先日、ルークの体重過多という
ショッキングな事件に遭遇した我が家(笑)
→★その日のブログ

確かに、体が重いと機嫌も悪化は人も同じ。
とくにルークはパピヨンらしい細い細い脚が関節炎なのだから
イライラしちゃっていたようです。

今までルークの健康状態等々を考慮し
目指す目標体重を2.9キロ~3キロに設定。
現在、3.42㎏。400gは落とす必要があります。
人間だと、体重60キロを52キロまで落とすことと同じ。

まず、体重過多の原因は
1.運動できない。
2.食べ過ぎ

体重増えて当たり前ですね。
今、9月なので来年1月に理想体重に戻すことにしました。

いろいろと検討した結果
体重3㎏ 必要カロリー260cal 食事量200gを
目安として手作り食を実行。 

必要エネルギー量は、超小型成犬1日当たり120kcal
+体重1kg増える毎に必要カロリーは70kcal増で計算。

食事量は手作り食なので約1.2~1.5kcal/gのカロリーで計算。
ルークは体重1kgの子で1日の食事量は100g。という超小型犬で計算。
体重1kg毎に50g増やします。よって、一日200gに設定。

健康体のワンちゃんだったら
肉類 50%  穀類40% 野菜10%の割合でよさそうですが

ルークは
関節炎とお薬服用しているので肝臓サポートが必要。
ベジタリアン食に近づけることが理想です。

        る「キャベツは大好きです」

DSC05617

が、ルークはお肉大好き。犬ですからね。

肝臓のことがあるので、肝臓の毒となる可能性の高い肉は
本来は与えないほうがいいらしいのですが
まったく食べない心配の時期を過ごした経験があるので
肉類 50%  野菜40% 穀類10%の割合にしました。

先生方からも食べないよりは食べたほうがいい。
とも、言っていただいていますので。

そこで、飼い主、いろいろと試行錯誤を始めました。
いまのところ、この内容で落ち着いています。

【ルークの一日のお食事】

朝一番「非変性Ⅱ型コラーゲンのサプリ+手作りヨーグルトティースプーン一杯

朝ご飯「お肉+野菜(基本、生のすりおろし)」
    または「オートミール」

おやつ「野菜スティック等」

夕ご飯「お肉+野菜(基本、生のすりおろし)」

朝ご飯と夕ご飯には、サプリメントをプラス。
いつも同じものではなく
「アシドフィルス(腸内環境)」「ミルクシスル(肝臓サポート)」
「スピレン(ビタミンミネラル他)」「ローズヒップ(vc)」などを添加。

大学病院に通っている間にも上記の手作り食だったのですが
血液検査の状態も良好だったことは実証済みなので
先にいろいろと書きましたけれど、
まずは、今まで通りの内容で量を減らしていくことにしました。

来週は、これからお世話になる
山口大学をご紹介くださった福岡の病院へご挨拶を兼ねて
健康チェックとお薬をいただきに行くので体重チェックは
その時のお楽しみ。50gぐらい減ってたらいいんだけど。

ね、ルークさん。
DSC06474