スープ魔法瓶のレシピと活用法をご紹介!

テレビ番組で紹介されてから、話題になっている「スープ魔法瓶」
まさかスープ魔法瓶で簡単な「保温調理」ができるなんて、驚きですね。

でも、テレビで紹介されたレシピ以外にも、スープ魔法瓶を利用した
いろいろな使い方をご紹介したいと思います。

保温容器を使用するときのちょっとしたコツ♪

つゆやスープなど温かいものを入れる前に、
スープ魔法瓶の内部に熱湯を注ぎ、1~2分予熱しておくと
より一層保温能力が保たれますよ~。


 
スープ魔法瓶我が家のレシピ(保温編)

【ゆで卵】
卵をスープ魔法瓶にそっと入れ、熱湯を注ぎます。
時間によっては「温泉卵」になってくれるかもしれませんが、時間や温度管理が
難しく、今のところ「温泉卵」の状態でいただいたことはありません(>_<)残念。

卵はできれば室温に戻してから入れた方が、熱湯の温度を奪わずに、ゆで卵の
調理ができます。最近、我が家のスープ魔法瓶が保温能力が落ちてきたのか、
問題なくゆで卵はできるのですが、卵白が柔らかいことがあります。
今までは、現地で水が手に入れば、出来上がったゆで卵に少しだけヒビを入れておいて、
水と一緒に軽くシェイクしてきれいに殻を取り除いていたのですが、
激しく振ると、卵の白身が一部崩れてしまう事も(>_<)


【温かいおそば】
固めにゆでて水切りし、一口大にまとめたおそばを紙コップにいれ、
刻みネギ、ゴマなどの薬味(大人にはわさびをおススメ)添えて、ラップをかぶせ、輪ゴムをかけます。
現地についてから、スープ魔法瓶に入れた温かい麺つゆを紙コップに注いでいただきます。

年越しイベントに持っていけばちゃんと「年越しそば」もできます。
肌寒い時期のお花見弁当のお吸い物代わりにもおススメです。

【スープご飯】
麺類もおススメですが、スープご飯もイケますよ。

塊になったインスタントの玉子スープ、美味しいですよね。
そのままでも美味しいですが、やはり紙コップに入れたご飯に注げば、
簡単に雑炊風のスープご飯が完成します。
紙コップのご飯に溶けるチーズを粗挽き黒コショウをトッピングして、
現地でコンソメスープを注げば、あっさり目のチーズリゾットの完成です。
子供たちは、これも好きですが、コーンスープやポタージュスープを注いで
作るリゾットが大好きです。

チーズトッピングの紙コップご飯に「ラタトゥイユ」も、野菜がたっぷりとれるし、
子供たちもよく食べてくれます。

お花見のときに、花形にした焼きおにぎりにぶぶあられ、海苔、ごまを入れて、
お吸い物を注いだら、喜ばれました~。

【スープパスタ・春雨】
スープ魔法瓶に直接ショートパスタを入れて「スープパスタ」も可能だと思いますが、
柔らかすぎになってしまう気がします。
やはり、紙コップに固めにゆでたパスタを入れておいて、スープを注ぐ方がおススメです。

スープが中華風ベースなら、春雨もオススメ。夫曰く、春雨も一緒にスープ魔法瓶に入れてしまうと
春雨が戻り過ぎてしまうので(ダイエットにはいいかも?)戻した春雨を別に持っていき、
スープを注いで仕上げることをお勧めします。



他の活用法もチェックしてみて下さいね。→スープ魔法瓶のレシピ(保冷編)