サファイアと出会った飼い主ですが、2代目を飼うのはずいぶんと葛藤がありました。

まず、第一にルークが虹の橋を渡ってしまった原因が飼い主の不注意であったこと。もちろん、どんな別れであっても飼い主さんというのは自分を責めると思うのですが。

ですから、サファイアを見つけ、見学申し込みを入れたは入れましたが、なんとなくモヤモヤする飼い主。

また、病気にしてしまったらどうしよう。。。
また、虹の橋を渡らせる事故を起こしたらどうしよう。。。


ネガティブ全開です

いかいかん、サファイアとの明るい未来のためにも、過去の自分に負けてたまるもんですかっ

幸いに、脳機能と物理学の側面から、心理カウンセリング&ケアもできる飼い主。自分にせずどうする。と年末はずっと自分のケアをしていました。簡単に話すと、書くことと、自分の心に蓋をしないこと。そして、過去、その多くは幼児期ですが、それらを認めて、大人の観点から自分を指導しなおす。というものです。

これで、ずいぶんと、~したらどうしよう問題が解除されてきました。ルークとの楽しい思い出も、助けてくれましたよ

る「母、そうこなくっちゃ!はぐはぐはぐ~」

DSC02633

でもね、そうは言っても、まだまだ ~だったらどうしよう。は顔を出してきましたよ。

実は、サファイアを見学に行ったときのこと、もう心は飼うことを決めているんですよ。で、譲っていただくべく子犬代金をしっかり懐に忍ばせて、それも新札でぴしっと揃えてブリーダーさんのところに行っていたのです

あ゛ぁ、それなのに。

サファイアに出会っても、すぱっとしないモヤモヤ状態の飼い主。

そして、なんだかんだと言うわけですね。先代みたいにお利口で可愛いでしょうか?みたいな そんなこと、知るわけないですよねぇ、アホなことばかり言っていた気がします・・・飼い主、きみは馬鹿か(溜息)

ええいっ、ウダウダ言うなっ!グタグタするなっ!


という感じですね、我ながら

当然、「この子を飼います」と言えないまま帰路につく飼い主。

見学当日の夜。ブリーダーさんから、

ルーク母様
今日は、ご見学に来て頂き、ありがとうございました(^^)じっくり考えて下さいね♪

とのメッセージにありがとうの返事さえもできず、もんもんと考える飼い主。そして、翌日。ようやくお返事したのです。

こんにちは。
昨日は、未来の愛犬候補との対面をありがとうございました。
よーーーーーーーーーーーーーーーーーーーく考えた末…

今回、未来の愛犬としてお迎えさせていただけますか?
大切に育て、お互いよい人(犬)生にします


る「母って、そんなとこあるんだよね、サファイア、気にすんなよっ!母の手作りジャーキーはおいしいぜっ!はぐはぐはぐ~

DSC02632