11日、ハナジリ君、アズマックス、ツッツー、ダイスケとハンターランク最強レベルの「かわばた渡船」へ行くことにしました。

うかつにも僕は3日前、風邪をひいてしまい咳・鼻水・頭痛が治まらず。
そんな感じでアズマックス号へマスク&マイティッシュ持参で乗車しました。

体調不良のため、前日はしっかりと睡眠をとって、ジギングのために体調管理をする。
絶対にそれは守ろうと決意していた僕ですが、やはり場所が場所だけにアドレナリンは分泌しまくり、一睡もできずの釣行となりました


先月は近畿最北端でのジギング。
今月は本州最南端でのジギング。

潮岬から、太陽が現れる前の一瞬の朝焼け。
凪ぎの串本沖から見る空は格別なものでした。

P1010336


朝焼けの空の下、仕掛けをリグるアズマックス。
P1010345



で、そんな釣り人だけが味わえる、至福の時は一瞬。
すぐにクエストが開始されます。

沈船周辺のポイントから開始。
最初にロッドを曲げたのは、やっぱりハナジリ君でした
(写真:ダイスケ提供)
CAWIPC7M


釣れたのは70センチ台のツムブリ。
もう訪れないかも知れないONタイムだったため、撮影することはできませんでした・・・

咳き込むことも忘れ、集中しまくっていた僕。
とりあえずシオゲット
P1010340


その後、よくファイトしてくれる魚を掛けますが途中でバラし
シオだったらポイントが釣れなくなってしまうので、みんなゴメンと思いながらジグをシャクるとまたヒット

正体はメジロさんでした
P1010346


そうこうしている間にアズマックスのロッドがええ感じにシナりました
P1010347


正体はハガツオでした
P1010348


そこからはバラし連発
アズマックスは4〜5回バラしてたな

段々と生命反応もなくなりました。

なんとか事態打開を・・・

・・・

しかし、微妙
P1010351



とりあえず僕はロングフォールジャークに切り替えて、超スローに狙ってみることにしました。
で、80メートルの海域でFreq270gゼブラグローにBIG BITE

・・・しましたが、揚げてくる途中でバレました。。
まぁ事態打開のために切り替えた釣方。それでバイトに持ち込めたことに収穫アリってことにしよう

僕は今回、スロースキップやカプリスなどでスローに誘うことしか考えていませんでした。
そんな状況でもスピニングを駆使し、ロングジグで事態を打開していた竿頭のハナジリ君はいつもながらさすがでした
P1010355


今日一番の良型シオでした
P1010361


で、アズマックスもバイトに持ち込みますが、痛恨のバラシ。。

僕はスロージャークにステイでバイトに持ち込み、極小サイズのシオをなんとかゲットするので精一杯
P1010362


今回、難易度の高いかわばた渡船で完全にボーズの気配が漂っていたツッツー。

しかし、終盤でついに初シオゲット
ジグはいつの間にかハナジリ君がアドバイスしたジグがついていました
(雨で画像がボヤけてしまい、すいますいません)
P1010363


楽しかった時間も矢のように過ぎ、雨が降り出した頃に終了となりました。
P1010364


ラストに流したポイントで持ってる男、アズマックスが待望のバイトに持ち込みましたが、またまたフックオフ

慌てて網を持ってきてくれた優しい船長も思わず一言。
「よ〜バラしますねぇ・・・」


・・・プププ


いや、でも腕は一級のアズマックス。
次は必ず彼がモンスターを仕留めてくれるハズ

そんな僕も3バラシ(人のこと笑えん。。)
そのうち1つは本日最大級

今後、いくつかのバイトパターンに合わせたフックセッティングの準備が、かなり重要になるということを思い知らされた釣行でした。


本日の釣果
P1010371


ダイスケ、これどうやって食べるんやろ
P1010372


今回、モンスターの棲む海域に果敢に挑んだ結果、スロースキップ2個・カプリス3個ロストしてしまいました。

でもあきらめません。釣るまでは

みなさま、お疲れさまでした。
また行きましょう

ではでは