パピヨン備忘録 2014年から関節炎闘病記。2016年虹の橋へ。飼い主ペットロス脱出中。

パピヨンの子犬に一目ぼれ💛20年ぶりに愛犬が我が家へやってきた嬉しさ!本ブログは、忘備録&家計簿代わり&日常の忘れぬ記録でしたが、2014年からすっかり闘病記(?!)となってしまいました。原因は不明。大学病院の先生から「生まれ持った運命としか言いようがない」とのコメント。今は、虹の橋の向こう。2016年9月8日に渡ってしまいました。残された飼い主がツラツラと書き綴っています。

2015年02月

ルーク、元気に戻ってくれました。

出張当日。
昨日のルークの病院の件と最近の状態を実家母に電話。
前々から出張中、ルークをお願いはしていたのですが・・・

心配かけたくなかったので、
実は黙っていたんですよね、昨今のルークの状態。

しかし、状況が状況なだけにとうとう白状。


そんな娘の心を見透かしたように
「ルークは心配せんでいいけん、安心して行ってらっしゃい!」 
やはり、母は強いですね。

この言葉にルークを任せて一路岩手へ
DSC07512

さて、無事に仕事も終わり、福岡戻るやいなや実家直行

ルーク、立ち上がって飼い主を迎えてくれました
DSC05518

実家にいた間、おもらしも一切なかったようです。
良かった、良かった

最初は、やはり食も細かったようですが
朝ご飯、夕ご飯に加えおやつも堪能
ご飯も、いつもの我が家の倍量食べた模様。

母曰く、
「ルーク、器用よ~
 お薬だけ口の横からポロッとだすけんね~(笑)」


母には頭が上がりません

我が両親も、手を変え品を変えといろいろと工夫してくれたようです。
そして、日光浴もこまめにさせてくれていた模様。
本当にありがたいことです。

3日間、お利口さんにしてましたね。ありがとう。
DSC05511








 

ルーク、やはり病院へ

水曜日。朝からこんな感じのルーク。 
DSC07492

いかにもご機嫌ななめ。というお顔です。

朝、抱っこするとお腹が何だかしっとりしている。
ちょっと前から、なんか変だな、と思っていましたが
どうも、おもらしをしている様子です。
ベッドの中のバスタオルもおしっこで濡れています。

その一方、ごはんを食したら、ちゃんと4つ足で立って
「しーっ」としているんですが。

今日もごはんを食べ、問題のトイレも見届け
ルークが自由に移動できるようゲージを開け
仕事に直行した飼い主。

早く切り上げられたので昼過ぎに戻ると
カーペットに500円玉大の湿り気が5ケ所も!
DSC07497

これまた、実は2日ほど前から、カーペットが10円玉くらいに湿ってまして
ん?ワタシ、お水こぼしたっけ?と、まさかルークとは思わずに。

急いでルークを抱き上げるとお腹がぐっしょりです。

これは、いかんと動物病院へすっとんでいきました

飼い主の心配をよそに
診察台でも立ち上がって先生に愛嬌ふりまいています。
DSC07499
ここ、一週間の状況を説明し、すぐに採血をすることに。

食事の件が問題だったのでは?と伺うと
それは違うでしょう。とのこと。

結果ですが、炎症も起こしておらず
とりたてて異変は見つかりませんでした。ちょっと安心。
DSC07507

DSC07506

現在、服用させているお薬を1週間のみ毎日服用と
ホメオパシーは倍量にして様子を見ることにしました。

DSC07501



この可愛いお顔は帰りのバス車中にて。
DSC07503
ルークさん、明日から母は出張で実家にお泊りなんですよ





 

