BRUJA 〜IR DE PESCA〜

バスフィッシング・メバリング・アジング・エギング・ジギングの釣行記

53d7d3b0.JPG












メバリングでは通常、軽めのジグヘッド(1〜1.8g位)にメバル用のワームをつけて表層、中層、下層を通してくるのが一般的だ。シーズンになると、1キャストで1度はアタックしてくる。このバイトの多さはバスフィッシングと違い、一投入魂できるという醍醐味がある。

しかし、バスフィッシングを体験した者であると、どうしても次はこのルアーで釣りたいっ!とルアーローテーションを考えてしまうのは僕だけであろうか!?

メバリングにも様々な楽しみ方が存在する。ジグヘッドリグ・キャロライナリグ・スプーン・ジグ・・・そしてスモールプラグ。

やっぱ、プラグは面白い。この釣りはメバルがかなり好活性時のみに有効となる場合が私の経験では多いが、やはりハードルアーで仕留めるメバルは値打ちがあると思っている。

初めて、メバルをプラグで釣った時のルアーは月下美人の「夜叉」であった。カラーは「おぼろシラス」。その時はプラグでの反応が一番良く、めっちゃ釣れた記憶がある。どうも、ルアーで釣れる魚にはその時のパターンフィッシングというものが存在するらしい。

最近のお気に入りは月下美人の「澪示威」。これはマジで釣れます。メバルだけでなく、アジ・シーバス・タチウオにもテキメンです(>_<)。まだ使ったことない方は是非お試しを!!!

最近は「ジェイド」ってプラグにもかなり興味を持っています。まだ、使用したことはないのですが、カラーリングがよくって、サイズもいい。今年はコイツを中心に試してみる予定です。

やっぱ、プラグは集めるのが楽しいよね♪最近、オフシーズンに入り、どんどんプラグが増殖していっています。

あっ、使用した後は水洗いを忘れないでくださいねっ(^^)

c25d35bd.JPG












昨年の秋、友人Rがアジングはなかなか面白いと言った。なんでも毎年、メバリングを楽しむ陸っぱりポイントで良型のヒラアジが釣れるのだと。
Rは良型が入れ食いになり、沢山のギャラリーが集まってきたという。

アジなんてメバルの外道やん!と思っていたのだが、始めてみるとこれがなかなか面白い(^^)

なにが面白いかというと、まずはバイト。アジはなかなか獰猛な魚である。1キャストすると数度はアタックしてくる。で、のせにくい・・・(汗)
フッキングにかなり高度な技術がいるのだ。ジグヘッドで狙うなら、1g以下の軽めにしてフックサイズを落とし、アジの吸い込みをよくする必要があるだろう。

のせてからも慎重な寄せが必要だ。やっと手前できて、手元でポトッってことは日常茶飯事(+o+)

もう一つの楽しみはサイズの大きいアジを狙うこと。アジはどこででも釣れるが、でかいサイズが釣れるポイントは限られる。良型を探すラン&ガン方式の釣りが必要となる。(まぁデカイのが釣れるポイントは大体決まってくるんだけど)

アジがいると当然、それを狙ってくるフィッシュイーターがいる。そう、タチウオやシーバスといった大型魚だ。そんな魚達をルアーにかけることなく、アジだけを狙うにはリーリングスピードの変更、アジの当たりを見極めてフッキングの有無を判断すること、キャストコースの変更、ルアーセレクトなどの技術が必要になる。

昨年末〜今年3月くらいまでにかけて、タチウオやシーバスと悪戦苦闘しながら、良型のアジを狙うアジング釣行にハマっていた。なんせ、アジは食べると美味しいのだ(^^♪

最近アジングがしたくて、アジのことばかり考えている。アジだけを狙うなら、2ポンドフロロでも!?と思い、購入したライン。

キャストしてみると3ポンドフロロに比べ、1gのジグヘッドに相当な飛距離が出て感動した。強度も十分で20汰鞍召離瓮丱襪覆薐擇僕箸欧蕕譴襪任△蹐Α今年はアジングがもっと楽しくなりそうだ。

そんななか、次はロッドで悩んでいる。68ストレンジを購入しようかな(-_-;)

50b8803f.JPG












以前からリールに関してshimanoマニアであった僕はdaiwa製品を使用することに抵抗を感じていた。

まぁ、性能やデザイン的にどちらも文句がないのだが、一つのメーカーで揃えることでコレクターの気分になっていたのだろう。

しかし、メバリングを始めたことでそんな固定観念は一掃した。
メバリングではフロロ2〜3ポンドや1g以下のリグを操るため、ライントラブルが1000番クラスのリールでは対処しにくくなってしまった。(これは僕だけかも知れないが…)もちろん、2500番台を使用することで大幅にトラブルは解消されるのだけどね。

僕はライン裁きが丁寧な方ではなく、釣り場では投げ急いでしまう感がある。
「急がば回れ」状態のメバリングやアジングでは僕みたいなタイプはライントラブルに見舞われてしまう。

で、考えた末、少しでも僕のような適当アングラーが楽できるのではないかと、昨年末、ついに生まれて初めてdaiwa製のリール「月下美人」を購入した。

まぁ、結局のところdaiwa製品も一度使用してみたかったというのが正直なところなんだけど(^_^;)

このリールはメバリングのために開発されたリールなので、ライントラブルに対しての対策が十分に施されている。


実際、昨年末に使用した感想は…


GООD←欧米かっ!


であった。


とても気に入って二個もゲットしてしまった月下美人2004。

一昨日、久し振りに家で巻いてみると、メインで使用している方にゴリ感がっ(汗)

今日はオーバーホールに出してこよう。




このページのトップヘ