る「母がなんだか企んでいる顔します。」
unnamed (1)

もうぼさぼさのルーク。イケメンも台無し、足先も伸び放題。
unnamed

体調のせいか皮膚を触ると嫌がったり3分と立ち続けられず
常に片腕で支えた状態のシャンプーは飼い主もさすがに一苦労。

飼い主一人お風呂場での格闘は
どうしても雑になってしまうし、限界を感じ始めました。

今まで爪切りだけをお願いしてた美容室へ、新年あけたことだし
ルークへお年玉代わりにシャンプーデビューすることにしました。

予約の3時にルークを預け、お迎えは5時頃の予定。

内容など詳しく説明を受け、飼い主もルークの状態をお伝え。
ちょっとお耳が寝ているルークをお願いし、一時帰宅しました。
DSC05664


実家でルークの帰りを読書をしながら待っていたところ
4時に美容院から連絡が。

「ルークちゃん、とても緊張しているようで
 興奮させないようなだめながらやっていますが

 どうしても足の状態もあり、2人がかりで
 させていただくことになります。

 皮膚の状態も良くないようなのでゆっくりやりますから
 6時頃になってしまいます。」
とのこと。

あ~やっぱり、美容室でも大変かなぁ。と思いつつ
しかし、美容室のポリシーや今まで何度かお会いしているので
信頼して待つことに。

「ルークちゃん、頑張りましたよ。」と、
6時ちょうどにお迎えOKコール。すっ飛んで迎えに行きました。

が、ここで飼い主猛反省となるのです。
DSC07118

みてください、日ごろのお手入れ不足が見事に露見。
飼い主的にはやっていたのですが、ただのつもりだったのです。

とくにお尻部分を触ると、唸ったりしていたのは
自宅でのブラッシング・手入れ不足が原因だったのです。
また、肛門腺も絞り切れていなかったのも一因。

ルークには本当にかわいそうなことをしてしまいました
DSC07119

飼い主のブラッシングは表面のみだったようです。
皮膚が全体に赤くなっているのはどうも蒸れも一因らしく
しっかり根元から風を通すつもりでやってあげてくださいね。
と、アドバイスを受けました。

自分の無知さから子供を病気にした母親が
病院の先生からとうとうとたしなめられている感じでしたよ。
はんせい・はんせい・大反省です

犬が嫌がったり、吠えたりは
当たり前ですが、すべて原因がありますね。

それから、美容院にいってよかったもう一つは
ボディチェックがしっかりしているので
右後ろ足を触るのをとても嫌がることがわかりました。
今度、動物病院伺ったときに先生にお伝えせねば。

説明が終わってから、ようやくルークと対面、
抱っこした瞬間に大感激しました!

だって、今までにないくらいルークの肌が柔らかくなっているんです!
一回り軽くなった感じで、お顔もすっきりしています。
飼い主、嬉しさと申し訳なささで泣きそうでした(笑)
DSC07113

ほら、可愛い足もすっきり
DSC07117

ささいなお金をケチって自宅シャンプーは卒業。
今年からは、ちゃんと美容室でプロの技術にお願いします。

ごめんね、ルーク。
DSC07116