2009年09月15日

亀井氏、防衛相から一転郵政・金融担当相? 1

【内閣の顔ぶれ】

明日、鳩山政権発足を前に内閣の大臣に内定したと見られる名前が出てきている。中でも「政権交代」どころか「政権後退」とも言うべき人事が内定したようだ。

亀井静香氏『国民新党の亀井静香代表が郵政・金融担当相に内定したことについて、金融界では、同氏の金融行政の手腕は未知数なことなどから、戸惑いの声が広がっている。
 ある大手行関係者は「自民党の最も古いタイプの政治家で、政権交代した感じがしない」と感想を漏らす。昨年秋の金融危機対策では、国民新党は自己資本比率規制の撤廃など「実現はほぼ不可能」(同)とされる、規制強化の国際的潮流からかけ離れた施策を打ち出した。本当に実行に移すつもりなのか「まずは姿勢を見極めたい」(複数の大手行幹部)と話す。
 また、亀井氏が15日の会見で、中小・零細企業の返済を3年程度猶予する考えを示したことに、金融界は困惑している。連立3党の政策合意には中小企業に対する「貸し渋り・貸しはがし防止法(仮称)」の成立が盛り込まれており、亀井氏は会見で「(金融機関は)正常な融資活動をやっていない場合が多い」と強調した。
 これに対し、大手行幹部は「無理に中小企業向け融資を伸ばそうとすれば、不良債権処理額が増えて業績や財務を圧迫する恐れがある」と警戒。金融行政の行方を見守る考えだ。
 郵政民営化見直し問題を強く主張してきた亀井氏が郵政担当相に就くことを不安視する声も聞かれる。かんぽ生命保険やゆうちょ銀行と提携する日本生命保険やスルガ銀行は「提携内容がどう見直されるのか」と心配している。』(915日付時事通信)

【最悪の選択?】

この記事にあるように、郵政問題や金融の関係者にとっては亀井氏の郵政・金融担当大臣内定というのは、ある意味最悪の選択と映っているようだ。

無理もない。亀井氏が小泉元首相との確執に敗れてから、いやそれ以前からの政治家としての発言には、何一つ金融や郵政問題に関するエキスパートとしての発言や大局的見地からの発言などはない。あるのは単なる小泉憎しの感情論だけである。国民新党のマニフェストを見ても、とてもこれがまともな政党かと疑うような政策のオンパレードなのだ。

こんな人に本当に郵政民営化の見直しを任せられるのだろうか、そして経済のアキレス腱である金融を任せられるのだろうか。大いに疑問である。

新政権はこの人の人事だけでも、かなりの失望を買うことは間違いないだろう。官僚との対決を見据える鳩山新政権の中で、官僚に頼れない、頼りない亀井氏が国際的な金融交渉などで大失態をやらかさなければいいが・・・



トラックバックURL

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
Profile

ラッキーメンタイ

QRコード
QRコード
Recent Gas Price

gogo.gs
Recent Comments
Amazon.co.jp
Amazonライブリンク


楽天市場
Amazonライブリンク
NAVERまとめ
「NAVERまとめ」ブログパーツは、サービスを終了しました。