パピヨン備忘録 2014年から関節炎闘病記。2016年虹の橋へ。飼い主ペットロス脱出中。

パピヨンの子犬に一目ぼれ💛20年ぶりに愛犬が我が家へやってきた嬉しさ!本ブログは、忘備録&家計簿代わり&日常の忘れぬ記録でしたが、2014年からすっかり闘病記(?!)となってしまいました。原因は不明。大学病院の先生から「生まれ持った運命としか言いようがない」とのコメント。今は、虹の橋の向こう。2016年9月8日に渡ってしまいました。残された飼い主がツラツラと書き綴っています。

2014年12月

みなさん良いお年を♪ BYパピヨンルーク

我が家、玄関先での一コマ。。。

DSC07044

     る「うへっ、母。これはひどいですねぇ」

DSC07046
     る「新年は美しく迎えなくっちゃね!」


*************** 飼い主、ルークを連れて園芸店へ走る ********************** 

      る「母、きれいなお花がいっぱいですよ」 
DSC07019


DSC07018

 
  る「うんうん、こうですよ。母、やればできるじゃない」
DSC07053





る「みなさんにとって、来る年がすばらしい年でありますように
  新しい扉が次々開きますように          ルーク」
DSC06646


 

増毛計画進行中のパピヨン

こちら、今年四月頃のルークのひっくり返った姿。
DSC05308

照明がえらいムーディですが、こちらが10月頃の姿。
DSC_0083
画像で比べてみると一目瞭然ですね。
胸の部分の毛量が激減しているのが見て取れますか?
ルークが現在、服用中のプレドニゾロンの副作用で
10月頃から抜け毛が大量になりはじめました。

プレドニゾロンのことを書いた日のブログ→★

徐々に。というより、ある日突然抜け出した。という感じです。
他の服用しているワンちゃんもこんな感じなのか
ルークが、このように現れるのか定かではありませんが
それはもう、あれよあれよという間でした。
(この、プレドニゾロンはステロイド剤で人間にも投与されているお薬です。)

ルークの場合ですが、今年の4月9日からプレドニゾロンを
服用初めて、約半年でこのような状態に。
もちろん、この半年間で毎日半錠から定期的に
大学病院で再発しないギリギリラインを模索して現在の投与量に。

3日に2日、4分の1錠投与までは副作用が出始めるようです。
先月11月から現在は、2日に1回、4分の一錠。
このラインになると、ずいぶんと抜け毛も収まり、
少しづつもとにもどりはじめつつあります。
これは、今日の姿。だいぶまともになってきたでしょう?
DSC07050

実は、一週間ほど前から飼い主の責任をもって
3日に2日、8分の1錠にしています。
今のところ、体調も問題ないので続けてみるつもりです。

あ、併用して動物病院からも出していただいている
ホメオパシーのジールとトラウメールを個人輸入して
1日各一錠づつ与えるようにもしました。
これは、お薬ではないので安心して与えることができます。

お薬から早く脱出するのが来年の目標。
ね、ルークさん。
            
                る「ボクはいつだってイケメンさ」
DSC06573


 

今年最後の病院に行ってきました、また太ってました。

バスタオルに包まれて今年最後の病院です。

なぜ、バスタオルに包まれているのか。というと
ワガママ坊主のルーク、我が母親にガウッなんですよ
しかし、そんなことでへこたれない我が母親。

ルークをバスタオルで捕獲(?!)して
涼しい顔で抱っこ中。というわけ。母は偉大
BlogPaint


        る「外はお天気だね
BlogPaint



年末ということもあり、患者さんがひっきりなし。
こちらは15歳になるご長寿ワンちゃん。
DSC06982

ネコちゃんは、みんなゲージ入り。
今日だけでも5匹待っていました。
DSC06979

ルークは、看護師さんたちに構ってほしくて受付ガン見中
DSC06978


さて、診察台ではおとなしく聴診器を当てていただき体調チェック。
前回の血液検査の状態も良好で、お薬が徐々に減ってきました。

体重チェックをしたら、なんと3.6キロ!

確実に。間違いなく、増加中

ルークの健康状態に異変は出ていませんからいいんですが・・・
あ゛~夏から年末にかけて2.9キロに落とす予定だったのに

DSC06981
         る「母、気にすんなよ」






今年最後の柑子岳登山

今年の最後の山は柑子岳。
室町時代にはお城があったようですね。→★ 

ちなみにちょうど2年前にも登ったところ。
パピーだったルークも元気にスタスタ登りましたよ→そのときのブログ

          
 る「ボクも登ります!」

DSC06969

標高245mと気軽に登ることができるハイキングコース。
それなのに、頂上はちょっとした広場にもなっているうえ
見晴らしバツグンと、大勢で行くにも適したところです。
DSC06933
        ルーク、城跡に何を想うのか。



**********************************************


さて、登り口は駐車場にもなっていてこんな感じ。
DSC06946
              毛並みがエライぼさぼさですな(笑)

