パピヨン備忘録 2014年から関節炎闘病記。2016年虹の橋へ。飼い主ペットロス脱出中。

パピヨンの子犬に一目ぼれ💛20年ぶりに愛犬が我が家へやってきた嬉しさ!本ブログは、忘備録&家計簿代わり&日常の忘れぬ記録でしたが、2014年からすっかり闘病記(?!)となってしまいました。原因は不明。大学病院の先生から「生まれ持った運命としか言いようがない」とのコメント。今は、虹の橋の向こう。2016年9月8日に渡ってしまいました。残された飼い主がツラツラと書き綴っています。

2016年11月

ご近所さんとペットロス話

久しぶりに、ルークが大好きだった八百屋のお母さんと会いました。なんだかんだと会いそびれていて、飼い主もご無沙汰をしていたのです。

こちらの八百屋さん。ファミリーで経営していらっしゃるのですが、全員がワンちゃん好き

ルークより先に虹の橋を渡りましたが、看板犬ちゃんがいたのですよ。

さて、この八百屋さんは、お野菜を飼い主さんと共に買いにやってくるご近所ワンちゃん達のためにと、おやつのジャーキーを準備してくださっているようなところでした

本当にお好きなのですね。もう、ニコニコしてお店にやってくるワンちゃん達を可愛がっていました。

当然ながら、ボクもおやつをもらえる!と、知っているルーク。

おまけに八百屋お母さんは当然ながら、八百屋お父さん、八百屋お兄さん、八百屋お姉さんにもナデナデ可愛がっていただけるし

飼い主の「八百屋さんですよ」の声かけでヨチヨチヨチヨチ必死に八百屋のお母さんのもとへまっしぐら

それはもう、まっしぐら(笑)

正味300メートル位だと思うんですけれどね。その頃のルークにとったら30キロの道のりではなかったでしょうか。

リハビリの一環となったことは言うまでもありません
DSC08480

飼い主「うちの坊や、亡くなったんですよ~」

八百屋「あらっ!あのワンちゃんね?レジの中で入ってきよったワンちゃんやろ!」

飼い主「そうなんですよ~」

八百屋「なんで!また!まだ若かったとにねぇ」

飼い主「ご飯をのどに詰まらせて、亡くなってしまったんです・・・」


八百屋「そげなことがあるとね!」

飼い主「ホント、信じられないですよねぇ

八百屋「最近、みらんね~って話ばしよったとよ」


飼い主「そうだったんですね。ホント、可愛がっていただいてありがとうございました

八百屋「さみしかね~


なんて会話を八百屋のお母さんとしていました。
DSC07860
八百屋のお母さんは、飼い主の名前も何も知りませんが、ルークという存在のおかげで、コミュニケーション下手の飼い主の橋渡しをどれほどしてくれたことか。

飼い主在住ケ所は超都会。ではないですが、ちょっと都会で、正直飼い主はご近所どなたとでも仲良し。ではないのですね。

ですから、お隣近所が引っ越しした。引っ越ししてきた。なんてことも知らないことも多々。

ですが、そんな人づきあい偏差値最低な飼い主であっても、ルークのおかげで話のきっかけができ、ご近所さんと円滑なコミュニケーションがとれていたことは事実。

犬の存在ってすごいですよね。

フレンドリーで平和的に仲良しさんが増えるのですから!

そういえば、お隣さんが玄関をベビーカーを出そうと開けた瞬間に、ルークがものすごいスピードでヨチヨチとお部屋の中に入っていったことがありましたねぇ

お隣さんも幸運なことにワンちゃん好きなご家庭でしたから、ママもお隣の2歳の僕ちゃんも超大歓迎してくれましたが

ルーク。さまさまです!

調べて安心「ピーチェック!」で愛犬の病気を早期発見


 

チュッ!・・・ではないか(^^;

チュッ!
DSC01608


うーん、やっぱりチュッ!ではないですな、このお顔。

どう見ても「ボク、おねむ~

我ながら、つまらない更新でした、失礼! 