食事内容で体調すぐれぬルーク。

ここ数日から、様子がおかしいルーク。

一昨日の土曜日に夕ご飯からそれは始まりました。

いつもとまったく同じメニューの豚しゃぶ&野菜。
「どうぞ」と与えて、目を離して数分後

「ぎゃん、ぎゃぎゃーん!」

 と、ものすごい鳴き声を上げたかと思うと
ゲージの中で暴れ出したルーク。

飼い主、もう、オロオロ状態です。 

足をひねったのか
それとも、ごはんがおかしかったのか。

結局、原因わからぬまま。
でも、なんとか落ち着いてきたのでいつも通りに過ごしていました。

DSC07361

そんな中でも、日向ぼっこ兼ねたお散歩は大好きで
飼い主が散歩スタイルになると、待ちきれない様子。
翌日の日曜日は、こんな感じでルークも外の空気満喫。

DSC07360


そして、今朝。火曜日。

ちょっと寝坊してしまった飼い主。
いつもはごはん後にトイレがルークスタイルですが

ご飯の用意のため、ハウス&ゲージに入れると
すぐさまもよおしてくれました。
そして、しばらくして大きなほうを催した様子。

実は、これからルークの様子がおかしくなってしまいました。。。

するっと出る様子ではなく
ひゃんひゃん鳴きながら辛そう。。

ようやく、ウンチをしたのはしたのですが
もう、そのあとの機嫌の悪いこと悪いこと!

そして、ウンチをよくよく見てみると、粘膜状が見てとれます。
これは、腸が傷ついている証拠。

「あ、なにが原因だったんだろう」

と、よくよく見てみると。。。
消化されていない人参がゴロゴロ!

そう、実は人参や大根等々、野菜スティックが大好物。
たしかに、先日から与えた量が多かった。。。

ルークは、パピーの頃からデリケート。
消化が悪いときは、てきめんに具合が悪くなるのです。

結局、朝ごはんも食べることなく
いまだに食欲戻らず機嫌悪く寝ています
DSC07406

調子が戻らなければ、さすがに明日は動物病院行ってきます。


ルーク、ごめんね


 

橋の上のパピヨン


近所の公園にて。
DSC07384

         る「母、鳥がいっぱいです」
DSC07383


橋の上から覗き込むのが大好きルーク。
なんか興味をそそられるのでしょうね 

美容院行きました。前回より1時間短縮。

お正月以来の美容院へ。
今日は2回目ということで、予定通り2時間で終了。
初めての美容院の巻→★

出来上がりの連絡を頂き、すぐにお迎え参上。
おや、お利口さんにチワワちゃんと同室ですね。
BlogPaint

さ、こちらの美容院。
ルークお引渡しの前に、ルークの状態の説明をうけます。

「ずいぶん慣れてくれたようですよ」の第一声に安堵の飼い主。
今回は、お耳の中がずいぶん汚れていたらしく
家でのケアの方法を聞かれました。

が、ルークの耳は一切触らない飼い主。
犬の耳はとってもデリケートなので、
へんにいじらないほうがいいと言っていただきました。

ルークは耳を触っても嫌がらないので
触る場合は、コットンを水に浸して絞ったものを優しく
表面のみを拭いてあげてください。とのこと。

ただ、かなり汚れているとのことなので
定期的に臭いを嗅いで、健康チェックの必要性も
教えていただきました。

また、皮膚が乾燥してフケが出やすいらしく
状態を見て、次回はシャンプーを変えるかもしれませんと言われました。

どうしても、エアコンもつけてしまうので
耳も皮膚もその影響が少なからず多そうです。
DSC07417

いろいろ話をしていたら
「ルークちゃんは、本当に言葉がわかるこですね~」と。

「いいこね」
「頑張ってるね」
と、声をかけると、ぐっと頑張るんですよ。と教えてくれました。

実は、ルークは温かいお湯が大好き。
トリマーさんも、「ホントに気持ちよさそうにしてます~」
と、目を細めて話してくれました。
DSC07416

また、来月ね。

春はもうすぐ♪

DSC07395

ルーク、犬らしく歩けるようになってきました!

ちょうど3日くらい前から、ルークに善き異変が\(^o^)/

寝たきりからヨチヨチと回復中になっていたわけですが
そのヨチヨチ歩きとは、まるでシャクトリムシ!

四肢をちゃんと動かすことができなかったので

両前足をちょこんと出す。
両後ろ足をよっこらしょ。とすすめる。

そんな感じの歩き方。

写真、ぽっさぼさですが(笑)
こんな感じで、立っているとへっぴり腰に見えるスタイル。
なぜなら、四肢で踏ん張って立つことさえ、ままならなかったのです。

よって、現在2歳半と答えると皆さんビックリ。
オジィちゃん犬に見えているようです、いえ、おばあちゃん犬ね
DSC07073

ちなみにこちらは発症前のルークの立ち姿。りりしきイケメンです
DSC02626


よって、スタスタ歩く姿とは程遠かったのですが・・・

突然、四肢を交互に使って歩き出したではありませんか!
もう、飼い主、嬉しいビックリ\(^o^)/
シャクトリムシではない姿、感無量!