今回は、リュックではなくスリングで担いでいきました。
ルークもスリングのほうが安心するようです。
DSC06932

ずいぶん冷え込んでいたので「ゆたぽん」もスリングにセット
していましたが、ラッキーなことに山頂では風も止まり
暖かいお日様も顏をだしてくれ、絶好の日光浴日和になりました。
DSC06937

      る「ポカポカで気持ちがいいです」

DSC06938


      ルークさん、何食べているんですか?
DSC06942


DSC06943


          る「いい眺めですなぁ」
DSC06945


DSC06939


そして、登山後は冬ならではのお楽しみ「牡蠣小屋」へ
DSC06949

     る「ボクもなにか食べられるんでしょうか?」
DSC06952

牡蠣が破裂しても大丈夫なように、みんなオレンジさんに。
DSC06950

DSC06967

  ルークも牡蠣がはねたら大変とジャケットの中へ

DSC06959

DSC06955

ルークを連れ込んで牡蠣が堪能できるのも、こちらは
広いお庭を開放している漁師さんだから。
DSC06966
引け目なく、ルークといっしょに行ける飲食店(?!)です

DSC06953
  る「ボク、今日も「女の子ですか?」と聞かれました」


こんどは、ゆっくり歩けるようになってるかな。
今年最後の締めくくり登山でした


 

パピヨンの鼻の色が白くなった訳。

先日、「鼻の色が白くなってきたような。。。
と、心配のブログをアップしていたら

みみげいぬさんから、コメント欄にメッセージを頂きました。
なんと、冬季限定の状態らしいとのこと!
DSC06895

さっそく、教えていだいた「スノーノーズ」で検索したらば出てきました!
他にも「ウィンターノーズ」や「雪鼻」とも呼ばれているようで

毛色が白っぽい子や、イエロー系のワンちゃんに
見られやすい状態だそうです。

知らなかったなぁ。

原因は解明されていないそうですが
飼い主的には冬の雷鳥現象と勝手に解釈しています(笑)

いずれにせよ、重大な病気。というわけでは
なさそうだったので、心から一安心。
DSC06894


暖かくなると、真っ黒に戻るはずですから
そのときには、ルークのドアップ写真をアップします

DSC06893


 

飼い主、しばし想い出に浸る。

これはルークが3ヶ月くらいでしょうかね。

かまってほしくて立ち姿、愛らしいです
DSC00294


なぜか、クレートベットの下に潜り込む。
DSC00298


狭いところに潜り込む。
DSC00525


ここでも潜り込む。
DSC00797


このころは「わぁ、お耳が大きい~!!!!」
と、お散歩中によく言われていました
たしかに大きいですね、さすがパピヨン
DSC00353

たまに画像整理は必要ですね
他愛ない投稿でした。



パピヨンは見た!

DSC06658
    
   なんともいえないお目めで見つめております

鼻の色が白っぽくなってきたような。。。

この2ケ月位前から気になることが
ルークの真っ黒だったお鼻がちょっと白っぽくなってきたこと。

なんか、泣きそうな顏のルークですが
鼻先の色素がちょっと薄くなっている様子がわかりますか?
DSC06851


こちらは3か月前のルーク。
顔の角度が違うとはいえ、お鼻の色は真っ黒でした。
DSC06473

いろいろ調べてみると、今現在でわかっているのは「老化」
しかし!まだ2歳と半年ですからね。

やはり病気の関係なのでしょうか?
もう少しリサーチをすすめてみないといけません。







本年度分、フィラリア予防薬投薬完了。

6月から毎月投与していたモキシハートタブ7.5。
ルークは嫌がることなく、おやつ感覚で食べてくれるので
手間もかからずとても助かりました。

パクッ!の投与画像のブログはこっち→★

ようやく本日で投与完了。
DSC06847

昨今の温暖化で「蚊」の時期が長くなってきているそうですから
将来は年中与えなければならなくなるかもやしれませんね。

まだ元気なパピー時代のルークは
ミベルマイシンを処方されていましたが
現在、闘病中のためお薬との飲み合わせを考え
「モキシハートタブ」になっています。

先生曰く、より処方が穏やかとのこと。

詳細は、各製薬会社へ。
ホームページをリンクしておきます。

ミベルマイシン→★
モキシハートタブ→★ 


DSC06848
 
メッセージはこちら

 

名前
メール
本文
ルークの愛用品
【必需品/関節炎サポート】

共にアイハーブから購入。

炎症対策トラウメール

関節サポートのジール

ヒアルロン酸+コンドロイチン

肝臓ケア用ミルクシスル



【ダニ・ノミお断り】

ノミ、バッチリ捕獲!


ルークもネコ姉妹も愛用



性格・誰にでもフレンドリー
先代ルーク
最新コメント
記事検索
みなさん、良い一日を♪
ギャラリー
楽天市場
  • ライブドアブログ