BRUJA 〜IR DE PESCA〜

バスフィッシング・メバリング・アジング・エギング・ジギングの釣行記

先日の合川の余韻が冷めやらぬところですが、今回はふ〜ちゃんと陸っぱりでリザーバー探索してきました。

ふ〜ちゃんとバスを釣りに行くのは、25年ぶりくらいか

とりあえず、今回は辺りが薄暗く夜が明け始めたタイミングで現場到着。
P6060821


薄暗い中、山道を歩きながらポイントを目指します。
そんな中での山歩きは、正直ほんとに怖いです。
得体の知れない足跡や鳴き声に加え、常に誰かに見られているような感じで超恐い。昔は一人でも気にしませんでしたが、今は絶対無理です。

ってな感じで、山道を20分ほど歩いて無事ポイントへ到着。
さっそくルアーをキャストし始めました。
しかし、夜明けのゴールデンタイムでも、簡単にバスは反応してくれません

減水した斜面を滑りまくりながら移動
かなり水質が悪かったので、とりあえず間違いないチャート系でクランクを巻きまくりました。

で、サイズは小さいですがGET
P6060827


リザーバーは基本的に山に囲まれているため、すぐに太陽の光は直接入ってきません。
でも、気づいたころにはすでに青々とした空が広がり、山の斜面に日が当たり始めていました
P6060832


とりあえず、雰囲気抜群のリザーバー。
しかし、期待とは裏腹になかなか反応がありません。
そんな中、サイズは小さいですが、なんとかISシャッドのチャートで2連発しました。
P6060834


ついでにメガバスのクランクベイトもゲット
かなり汚れてたけど、洗ってフックを変えれば十分使えそうです。
P6060838


最近は、中古屋でメガバスのルアーが安く手に入るようになりました。一昔前までは考えられなかったですけど。
そんな感じで小さいですが、中古で買ったdeep100のオイカワカラーでゲット
P6060839


高校以来のバス釣り釣行だったふ〜ちゃん。
レアなタックルボックスに、ベイトは2500とフェニックスのロッドという当時最高だった組み合わせ。
残念ながら、ベイトタックルでは不発でしたが、25年ぶりくらいにバスゲット
P6060842


先日、購入してみたジャッカルのセーラミノー。
ワンド奥の際へキャストすると一発で喰ってきました。
P6060843


その後もしばらく小バスと戯れましたが、日が昇り反応が少なくなってきました。

とりあえず山中歩いてポイント開拓することにしました。

で、山道に沢がありました。
とりあえず降りてみることにしました。
こういうのって、子供の頃を思い出してほんとにわくわくしますね。もう二人ともええオッサンですけど
P6060844


こういう場所をどんどん開拓していくのがうまいふ〜ちゃん。
元々、基礎体力が半端ないので、あっという間に先へ行ってしまいます。
P6060845


しばらく沢を下って、出た場所が流れ込みにワンドに立木にとヨダレもののポイントでした。

とりあえず一投目からゲット
P6060847


そして小さいサイズを数本交えながら、今日イチのサイズをゲットできました
P6060849


粘ればもう少しサイズアップも図れそうな感じでしたが、昼までの予定だったため、このポイントで終了となりました。

沢を登り、山道を5キロほど歩いて車に戻ったころにはもうヘロヘロ

ってな感じで、またまた両手持ちのバスに出会えなかったわけですが、癒された休日のひとときでありました

P6060859

ではでは

6月になりました。
6月で釣りたい魚を考えると、1番にあがってくるのがバス。

昔、七川ダムでデカバスが入れ喰った思い出が忘れられません。

昨年ごろから、久々にバス釣りがしたいな〜と思うようになり、ちょこちょことルアーやタックルを集めていました。

そして、ついにシーズンインしたので、6月1日にムラタくんと10年ぶり!?くらいとなる有名な合川ダムへ行ってきました。

ひさびさのボート乗り場。
昔は和船しか置いていなかった駐艇場には、いいボートもレンタルできるようになっていました。

P6010827


合川ダムは日置川、前の川、将軍川の3つからなるダムです。

その中で、バスの実績が高いのは昔から将軍川(たぶん)。
ってな感じで、朝一は迷いなく将軍川のバックウォーターから開始。

しかし、ほぼ生命反応なし
P6010838


段々と下流へ移動しますが、ほとんどバスの姿が見えない状態が続き、ボイルもほとんどない。。
ローカルルールで、出船時間は朝7時。もうすでに朝一のモーニングタイムを終了してしまったのでしょうか

