2017年04月26日

生かされなかった教訓〜31年目のチェルノブイリ、そして福島

【31年前の大惨事】


みなさんは31年前の今日、世界全体を恐怖のどん底に陥れた出来ごとをご存じだろうか。

それはチェルノブイリの原発事故だ。


チェルノブイリ原発1986年4月26日午前1時24分、
旧ソ連ウクライナのチェルノブイリ原発4号炉で原子炉停止実験が失敗、原子炉の暴走が始まり、数度の爆発で瞬く間に大量の放射能が全世界に撒き散らされた。 (写真は31年前、事故を起こした4号炉)

事故直後から数週間の間に起こったことは、事故そのものの悲惨さを上回るような出来事だった。旧ソ連政府による事故隠し。何も知らされないで捨て置かれた何十万人もの避難民の被爆。

その後も旧ソ連政府だけでなく、IAEA(国際原子力機関)を始めとする国際機関や各国政府の事故隠し。長崎・広島を経験した日本さえもその一団に加わった。事故後31年を経た今、事故そのものの記憶の風化が進んでいるが、これらの機関や政府のチェルノブイリの真実を出来るだけ小さく見せたいという意図は本質的には変わっていないように思う。

そして6年前の3月11日に東日本を襲った大地震と大津波の後、原発大国ニッポンは福島第一原発でチェルノブイリに匹敵する核惨事を引き起こした。世界中が事故の状況を心配する中、僕らだけでなく世界中の人たちが東電、経産省原子力安全・保安院、政府官邸などから発信される情報に不信感と疑念を募らせていった。その後2011年12月には、政府が「冷温停止状態」に至ったとして事故の収束宣言を出したにもかかわらず、放射能は漏れ続けフクイチの廃炉には何年かかるかわからない状況が続く中、国民の政府や原子力ムラに対する不信感は膨らむ一方だ。さらに最悪なのはこれだけの原発事故を起こしたにもかかわらず誰一人として責任を取らず、日本政府も東電も、原子力発電製造メーカーも平然と川内原子力発電を再稼働し、その後も伊方原発を再稼働、さらには玄海原発、大飯原発と次々と原発を再稼働させようとしていることだ。そして昨年4月に起こった熊本大地震。気象庁も火山学者も過去に経験したことのない地震の広がりにお手上げの状態なのに、川内原発をストップしようともしないし、中央構造線近くに位置する伊方原発の再稼働を再考する気配さえありません。


【恐怖の「見えない雲」】


そして忘れてはならないのは、福島第一原発の核惨事の本当の恐怖はこれから始まるということだ。それはとりもなおさず空気、土、水、さらに加えて海の放射能汚染だ。事故当初は対外被ばくが恐怖の中心だったが、これからは食物を通じて起きる体内被曝が5年〜10年後に子供たちを中心に顕在化してくるのだ。チェルノブイリはその原発事故による大規模な放射能汚染の貴重な教訓だったのだ。


僕自身は史上最悪と言われたチェルノブイリ原発事故当時のことは今でも鮮明に覚えている。事故発生後数日経ってから北欧や欧州各地で基準値を大幅に上回る放射性物質が大気中から検出され、世界中が大騒ぎとなり、特に欧州では「見えない雲」、すなわち目には見えないが恐ろしい放射能を含んだ雲の飛来に数週間、数か月にわたって人々は怯え続けたのだ。(それらの放射性物質が日本にまで飛来していたころ、5月のゴールデンウィークの最中に東京の皇居周辺ではあの亡くなったダイアナ妃の歓迎パレードが行われていた)


そしてそれは杞憂ではなかったし、実際にチェルノブイリ周辺数百キロの地域で大規模な放射能汚染が発生、甲状腺ガンなどによる事故の直接・間接的被害による死者は数十万人から数百万人にのぼったと言われている。福島第一原発の放射能汚染の規模はチェルノブイリの10分の1と報道されているが、福島がチェルノブイリと同じ道を辿るのは間違いない。


【生かせなかった教訓】


チェルノブイリはチェルノブイリの清掃人本当に恐ろしい体験だった。
チェルノブイリから数千キロも離れた日本でもそう感じたのだから、全市民が避難したキエフやヨーロッパの人々の恐怖は並大抵のものではなかったはずだ。

あれから31年。その記憶は人々の脳裏から消えていた。そして起こった福島第一原発の核惨事。教訓は生かされなかった。

あのチェルノブイリのときに味わった恐怖を原発の専門家たちだけでなく、市民である僕たちも決して忘れてはならないと3/11前まで思っていた。そして忘れたころに災難はやってきた。もう福島周辺の土地は何十年にもわたって「放射線管理区域」として容易に人が住めない地区となった。

チェルノブイリよりもまだ恐ろしいのは、未だに放射能は大気中、土壌、海に汚染を広げており、いつ止められるのかわからないこと、そして福島だけでなく、地震の多発する日本列島には54基もの原発、3千トンもの使用済核燃料を貯蔵したままの六ケ所村再処理工場があるということだ。日本という国、そしてそこに住む僕たちは生き残れるのだろうか。それにもかかわらず、政府はフクイチの事故などまるでなかったかのように、川内原発を皮切りに「粛々と」再稼働を進めようとしている。今年中には玄海原発も再稼働するとみられている。伊万里市など周辺自治体に反対するところもあり、避難計画も不完全のままだというのに。信じられないことだ。このままでは次の原発の過酷事故は間違いなく日本で起こるだろう。その引き金が昨年起こった熊本大地震のような自然災害なのか、人為的ミスによるものなのかわからない。ここ数十年日本で起こる原発事故が過酷事故スレスレから史上最悪となったフクイチ事故とエスカレートしていることを考えると、次に起こるときは福島の一部地域だけが永久に住めなくなったフクイチ事故など比べものにならないくらいの規模で日本全土、いやアジア、世界全体を緊急事態に陥らせる規模になるのではないかと危惧している。

チェルノブイリから31年経った今、チェルノブイリを超えたフクイチを作りだした僕たち日本人はこの恐るべき現実にこれから何世代にもわたって向き合っていかなければならないことを片時も忘れてはいけない。


≪参考記事≫

1.「チェルノブイリの真実」―2006年4月16日の僕のブログ記事

2.「ゴルバチョフ氏の回想」―2006年3月9日の僕のブログ記事


今日の記事参考になりましたか?もしよかったらポチっと一票お願いします。




トラックバックURL

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
Profile

ラッキーメンタイ

QRコード
QRコード
Recent Gas Price

gogo.gs
Recent Comments
Amazon.co.jp
Amazonライブリンク


楽天市場
Amazonライブリンク
NAVERまとめ
「NAVERまとめ」ブログパーツは、サービスを終了しました。