パピヨン備忘録 2014年から関節炎闘病記。2016年虹の橋へ。飼い主ペットロス脱出中。

パピヨンの子犬に一目ぼれ💛20年ぶりに愛犬が我が家へやってきた嬉しさ!本ブログは、忘備録&家計簿代わり&日常の忘れぬ記録でしたが、2014年からすっかり闘病記(?!)となってしまいました。原因は不明。大学病院の先生から「生まれ持った運命としか言いようがない」とのコメント。今は、虹の橋の向こう。2016年9月8日に渡ってしまいました。残された飼い主がツラツラと書き綴っています。

2013年08月

お散歩スタイル変更して1ケ月

先日のブログにもチラッと書いていたように
我が家にやって来て1年が過ぎ
いろんなことの見直しを始めています
。 

今日で1ケ月経過。
大きく変えたことが、まず3つ。

首輪からハーネスに変更
 ルークの自主性に任せたお散歩
サークル撤去 


参考にさせていただいたのは
たまたま見つけたドッグウォーカー博士さんのブログ。 
じっくり読み込み、お人柄にも共鳴。
トライしてみようとまずはソフトハーネスを早速購入です。 

首輪からハーネスに変更
DSC03616

DSC03615
固まることもなく意外に付け心地を気にいただけた模様。
嬉しい誤算だったのが、お洋服みたいに楽しめること

飼い主の買い物魂に火がつきそうで恐ろしい



 ルークの自主性に任せたお散歩

そして、今まで「横にきっちり付けてのお散歩」を
リードを2本つなぎ、こんな状態で勝手に歩かせるように。
DSC03620

以前、ふと、思っていたわけです。
ルークが勢いあまってグングンと前進しながら歩くとき

「このまま、歩かせていたら地の果てまで前進していくのだろうか?」


引っ張る犬もストレスでしょうが
引っ張られる人間もストレスですもんねぇ。

ルーク程度の軽い引っ張りでも
飼い主自身、ストレスを感じていたものです。

が、この方法になってストレス無縁


そして、山歩きのときにいつも考えていた
「普段、横について歩かせても、山道じゃそんなこと無理」

ルークも混乱していたと思うのです。
日々のお散歩じゃ横に付かないとダメなのに
山道じゃ「先に行って!」と、歩かせられる。どっち?!ってね

実際、リード2本つないだ長さにして歩かせてみると
半径2メートル内から大きく出ることはないんですね。
ちなみに山登りのときも、本当に楽になりました。

そして、自分から勝手に横について歩いてくれるものです。
DSC03628
※お散歩中を上から撮った図

こんな風にお散歩をさせていて思い出すのが
昔々、野良犬ちゃんもたくさんいた
飼い犬もノーリードで散歩が結構いた頃です。

のんびりしていたんでしょうけれど
この頃の犬って、のびやかだったような気がします(飼い主比)

そして、大きく変えたことの3つ目

サークル撤去 

現在、お部屋の中では24時間完全フリー状態にしました。
お留守番のときも自由気ままですがイタズラや粗相は皆無。



良かったか、悪かったか。で考えると
現状では良かったと感じています。
ので、このまま続行してみます
DSC03625



 



クールな玄関

暑い中にも、確実に秋の気配ですね

・・・そうは言っても暑い

ルークは。というと
DSC03656

すっかりお昼寝の定位置になってしまいました、玄関

ちらっと、上目遣いで見ちゃって。ルークさん、気持ちよいですか?
DSC03655
       る「あい、気持ちいいです」

ルークのおかげで、朝晩2回、
玄関を水ぶきで拭きあげる様になり飼い主自身も気分スッキリ。
DSC03659

イヌが居ると家がきれいになる。というのは本当ですねぇ


携帯虫除け

とうとう購入してしまいました、携帯虫除け。
DSC03678
ご近所のドラッグストアで780円くらいだったかと。
単4電池2本とマット一枚付いてました、今年分は十分ありそうです。
うまくできていて、電池が切れたらマットの効果もなくなった印だそうで。

飼い主的にデザインが・・・と、ずいぶん悩みましたが、背に腹は変えられず(笑)

お散歩スタイルをガツガツ早歩きスタイルの以前と大幅に変えたので
超スローの現在、飼い主、かっこうの蚊の餌食となっているのです

できるだけ天然物で。と、今までアロマでしのいでいましたが
場所によっては太刀打ち不可能

しかし、効くものですねぇ。
モスキート大量発生地点では、さすがに寄って来ますが
着けているときと着けていない時では雲泥の差。

ルークさん、これで思う存分お散歩楽しめますよ
DSC03640






 

犬のストレス問題~ハリケーン甥編~

アイスノン枕でお昼寝中のルークです
DSC03630

日頃、独り身満喫の飼い主と過ごすルーク。
一頭飼いでもあるし、比較的穏やかな毎日を過ごしています

今年のお盆は一泊二日で実家に帰り
この天気ですから、日中連れまわすこともせず
過ごしていたはずなのですが。。。

自宅へ帰ったその翌日早朝。
なんだか、ルークの様子がオカシイ

どうも、先日の具合が悪かったときと様子が似てる

何度も嘔吐を繰り返し、
バスタオルをひっきりなしに引きちぎる始末。
多分、犬やネコが吐きたいときに草を食べたりしますが
その代わりをバスタオルに求めていたようです