バックウォーターから、かなり下ったところで段々畑跡のようなポイントが出てきました。こういう場所って、僕が行ったことのあるリザーバーでは必ず一か所はありますね。
そんなポイントでは、よくスピナーベイトを使うことが多いので、今回もスピナーベイトをマシンガンキャスト。

そして来てくれました
小さいっすけど(笑)
P6010839


こうなると、とりあえずはキャストしまくって数打ちゃ当たる作戦
反応のいいエリアを絞り込んで行って、本日のキーワードを見つけていく必要があります。

そんな感じで巻モン系のスーパーヘビーローテーション。
やっぱ巻きモン系は楽しいですね

で、岬を超えた辺りのシェードが絡むエリアで、今度はクランクベイトにヒット
わりといいエラ洗いしてくれました
P6010841


しかし、そこから投げても投げてもノーバイト。
昼前にさしかかり、少し大きなワンドに入りました。

よく見ると野生のシカが一匹。
リザーバーでは、シカやサルをよく見かけます。
P6010844


日もカンカン照りとなり、さすがにシェードもほとんどない状況だったので、とりあえずソフトベイトに変えて狙ってみることにしました。

で、一匹ゲット
P6010846


それにしても、リザーバーは気持ちがいい
エレキを踏むのをやめると、聞こえるのは鳥の声と水の音と風の音だけ。
マイナスイオンたっぷりの中で、綺麗な空気を吸って、新緑を眺めるのは本当に癒されます

昼過ぎになり、日陰のある場所へボートを止めて昼食をとることにしました。
P6010853


上を見上げると木漏れ日。超気持ちいいですね
P6010851


その休憩前に、バスがいるシェードがらみのポイントを確認していたのですが、バスは口を使いませんでした。
で、ムラタくんは休憩をせずに、バスをサイトで狙いたいとのことで、ひとりボートを降り、陸っぱりからそのバスを攻略することとなりました。

かなりの時間が経過しました。
で、ムラタくんはあの手この手を駆使して見事にデカバス捕獲
P6010857


その後、将軍川エリアは終了し、大移動

P6010866

前の川へ入り、懐かしの熊野川(いやがわ)バックウォーターへと続く入口。
宮崎にある名所「高千穂」に少し似ています。
熊野川は昔、菊さんが確かBIG BITEのDVDでティンバーフラッシュを使って爆釣していたポイント。
あの後、ビッグベイト旋風が巻き起こり、僕はその旋風に狂ったバスのようにビックバイトしてしまいました。。

