実は。
我が家へやって来て3ヶ月を過ぎる頃まで
ささやかに飼い主、落ち込んでいることがありました

というのも、ルークは飼い主には喜び表現まったくないのに
お散歩で会う人、飼い主の知り合いには
尻尾がちぎれんばかりに全身で喜びを表していたのです

ある本を読んでいたら
飼い主と本当に信頼関係を結べていたら
尻尾は振らない。なんていう内容も見たことがありますが
そうそう!と、思えるほど主従関係もまだまだ至らず。
ここが完璧ならば、そういうこともありかも。
とも思えたんでしょうけどね。

やっぱりねぇ。。。
飼い主としては複雑な気持ちです。
これから、先、やっていけるんだろうか。とか思っちゃいます

怒ったこともないし、体罰なんてとんでもない。
イタズラされそうなことを事前予防し、
しっかり発散!ご飯!睡眠!で育てているにもかかわらず
DSC00787
ルークさん、あなたのこと言ってるのよ、わかってる?

ある日、ふと、思いついて
「かくれんぼ」をやってみたんです。

カーテンに隠れたり
納戸に隠れたりして「ルーク!」と一言。

そうしたら、パーっと探しに来てくれるうえ
なんと、飼い主を見つけたとたんに
尻尾を振って喜んでいるではないですか
見たこともないルークの姿

飼い主大感激

この遊びを始めてから
少しばかり、なついてくれてき始めたように感じます

嬉しくって、ちょうど一泊のシッティングをお願いすることもあり
トレーナーさんへ喜び報告。
こんなお返事もいただきました。

以下、いただいたメールの一部を抜粋

-------------------------------------------
かくれんぼはとても良いですね!!
その時、中村様も心からうれしかったり
楽しんでいらっしゃるはずです。
そんな表情などをみてルークちゃんも
楽しかったりうれしかったりします。
「聴覚・嗅覚・視覚」などあらゆる感覚を使って飼い主を探すので
とても良い遊びなのでこれからもパターンを読まれないようにして
楽しまれてください。
私も我が2頭相手によくやってます。

楽しいときも指示する時も
うれしい時もいけないときを指摘する時も
「本気で本心で向き合う」ことは
とっても大事です。
-------------------------------------------

 
ということで、今も思いついたら
たまに「かくれんぼ」やってます。
で、たしかにパターン読んでくるんですよね
頭脳戦です