約6000先発の花火が夜空を飾るこの日
それはそれは芋の子を洗うようなすごい状態。
昨年の2012年が44万人の人出だったそうです。

そして、我が家はこの会場から500メートルほどの場所。
ルークもはじめての経験なので
今日は花火スタート前にトイレ散歩、ご飯後、
人出が収まったところでゆっくり散歩にしようと計画
71005
※画像はお借りいたしました。

さて、計画通り、早めに自宅へ帰り
浴衣姿で会場へ向かう人たちを避けて裏道をトイレ散歩。 

ル「ボクも浴衣つくってもらいました」
DSC_14915050
※ちなみにこの日は着用せず、いつものハーネス姿にしました。
 じゃないと、大量に歩く見知らぬ人の中には間違いなく
 「きゃ~かわいい~」と近寄る面々が多量となること必須ですから。
 普通は有難いことですが、本日はイレギュラー日ですのでね


花火大会中にルークも飼い主も食事を済ませるべく
さっさと自宅へ戻り、まずは夕飯作り。
キレイな小鯵を買っていたので、ルークは「アジのタタキ
大好きなメニューにあっという間に完食。
そうしているうちに、ドドーンと花火大会が始まった模様

ルークを見ると、ありゃ、なんか挙動不審に
ウロウロとせわしなく歩き始め
耳はピンと警戒状態。警戒吠えも数回。
大丈夫と思っていたんですが、かなりの大音量にビックリしてます

大急ぎで全開にしていた窓をすべて閉め、カーテンも閉め
これで、花火の音も聞こえなくなり一安心。
自分も食事をしようかと、テーブルに着くと
ルークが私のひざに前足かけて抱っこのおねだり。

食事中におすそ分けを一切しないので
ねだる事もないし、たいてい大人しくテーブル下かソファで
ひとり遊びをしているんですが。

そして、急にクレートに走りこみ、
食べたばかりの食事を全部ぺーっ
(なぜかぺーっと吐き出すときは必ずクレートの中なのです)

ちょっと開いた隙の押入れにしまっていたキャリーに
入り込み小さくなる始末
こんなこと、今までしたことなかったのに。

結局、花火大会中ずーっとひざの上で抱っこしていました

先日よりカーミングシグナルをなんとか読み取ろう
そして、会話しようと試み始めていたのも良かったようで
あくびしたり、瞬きしたりとシグナルを送って
少しは、落ち着かせるのに一役買えたのではないかと思います。

ルークからもずいぶんたくさんのシグナルが出ていました
はじまって直ぐには背中を向けて座ってきたり(=意味 落ち着こうよ!)
快適温度にしているのにハアハアとせわしなかったり(=意味 緊張)

そして、花火大会が終わって15分もすると
いつもどおりの自分の好きな場所でくつろぎ、一人遊びはじめました

約束入れてルークを一人留守番にしなくて良かった~
DSC03639
る「ボク、昨日の花火大会にびっくりしました」