2007年05月01日

山雅の優勝を、俺たちは信じてる。=松本山雅Fcの疾走

【PJ 2007年05月01日】− 4月29日、サッカー北信越リーグ第4節が各地で行われ、長野県松本市からJリーグ昇格を目指す松本山雅FCと、長野市を本拠地とするAC長野パルセイロとの一戦が行われた。“信州ダービー”と銘打たれ、地域リーグとしては異例の6399人の観客を迎えた注目の試合は、長野が後半30分、FW要田勇一(前ジェフ千葉)のゴールを守りきり、0-1で勝利した。

 ここまで3戦3勝。JFL昇格に向けてまずは好スタートを切った松本山雅にとって、前半戦の山場となる一戦。相手は同率首位のAC長野パルセイロ(以下、長野)。巷で言われている都市間の歴史的背景はともかく、同じ県内を本拠地とするクラブ同士、やはり負けられない。この試合を盛り上げようとしたクラブ関係者の努力も実り、客の入りは予想以上だった。

<% ipc %>
「5千人が一つの目安だった。正直、予想外の数字」(クラブ関係者)と話すように、6399人という観客数は、北信越リーグは勿論、地域リーグとしても出色の数字。

 それだけに勝ちたかったのは事実である。6千人超の観客の多くは松本山雅FCの勝利を見届けるためにアルウィンに足を運んだのだから。しかし、真剣勝負である以上、勝ち負けは当然絡んでくる。相手が強敵の長野ならば尚更だ。昨年の対戦成績は3戦3敗(カップ戦含む)。最早負けは許されない。長野を率いるバドゥ・ビエイラ監督も興奮のあまり、幾度もベンチ前を飛び出し、審判に制止される一幕があった。

 給水していた要田が長野ベンチに向かって「強いな」と呟いたのを耳にした。その通り、前半は松本ペースで進み、幾度も長野ゴールを脅かす。しかしFW片山真人の決定的なチャンスはゴールポストに嫌われ、MF竹内優のシュートはアウェイゴール裏へと飛んでいく。

 打って変わって、後半は長野ペース...

ニュースの続きを読む

(引用 livedoorニュース)

■■




<% key ◆ %>関連ブログ記事
ものすごい久しぶり - 適当生活 (4月30日21時54分)

松本山雅FC初観戦! - LOVE 蹴球 〜子育てと蹴球とmy life〜 (4月30日15時19分)

パルセイロ VS 山雅 - ひとりごと (4月30日12時5分)




lucky_keiba at 19:48│Comments(0)TrackBack(0)clip!

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