ハーレー カスタム ショップ東京 彫金 カスタム、 修理 店長のArtな日記

ご覧頂ありがとうございます。東京都 品川区、ハーレーダビッドソン専門カスタムショップ メディスンマンカスタムズで店長を務めております。 日ごろのハーレーのチューニング、修理、カスタム作業の中で、カスタムにおけるデザイン、特殊加工、彫金、などの作業をご紹介しています。

      ご覧いただきありがとうございます。ハーレーフルカスタムの件。来年はフルカスタムを発表する予定です。本日やっとクランクをオーバーホール心出しをしてシリンダーヘッドと腰下を組み上げました。メディスンマンカスタムズのフルカスタムは半端ではありませんのでご期待く ...

      こんばんは~ご覧いただきありがとうございます。丸様のロレックスのフル彫金の件ブレスレットとバックルが彫りあがりました。スーパー繊細彫り、とても美しい仕上がりです。こちらつづいてケースの彫金に取り掛かります。彫金師 冨田真一のホームページはこちらです。どう ...

      こんにちは、いつもご覧いただきありがとうございます。お問合せの多い時計彫金。つづいてのお仕事はロレックスのデイジャスト。ケース ブレス、バックルをフル彫金で仕上げさせていただく事になりました。完全防水ケース、全回転式巻き上げムーブメント、デイジャスト、素 ...

      こんにちは、沢山のお問合せありがとうございます。お手に取ってクオリティーの高さに驚かれる方もいらっしゃいます。僕らが手掛けている彫金は彫金技術の中でも繊細彫りという本格的な彫金になります。お時間はかかりますが圧倒的な美しさです。こちらはブライトリングのフ ...

      ブライトリングのブレス、バックルが完成いたしました。僕も少し疲れてきました。。。自分で言うのもなんですが、美しい彫金です。つづいてケースとハーレーのパーツを5品ほど彫金していきます。年内はこれくらいにしておきましょう。こちらになります。果てしなく つづく ...

      つづいてお預かりした時計はブライトリング コルトオートマチック41新品。高級腕時計ですね。こちらはブレス バックル、ケースにフル彫金を施していきます。クロノメーター、文字盤のデザイン、クオリティーの高いポリッシュなど素晴らしい時計です。彫金作品はなんと言 ...

      時計彫金のお仕事などをご紹介。ベンチュラ ケース 三面彫りロレックス ケース4面彫り 金象嵌つづく ...

      こんにちは。難易度の高いお仕事の前に先日仕上がったナイフ彫金をご紹介。こちらです。こちらもですねブレードはステンレススチールの中でも非常に硬い材質ですので一般的に彫金を施すのは困難とされています。さて、難易度の高い彫金に着手いたしました。大変お待たせして ...

      こんにちは、今日は雨の土曜日。本日はご予約も無く、珍しく静かな週末です。時計彫金の極意につきましては一段掘り下げて古くはイタリア、スペインが発祥と伝えられる洗練された洋柄模様そして洋彫り彫金とはというところから次回ご説明などを踏まえてご紹介できたらと思い ...

      時計彫金の極意編最近はすっかり彫金屋さんのような記事が多いのですが、ハーレーのカスタム記事より観覧数が急上昇してまして、彫金に興味のある方が多いのかな?と思っています。また、ご興味を持っていただけることを大変嬉しく思っております。ハーレーパーツなども喜ん ...

      本日はナイフの彫金です。ナイフ、リール、腕時計など収集家と言われてる方々とお話する機会が増えましていつも大変勉強させていただいております。いつの日か僕の作品も収集されるようになれたらいいな~と思いながら頑張っております。それではホールディング ナイフの彫 ...

      ご覧いただきありがとうございます。先日、阿部さんのグランドセイコーを納めさせていただきました。大変ご満足いただきまして、僕もうれしく思っています。この度は大変貴重なお仕事をいただきありがとうございました。やはり仕上がったときの達成感に代わる喜びは格別です ...

      いつもご覧いただきありがとうございます。本日は猛暑の中、鉄人の阿部さんがご来店。もう10年以上のお付き合いですね、いつもありがとうございます。今回はハーレーのカスタムと時計の彫金のご依頼をしていただきました。時計彫金のほうはといいますとグランドセイコーGTM ...

      いつもご覧いただきありがとうございます。つづいてブライトリング。 ブライトリングは僕も大好きなブランドですね、とくにナビタイマーの手巻きが好きですね。残念ながら彫金できるようなブレスレットではありませんが。さて、作業の方はブレスレットの彫金デザインに着手 ...

      このページのトップヘ