パピヨン備忘録 2014年から関節炎闘病記。2016年虹の橋へ。飼い主ペットロス脱出中。

パピヨンの子犬に一目ぼれ💛20年ぶりに愛犬が我が家へやってきた嬉しさ!本ブログは、忘備録&家計簿代わり&日常の忘れぬ記録でしたが、2014年からすっかり闘病記(?!)となってしまいました。原因は不明。大学病院の先生から「生まれ持った運命としか言いようがない」とのコメント。今は、虹の橋の向こう。2016年9月8日に渡ってしまいました。残された飼い主がツラツラと書き綴っています。

パピヨンルークのブログにいつも遊びに来て下ってありがとうございます
本ブログ「パピヨン備忘録」は以下のような構成になっています。

2012~久しぶりの子犬のしつけに模索の様子
2014~ルークの闘病生活が始まり、回復にむけての試行錯誤の様子
2015~ルーク関節炎回復の様子
2016.9月~飼い主ペットロスにおちいり、それから浮上する様子
2018.8月~愛犬が教えてくれたこと

飼い主の試行錯誤の内容ではありますが、ワンちゃんの闘病、とくに関節炎などで情報を探していらっしゃる方の一助になると幸いです。

現在は先代ルークが教えてくれていることを綴っています。

ネガティブ>ポジティブなんだよ ~愛犬が教えてくれたこと~

先代る
「あのね、母。

ポジティブとネガティブ
というものがあるよね。

母たちの間では

ポジティブよりもネガティブのほうが
影響力が少ないから怖がることはない。

という考えがあるようだね。

たしかにそれは真実の一つではある。



でも、
ボクは母が大好きだからこそ
あえて母にこう伝えたいんだ。

ネガティブ>ポジティブだと。



ネガティブとは母にとって恐怖なんだ。
恐怖というのは命の信号がピカピカと
警告を鳴らしてしまう。

母が考えている以上に
強大な、強大な力があるんだ。

ボクからみれば
ネガティブ>ポジティブ
これが事実だよ。

DSC00120


だから母にメッセージを送っているんだ。

ネガティブな感情が湧いたら
すぐにポジティブへ切り替えて!って。

母はもうネガティブに浸る時期は過ぎたんだよ。

これが必要な時期の人も少なからずいる。
でも、本当はすぐにこんな時期は過ぎちゃうものなんだ。

ボクらは必要さえないんだ。


どんな物事にも
必ず明るいポジィティブな面がある。

絶対さ!

これはボクが保証するよ。

ただ、
母がそのことに気が付くことができるか。
それだけなんだよ。

悲劇のヒロインになっちゃいけない。
って母も自分で言っているじゃないか。

だから大事なんだ、意思を持つことが。

すべてはぜーんぶレッスンなんだ。

母、もう一度言うよ。

母にとって嫌なことがあったり感じたら
すぐに良いところを見つけるんだ、感じるんだ。

かならずいい気分になってくるさ。
すぐにいい気分になってくるのさ。

そうすると問題が消えてしまうんだよ。

母、ボクを信じて続けるんだ。

母、ボクは母が大好きだよ」



意思を尊重するんだ。 ~愛犬が教えてくれたこと~

先代る
「あのね、母。

母たちは
〈 意思を尊重する。〉
という言葉があるでしょう?

でも
〈 感情を尊重する。〉
とはあまり使わないね。

感情を味わうことはとても素敵なことだよ。

喜んだり
怒ったり
哀しんだり
楽しんだり

素敵なことさ!

でもね。

ボクが母にお話ししたいのは
その感情に振り回されることがないように
するといいんだよ。と言うことなんだ。

DSC087507


だから
「意思を尊重する。」
ということがとても大事なんだ。

感情は
母にとって遊園地みたいなものさ。

ひと時の楽しみと思ったほうがいい。

意思というのは
こうありたい。と、
母が母らしくあるために持つものなんだ。

サファイアと一緒であっても
気持ちが暗く沈むことがあれば
それは感情が優位になっているということさ。

そんなときこそ
意思というボクの言葉を思い出して!

