BRUJA 〜IR DE PESCA〜

バスフィッシング・メバリング・アジング・エギング・ジギングの釣行記

June 2013

昨夕、ワインド1時間限定の時合狙いで同級生のおおもっちゃん&ふ〜ちゃんと集合!

とりあえず僕的には最近の流れをなんとか変えたかったわけで

しか〜し悪い流れはどんな釣りにも、とことんついてくるみたいで、南風の爆風

最近の流れ的にそこまでは想定範囲内でしたが、なんと大量の藻までが流れているという流れは当然想定外・・・

前方10〜20メートルのあたりを、左から右に次から次へと多量の藻が流れていっていました

しかも途切れることがなく、エンドレスの状態。

その結果、流れてくる藻を次々と回収するという流れ作業状態

風だけでもかなり釣りにならないのに、キャストする場所にところどころ藻が流れてくれば、対処のしようがありません。

しかも日没前後で視界が効かない釣り。。

ってな感じで、10メートルラインまででキャストしたり、ロングキャストして藻が引っ掛かるまでのわずかなアプローチタイムに神経を集中させ、とりあえずなんとか2匹ゲットできました

そして最悪条件のなか、仲良くみんなゲット

短時間勝負の釣りのため、写真を撮る機会もなくとりあえず写真はあとで撮ってもらった僕の写真だけとなりました

P1030130


ただ、条件は最悪でしたが、みんなで釣り行くと楽しいですね

ってな感じでまた「連れもていこら〜(和歌山弁)」

ではでは

最近、釣りは2連チャンのボーズ続きなのでまたこの話
先日、「青ひかり」をさらに友人から譲ってもらい、メダカ鉢の鮮やかさがさらにパワーアップしました
P1030108



で、さらに新しい種類も譲ってもらったのでメダカ鉢を新調
P1030118


とりあえず新しい鉢には「クリアブラウン、ホタル」っていうメダカを飼うことにしました。
青ひかりとは違った輝きを放っています
P1030128


産卵期の個体が多く、やはり種類別に飼う必要が出てきました。
で、さらに新しいメダカ鉢を新調。メダカを飼うのもお金がかかりますね
P1030107


譲ってもらった当初、別の種類と混在させていた「琥珀ひかり」。
あまりの綺麗さに、この魚は絶対増やしていきたいと思い、新しい鉢に入れることにしました。
P1030110


こうなると産卵した卵を種類別に管理していかなければなりません。
で、友人にあれこれノウハウを教えてもらい、メダカのマンション経営に着手(笑)
P1030114


これは友人に譲ってもらった「黄金ひかり」の稚魚。
これまた大人になると絶妙のひかりを放ちます
P1030117


ってな感じで毎日餌やりやら、環境整備やらで大忙し

「メダカらいふ」は順調ですが、そろそろ魚も釣りたい今日この頃。

ではでは〜

昨日、久しぶりにアツシ君とジェロで周参見へ釣りに行ってきました。

当日はほとんど風がないものの、海はある程度ウネリが入った状態

で、朝一はとりあえずサラシたいむ。
P1030099


アツシ君がすすめるピンポイントへタイミングよくルアーを投入すると、やっぱしっかり喰ってきました
P1030093


点在する磯に大きいウネリがぶち当たり、ややこしい場所をうまいこと操船するアツシくん。

で、操船しながらしっかり良型捕獲
P1030095


その後、僕は痛恨のフックオフが2回

なぜかアツシ君は良型のイサキゲット

ジェロはヒラスズキに興味なし

やっぱジグでしょ!ってことでまだまだ捕獲できそうでしたが、ヒラ狙いはほんの数十分程度で終了。
DEEPラインへデカ底物を狙いに行くことにしました

久しぶりに乗る船。
この海域はウネリがあると、太平洋の大波は時に前方が見えないくらいになります。

で、僕はあっさりと酔ったみたいでして

前日夜勤で睡眠不足だったのもたたり、そこから僕はとりあえずほぼまともにジギングできずのお昼寝タイム。

たまに起きてはみんなの釣果を確認。

釣れていなければ寝ててよかった・・・みたいな(笑)

時折、起きてはジグを落とすものの、ジグにまったく気持ちが込められない感じで。。

その間も黙々とジグをシャクリ続けるアツシ君とジェロ。

なんやかんや言いながら、すでに良型のマダイ、アヤメカサゴ、鬼カサゴでどんどんクーラーは魚種が増えていってました。僕はグロッキーで写真も撮れてませんが

寝て体力が回復した僕は、寝不足でダウンしたジェロと交代し、あれやこれやとジグを試してみますがまったくの不発

夕方になり、あまりに底物の反応が悪いので、最後はちょっとサラシを打って帰ろうということになりました。

で、やっとサラシの中で喰わした魚はなんと40オーバーのブリブリのイサキ。
朝一も同じサイズをサラシの中、アツシくんがゲットしていましたが、この時期ちょっとしたパターンなのでしょうか。
P1030096


再度、同じコースを何度か通すと同じようなバイトがありました。でもフッキングせず。。

最後に一級ポイントを回るもヒラスズキ不発。

帰り中、トビウオが数十匹一斉にジャンプ
シイラの大群が追いかけていました

で、そこからメーター級のシイラが怒涛の入れ食い状態
P1030100


特にジェロのトップに爆釣。

僕もローディットのクマノミカラーに変えて、即バイトするもあまりにデカく、瞬間的に走られ、そしてブチ切られ、あえなく終了となりましたヽ(TдT)ノ

ってな感じで本年度の周参見ジギング前半は終了です。

これから秋まではまたみんなでワイワイとオオモンハタ狙いでいきましょう

みなさま、おつかれさまでした。

ではでは〜

このページのトップヘ