前回のボートメバリングから、ブログの更新は途絶えていましたが、たまに釣りへは行ってました。

更新できなかった理由は、なんせ坊主続きだったわけで(笑)

春になり、稚鮎パターン真っ最中だった3月末。
満を持してどんぴしゃのタイミングで釣行した中紀でまさかのスカ

他の釣り人に話を聞くと、「一週間前はヒラスズキ5本釣ったんやけど、今日はあかんなぁ」とのこと
来るタイミング遅かったみたいですね。。

で、帰宅すると大もっちゃんから昨夜メバルが爆釣だったとありがたいホットなメール

さっそくその日の晩に、うっぷんを晴らすべく、すたこらさっさと釣行するも、まさかまさかのスカ

4月になり、日中が暖かくなりました。

今度は最近バス釣りにハマりまくっている後輩のカズネと久しぶりに七川ダム計画を実行。

紀勢道が開通したことで、ほんと七川ダムも近くなりました。
昔は片道に4時間くらいかけていた道のりも、今では2時間で到着。

早く着きすぎたので辺りは真っ暗でした。まだ桜が残っていて、満月だったせいか夜桜がとても綺麗でした。

IMG_6561


七川なんて、もう何年ぶりかな。
前回は一人で釣行して、大雨のなか釣りに夢中になり、気づけば夕方ボートに雨水がたまりすぎて浸水しかけたなぁ。

そんな昔、利用した七川アイランドってレンタルボート屋さんはもう存在しておらず、今は古座川荘ってとこがやっている。

とりあえず一番いいボートを借りて、フルスロットルでリザーバーを撃ちまくる作戦にしました。

IMG_6568


で、今回もまさかまさかの手洗い洗礼。

あれやこれやと手を替え、場所を替えて攻略しますが何の生命反応もありません。

収穫と言えば、久しぶりに見たカワセミ
画像のなかで一番大きな倒木にとまってますが、わかるでしょうか?
P4030019


釣れなくても気持ちいいのがリザーバー
マイナスイオン全開に浴びながら、湖上を疾走しました
P4030021


そして時間は過ぎ、夕方にバスロイドJrでバイトはあったものの、それが最初で最後の生命反応となり、まさかまさかまさかのスカ

日は過ぎてGWへ突入。

GWと言えば和歌山の紀北は、ショアからのメバリングが最盛期。

久しぶりに大もっちゃんとふ〜ちゃんの3人で、メバリング釣行に出発

めちゃめちゃどんぴしゃのタイミングでの釣行。
これは絶対釣れるやろっってな感じで、キャストをするのもの生命反応なし。

大もっちゃんがかろうじて、フロートリグを駆使して良型のメバルとヒラセイゴをゲットするのものの、僕はまさかまさかまさかまさかのスカ

ってな感じで、ずぅ〜っとスカ続きでした

ちなみに後輩のカズネは、そのあと七川へリベンジに行くもまたまたスカ(笑)
でも取材で来ていた菊さんに会えたらしく、スカ喰らってるのに僕的にはめちゃ羨ましい限り。

そんなわけで、スカを喰らいまくる中、昨日久しぶりに貴重な休みを野池ランガンして、なんとかバスを釣るためにカズネと釣行してきました。

で、やっぱ釣り運ない人はなにをやっても、とことんついてないみたいです。
雨は降るのがわかっていたけど、台風なみの暴風雨。

P5130026


ドチャ濁りの池にスピナーベイトをキャストすると、10メートル近く風でルアーが流されます。

とりあえず、次の池へ移動。
そこでも凄まじい暴風雨でした。

広範囲にクランクをキャストしますが生命反応なし。

で、ここでトラブル発生。
4月に購入した新型のリョウガのクラッチが壊れる。
しかもハンドルを回転させると、ガタガタ・・・

シマノでこんなトラブル一度も経験したことなかったのに。。
リールに記載されている「クレイジークランカー」という文字に怒りを感じました。

仕方ないので、少しヘビーなタックルへチェンジ。
フットボールジグでカバーへブチ込んでいくことにしました。

そして久しぶりに生命反応あり。
思い切りフッキングし、水面を滑ってきた魚は25センチくらいでした。ラバージグがデカく見えますね(笑)
P5130025


それにしても、ひさびさの魚。
小さいとはいえ、とてもうれしい瞬間でした。

その後、暴風雨はますます激しさを増し、続けるのは危険なレベルとなりました。

ってな感じで、撤収。
カズネ号での帰りの高速は、外が見えなくなるような状態でした。
IMG_6872


それにしても、ひさびさにキャストを繰り返し、歩き回った休日。

やっぱバス釣りは、子供の頃の気分に帰れる最高の遊びだなと改めて思えた一日でありました。

近々リベンジかな。

ではでは