錦糸町デリヘルLucy's-ルーシー-店長日記-Get up Lucy!-

錦糸町デリヘルLucy's-ルーシー-の店長が送るお得情報やくだらない話を綴るブログです。 ほとんどお店とは関係ない話ばっかですw こんなブログがあってもいいじゃないか。。。 ちょくちょく見るといいことがあるかも。。。

前川喜平元文部科学事務次官の公立高校での授業。。。

どもども。。。
久しぶりの投稿ですわ。。。

ちょっと気になりすぎる事がありましてね。。。

最近ドヤ顔で政府批判をしている『前川喜平』という
『元文部科学省事務次官』がいるんですけど

公立高校で授業をしたらしいんですね?

この人問題ある人ですよ。。。


天下り斡旋に関与して事実上更迭された人であり。
新宿歌舞伎町の出会い系バーに公用車で乗り付けて未成年におこづかいをあげていた人です。

僕のblogを読んでいる人はある程度この業界に知識があるので本来ならもっと一般的な所で書くべきなのですが
残念ながらこのblogしかやってないのでここに書いておきます。

とりあえず
天下り斡旋というのは普通に犯罪です。
公務員は公僕ですから国民に奉仕する立場です。

さらに
出会い系バーというのは許可上は普通の飲食店やバーの許可で営業するわけですが
実態は中で待っている女の子を仲介する場所です。。
このようなお店は女の子からはお金をいただかずに無料で出入りすることができます。
会員登録などの身分証明もいりません。
一方男性は入店にお金が数千円かかり場所によっては『カップル成立料』としてお店に数千円の対価を支払います。
そしてあとは女の子に『おこづかい』を支払って一緒にお食事したり
ホテルに行って性行為に及ぶわけです。セックスや手、口などの行為も含めます。

年齢確認をしないということは当然、現役の女子高生や下手したら中学生なども出入りしているお店もあります。

お店はあくまで善意の第三者ということを決め込んで営業している訳ですが
実際は女の子が『おこづかい』としていただいている料金を折半するなど、お店側が利益を得ている事が多いのが現状です。
また一番問題なのが当店のような性風俗店で18才未満の女の子を買うと犯罪で、
お店側も当然捕まりますから年齢確認などをするわけです。

しかしこういった出会い系バーでは普通の風俗店で働けない女の子も善意の第三者という体で雇い働かせているのが問題の確執なのです。

そういったお店に前川喜平氏は週に何度も出入りをして貧困調査という名の風俗遊びを楽しんでいたそうです。
事実関係は多くのジャーナリストが取材に行き前川氏とそういう関係になった女の子に直接話を聞いていたりするので、それは個人で調べてみてください。
お気に入りの女の子がいたようですよ(笑)


しかしながらこういった人が公立高校で授業をすると。。。
それを自民党議員が文部科学省にどういった内容なのか聞くのは国民を代表する議員の正しい姿ではないでしょうか。

あなたは天下り斡旋で更迭されたロリコンの授業を自分の子供に受けさせたいですか??


そういうことです。

百歩譲って私立高校なら許されるかもしれません(笑)

公立はダメでしょ。税金で運営されているんだから。


でもテレビでドヤ顔でコメントしてるんだから今のテレビがダメなのが分かりますよね。


今日はここまで。


暗号通貨ーcryptocurrencyーついて。。。

どもども。。。
本当に久々の投稿です(笑)

前から書こうと思っていたネタがあるのですが

それが仮想通貨。
正しくは暗号通貨ですね。。。

先日コインチェックのハッキングによるXEMの流出事件がありましたね。

ぶっちゃけ僕も被害者です(笑)

もともとコインチェックは手数料が高いのでほとんど使っていなかったのですが
僅かながらXEMを持っていたんですね。

これだけではないのですが年明けからビットコインの価格が暴落しまして現在は1BTC100万弱というところ。
実際年末から年始にかけて参入した人はたまったもんじゃないですよね。

しかしながら僕は一切手放しません。


実際損をしている人はどのような人か。

それは何となく儲かりそうだから買っている人です。

僕も最初はそれくらいの感覚で買ってますけど
調べれば調べるほどおもしろいんですよね。


暗号通貨=ビットコインという感覚の人がいまだに多いのかもしれませんが
正確には数多くある暗号通貨の一つに過ぎません。

非中央集権の通貨です。
特定の企業や組織が管理するものではなくマイナーと呼ばれる多数の人により安全にやり取りできるシステムなんです。
最近では多くの人がやり取りするために送金詰まりが起きるなどこの先改善するべき点がでてきており
さらなる進化が起こるであろう業界です。