ブログの画像を簡単に美しく。

本ブログ、パピヨン備忘録はルークが我が家にやってくると決まってから、心ウキウキとスタートしました。

最初の頃の画像は、結構小さいし暗いですね、今見てみると。

ルークと過ごした四年の間に飼い主も、創意工夫を身に着けていったようです。なんだかんだ言っても、やっぱり画像のきれいなブログは良いですもんね。かといって、一眼レフを使いこなしたくとも、飼い主の一番ワガママ「重いし大きい」。

そこで、現在駆使しているのが「フォトスケープ」という画像処理ソフト。無料です

ちなみにここからダウンロードすることができます

なぜ、こんなひと手間を書けるようになったのか。というと、ある日、とてもきれいなブログ写真を撮る方のインタビュー記事を読んだのです。その方は会社員で素人さんなのですが、ブログ写真へのこだわり方が素晴らしく、飼い主、自分の浅はかさに撃沈したわけです。

・朝の光にこだわる
・当然、構図もこだわる
・フォトショップは必須
・カメラもレンズもこだわるは当たり前

あぁ、少しでも、近づけないだろうかと思っていたところに、フォトスケープを教えてもらったのです。ちなみに有名どころのフォトショップも手を出したことがあるのですが、即撃沈した過去を持っております

そんな飼い主が、でさえ、使えている画像処理ソフトは簡単にこんなことができます。以下、坊やの画像と共にどうぞご覧ください。


初お披露目の写真が出てきました。横顔も美しい我が坊やです
DSC03237

しかし、美しいお顔に不釣り合いな段ボールが背後に。ペイントツールでぼかしてみました。さっきよりはましですかね?

DSC03237ぼかし


ルーク印象派風
DSC03237印象派


ルークセピア風
DSC03237セピア

ルーク色鉛筆タッチ風
DSC03237色鉛筆


色鉛筆タッチにサインを入れてみました。
DSC03237色鉛筆名前入


 
と、こんな風に簡単に遊べます。

ここまでせずとも、画像を明るくするだけでずいぶん雰囲気が良くなりますのでね。デジカメ技術がおぼついていない飼い主としては、手放せないソフトです。 

もう一度、最初の画像。
DSC03237

この画像を輝かせてみました。ね。比較すると一目瞭然。
DSC03237輝かせる

 いかに坊やをより可愛くイケメンに美しく表現できるか。創意工夫する飼い主の裏舞台でございました




 

お鼻でわかる冬の訪れ

福岡も、冬らしく冷えこんできました。

そんなときでも、ルークはお散歩大好き。抱っこして公園へよく連れて行っていました。ルークがウロウロとしている間、飼い主はストレッチです(笑)
DSC07375

さて、ルークが2歳半になったころ、ふと気がつくと、真っ黒なお鼻の色が抜けている。。。上の画像も真っ黒ではないでしょう?

鼻が白くなっていくのは老化。というものしか見つけられず、これは何なんだ。と調べても、なかなかわかりませんでしたが、このブログを読んでくださっていた、みみげいぬさんが、冬季限定でこのような状態になるワンちゃんがいることを教えていただきました。

スノーノーズ またはウィンターノーズというそうです。
DSC073758888

春になり、暖かくなったらちゃんと真っ黒に戻ったので、なるほどな~と感心したのでありました。


ほらねっ
DSC0022688888

みなさんの愛犬ちゃんはいかが?

 

キャベツ王子。

る「ボクは、パピーの頃からキャベツが大好き」
※ルーク、キャベツの芯に注目しております(解説 飼い主)
DSC01203

思い返すと、ルークにはキャベツをけっこう与えていました。

大き目にちぎってあげたり、千切りにしたり、はたまたみじん切りにしてあげたり。生をパリパリと食べますし、お鍋にして煮てあげたもの等々いろんなバリエーションで楽しんでいましたね。

人参を生でポリポリも好きだったルークですが、ちょっと量が多くなってしまうと、お尻から、ありゃっってことがあったのですが、キャベツの関しては飼い主の記憶にある限り、未消化でお尻から出てきた記憶はありません。

他のワンちゃんたちはどうなのでしょうかね?ルークのお腹とキャベツは相性が良かったようです。


る「だって、ボクはイケメンだからね!キャベツは重要さ!はふはふはふ」

※キャベツは美容食
ビタミンC 41 mg カルシウム43 mg
鉄0.3 mg  ビタミンB6 0.1 mg マグネシウム14 mg(解説 飼い主)
DSC06606


ルーク、ハイハイ時代も、キャベツのお弁当に大興奮!