よほど気分が悪いようで、絶対に歯を当てないルークが
飼い主がバスタオルに手を伸ばしたとたんに噛み付く始末

念のため保育園もキャンセル。

結果、今回は午前中でいつもの元気なルークに戻りましたが
考えられることはタダ一つ

それは、パワーアップしたハリケーン甥
先日、ルークの似顔絵を描いてくれた2歳児画伯です。

約一ヶ月ぶりに会った我が甥は
前回と比較にならないほどの悪そう坊主に成長
飼い主一家の血統ですから当然といえば当然ですが・・・

しかしヒドイ

ルークのトイレを投げる
すさまじい叫び声を上げる
ルークを引っ張る
テーブルのお皿を投げる

さすがのルークもすっかりまいってしまったようで

いつもの生活が賑やかだったら
こんなに具合が悪くなることもなかったんでしょうけどね。
かなり箱入り息子に育ててしまっているようです
いえ、飼い主ものぼせました~

        る「あ゛~疲れました」
DSC_1496









 

みたままつり

ご近所の護国神社へ行ってきました。

飼い主のデジカメ技術のためボケボケ
DSC03664

けっこうワンちゃんたちも多かったですよ。
おりこうさんに飼い主さんのお供していました。
DSC03669

ルークもいろんなものに興味津々
視線の先にはウインナーをほおばるチビちゃん達(人間です)
DSC03668

【注】亡霊ではありません
DSC03677

戦争で亡くなっている祖父も愛犬家だったらしい
孫と孫愛犬をみながら
犬事情も変わった平和な日本になったなぁ。と
目を細めてくれているのではないでしょうか、ね









 

犬もシルクの肌触りがいいのか?

薄くて軽くて気持ちよくて飼い主のお気に入りだったのですが
手作りアキレスジャーキーにご満悦のルークに
持っていかれてしまった、シルクの掛け布団。
DSC03632

スベスベした感触が気に入ったのか
シルク素材だから離れなくなったのか
真偽は定かではありませんが

間違いなくコットンをはじめとする他素材よりも
ルークの心を掴んで離さないんですよねぇ。 

また、たしかに気持ちがいいけれど。

ね。

る「この肌触りがやみつきです~」
DSC03637

 

花火でストレスシグナル

約6000先発の花火が夜空を飾るこの日
それはそれは芋の子を洗うようなすごい状態。
昨年の2012年が44万人の人出だったそうです。

そして、我が家はこの会場から500メートルほどの場所。
ルークもはじめての経験なので
今日は花火スタート前にトイレ散歩、ご飯後、
人出が収まったところでゆっくり散歩にしようと計画
71005
※画像はお借りいたしました。

さて、計画通り、早めに自宅へ帰り
浴衣姿で会場へ向かう人たちを避けて裏道をトイレ散歩。 

ル「ボクも浴衣つくってもらいました」
DSC_14915050
※ちなみにこの日は着用せず、いつものハーネス姿にしました。
 じゃないと、大量に歩く見知らぬ人の中には間違いなく
 「きゃ~かわいい~」と近寄る面々が多量となること必須ですから。
 普通は有難いことですが、本日はイレギュラー日ですのでね


花火大会中にルークも飼い主も食事を済ませるべく
さっさと自宅へ戻り、まずは夕飯作り。
キレイな小鯵を買っていたので、ルークは「アジのタタキ
大好きなメニューにあっという間に完食。
そうしているうちに、ドドーンと花火大会が始まった模様

ルークを見ると、ありゃ、なんか挙動不審に
ウロウロとせわしなく歩き始め
耳はピンと警戒状態。警戒吠えも数回。
大丈夫と思っていたんですが、かなりの大音量にビックリしてます

大急ぎで全開にしていた窓をすべて閉め、カーテンも閉め
これで、花火の音も聞こえなくなり一安心。
自分も食事をしようかと、テーブルに着くと
ルークが私のひざに前足かけて抱っこのおねだり。

食事中におすそ分けを一切しないので
ねだる事もないし、たいてい大人しくテーブル下かソファで
ひとり遊びをしているんですが。

そして、急にクレートに走りこみ、
食べたばかりの食事を全部ぺーっ
(なぜかぺーっと吐き出すときは必ずクレートの中なのです)

ちょっと開いた隙の押入れにしまっていたキャリーに
入り込み小さくなる始末
こんなこと、今までしたことなかったのに。

結局、花火大会中ずーっとひざの上で抱っこしていました

先日よりカーミングシグナルをなんとか読み取ろう
そして、会話しようと試み始めていたのも良かったようで
あくびしたり、瞬きしたりとシグナルを送って
少しは、落ち着かせるのに一役買えたのではないかと思います。

ルークからもずいぶんたくさんのシグナルが出ていました
はじまって直ぐには背中を向けて座ってきたり(=意味 落ち着こうよ!)
快適温度にしているのにハアハアとせわしなかったり(=意味 緊張)

そして、花火大会が終わって15分もすると
いつもどおりの自分の好きな場所でくつろぎ、一人遊びはじめました

約束入れてルークを一人留守番にしなくて良かった~
DSC03639
る「ボク、昨日の花火大会にびっくりしました」





 
みなさん、良い一日を♪
ルークの愛用品
【必需品/関節炎サポート】

共にアイハーブから購入。

炎症対策トラウメール

関節サポートのジール

ヒアルロン酸+コンドロイチン

肝臓ケア用ミルクシスル



【ダニ・ノミお断り】

ノミ、バッチリ捕獲!


ルークもネコ姉妹も愛用



カテゴリー
性格・誰にでもフレンドリー
先代ルーク
最新コメント
メッセージはこちら

 

名前
メール
本文
記事検索
ギャラリー
楽天市場
  • ライブドアブログ