先日のブログにもチラッと書いていたように
我が家にやって来て1年が過ぎ
いろんなことの見直しを始めています
。 

今日で1ケ月経過。
大きく変えたことが、まず3つ。

首輪からハーネスに変更
 ルークの自主性に任せたお散歩
サークル撤去 


参考にさせていただいたのは
たまたま見つけたドッグウォーカー博士さんのブログ。 
じっくり読み込み、お人柄にも共鳴。
トライしてみようとまずはソフトハーネスを早速購入です。 

首輪からハーネスに変更
DSC03616

DSC03615
固まることもなく意外に付け心地を気にいただけた模様。
嬉しい誤算だったのが、お洋服みたいに楽しめること

飼い主の買い物魂に火がつきそうで恐ろしい



 ルークの自主性に任せたお散歩

そして、今まで「横にきっちり付けてのお散歩」を
リードを2本つなぎ、こんな状態で勝手に歩かせるように。
DSC03620

以前、ふと、思っていたわけです。
ルークが勢いあまってグングンと前進しながら歩くとき

「このまま、歩かせていたら地の果てまで前進していくのだろうか?」


引っ張る犬もストレスでしょうが
引っ張られる人間もストレスですもんねぇ。

ルーク程度の軽い引っ張りでも
飼い主自身、ストレスを感じていたものです。

が、この方法になってストレス無縁


そして、山歩きのときにいつも考えていた
「普段、横について歩かせても、山道じゃそんなこと無理」

ルークも混乱していたと思うのです。
日々のお散歩じゃ横に付かないとダメなのに
山道じゃ「先に行って!」と、歩かせられる。どっち?!ってね

実際、リード2本つないだ長さにして歩かせてみると
半径2メートル内から大きく出ることはないんですね。
ちなみに山登りのときも、本当に楽になりました。

そして、自分から勝手に横について歩いてくれるものです。
DSC03628
※お散歩中を上から撮った図

こんな風にお散歩をさせていて思い出すのが
昔々、野良犬ちゃんもたくさんいた
飼い犬もノーリードで散歩が結構いた頃です。

のんびりしていたんでしょうけれど
この頃の犬って、のびやかだったような気がします(飼い主比)

そして、大きく変えたことの3つ目

サークル撤去 

現在、お部屋の中では24時間完全フリー状態にしました。
お留守番のときも自由気ままですがイタズラや粗相は皆無。



良かったか、悪かったか。で考えると
現状では良かったと感じています。
ので、このまま続行してみます
DSC03625