 る「おっ!キャベツだっ!」

DSC05611

る「きゃーべつーのたーめなーら」
DSC05613

る「えーんやこーらっ♪到着!」

DSC05614


る「母、早くキャベツください
DSC05617


キャベツというのは、免疫力を高めてくれる効果がとても高いそうですから、ルークが、ヨチヨチ歩きにまで回復する一助を担ってくれていたのかもしれませんね

野菜にしては、食物繊維の含有量が少ないらしいですから、その点もワンちゃん向きなのでしょうか。

飼い主自身は、特にキャベツ好き。という訳ではないのですけれど、画像を見返してみると、ルークも食べられるキッシュにしたり、ケークサレ、博多ならではのお鍋等々と、一緒にいろいろ食べていましたねぇ。キャベツ自体にそんなに癖がないから使いやすかったのでしょうね。(画像はオーブン投入前)
DSC05671


「母、今日のキャベツはなぁに?」
DSC08837

 

「だるまさんが転んだ」って(・・?

だぁるまさんが~
DSC08497

転んだっ
DSC08499

だるまさんが~っ
DSC08500

転んだっ!

DSC08501


ふと、「だるまさんが転んだ」って(・・?

と、 疑問に感じた飼い主。

早速、「だるまさんが転んだ」と検索してみると、他のキーワード部分に「お風呂 だるまさんが転んだ」と、でるではありませんか。

チェックしてみると。。。うーん怖い

と、ここまで書いたところで、急にマウスポインタが動かなくなってしまいました。。。

思わず、飼い主、ぞっとして後ろを振り向きましたよ、いえ、振り向いちゃいかんのですけれど。

なんて書いたらゾッとしますね 

急にマウスが固まったのは、本当の話

えぇ、なんともタイミングよく電池がなくなってしまったようですね。ホントにタイミングのよいこと

その上、Enter が反応しなかったり、と、この記事書くのに、今、何分費やしているのでしょうか(・・? 電池入れ替えたり、再起動したりと、こまめ保存したりと大変ですわ

ちなみに怖がりな飼い主ですが、オバケ系は否定派です

る「でも、母、怖がりだよ、ボク知ってるんだ!えへへっ!」
DSC01522


へーっと思ったのが、「だるまさんが転んだ」をベースにした、永遠のこどもたち [DVD] という映画にもなっているのですね。ちなみにスペイン映画です。なにが監督さんの心をつかんだのでしょう。



昔、子供の頃に遊んでいたなぁ。と思い返しましたよ。みなさんも遊んでいたのでは?関西のほうは「坊さんが屁をこいた」というのだそうですね。

ちなみに、飼い主、憶えていませんでした、ルール。 ということで、「だるまさんが転んだ」の遊び方備忘録。
***********************************************

1、まず鬼を決め、木や壁など鬼のいる場所を決めます。子は「始めの一歩」と言って一歩前に出ます。

2、鬼は後ろを向いて「だるまさんが転んだ」と言って振り返ります。

3、子は鬼が後ろを向いている間だけ動いて、鬼に近づきます。

4、鬼は「だるまさんが転んだ」を早く言ったり、遅く言ったりして振り返り、動いている人を探します。

5、振り返った時に動いている人を見つけたら、鬼はその人の名前を呼び、呼ばれた人は鬼と手を繋ぎます。

6、繰り返し続け、全員捕まえる事ができたら鬼の勝ちです。一番最初に捕まった人と鬼を交代します。一人も捕まらずに誰かが鬼にタッチしたら鬼の負けです。

7、捕まっている子がいるとき、仲間を助ける事が出来ます。鬼が後ろを向いている間に、鬼と捕まっている子の手を「切った」と言いながら、チョップで切ります。

8、鬼は、手を切られたらすぐに後ろを向いて「だるまさんが転んだ」と数えます。子はその間に出来るだけ遠くへ逃げます。

9、鬼は数え終わったら「ストップ」と言います。子はその場に止まります。

10、鬼が「何歩?」と聞き、鬼の手を切った子が「大また5歩」や「小また10歩」など答えます。

11、鬼は言われた歩数以内で子に近づきタッチします。複数の子にタッチできた場合、タッチされた子達でジャンケンして次の鬼を決めます。

以上は、子どもの集団遊び・外遊び・昔遊び。遊び方やルールを可愛いイラストや写真を使って紹介 。おそとであそぼ 。様より引用させていただきました。
***********************************************

る「ボク、さっさと逃げちゃいます~」
DSC02576


 調べて安心「ピーチェック!」で愛犬の病気を早期発見

長くなっただけで、飼い主の心にゆとりができたもの

飼い主がルークとの関係を見つめ直し、効果があったことはたくさんありますが、その一つが、このリード。

ルークの画像をチェックしていたらでできました。
DSC03621
クルクルと巻くことができるロングリードは、飼い主には扱いが難しいで、単純にレギュラーサイズを二本つないでいます。

これは、飼い主の性格は当然ながら、ルークの性格と、とても相性が良かったようです。

飼い主の気持ちも大きく影響していると思うんですが、長くなっただけで、飼い主の心にゆとりができたのです。なぜか(?_?)

