2006年04月16日

チェルノブイリの真実 3

【チェルノブイリの犠牲者9千人?】

世界保健機関(WHO)の予測は果たして正しいのだろうか?

チェルノブイリに向かう清掃人世界保健機関(WHO)は13日、今月26日に発生から20年を迎えるチェルノブイリ原発事故の健康被害に関する最新の報告書を公表、ウクライナ、ロシア、ベラルーシの3カ国で、事故に起因するがんによる死者数は最大で9000人に達すると推測した。
 国際原子力機関(IAEA)などの国際機関やロシア、ウクライナ政府などでつくる「チェルノブイリ・フォーラム」は昨年9月、直接の被ばくによる死者は最終的に4000人程度とする報告書を発表しており、犠牲者数を倍以上と見込んだWHOの推計は、新たな議論を呼びそうだ。(4月14日付ジュネーブ発共同通信)

※写真は「リクビダートル」(清掃人)と呼ばれる、清掃のために雇われたり強制的につれてこられたりして、事故の清掃や後始末に従事した人たち。大半は強い放射線の犠牲になったものと思われる。

僕にはこの9千人という推測さえあまりにも過小評価だと思える。事故から20年が経過しようというのに未だ犠牲者の数さえ正確に特定できないのだ。出来ないのか、しようとしないのか。

【真実を伝えようとするウクライナ女性】

国際機関や行政機関の無機質な報告からは真実は見えにくい。本当の真実はこの大惨事で被害を受けた「被爆者」とその家族が身をもって訴えるところにある。

4月13日に書いた記事「チェルノブイリ20年を迎えて」を見た読者から貴重なサイトの情報を得た。

「―ゴーストタウン―チェルノブイリの映像―エレナのチェルノブイリへのバイク旅」というサイトだ。

エレナさんとバイク核物理学者としてチェルノブイリ原発で働いていた父親を持つエレナさんは、真実を追い求め、多くの人に知ってもらうため、カワサキのバイクでチェルノブイリ原発から原発労働者の町だったプリピャチなど「死のゾーン」と呼ばれる地帯を走り、その恐ろしいほどの静寂に包まれた廃墟の数々を自身で作ったホームページにアップロードしているのだ。

夥しい言葉よりも一片の写真が真実を語り、人々の心を打つことがある。

それがこのエレナさんの記録だ。是非アクセスして最後まで見てください。

「―ゴーストタウン―チェルノブイリの映像―エレナのチェルノブイリのバイク旅」

エレナさんのサイト(英語)

もしもこんな事故が日本で起きて、あなたの街が第二のプリピャチのようになったら・・・・僕らは誰も否定することが出来ない命の瀬戸際に立っているのでないか。

そして今日、4月16日(日)の午後9時からNHKスペシャル「チェルノブイリ事故20年」が放送されます。

≪参考≫

「チェルノブイリ20年を迎えて」・・・4月13日付の僕の記事

「ゴルバチョフ氏の回想」・・・3月9日付の僕の記事

「人気ブログランキングに参加しています。貴方も貴重なワンクリックお願いします! 」



トラックバックURL

トラックバック一覧

1. チェルノブイリ原発事故から20年、犠牲者は?安全性は?  [ ブログで情報収集!Blog-Headline ]   2006年04月18日 22:32
「チェルノブイリ原発事故から20年、犠牲者は?安全性は?」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。 =2...

コメント一覧

1. Posted by dashi   2006年04月21日 16:27
TBをいただいたようなので来てみました。

原子力というのは、人智の及ばない恐ろしいものだと思いますね〜。
科学者はどうして平気で原子力発電所を作るのか、不思議でたまらないです。事故が起こったらどうなるのか、知らないはずはないでしょうに。

中学校の英語の先生が、長崎の原爆被災者でした。ぴかっと来たからさっと物陰に隠れて、出てみたら周りにいた人はみんな死んでいたそうです。
私の同級生に原爆二世がいて、白血病で亡くなったのは原爆投下から25年ばかりたったころでしたよ。二世ですから、もちろんまだ生まれる前。

核爆弾の恐怖は「風が吹くとき」で一時騒がれましたが、もっとアピールするべきだと思いますねえ。
2. Posted by Aki   2006年04月21日 20:10
TBありがとうございました。
エレナさんのサイトは知りませんでしたので、
早速知り合いに紹介したいと思います。
今年は20年目ということで、先日のNHKの番組もなかなかよかったですね。
3. Posted by ittoku   2006年04月21日 20:22
 NHKの番組は、ちょっと拍子抜けでした。松本での「チェルノブイリからの伝言」に比べれば、安全サイドで取材したような感じです。でひ、4月23日の東京での「チェルノブイリからの伝言」に参加されるよう、推薦します。
4. Posted by luckymentai   2006年04月21日 22:57
dashiさん、コメントありがとうございました。
僕ももともと父が広島出身でピカドンを見たと言ってました。
原子力はそもそも人類が制御できる技術じゃない、平和利用なんて思っててもいづれ処理不能になって暴走するか自然の猛威の前に破壊されるかだと思ってます。早くやめるべきですよね。
5. Posted by luckymentai   2006年04月21日 22:58
Akiさん、コメントありがとうございました。
僕も今回初めて知りました。そしてその生々しい写真に衝撃を受けました。
6. Posted by luckymentai   2006年04月21日 23:00
ittokuさん、コメントありがとうございました。
確かに最近のNHKの番組はトーンダウンしているという印象ですね。参加は無理ですが、また教えていただければ幸いです。
7. Posted by Aki   2006年04月22日 06:58
NHKの番組としては、あんなものかなと。
20年目ということで、すでにチェルノブイリを知らない世代が育ってきているわけですが、にもかかわらず、ガン死の増加など、悲劇はこれからますます起こってくるのだということは伝わったかなと思いました。

実際、IAEAやWHOの言う数字より、はるかに大きな影響があると思いますが、彼らが関連を認めないものについてだって、例えばいつ病に倒れるか、体の中に時限爆弾を抱えたような状態で生きていかなくてはいけない「精神的なストレス」と片付けられてしまうものだけだって、本当に大変なものだろうと思います。
8. Posted by luckymentai   2006年04月22日 08:41
僕は国際機関というのはこの事故が起こる前は個々の国家の政府よりも絶対信頼がおけるものと思ってました。でも、残念なことにチェルノブイリ事故の過小評価を執拗にするのを見て本当に失望しました。人の痛みが分からない国際機関に何ができるのでしょうか、ですよね。

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
Profile
QRコード
QRコード
Recent Gas Price

gogo.gs
Recent Comments
Amazon.co.jp
Amazonライブリンク


楽天市場
Amazonライブリンク
NAVERまとめ
「NAVERまとめ」ブログパーツは、サービスを終了しました。