育った環境の差か、運気の差か、
 多分ほんのちょっとした事で明暗が分かれたのに過ぎないのです。


 ですからあなたがどれだけ一生懸命努力をしても、
 あなたの望む外発的報酬が得られるとは限りません。


 ライバルの方がほんの少し容姿に恵まれているだけで、
 ほんの少しお金持ちの家に生まれただけで、
 あなたの方が失恋してしまうのかもしれないのです。


 あなたが「外発的報酬」を目指すという事は、
 その他大勢の人を不幸に追い落とす事になるかもしれないのです。
 人を不幸にしてあなたが幸せになれると思いますか?


 もう一つ、外発的欲求にはきりがありません。
 月収100万円を目指していた人がそれを達成したとしたら、
 「もうこれでいいや」と思うでしょうか?


 月収100万円を達成したら、次は月収500万円を目指すでしょう。
 月収500万円を達成したら、次は月収1,000万円を目指すでしょう。
 つまりいつまで経っても満たされないというわけです。


 外発的報酬を目指すと、餓鬼のようにいくらでも欲しがるのです。
 そしてどれだけ食べてもお腹いっぱいになりません。
 もし「もうこれでいいや」と思ったら、そこで燃え尽きてしまうのです。
 そこから先は燃え尽きた灰のような余生でしかありません。


 年をとって世代交代のために(あるいは不祥事の責任を取って)、
 辞任した社長が会長職となっていつまでも実権を握りたがるのは、
 ただひたすらに燃え尽きた灰になることへの恐怖心からなのです。


 これではいくらお金が有っても、どんなに高い地位に登りつめても、
 とても幸せだとは思えないですよね。


 外発的報酬を目指すということは、
 おのれの欲望を満たすためだけに生きるということになってしまいます。
 そこには他人への思いやりとか、人の幸せを願う心などありません。


 自分さえ良ければそれでいいというような、
 独りよがりの利己主義の心が支配し始めます。


 実は戦後の教育体制で、
 我々は外発的報酬を目指すように訓練されてきました。
 いい大学に入って、いい会社に入って、いい人と結婚して、
 いい役職につくことが幸せだと教えられてきたのです。


 太平洋戦争ですべてを失った日本が、
 ゼロから出直すには高度な成長が必要だったのです。


 そのためすべてにおいて競争社会が形成されました。
 受験戦争、就職戦線など、他人との競争に打ち勝つ事が求められてきました。


 その結果日本は目論見どおり高度経済成長を遂げましたが、
 ありもしない報酬をでっち上げていかなければ、
 先に進めなくなってしまったのです。


 でっち上げられた外発的報酬を奪い合って、
 ついに実体を伴わないバブル経済となっていったのです。


 元々ありもしない幻想の報酬を奪い合っていたのですから、
 バブル経済が崩壊するのは当然の事だったのです。


 そして人々の心には「個人主義」とは名ばかりの、
 「利己主義」が定着していったのです。


 その戦後教育の弊害が、隣の人が死んでいても気付かない、
 路上で苦しんでいる人がいても見てみない振りをして通り過ぎる、
 煩わしい事にはできるだけ関わりたくないというような、
 現在のゆがみを生み出していったのです。


 そのことに気付いた政府は「ゆとり教育」などと称し、
 落ちこぼれを出さない教育に切り替えました。
 教育の進行速度を最もレベルの低い子供に合わせるような教育にしたのです。


 成績だけが教育の成果ではないという着眼点は良かったのですが、
 この「ゆとり教育」が失敗に終わった事はもう皆さんご存知のとおりです。


 他人と競い合う事は悪い事ではありません。
 それはあなたの成長の動機付けになるし、
 成長の度合いを測る目安にもなります。


 最近では運動会でもできるだけ競わせず、
 みんな一緒に手を繋いでゴールするようなところもあるようですね。
 でも負けて泣く悔しさを経験する事も、実はとっても大切な事なんです。


 個人の能力には得手不得手があります。
 数学が得意な子もいれば、国語が得意な子もいます。
 勉強は苦手だけれど、スポーツなら一番になれる子もいます。


 どうしようもない落ちこぼれだったエジソンが、
 あんなにすごい発明をいくつも成し遂げた事はご存知でしょう。
 バカで泣き虫だった坂本竜馬が、日本を動かす人物になったのです。


 競わせることが悪いのではなく、
 個人の特性を認めてあげなかったことがいけないのです。


 「ゆとり教育」は外発的報酬を目指す教育を廃止したのではなく、
 可もなく不可もない平均的な子供を育てる教育でしかなかったのです。


 子供を守るということと、甘やかせるという事は違います。
 危険だからとナイフを持たせないのは、
 ナイフの使い方を覚えないばかりではなく、
 誤って手を切ってしまったときの痛みもわからないのです。


 だから最近の子供は平気で人を傷つけます。
 ナイフで人を切ったらどうなるのかという事がわかっていないのです。
 叱られないから、何がいい事で何が悪い事なのか判断できないのです。


 危険な事はさせない、危ないところには行かせない、
 それでどうやって危険を回避する能力を養えるでしょう。


 人は怪我をする事によって、怪我をしないように注意するのです。
 怪我をしたことが無ければ危険を回避できず、簡単に命を失うのです。
 自分が傷付いた事が無ければ、平気で他人を傷つけるのです。


 競争させるのが悪いのではなく、
 勝つことだけを目的とする事がいけないのです。
 子供を平均化させることが教育ではなく、
 それぞれの個性的な能力を伸ばしてあげることが教育なのだと思います。


 ちょっと話がそれてしまいましたが、
 他人に勝つことが目的なのではなく、
 あなたが幸せになることが目的なのです。


 そのためには外発的報酬を目的とするのではなく、
 内発的報酬を目指さなければならないということが、
 わかっていただけたでしょうか?