不思議と、引っ張るようなことがなくなり、常に緩んだ状態で、安全にお散歩できるようになりました。

る「ボクのほうが、母よりお散歩の仕方は上手なんだよ!」
DSC03624

参考にしたサイトは、こちらのドッグウォーカーさんのブログから。

根底に流れるのは、ワンちゃんにかかるストレスをいかに軽減していくか。ということ。

飼い主は、多大なヒントを頂き、そしてルークもノビノビと、ますます良い子に育ってくれたのです。


おぉ、走ってますね
DSC03623



ボクのお兄ちゃん。

る「ボクのお家お兄ちゃん。アレックスって言います。」DSC03561
る「血はつながっていないんだけどね」


る「いっつも一緒にお留守番していたんだよ」
DSC03558
る「母、まだかなぁ」




子犬出産情報ポータルサイト

また、見つけました。

子犬出産情報ポータルサイト「ペットの窓口

いんなサイトがあるんですねぇ。すべて探したつもりになっていたけれど、まだまだ出てきそうですね。

以前記事と内容がダブりますが、飼い主の備忘録ブログ。ということでお許しを。いずれもチェックしてみると、運営会社はダブりませんね。

ペットの窓口
新しく見つけたサイト。

ブリーダーズ
こちらが、ルークと出会ったサイトです。
一目ぼれ先は福岡のブリーダーさんでしたので、すぐに連絡を取らせていただき今に至ります。


みんなのパピヨンブリーダー
こちらは、知らなかったか記憶になかったか。設立年月日は上のブリーダーズさんより古いのですね。


パピヨン犬の里親募集情報
こちらは、初めて見たサイト。里親と書いてある通りで子犬情報ではなく、成犬譲渡



ということで、飼い主、次なる愛犬ちゃんを待っているんですがねぇ


る「へへへっ!ボクがハードルあげちゃったからなぁ。ほら、ボサボサだけど、ボク、可愛いでしょう?」

DSC08306





虹の橋を渡る直前のルークの血液検査結果

ルークは、飼い主の与えた食事が原因で、虹の橋をあっという間に渡ってしまったわけですが、ルークを抱きかかえて血相変えて病院へ駆け込んだとき、ドクターに、まず言われたことが、犬は内視鏡でしか喉につまったものは取れないため、麻酔が必要。そのために、血液検査が必要。ということでした。
DSC08909

かかりつけの先生にその場で電話をし、状況説明し、また、飼い主も先生から説明を受け、承諾書にサインして、血液検査をしました。

その結果がこちら。
DSC00453
DSC00451
ルークは、発病してからというもの、ずっとなにがしかの数値が安定しなかったですねぇ。薬や食事、環境等々、飼い主がルークにやってあげられることは、できる限りのことをしていました。

ま、愛犬とご一緒の方は、同じですよね。

さて、ルークの保険証をあらためて見てみると、期間をあけずに病院に通っていたのがお分かりいただけると思います。
DSC00454

しかし、ある日の登山でまさかの、アルプスの少女ハイジの「クララが歩いた!」ごとく「ルークが歩いた!」という嬉しいサプライズを与えてくれたルーク。(その日のブログを読み返すと、飼い主、えらいさっぱりと書いてますねぇ)。

その後は、玄関から、エレベーターに乗るべく自分でトコトコ歩く。という奇跡の回復力を見せてくれました。

このように、見事に元気になりつつあったルークは、保険証をみてみると、最後の病院も今年2016年5月9日。亡くなる4か月前。毎月のように病院通いしていたのがウソのようです

この日も、フィラリアのお薬を頂く程度で、先生も元気なルークに目を細めてくださっていたことを思い出します。

る「ボク、お外で休むときは、ちゃんと天然座布団の上って決めているんだよ」
DSC08904
(※天気がいいと、太陽の熱で石がユタポン化していてほんのり温かいんです。ルークお気に入りでした)


奇しくも最後の血液検査の結果となってしまった日。

皮肉にも、すべてが正常な数値になってくれていたのです。

一部、高いものがありますが、これは急なストレスがかかった、すなわち、喉に詰まらせていたことが原因なので、本来は、正常値でしょう。ということでした。
DSC00450

あぁ、こんなに元気になってくれていたのにね。




 

マイクロチップ消去願い ~日本獣医師会~

る「今日もボクのはなしですか?」
DSC08887
飼い主「そうですよ、ルークさんの書類が出てきたんですよ」


書類を整理していたら、ルークのマイクロチップの資料が出てきました。
DSC00457

このマイクロチップは、ルークが永遠の男の子のオペの際、先生がご厚意で埋め込んでくださったもの。

とはいえ、そのことを聞いたのは、実はルーク去勢術後のお迎えの時 良いのか悪いのかも判断もつかず、すぐに、シッターKさんにご連絡したところ、

マイクロチップもよかったと思います!