今のところ単なる投機商品のような扱いですがこの先実用化に向けて様々な取り組みが行われています。
実際、コインチェックで盗まれたXEMでの支払い可能なお店もすでに存在しております。

この事件で多くの人が損害を受けていますが大手の企業が進出しているのはなんでなのでしょうか。
やはり暗号通貨における役割がこの先あることを見越して参入していると考えるべきではないでしょうか。

ちなみに当店はビットコインでの支払いも錦糸町に来てくれれば対応しますよ(笑)



円やドルがなぜ信用できるのか。
それは政府や中央銀行という信用があるからなんですね。
ジンバブエドルなんてのはハイパーインフレが起きたりと信用がなければ紙屑になります。
なぜ紙屑になってしまったのか。
それは通貨発行をしすぎてしまったからなんですね。
日本も通貨発行を大量にしていますが資金需要がまだまだ少ないためインフレ率は低いままです。
しかし資金需要が高まればインフレが起き、行きすぎれば紙屑になります。
厳密に言うと粋すぎる前に通貨発行をやめてインフレ率を安定させるのが中央銀行の仕事です。
さて暗号通貨の信用というのはどういうものか。
僕が考えるにビットコインは枚数が決まっています。
2100万枚です。
ということは需要が高まれば値段が上がるという希少性を持っているというところでしょうか。
金に近い感じですね。

そしてその他の暗号通貨を買うのにビットコインでないとだめだったりと一定程度の需要は確保されているのも特徴です。

これからビットコインの価格がどのように動くかは分かりませんが
ブロックチェーンという技術は注目を集めることは間違いありません(他にも多数注目される技術もあります。)
まさにこれからのお話です。

今のところ損してないのでこれからも続けていきたいと思います。

あくまで投資は自己責任ですから。

希望の党の向かう先。。。

どもども選挙終わってまた書いていこうかと思いますね。

希望の党ですがすでに荒れ模様です(笑)
一応保守系のグループと元民進系のグループに別れていますが人数的にはもう元民進系が多い状況です。

小選挙区で敗れ比例復活した柚木議員も早速小池批判。
代表辞任を要求している訳ですが小池人気で当選して早速後ろから弓を引くという
人間にしておくにはもったいないくらいの非道(笑)

自民でいったら石破ですね(笑)


正直人気や風といったもので議席を手にいれた小池、希望の党には全く期待しておりませんが
ここまですぐに党内が割れそうな新党もめずらしいですね。

玉木議員が顔のようにテレビに出ているようですが
彼は安保法制反対、憲法改正反対とまさに立憲民主党の様な人ですが
恐らくこのまま希望の党を手にいれて野党連合を作りたいという考えなのでしょうか。

小池代表としてはまさに
『軒を貸して母屋を取られる』
ってやつでして許されないですよね。

このまま玉木や柚木の思うがままにするとは思えませんが人気が急降下している今の状況で強い発言もできないでしょう。
ましてや小池代表は都知事で国会議員ではないですからね。

本当に日本のリベラルは面白い。

リベラルって意味は自由とか革新なんて言われますけど
そうすると憲法を守る護憲はリベラルじゃなくて保守なんですよね。

でもって安保法制は違憲だからいけないというんです。
日本を守る気持ちも薄いと。。。
仮に憲法に自衛隊の記述をしたり9条二項を変えたとして日本は戦争に積極的に関わるのでしょうか。
おそらくですがそうはならないし国民は戦争には反対です。
当然民意が反映されて好戦的な政治家は落選するんです。

日本を取り巻く環境は日をおうごとに変化していって現状の憲法では対応できなくなり
近い将来どの条項か分かりませんが憲法改正は進むと考えられますが
憲法改正のような政策はやはりリベラルが掲げることのはずです。

日本の保守、リベラルは自民党が独占している訳で
本来政治というのは守るべきものは守り、変えていくべきことは変えていく。
これのはずです。

アベノミクスというのは今までの古くさい経済政策を捨てて革新した経済政策。
本来のリベラルが出すべき経済政策です。

日本リベラルというのは反安倍、反自民ということになります。
安倍総理はステレオタイプな保守政治家ではないんです。
日本の文化伝統をしっかり守る保守であり規制改革といった革新的政策も掲げるリベラルでもあります。
すべての規制改革が正しいとも思いませんが
単純に保守、リベラルとくくれないのが日本の政治なんですね。

僕からすると
『日本リベラル=左翼』
なんですけどね。

せっかく希望の党ができたのだから野党の中のちゃんとした保守勢力になってほしいものです。
保守政治かも立ち上げにいましたからしっかりしてよね!

ということです。
  • ライブドアブログ