母が考えている以上に
意思って大事なんだ。

そして母の持つ意思を尊重するんだ。
意思とは母なんだ。

もう一度言うよ。

意思とは母なんだ。


母はいつも笑顔でありたい。と
おもっているでしょう?

それならば
どうありたい意思を持っていたか。
すぐに思い出すことをレッスンするんだ。

母が母自身を思いだす。
ということなんだ。

母、意思を尊重するんだ。
母、自身を尊重するんだ!

きっとサファイアも手伝ってくれるよ!


ボクは母の笑顔が大好きだよ。」




申し訳ない。なんて思わなくていいんだ ~愛犬が教えてくれたこと~

先代る
「あのね、母。

申し訳ない。なんて思わなくていいんだよ。

ボクに対してもそうだったし
今、サファイアへもそうでしょう?

「お留守番が長いんじゃないか」
とか
「日光浴させなくっちゃ」
とか
「できるだけ一緒にいてあげないと」
ほかにもたくさんの理由があったよね。

そう、ボクが生きているときはボクに。
そして今はサファイアに
申し訳ない気持ちでいっぱいだよね。


要するに母は
罪悪感を感じているんだ。

でも、なんのために母は
罪悪感をわざわざいだこうとするのかな?


いちど考える時間を作ってもいいかもしれない。

ほんとうのこと
母は、わかっているのではないかな?
なにかとすり替えていないかな?


ボクもサファイアも
母が生き生きと元気でいることが
一番幸せなことなんだ。

母と一緒に暮らすことが決まってから
お留守番の時間があることも知ってたよ。

でも、寂しいなんて感じないんだ。

だって、お家に帰ってきたら
たくさん遊んでくれていたでしょう?

母の愛情はたっぷり味わっていたし
心から愛してくれていてハッピーさ!

サファイアだってよくわかっているよ。
母は十分に愛情を注いでくれている。

DSC02853d

だからね、母。

母は、母の時間を大切にしてほしいんだ。

僕らに対する罪悪感を理由に
行動範囲を狭めちゃダメだ。

そんなことをしてしまうと
母が望まない形で
行動範囲を狭めなくてはならないようになってしまう。

そんなことは僕らも望んでいないよ。

母、もう一度言うね。


なんのために母は
罪悪感をわざわざいだこうとするのかな?


ほんとうのこと
母は、わかっているのではないかな?
なにかとすり替えていないかな?


ボクもサファイアも
母が生き生きと元気でいることが
一番幸せなことなんだ!」



心は筋トレだよ ~愛犬が教えてくれたこと~

先代る
「あのね、母。

この頃の母は
ちょっと自分を見失っているかもしれない。

いろんなことを抱えていて
気持ちが落ち着かなくなることがあるんだね。


今日はボクがひとつヒントを教えてあげるよ。

心がザワザワしているときに
母は「嫌な感じ」をかんじているでしょう?

その気持ちを保つことを
母は望んでいないこと
ボクが一番よくわかっているんだ。

これからがちょっとチャレンジだけれども
母はきっとできるから大丈夫だよ。



ほら、母はいつもなにかあると
「あ!いいことがあるわ!」とも言うでしょう?

ボクとお散歩に行こうとして
つまづいちゃったとき
ボクを見つめながら
「ルーク、母つまづいちゃったから
今日のお散歩はラッキーがあるわ~!」
なんてね。これだよ、これ。