福岡はまだ半数もいっていないかもですが、マイクロチップを入れることも、飼い主の義務に時代的にもなってきています。

災害で離れ離れになる、誘拐される、
行方不明になる。といったとき絶対に役に立ちます。

動物管理センターや動物病院には、番号を読み取る機械が必ず設置されています。
もちろん、私も自分のイヌ2頭とも入れています。入れていることでマイナスになることはないのでよかったですね!!

何事もプラスに進んでいるので大丈夫です!

お写真のルークちゃんも、
少し雰囲気が成長した感じです(^^)

しばらく痛みや違和感が彼の中であるはずですが、
じきにとれるので平気です。試行錯誤と思いますがこの調子でがんばられてください。中村様なら大丈夫です!

 
と、お優しいメッセージ。安堵の飼い主でした


さて、とくに、なにもしなくてもいいかな。と思いましたが、よく読んでみると

死亡の場合は、申込区分の削除に〇をつけ、同じくFAXまたは郵送してください。

と、書いてあったので、律儀にファックスをしましたよ
DSC00456

が、なんと、手元にあるデータは古いらしく、

「お客様のおかけになった電話番号は、現在使われておりません」

ということで、早速検索。
移転しているようで、電話番号も違いますね(飼い主手元は2013年)。

ご参考までに。


マイクロチップを用いた動物の個体識別について

公益社団法人 日本獣医師会
〒107-0062
東京都港区南青山1-1-1新青山ビル西館23階
TEL.03-3475-1601 FAX.03-3475-1604


 

ボクの血筋パート3

る「母、すっかり血統書にはまっちゃったよ

今まで、ブログやFacebookでお友達だったみなさんの愛犬ちゃんと親族だったり、つながっていることが続々判明しているんだって!

今日もまた、可愛いチャッピーちゃんのママから

なんと ルーク君のママのムーミンさんの曽祖父(NO.11)が チャッピーと 記述が 全く一緒( ॣ•͈૦•͈ ॣ)ということは…チャッピーの父方の曽祖父が 同一犬ってことよね?

あら~ルーク君と 親戚なのね
(๑′ฅฅ‵๑)
お耳の形とか色合いとか 似てると思ったのよ
(*ˊૢᵕˋૢ*)


母、びっくりしていたよ~!そして、嬉しそうだったよ。

ボクは母と一緒だったらどうでもいいことなんだけど、母は、一層親しみが湧くらしくて嬉しいみたいだよ。人間って面白いなぁ。

そうはいっても、母は、皆さんほど、じっくり血統書が読めていないらしい・・・母らしいな。

今日は、時間をとって、ちゃんとじっくり見てみるわ!なんて息巻いているけれど、怪しいもんだよ。

ま、そんな母だけど、みなさん、よろしくね。
DSC02979

そうそう。今日のボクの写真は1歳のお誕生日の朝に、近所の公園へ母とお散歩に行って撮ってもらった写真だよ。

ちょっとクールに決めてみたよ。だってボク、イケメンだからね!」

【ペット用品.com】
 

ボクの血筋パート2

もしかしたらルーク君もタラムアモーレス系かしら?
うちはお父さんがタラムアモーレスです。顔つきがとても似ているので

こんな素敵メッセージからルークの血統書を見たことを昨日の記事にアップしました。

その昨日記事をうけ、メッセージの送り主、katakuchiさんと、メッセージにてこんなやりとりをした飼い主。

katakuchiさん
違いましたか、残念!
どこかで繋がっていたらこれも運命、なんて思っていたのですが。
ちなみにうちのルークの色もWHITE&REDです。
耳毛は少ないですがコートと尻尾の毛は床に付きそうなほど長いです。
やっぱり何代か前で繋がっているとコッソリ思っておきます。

飼い主
katakuchi さん、私も何代前かでつながっているとこっそり思っておきます( *´艸`)
お話伺うほど、ルーク君とルーク。似ている気がするんですよねぇ。
DSC02627


その後日談。

ルークのFacebookを見てみると、なんとルークのブリーダーさんから

ルークくん、タラムアモーレス入ってますよ
後ほど先祖犬の血統書コピーしてアップしますね

先ほどお話の出ていたスーパーマンも
確かに血液に入っていますが
お顔の印象とかを見ると
スウェーデンのピエロサスチャポーの血液が強く出ていると思います


おおっ!(゚д゚)!
katakuchiさ~ん!はいっていましたよ~タラムアモーレス!運命です~!