しかし、この熊野川。
数年前に起こった紀伊半島豪雨の時に、壊滅してしまったようで、いまはもうかつての流れ込みはないそうです。。

その周辺で、チビバスと戯れていると15時になりました。
タイムリミットは17時。

とりあえず、日置川へ移動してインレットを狙いますが不発。
しかも日置川は一番エリアが広く、短い時間にエリアを絞って狙うのは不可能

ってな感じで、急いで将軍川へ戻ることにしました。
将軍川へ戻った頃には、16時過ぎ。ボート桟橋へ戻る時間を考えると釣りができる時間は30分程度。

バックウォーターは諦め、午前中に反応のあったエリアをマシンガンキャストすることにしました。
結果、ノーバイトにてタイムアップ
P6010867


僕は今回、両手持ちのバスをゲットすることはできませんでしたが、ひざひざにバス釣りの楽しさを思い出し、自然にも癒されまくった一日でありました

てな感じでリベンジ決定

ではでは

4月30日(日)、アツシくん&ジェロと周参見へジギングに行ってきました。

最近、周参見はあまり状況がよくないそうです。前日も情報ではさっぱりだったみたい。

そんな中、一応予定は夜明けから夕方までのとことん頑張る予定。

近頃、すっかり夜明けが早くなりました。

ってな感じで、周参見の港に着いたころには、すっかり夜が明けていたのでした。

で、とりあえずは青物ラインからスタート。
そしてさっそくアツシくんがロングジグで喰わせました。

最近のジギングはベイトが主流ですが、やっぱスピニングを自在に扱って青物を狙うのはカッコいいですね

P4300755


ってな感じで、よく肥えた良型をゲット

P4300760


僕も前回のことがあるので、しっかりジグをシャクることから始めたのですが、やっぱり事前情報のとおり、その後はまったく続かず生命反応なし。

出船後、生命反応のない状態がしばらく続きました。

こうなると、モチベーションを維持しなければなりません。

僕は基本的に酔いやすい体質なので、酔い止めはかかせないのですが、釣れないと酔い止めによる睡魔と、前日の疲労や短い睡眠時間などが一気に出てきます。

そんな中、最近よく利用するのがイオンのタウリン入りドリンク。
10個入って500円ほどと安価な上に、タウリンを3000mg配合、そしてローヤルゼリーが200mg入っています。これがテキメンに効くわけで、とりあえずはこれで持ちこたえることにしました。

P4300763


で、しばらくやり続けた結果、僕的には、やはりタイラバでないと無理という判断となり、シフトチェンジ(笑)

そして最初のファーストバイト。
海やのに鯉みたいな金魚みたいな魚ゲット
こんな意味不明な魚が釣れる時は、ロクな状況ではありません。。
なんていう魚やったっけ。アツシ君が魚の名前言ってたけど忘れた

P4300768


しかし、タイカブラを巻き続ければ、時合が来ていることを確実に掴めます。最近は、これでジギングとタイラバの調整ができるんかな〜と思ってます。

ってな感じで、おきまりのこの魚。

P4300773


そして、またまたある意味本命が来てくれました。
前回、前々回に比べてサイズは落ちましたが、これでもよく引き、そして食べて美味しいサイズでした
P4300776


今回は新しく一誠からリリースされたタイラバ専用のスパテラをセット。
厳しい状況でしたが、しっかりと喰ってきてくれました

P4300777


いつもはジグで押し通すジェロも、今回は途中からタイラバを使用。
そして同じくらいの鯛をゲット
P4300779


やっぱ鯛は群れで行動しているのでしょうか。鯛のバイトがある時は、同じようなサイズがいつものように連発しました。結構バラしたけど(笑)

また、しばらく間が空いて、食べごろサイズの綺麗なマダイをゲット。
これくらいのサイズでも、水深100メーター以上で、おまけに二枚潮だったのでよくロッドが曲りました
P4300784


そして、またかなりノーバイトの時間が過ぎました。
昼が過ぎたころ、ジグで押し通すアツシ君に生命反応あり

その後、僕がしっかりタイラバでフォローを入れる(笑)
P4300788


そこから、またまたノーバイトの時間が続きました

そんな状況でも、ひたすらジグをシャクり続ける硬派のアツシ君。

そして、ソルティガがようやく曲がりました
P4300791


しかし、揚げてくると「ん!?」なにかがおかしい
P4300797


午前中に噂をしていたからでしょうか。
ひさしぶりにガックリくる魚でした
P4300800


それにしても、当日は朝10時から海が荒れるという予報だったけど、一日中天気と海の色だけは最高な一日でした。やっぱり青い海と青い空を見ると心が癒されます
P4300802


15時を過ぎても反応がなく、仕方なく浅場へ移動しアカハタ狙い。

そして、アツシ君が良型の40アップをゲット
P4300807


しかし奮闘も空しく、状況がよくないので早めに撤収
P4300813


厳しい状況ではありましたが、GW中の中、貸切状態で、思い切り釣りができた毎年恒例のGWジギングでありました

P4300818


それにしても、ひさびさに一日船の上にいたせいか、足腰がガタガタ。

ってな感じで、帰りの渋滞に巻き込まれながら、せっかく使ったカロリーをしっかりパーキングエリアで回収しながら帰宅したのでありました。

IMG_2170


ではでは

このページのトップヘ