母が嫌な感じを受けたザワザワした時にも
「あ!いいことがあるんだったわ!」と思い込むんだ。

練習だよ。
練習。


あのね。
母が感じている感情は
考え方のクセでもあるんだよ。

しっかりと嫌な感じを味わっていいんだ。
否定する必要はないよ。
味わっていいんだ。


でも、そのことを癖にしてしまって
同じところをグルグル回っているのは
母らしくないんじゃないかな。

母は次のステップに進む必要があるんだよ。

安心して。
トレーニングしていくと
ちゃんと感じ方が変わってくるんだ。

心がザワザワと動いているときって
実はいいことの予感のときと同じザワザワなんだ。

だからこの方法が使えるんだよ。

ボクを信じて。
DSC02602


そうするうちに
嫌な感じが少しづつ減ってくることが
わかるようになってくるはずだよ。

そうして
心が軽やかになっていくんだ。

心は筋トレができるんだ。

ボクはニコニコしている母が大好きさ。
もちろん、サファイアもだよ!」



周りに振り回される必要はないんだ。~愛犬が教えてくれたこと~

先代る
「あのね、母。

今日はとってもいいことに気が付いたね。
そう、サファイアをよく観察するんだ。

サファイアはちいさいけれど
母の先生にもなっているんだよ!


朝のお散歩のとき。

母は、近所で起こった事故現場の騒々しさに
どうしたのかしら?と思っていたね。

そして心の中がザワザワしていたでしょう?
いろんなことを考えてしまっていたんだね。

でも、一緒に歩いているサファイアは
そんなこともお構いなしに

クンクンクンクンクン
クンクンクンクンクン

お友達のニオイを嗅ぐことに一生懸命!
自分のやりたいことに集中していたでしょう。

そして、そんなサファイアの姿をみながら

ハッ!と母は気が付けたんだね。
DSC05298


そうなんだよ、母。

周りに振り回される必要はないんだ。
もちろん物事からメッセージを受け取ることもあるよ。

でもね、

ただ、いたずらに不安を感じたり
いい気分にならないことであれば

母は、母の意思をもって
無視することができるんだ。
サファイアのように。

周りに気を配ることも素敵なことだけれど

母はもっともっと
自分とつながる必要があるんだよ。

バロメーターは
人付き合いがおっくうになっていないか。だね。

もしも母が
人に会うことが嫌だなぁ。って
ほんのちょっとでも感じたら
ボクのお話を思い出して!

もっとサファイアのように自身を愛でてあげるんだ。
サファイアはいつだって自分の気持ちに正直だよ。


ボクにいつも優しく聞いてくれていたように
「今、どんな気分?」って
母が母自身に優しく聞いてあげるんだよ



するとね
母の元気が泉のように湧いてくるんだよ。

とても素敵なことでしょう?」




メッセージを受けとる呼吸法 ~愛犬が教えてくれたこと~

先代る
「あのね、母。

母が、深呼吸を生活に取り入れていることは
とてもいいことなんだ。

ボクの声も届きやすくなるからね。

でも、もっといい方法があるんだ。

母は、息を吐くときに

身体の中にある
「いらないもの」
「汚いもの」
をイメージしてはきだしているでしょう?

そうじゃないんだな。

いらないものや汚いものはないんだ。

だって母、ボクのウンチも
愛おしいって言っていたじゃないか!

DSC02984photo


息を大きく吸うときは
宇宙と一体になるんだ

ボクと一体になってもいいね。

そして息を吐くときは
母のハートから
愛が世界中宇宙中に広がるイメージだよ


今までと
まったく違う感覚を味わうことができるはずさ」


愛犬から教えられたこと

愛犬から教えられたこと


先代ルークが虹の橋を渡って
もうすぐ2年が過ぎようとしています。

DSC01186


振り返ってみると、
飼い主はルークを良い子に育てようと
躍起になっていたことを思い出します。

十分に良い子だったのにね。


そうは言っても
ルークへダメ出しをしたこともないし
(と、当時は思っていた)

可愛い可愛い
目の中に入れても痛くない
もう、すべての生活がまずはルーク優先

そんな日々ではあったのですが

冷静に思い返しながら自問自答するのです。

飼い主さんよ、それホントウ?
ただの自己満足じゃあないんですか?

そしてこの頃は特に感じるのです。

愛犬へ対する態度とは
まぎれもない自分自身への態度であったことを。

ハッ!