そして、その血統書をブリーダーさん、アップしてくださいました!

ということで、再度ルークのパパしんご(左)とママ、ムーミン(右)の登場ですうーん。目の保養
DSC01253

ルークのママ、ムーミンさん(右)。
ムーミンさん

ムーミンママの曾祖母てれさ。
ムーミン祖父母テレサさん

ママ、ムーミンの曾祖父ハルク。有名なスーパーマンの息子。
ムーミン曾祖父ハルク スーパーマンの息子

ルークのパパしんご。やはりタラムアモーレスが入っているそうです。
パパしんご

そして、ルークママ、ムーミンの曾祖母リリィ。てれさの母ですから、母方はリリィのラインブリードになるそうです。
ムーミン曾祖母りりィ テレサの母

なんと、ありがたいブリーダーさん。本当に細やかにスピーディにしてくださるのです。ありがとうございます!

そして、Facebookでのメッセージ欄には、他のお友達からも(タクトママ、勝手に引用許してね💛)

↑やっぱりタラムアモーレス入ってた~タクトと同じ🎵

タクトもピエロサス系だよ❗

しかし…タクトより若いなぁ皆。当たり前と言えば当たり前だけど…ルークの犬舎さん、良いブリーディングされてますね❗素晴らしいです


なんて、素晴らしきパピヨンオタク!

どうしてこんなにみなさん、お詳しいのでしょうか!

実は、飼い主、まったくもって、現状、話についていけません(^^;

(?_?)スーパーマン?

(?_?)ピエロサス系?

(?_?)ピエロサスシャポー?

ということで、これからは話について行くべく楽しいお勉強(?)始めます~( *´艸`)

る「母は、ボクだけみておけばいいんだよ!ボク、かわいいでしょう?」 
DSC03490

ピーチェック


 

ボクの血筋

このブログは、完全に飼い主の趣味の一環として、ルークの成長記録等々の備忘録ブログとしてスタートしたわけですが、同じパピヨンラブな飼い主さんをメインに、有難いつながりを持たせていただいています。

みなさん、これからも宜しくお願いします

さて、我が坊やルークよりも、5歳お兄ちゃんのパピヨン。その名もルーク君の母、 katakuchi さんから

もしかしたらルーク君もタラムアモーレス系かしら?

うちはお父さんがタラムアモーレスです。顔つきがとても似ているので


と、メッセージを頂きました 

ほぉ、タラムアモーレス?

初めて知った犬舎で早速検索→こちらがその犬舎。 

拝見すると、おぉ、なんともセレブ感あふれるホームページですね。

早速、ルークの血統書をチェックしてみました。
DSC00434

うーん、タラムアモーレス・・タラムアモーレス・・と探しますが、該当犬なし。はるかどっかに入っているかもしれませんね
DSC00435


ちなみに、こちらがルークのパパ(左)とママ(右)です。
DSC01253

ウルフのようなワイルドなパパは、飼い主が一目ぼれした雄々しさ。歩く姿がとっても精悍でキレイで颯爽としていて、パピールークの将来の姿をパパにダブらせながら心から楽しみにしていたものです。

ママは、もう少女漫画に出てきそうな乙女な可愛さですねブリーダーさんいわく、聖母の権化のような心優しいママ。

ルークは、パパとママのいいところをバッチリ引き継いでいたようです。

あらためて、パパとママのお名前等々をチェックしてみたらば。おやっ姉さん女房ですな


パパは5月14日生まれ。ルークは5月12日生まれで2日違いですね。
DSC00437

そしてママは、9月6日生まれ。なんと、お誕生日の2日後、9月8日はルークが虹を渡った日。
DSC00436

生まれるときも、虹の橋を渡るときも、パパとママに縁があったのねぇ。ルークさん。


る「母の誕生日も近いじゃない?!」 飼い主「確かに
ルーク1








 

すっかりペットロス脱出のはずですが・・・

9月8日はルークが虹の橋を渡った日

早いものですね、もう11月。そう、2ケ月が過ぎてしまいました。

とくに気にしていた訳ではないですが、不思議なことに、なんとも物悲しい気がして。

なんでかなぁ。。。と思いつきました。あぁ、そうか。今日の二か月前にルークを見送ったんだなぁ。と。

感情が先に生まれて、そのことに気がつくなんて面白いですね。
DSC03473

2ケ月とか、とくに節目。という訳ではないのですけれど、そんな気持ちになるものなんですかねぇ

すっかりペットロス脱出のはずですが、なんだかんだ言ってもやはり、寂しいものですよ。

ふとした時にね。そのように感じるんですね。

季節が冬に向かっていくから余計に感じるんでしょうか?