これも、元気なころのルークの画像ですが
こんな足取りで歩いてくれるようになりました嬉泣!
あ、もちろん、超スローですけどね
DSC01219

ルーク、こんな風に走り回るのももう少しよっ
DSC03276

DSC03277


 

夜中の無駄吠え一発解消 ~ルークの場合~

結論から。

「天罰」にて一発解消しました、ルークの「わんっ!」

我が家のやり方

1. ルーク「わんっ!」
2. 別室で飼い主、タンスをバシッとびんた

以上を5回ほど繰り返したら吠えなくなりました。


もともとのルークは、耳毛の可愛いパピーの頃から
まったくもって吠えることのないパピヨンでした。
DSC01943
吠えるようになったのは、身体が思うように動かなくなってから。
なので、タイトルに無駄吠えと書きましたが
犬には一切無駄吠えなし。というのが飼い主の持論です。

以前のようには自由に動き回れないので
抱っこしてほしいときや、訴えるとき「わんっ!」が始まりました。


さて、
この頃は、一緒に眠ることなく別々の飼い主とルーク。
別々とはお部屋自体が別々ということです。

ゆえに、理由はルークのトイレが間に合わない(笑)
一晩グッスリのときもありますが、夜中に一度がルークスタイル。

この、トイレ後に「わんっ!」が始まったのです。

DSC03947

夜、リビングで飼い主もルークもくつろぎ、そのままぐっすり
         ↓
ルーク、起き出してトイレ
          ↓
ん?母がいない、一緒に寝る!=わんっわんっ!


という公式が定着し始めました。
これはいかん


なんてったって、夜中ですからね。
もう、飼い主冷や冷やです。

最初は心を鬼にして、鳴くことをあきらめるまでと
聞こえないフリしてましたが
ご近所迷惑とルークに根負けで、抱っこしてベッドへ。

あ゛~これでは、ルークが
ワン言えば抱っこしてもらえると学習してしまう。

こんなんではルークがダメになる。
と、「タンスびんた」を実行したわけです。

タンス。とは箪笥です。
ゆえに、5回もバシッと叩いたもんだから
飼い主の手のひらもヒリヒリです

ポイントは、ルークに飼い主が叩いていると気づかれないこと。
現在、飼い主はベッドルーム、ルークはリビングで問題なし。

「わんっ!」で間髪入れずにバシッ
(箪笥ですよ、タンス。犬は絶対叩かない)

犬がどんなコンディションであっても
躾けは躾けできちんとしていかなければなぁ。と
最近、すっかりワガママ放題にしていたことに反省でした。



DSC02984
DSC02984photo

リハビリは知育玩具で♪

ルークの真剣な眼差し
DSC05522

だって、こやつには・・・
DSC05524

おやつがたっぷり入っているもんね
DSC05525

どうぞっ
DSC05528


あるあるっ!
DSC05529

まだあるっ!
DSC05530


     る「運動しながら食べるとおなかがすくさ」
DSC05527


以前は、ペットボトルの手作り知育玩具→作り方はこちらの記事
が大好きだったのですが、最近はもっぱらこちら。

転がりすぎず、口にくわえることもできるので
遊びやすいようですね。

でも、あきらめも早いルーク。
ふと、気がつくとほったらかして転がってます。
中身も入ってるのに

そして、訴えてくるわけですよ。


            る「母、出して」 
DSC05523


 
みなさん、良い一日を♪
ルークの愛用品
【必需品/関節炎サポート】

共にアイハーブから購入。

炎症対策トラウメール

関節サポートのジール

ヒアルロン酸+コンドロイチン

肝臓ケア用ミルクシスル



【ダニ・ノミお断り】

ノミ、バッチリ捕獲!


ルークもネコ姉妹も愛用



カテゴリー
性格・誰にでもフレンドリー
先代ルーク
最新コメント
メッセージはこちら

 

名前
メール
本文
記事検索
ギャラリー
楽天市場
  • ライブドアブログ