と気が付きました。

この頃は

愛犬=私自身

と認識できるようになり始めました。

とくにパピーの頃は
躾けに試行錯誤。

このことは
おいおい記事にしていくつもりですが

「~でなければならない」

に、がんじがらめでした。

ということに気が付きました。


ちなみに当の本人(飼い主です)は

それが正しいことと思い込んでいるので
「~でなければならない」
という考え方であることに
まったくもって気が付いていない
のです。

DSC08583


愛犬と楽しく過ごさなければならない。

愛犬と楽しく過ごしたい。



「~ねばならない」と「~したい」
を文字にしてみましたが、一目瞭然ですね。

飼い主は、

「~ねばならない」は息苦しくつらく感じ
「~したい」は、のびのびと心地よさを感じることができます。


愛犬と楽しく過ごさなければならない。
こんな気持ちのままだったら
お互い不幸だなぁ。。。

でも、無意識だとここがわからないんですよね。


自分=愛犬

ですので、私が私に対して
「飼い主よ、○○でなければいかんやろ!」
と、自分に対して攻撃しまくっていたという事実に気が付きました。



…思わず涙がこぼれました

一事が万事。



ちょうど今、このブログを書いているときに
タイムリーにお向かいのマンションから
ヒステリックにお子さんを叱りまくっている声が。
お子さんも、もう泣きわめいています

我が意識が
こんな感じだったんだよ、飼い主さんの心の中は。
と、教えてくれているようです


先代る「母、ボクはわかっていたよ」
DSC06658

もしも
もしも愛犬ライフが楽しめなくなっている方がいらっしゃるとしたら

なにかのヒントになるかもしれません。



style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-8117006129200356"
data-ad-slot="9714433423"
data-ad-format="auto">




パピヨン備忘録PART2のご案内

パピヨンルークのブログにいつも遊びに来て下ってありがとうございます

ルークがやってきてくれて虹の橋を渡るまでの約4年、このライブドアブログに日々を綴っておりましたが、2代目パピヨン サファイアを2017年2月にお迎えするにあたり、パピヨン備忘録PART2 を別ブログで始めることにしました

新ブログのアドレスは http://papiluke.com/ です。

アドレスはご覧の通り、愛犬との生活の素晴らしさを教えてくれた先代ルークに敬意を表して、ルークLUKEの名前をいれていますちなみに飼い主の呼び名も「ルーク母」のままで今後も過ごします。

さて、先代パピヨン、ルークのために書いていた本ブログ「パピヨン備忘録」は以下のような構成になっています。

2012~久しぶりの子犬のしつけに模索の様子
2014~ルークの闘病生活が始まり、回復にむけての試行錯誤の様子
2015~ルーク関節炎回復の様子
2016.9月~飼い主ペットロスにおちいり、それから浮上する様子


素人飼い主の試行錯誤の内容ではありますが、ワンちゃんの闘病、とくに関節炎などで情報を探していらっしゃる方の一助になると幸いです。

今後は、どうぞパピヨン備忘録PART2も、よろしくお願いします。

あ、二代目パピヨン、サファイアの動画はこちらにアップしていきます💛

る「パピヨン備忘録PART2に遊びに来てね!妹サファイアのブログだけど、ボクも時々てでるんだよ♪」

DSC08813


下の画像をクリックすると「パピヨン備忘録PART2」に飛びます。
31サファイア2


 
みなさん、良い一日を♪
ルークの愛用品
【必需品/関節炎サポート】

共にアイハーブから購入。

炎症対策トラウメール

関節サポートのジール

ヒアルロン酸+コンドロイチン

肝臓ケア用ミルクシスル



【ダニ・ノミお断り】

ノミ、バッチリ捕獲!


ルークもネコ姉妹も愛用



カテゴリー
性格・誰にでもフレンドリー
先代ルーク
最新コメント
メッセージはこちら

 

名前
メール
本文
記事検索
ギャラリー
楽天市場
  • ライブドアブログ