あらためて愛犬という存在の大きさを実感するこの頃です


トップ10に健闘する歯磨き

飼い主、歯のメンテナンスに行ってきました。

メンテナンスと言っても、季節に一回。すなわち3ヶ月に一度の定期診断&クリーニングです。

クリーニングは、ホワイトニングではなく、いわゆる通常の歯磨きバージョンアップとでも言いましょうか、やっぱり歯科衛生士さんにやっていただくとスッキリしますね。

さて、ルークを振り返ってみると、パピー時代は牛のヒズメ、ガシガシ効果もあったのか、それはそれはキレイな歯をしていました。

る「ボクはガシガシ大好き~。歯もピカピカだよ~
DSC01193

獣医さんでも褒められていましたね。

しかし、齢も4歳になってくると、おやっ、ルークさん、もしやそれは歯石か?がちょっと出てくるようになりました。美容室のチェックでも、歯石がありますに☑がはいっていました


みなさんの愛犬ちゃんは歯磨きをしているのでしょうか?

ルークは、結局、歯磨きはしなかったですねぇ。

たまに飼い主の指にガーゼを巻き付けて、「はい、ルークさん、ゴシゴシしましょう」と、こすってあげるくらい。ですから、歯の表面部分しか磨けなかったですね。

る「ボクね、歯ブラシ好きじゃないんだな。だってボクのお口は小さくて可愛いでしょう?」
DSC09306


さて、先日、知人と話していましたら、楽天等ウェブショップで一番売れているペット商品は、ダントツでトイレシーツなのだそうです。毎日の消耗品ですもんね。

ルークも、ペットシーツは極薄タイプに大変お世話になりました。

そして、続くのはペットフード。こちらも毎日のことですからね。

そんな数多いブランドの中でペットフードのこれまたダントツ人気がロイヤルカナンなのだそうです。飼い主の記憶に間違いなければ、ルークを譲っていただいたブリープーさんもロイヤルカナンだったと。



トップ10は、このペットシーツとペットフードでほぼ、占められているのだそうですが、そんな中に健闘しているのがこちらの歯磨き。


有名どころは、こちらのグリニーズでしょうが、なんと人気ランキングには入っていない模様(゚д゚)!みなさん、ネットで買わずに、行きつけのペットショップや獣医さんのところで購入しているのでしょうかね?意外でした。

ちなみに、飼い主は買ったことがありません。でも、よく置いてある商品でしたので覚えていますよ。




この、ペット商品トップテンにて健闘している、この商品わんこの歯医者さん開発! Dr.YUJIRO 朝夜パーフェクトセット(※約3カ月分) 3000頭以上の犬の歯石除去(歯石取り)を行ってきた獣医師が開発。ですが、初めて使う場合は、愛犬との相性確認用に1ヶ月分のサンプルが同梱されているそうです。

当然ながら天然100%。気になる方は、ショップに詳しく書いてありますし、飼い主だったら、以前のサプリメントのごとく、(・・?部分があったら、直接メーカーに問合わせて使うかな。と思いました。

ちなみにここだけの話(?!)ですが、メーカーさんへ問い合わせをすると、余分にサンプルを送ってくださったり、商品自体をプレゼントしてくださることがあるんですよ もちろん、下心があると無理でしょうが、素直にルークのこと第一に考えて問い合わせていたからかなぁ。と思います。

さてさて。ちなみにこのデンタルケアの原材料は、GREENHAZE(木曽ひのき、紀州ひのき、青森ヒバ、秋田杉、クマザサ、黒松、赤松、エゾ松、クスノキ、ヨモギ、白樺、モミ、シソ、柿(枝葉)、レモン、アマチャヅル、大豆、お茶)、キサンタンガムです。

