先代る
「あのね、母。

この頃の母は
ちょっと自分を見失っているかもしれない。

いろんなことを抱えていて
気持ちが落ち着かなくなることがあるんだね。


今日はボクがひとつヒントを教えてあげるよ。

心がザワザワしているときに
母は「嫌な感じ」をかんじているでしょう?

その気持ちを保つことを
母は望んでいないこと
ボクが一番よくわかっているんだ。

これからがちょっとチャレンジだけれども
母はきっとできるから大丈夫だよ。



ほら、母はいつもなにかあると
「あ!いいことがあるわ!」とも言うでしょう?

ボクとお散歩に行こうとして
つまづいちゃったとき
ボクを見つめながら
「ルーク、母つまづいちゃったから
今日のお散歩はラッキーがあるわ~!」
なんてね。これだよ、これ。


母が嫌な感じを受けたザワザワした時にも
「あ!いいことがあるんだったわ!」と思い込むんだ。

練習だよ。
練習。


あのね。
母が感じている感情は
考え方のクセでもあるんだよ。

しっかりと嫌な感じを味わっていいんだ。
否定する必要はないよ。
味わっていいんだ。


でも、そのことを癖にしてしまって
同じところをグルグル回っているのは
母らしくないんじゃないかな。

母は次のステップに進む必要があるんだよ。

安心して。
トレーニングしていくと
ちゃんと感じ方が変わってくるんだ。

心がザワザワと動いているときって
実はいいことの予感のときと同じザワザワなんだ。

だからこの方法が使えるんだよ。

ボクを信じて。
DSC02602


そうするうちに
嫌な感じが少しづつ減ってくることが
わかるようになってくるはずだよ。

そうして
心が軽やかになっていくんだ。

心は筋トレができるんだ。

ボクはニコニコしている母が大好きさ。
もちろん、サファイアもだよ!」