 「内発的報酬」には数に限りがありません。
 それぞれの人にそれぞれの喜びがあるからです。
 あなたの喜びは他人の喜びを奪ったものではないのです。
 それだけではなく、その喜びを他人と共有する事もできるのです。


 お金持ちになることが悪いのではありません。
 外発的報酬は内発的報酬に付随してくるもの、
 あるいは内発的報酬を得る手段でしかないのです。


 あなたの人生はあの人に勝つためにあるのではありません。
 ましてあの人を蹴落とすために人生を賭けるなどバカな事です。
 あなたが幸せになるために、
 ぜひあなたの内発的欲求に耳を傾けてください。


----------------------------------------------------------------------

 「開運プロモーターluckyのおすすめ書籍」
 http://www.bonz.co.jp/joho/osusume/sikou.html

----------------------------------------------------------------------

 【開運推進会会員のメルマガ】

 起立性調節障害児のお子様をお持ちのお母様方に
 経験談を通じ悩みの解消と励ましのエールを送るメルマガです。

 「起立性調節障害児と生きる」
  http://www.geocities.jp/morisen3/

----------------------------------------------------------------------


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【編集後記】


 実は家の電子レンジが壊れました。
 タイマーを回してもスイッチが入らないのです。


 この電子レンジは1年程前に、
 ヤフオク(ヤフーオークションの事)で落札した中古品です。
 年式が古いので寿命かもしれません。


 元々温め以外にはほとんど使っていなかったのですが、
 電子レンジが無いと何とも不便なものですね。


 そこで10日ぐらい前からまたヤフオクを虎視眈々と眺め、
 ついに6/1に落札しました。
 なんと2004年製のシャープの電子レンジが1,500円です。
 数回しか使用していないので状態はいいようです。


 もちろん他の出品もたくさんウォッチリストに入れて狙っていたのですが、
 luckyが思うより高値で落札されていきました。


 ところがこの商品だけはなぜかlucky以外の入札者が無く、
 開始価格の1,500円のまま落札出来ました。
 まるでluckyに落札されるのを待っていたかのようです(笑)。


 出品者とのメールのやり取りもスムーズにでき、明日(6/5)届く予定です。
 届いてみないと最終的な判断は出来ませんが、
 なかなかいい買い物だったと思います。


 安価な商品は100円ショップやディスカウントショップなどを利用して、
 高額な商品はネットを利用すると、かなり節約生活が出来ます。


 そしてそれはリサイクルでもあるので、
 地球環境にも貢献できるというわけですよね。


 皆さんも不要なものでまだまだ使えるものはネットで処分して、
 必要なものはネットで安いものを探してみてはいかがですか?



                世界中のすべての人の幸せを願って・・・

----------------------------------------------------------------------

 ぜひ皆様もご意見、ご感想、ご質問、そして応援メッセージも、
 メールや掲示板にお寄せください。
 時間がかかっても必ず読ませていただき、
 出来る限りお返事させていただきます。


 ご意見・ご感想・ご質問・開運報告などは、
 ホームページの掲示板をご利用ください。

 「開運掲示板」
  http://www.bonz.co.jp/kaiun/bbs/tobbs/tobbs.cgi

 掲示板では人に見られると困るというような場合は、
 メール送信フォームをご利用ください。

 「開運のススメ!メール送信フォーム」
  http://www.bonz.co.jp/kaiun/mail/


 【お願い】
 このメルマガに返信すると、
 luckyのメルマガ発行用メールアドレスに届きます。
 ですからスパムメールやウィルスメールが届く事が多いです。
 そのためこのアドレスはメルマガ発行専用にしか使っていません。
 このアドレスに届いたメールは読まずに削除しますので、
 メールを送る際は必ず上記メール送信フォームからお送りください。

----------------------------------------------------------------------

 ★このメルマガは全文掲載する条件で、転送自由です。
  皆さんもぜひお友だちにご紹介ください。

  メルマガを発行している、あるいはこれから発行しようとしている人で、
  「開運のススメ!」と相互紹介してほしいという方は、
  上記のメール送信フォームからご連絡ください。

  バックナンバー、サンプル誌、紹介文などを拝見させていただいた上で、
  お返事させていただきます。

  発行部数、ジャンルなどは問いませんが、
  「開運のススメ!」の主旨と反するものや違法性のあるもの、
  アダルトコンテンツやネットワークビジネス関連はお断りします。


  雑誌・メルマガ・ホームページなどでご紹介いただくのも歓迎します。
  ぜひご連絡ください。

===================================
 ■◇このマガジンは下記の配信システムより配信しています。

     【まぐまぐ 】http://www.mag2.com/
     【 melma! 】http://www.melma.com/
     【メルマガ天国】http://melten.com/

 ■等幅フォントでご覧ください。

┏━購読解除・配信先変更は━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃                                 ┃
┃  当方での購読解除等の手続きは一切行っておりません。      ┃
┃  ●購読解除URL・・http://www.bonz.co.jp/kaiun/merumaga.htm ┃
┃                                 ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

◆━━━━━━━━━━━━≪ お問い合わせ ≫━━━━━━━━━━━━◆

 □発行者:lucky
 □問合せ:http://www.bonz.co.jp/kaiun/mail/
 □URL:http://www.bonz.co.jp/kaiun/
 ※当メールマガジンに掲載された記事の著作権は、luckyにあります。

◆━━━━━━━━━ COPYRIGHT (C) 2005 lucky ━━━━━━━━━━━◆


この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/lucky_hn/24183868