使用方法は、ごはん後に、口に含ませてあげれば良いようですし、難しい場合は、フードに振りかけてもいいみたいですね。

飼い主が、この商品を早く知っていたら、間違いなく試していたでしょうね、サンプル付きですし

次なる愛犬ちゃんの時に使ってみようと目論んでいます。

なんでも日進月歩ですなぁ

る「母、ボクの歯はピカピカだよ

DSC09311


 わんこの歯医者さん開発! Dr.YUJIRO 朝夜パーフェクトセット(※約3カ月分) 3000頭以上の犬の歯石除去(歯石取り)を行ってきた獣医師が開発。

最後に覚えた芸「立って♪」

ルークは、このブログにも書いているように、2歳で関節炎を発症してから、寝たきり状態となり、一時期トイレも自力でできず、大学病院の先生からも、せめて室内だけでも数歩、歩けるようになってくれたら御の字。と言われていました。

かけっこまでは回復できませんでしたが、見事ヨチヨチ歩きまで回復し、自宅から100メートル歩先の八百屋さんへおやつ欲しさに歩いてくれるまでのガッツを見せてくれました。(ここまで歩くと、その日はもう一日グーグー寝ていましたが(笑))

そんなルークが最後に覚えてくれた芸。芸というかコマンドですが、それが「立って♪」

どこかに連れて行こうと飼い主が抱っこをしたいとき、ルークは寝たきりだったですから、伏せた姿勢よりも、ゴロンとお腹を見せた状態のほうが、背中を支える形となり、飼い主が抱っこしやすかったので、「ルークさん、はい、ゴローン」とひっくり返ってもらうことが常となっていました。
DSC08019

ですが、ヨチヨチと歩けるようになってからは、筋肉が衰えないように、ルークに負担のない範囲で少しでも歩かせようと、試みていた飼い主。

そこで、教えたコマンドが「立って♪」でした。

ルークは、飼い主とお出かけすることが大好きでしたから、飼い主が散歩スタイル、すなわちパンツ姿になると、もう、ソワソワソワソワ。

この時を見計らって、「ルークさん、一緒にお出かけ行くでしょう?はい、立って!」

る「母、ボクも一緒にお出かけ行きます。よっこらしょっ!」
DSC05916

と、教えていました。

それまでの「お出かけ」という言葉に、すぐにゴロンと抱っこしやすいように寝っ転がっていたルークですが、何度も繰り返すうちに「立って」というコマンドで、立ち上がてヨチヨチとあるいとくれるようになる姿は、ルークと飼い主の間にしかわからないなんとも表現しがたい喜びを毎回感じていたものです

この「立って♪」は、生きてくれいる正味数か月くらいだったでしょうかね。

現在、このブログは、ツラツラと在りし日の思い出を書いているわけですが、当たり前となっていた大事な想い出がたくさんあるんだなぁ。とつくづく感じています。
DSC09411






 

ペットロス直後の飼い主のメイク (他愛ない話です)

ルークが虹の橋を渡り数日。

涙腺が壊れた

というくらい、涙が出続けていた飼い主

そうはいっても引きこもるわけにもいかず、淡々と仕事をこなし、人にも合う訳で、そんなときは大人の分別でこらえているんですが、一人になった瞬間ダメ。

「一人になった瞬間」とは、自宅に帰った空間的なことではなく、公共の空間であっても、友人知人知り合いがいない。という瞬間。見事、涙腺が開けっ放しになるのです。

ですから、バスなどの公共交通機関に乗るときは、できるだけ一番前。 

歩いているときは当然、涙がザーザー流れ出る。もともと日傘年中愛用派ですが、この期間は他人様へ顔が見えないように隠すための日傘となっていました。

無自覚に涙があふれてくるんだから、どうしようもないんですもん

そのような訳で、実はメイクバッチリ派の飼い主ですが、この期間のアイメイクは封印

現代の進化したアイメイク用品であっても、飼い主の豪雨のような涙には耐えることができずに、あっという間に崩壊してしまうからです

今はね、もういつも通りばっちりメイクです


る「母、ボクなんか素顔でこんなに可愛いイケメンだよ!見習ったら?」
DSC04753



メッセージはこちら

 

名前
メール
本文
ルークの愛用品
【必需品/関節炎サポート】

共にアイハーブから購入。

炎症対策トラウメール

関節サポートのジール

ヒアルロン酸+コンドロイチン

肝臓ケア用ミルクシスル



【ダニ・ノミお断り】

ノミ、バッチリ捕獲!


ルークもネコ姉妹も愛用



性格・誰にでもフレンドリー
先代ルーク
最新コメント
記事検索
みなさん、良い一日を♪
ギャラリー
楽天市場
  • ライブドアブログ